色素性乾皮症の子ども達に防護服を作りたいとクラウドファンディングをたちあげました!

エポカルはUVカット製品のブランドです。

お客様の中には、美白を意識されている方、日焼けをしたくない方、紫外線のアレルギーをお持ちの方など、様々な方が入らっしゃいますが、時々、紫外線に当たることが命の危険になる病気の方もいらっしゃいます。

そんな難病の一つに、《色素性乾皮症(XP)》があります。
今回XPの子ども達に向けて防護服をプレゼントしようというクラウドファンディングをたちあげました。

色素性乾皮症(XP)とは

生まれつき、紫外線で壊れた皮膚細胞を修復する機能が弱い病気です。

年齢が上がっていくと徐々に免疫機能が弱り始め、足元がつまずきやすく成ったり、物を飲み込むことが難しくなってきたりします。

小学校後半頃には、車いす生活になる人もいます。

難病指定になっており、全国に500人くらいと言われています。

紫外線を避けて生活をしなくてはならないのですが、UV-Aは窓ガラスも通り抜けぬけ、蛍光灯からも少しですが紫外線が出ていまので、UVカットフィルターを貼るなどの対策が必要です。

特に小学校などに上がるときは、事前に学校に掛け合わなくてはなりませんが、知名度のある病気ではないので、理解していただくまでが大変と伺っています。

教室には大きな窓があり、体育や観察など、外での授業もあります。

遠足や運動会など、他のお友達と一緒に参加してくても、長時間炎天下にいることはむつかしいのです。

エポカルブランドとは?

子供達を紫外線から守る防護服の開発

エポカルでは、2年前からXPの子供たちを紫外線から守れる防護服の開発を行ってきました。

もちろんエポカルのパーフェクトシリーズは紫外線をカットしますが、お顔や首など、少しの隙間もあってはいけない防護服。全身を覆う作りになりますが、紫外線の強い時は熱中症にも気を付けなくてはいけません。

そこで、暑さ対策の出来る、しっかり覆った服という相反する要素が必要になってきます。

3年前にXP連絡会の総会に参加させていただきました。そこで、XPのお子様を持つご父兄の方に色々アドバイスをいただいたところ、こんなのも欲しい、こんな機能も欲しいと、とても活発なご意見をいただきました。

中でも、お顔を守るために帽子につけているガードが折れると白くなり視界が悪くなる。頻繁に付け替えなくてはいけないのが大変というお話でしたので、折れても白くならないものを探しました。

農業用に使われているビニールを見つけたのですが、メーカーからは使用目的が違うのでと、中々譲っていただけませんでしたが、最後はOKをいただき、今回の防護服に使わせていただきました。

また、暑さ対策のため、力仕事の方が来ている空調ファンのついたウエアを取り入れたいと思い、早速アプローチしましたが、こちらもなかなかお話が進まず、結局すべてのパーツが揃ったのは昨年の秋で、約2年もかかりました。

そこからは、エポカルデザイナーの周りの子ども達にもかっこいい!って言われるような素敵な防護服を作る!という思いで、機能性に富んだウエアが完成しました。

今までは、市販の物はなく、保護者の方が帽子にフィルムを付け、インナーにアウターに手袋にと沢山着せていましたが、これ一枚でOKと言えるものに仕上がりました。

何故クラウドファンディングを始めたのか

ブランドなら売ればいいのにという言葉が聞こえてきそうですが、これだけの機能性を付けたウエアはかなりお値段が高くなります。出来れば、少しでも多くの子ども達に着てもらいたい、みんなと太陽の下で楽しい経験をしてほしいと思っています。

そんな思いを共有できる方が入らっしゃるのではないかと思いクラウドファンディングを考えました。また、総会に出たときに、XPの保護者の方から言われた印象的な言葉があります。

“みんなに病気について知ってもらいたいんです。”

私たちは、病気についてあまり聞いてはいけないのかな?と思っていました。しかし、人と違う恰好をしなくてはいけない子どもたちにとって、周りの大人の理解があることは、とても生活しやすくなることなのです。

クラウドファンディングをすることは、一人でも多くの方に病気について知っていただく機会になります。

私たちにとってもこういうチャレンジは初めてですので、不手際もあるかと思いますが、少しでも多くの方に知っていただき、同じ思いの方と一緒に防護服をプレゼントしたいと思っています。

共感いただけましたら、ぜひ下記よりご支援をお願いいたします。
また、お金でご支援をいただかなくてもこのプロジェクトをお友達や周りの方にお伝えいただくことで、大きな支援になります。

ぜひ、皆様のお力をお貸しいただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

https://camp-fire.jp/projects/view/262061

https://www.epochal.jp/view/item/000000001466

エポカル ファン付きUV防護服 
https://www.epochal.jp/view/item/000000001466

人気女性雑誌Storyに掲載されました

弊社代表松成が、人気雑誌STORYの取材を受け2月号に掲載されています。

起業から今までの、エポカルブランドの経緯やこれからのチャレンジについて、

さらに、ホームページではまだ非公開の秘密の新製品(^^)について等など

語りました!ぜひ誌面にてご覧下さい!

エポカル広報室

ロサンゼルスの情報誌“Lighthouse”にエポカルが紹介されました。

Los Angelesで生活をされている日本人向けの情報誌“Lighthouse”に2020年秋から4号続けて掲載されています。

Los Angelesは一年中雨が少なく、紫外線の強い地域です。まさに紫外線対策必須の地域。オーストラリアに次ぐ、世界で皮膚がんの多い地域NO.2でもあります。

現地の方は半袖短パン姿でビーチの近くを走っているイメージですが、サラッと長袖を羽織る、帽子やサングラスで目を守ることは、10年後20年後の健康を守るためにも大切なことです。

エポカルブランド上陸の話 11月16日号

1回目の11月16日号はエポカルブランドについて紹介していただきました。ロサンゼルスの日差しは強く、特にビーチでの活動も多いので砂浜の照り返しや、BBQなど屋外での活動も多く、紫外線対策をお勧めする地域です。

日本から行かれた方は意識の高い方も多く、もともとエポカルにお問い合わせも頂いていました。そのような方々が送料を気にせずお求めいただけるためにも、今回アメリカのAmazonでの販売を準備しています。*1月販売開始予定

そして、美肌をキープしたい、肌トラブルを減らしたいという方に向けて、一人でも多くの方に、エポカル製品を知っていただくきっかけとなればと、思っています。

プロに聞く!コーナー 12月1日号

12月1日号は “プロに聞く!” というコーナーで紫外線対策の必要性をお話させていただきました。 Los Angelesの気候や、生活習慣、環境について知っていただけるたのではないでしょうか?内容に合わせて、隣にLos Angelesに似合う製品もご紹介させていただました。

私たちはお医者様ではありません。病気についてはお話しできませんが、予防医学として、肌トラブルを予防する、肌老化を遅らせるためのアドバイスはできます。18年間で培った知識と経験を少しお話させていただければと思っています。

私たちの持っている情報は、雑誌だけではなく、HPやSNSを通じて広く発信させていただいています。このブログも情報の宝庫です。知りたいことがあれば、ぜひ検索してみてください。

抽選でプレゼントが当たるアンケート企画  12月16日号

エポカル製品を知っていただくには、使っていただくのが一番!!ということで、アンケートに答えていただいた方にエポカル製品をプレゼントという企画をしました。思った以上に反響があり、アンケート結果からも、皆様の意識の高さを感じました。ぜひ使ってみたいとの嬉しいお声もたくさんいただいています。

現地で生活をされていらっしゃる方は、やはりロスの日差しの強さも感じておられ、日本人にとっては『日本製』が魅力とのことがわかりました。日本製品の魅力を感じていただけて嬉しく思います。

特にパーフェクトパーカーは人気があり、しっかり守れる1枚の魅力が伝わったかと思います。

アメリカでエポカル製品が買える?

答えはYES!!

Los Angelesでの販売については、Amazon.comで準備進めており、まもなく販売開始となります。日本でも人気があり、Los Angelesにぴったりな製品をセレクトして販売いたします。

FBでは、一足早くアメリカ販売のお話をさせていただき、コメントやご質問など多数いただいており、関心の高さを感じました。もう製品はアメリカに届いているので、まもなく販売開始です!

エポカルのアメリカ進出についてのお話はこちらから

よろずやスタッフ 井関

朝日新聞/株式会社ピーカブー

ママが育てて18年/紫外線対策ウエア 朝日新聞掲載 2020年9月24日

https://www.asahi.com/articles/ASN9R6WJCN7XUTNB010.html

株式会社ピーカブーは、起業したときは 合資会社ピーカブーでした。

始まりは、息子がアトピーだと皮膚科医に診断されて「日焼け対策が必要」と言われたから・・・・。

もう18年もたったんだな・・・@@;とびっくりしてしまいますが💦

この経験は、素晴らしい1日1日だったと感じます。

ただ、やはり、悩んだり、泣いたり、つらいこともあり・・・新聞にはそれがきれいにまとめて書いてあって、すごいなと文章に驚いています。

すでに過去の事だから次を見てほしい

新聞に掲載されているのは、すでに過去の事。
今日は始まっていて、もうすでに新しいことに向かって進んでいます。

2020年3月、株式会社ピーカブーは、和光市理研インキュベーションプラザに入居しました。

先日、このインキュベーションの中の企業の社長様方にお目にかかるチャンスがあり、どんな仕事されているのかお聞きできたのですが、@@;すごい

すごすぎる!!!!

ステージは世界市場の会社ばかり!!!

と、プチ落ち込み・・・したほどでした。。。

当社も頑張らなくては!!

実は、エポカルは、はためには、「アパレル」。
アパレル…と聞いてどんなこと思い浮かべますか?w

トレンド、ファッション、デザイン・・・

でも、「アパレル」って言われたくないんです✋
「機能性ウエア」や「ファンクショナブルウエア」「予防医学的ウエア」など・・・思いつくのですが、そんな分野ありません。

では、1つの違う分野を作ってやる!!

と思っています。

インキュベーションプラザのほかの会社さんのお部屋には、「危険物」が張ってあります(笑)実験棟ですからね💦

でも当社はありません。。。

異質の会社だとも思われてます(笑)
なんたってハロウィンの飾りつけをした会社は、「株式会社ピーカブーさんだけです」とのことでした(ぷぷぷ)

それでも、和光理研インキュベーションプラザの企業の一員になれるように頑張りたいと思います!

エポカルブランドで、もうすぐ新しいこと始めます!!



注目してください

和光理研インキュベーションプラザのなかの企業さんたちに注目してください!

これから3年のうちにびっくりするような記事が、専門書や新聞に出るでしょう♪楽しみです!!

今日は、株式会社ピーカブー/EPOCHALエポカルブランドの新聞掲載の記事のご紹介と理研インキュベーションプラザの企業についてお知らせしました♪

株式会社ピーカブー
松成紀公子

http://www.epochal.jp/

朝日新聞に掲載されました。

エポカルが朝日新聞9月24日朝刊の埼玉版に掲載されました。

ネットでもご覧頂けます。

以下、抜粋

幼い息子の肌荒れに心を痛めた専業主婦が約20年前、紫外線対策グッズの専門ブランドを立ち上げた。友人と知恵を絞り、母親の視点で作った衣類などは全国の保育園や幼稚園で徐々に人気を集め、紫外線が強いオーストラリアや米国でも評価され始めている。

 「着る予防医学」をうたい服や帽子などを作るブランド「エポカル」。英語で「画期的な」という意味だ。埼玉県和光市の松成紀公子さん(50)が2002年に創業した。

 きっかけは皮膚科での出来事。1歳だった長男(19)は日焼け後に肌が赤くはれ上がり、アトピーと診断された。ショックは大きく、「紫外線対策もしてあげて」という医師の言葉に「できる限りのことをしよう」と決意した。荒れた肌に日焼け止めを塗るのは気が引けて、ベビーカーにバスタオルをかけ、日ざしを避けて散歩した・・・

内容はこちらからご覧下さい。

PR Timesに掲載されました

株式会社ピーカブー代表のコロナ禍における活動や考え方などについてご紹介いただきました。

エポカル自慢のマスクですが、実は8年も前からUVカットマスクを作り続けています。

毎年改良を重ねてできあがっている今のマスク。だからこそ、つけ心地の良さや機能性の高さが受け入れられていると思っています。

以下、一部抜粋

Q1.コロナウィルス流行での影響はありましたか?またコロナ対策やコロナ後の自社業の変化やコロナのマイナスをビジネスチャンスに変えるような事業展開をお考えでしたら、教えてください。

株式会社ピーカブーのつくるエポカル(EPOCHAL)ブランドは、日本で初めて、そして唯一のUVカットウエアブランドです。「コロナで外に行けない」ということで、紫外線対策用のウエアや帽子を販売しておりますので、かなりの悪影響がありました。

株式会社ピーカブーは、育児中または、育児の経験のあるお母さんだけの女性の会社です。

子どもたちが学校や幼稚園・保育園に行けなくて、いったん辞める人、完全にお休みに入る人もいました。

そんな中、3年前より企画していた海外への販売チャレンジのための活動として、オーストラリアに継ぎ、アメリカのロサンゼルスを目指していましたが、運よく、現地の大学院のマーケティングプログラムに、参加できることになりました。

全米でも17位という超名門校のUniversity of Southern Californiaの、大学院/USC Marshall School of BusinessのInternational Business Consulting Projectsです。

コロナ禍の中、「何もすることがない」ではなく、「今までやれなかったことをやろう!」を合言葉に、メインスタッフは、お客様のフォローや、WEBサイトの見直し、製品のチェック、そして、わたしは8年前から作ってきたUVカットマスクの制作・販売と、上記のマーケティングに力を入れることにしました。

UVカットマスクは、顔を大きく覆い、軽く通気性が良い=夏にしていても心地よいマスク、を目指していたので、作っても作っても完売が続き、追いつきませんでした。

エポカルのUVカット素材は、酸化チタンが錬り込まれた特殊な素材です。光触媒の作用もあり、汚れが落ちやすく、消臭、殺菌作用もあります。また、素材・縫製ともに、日本で丁寧に行い、製品チェックや管理もスタッフ自ら行います。

ここで生まれたのが、

【子供用のUVカットマスク/サイズ変更可能】

手作りマスクなど皆さんの努力の中、子供のマスクのバリエーションが少なく子供たちにもっといいマスクを!

というお客様からのお声にこたえ、サイズが変えられるマスクを開発、また、これは特許の申請もしました。

新聞にも掲載。

https://www.epochal.jp/shopdetail/000000001223/sunscreen/page1/recommend/


【茨城県の名門コーヒー店 サザコーヒーとのコラボマスク】

企業とのコラボレーションでできたUVカットマスクは、コーヒーの飲んだ後の豆の粉を乾かして

マスクに入れられるポケット付きUVカットマスクも開発・共同販売。

(※ハーブやアロマをたらした布なども入れられます)

https://www.epochal.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000001190&search=%A5%DE%A5%B9%A5%AF&sort=

マスクのお陰で、特許申請や、コラボまでできたことは幸運でした。

何より、忙しくても、エポカル製品を求めてくださるお客様とのコンタクトがうれしかったです。

USC Marshall School of Businessのマーケティングプログラム参加は、このコロナ禍の「時間がある」時でなければ、とても集中できなかったかもしれません。こちらは、これから実行していきますが、わたくし自身の大きな人生経験となりました。

大きなチャンスをつかむための準備ができたと思っています。

Q2以降の続きは本編でご覧下さい。https://prtimes.jp/story/detail/dBLlvlTjVB3

医療従事者に届けた思い

7月の晴れた日、独立行政法人国立病院機構埼玉病院様へ、皆様のメッセージと感謝のコーヒーをお届けしました。

今年の金メダルはコロナと戦ってくださったすべての医療従事者の方へ

当日は、 サザコーヒーの鈴木社長も和光まで来てくださいました。

皆さんのメッセージを印刷した色紙と1000個のカップオンコーヒー、そして100個の金メダルをもって、埼玉病院へ伺いました。

院長先生、副委員長先生、看護婦長様など、皆様が笑顔で迎えてくださり、プロジェクト代表の関口さんから、みんなを代表して感謝の気持ちを伝え、コーヒーとチョコレート、そして思いの詰まった色紙をお渡ししました。

先生方もコーヒーは好きですと喜んで受け取ってくださり、まだしばらく続きそうなコロナから、みんなを守れるように頑張ってくださると、コメントをいただきました。

この様子は、埼玉新聞様、読売新聞様、JCOM様にも取材していただきました。

一日も早く、マスクをとって笑顔で話せるよう私たちも、今できることを頑張ろうと改めて思った一日です。

最後にプロジェクトを立ち上げた関口さんより

少し新型コロナウィルス感染者数などが落ち着いて来た今日この頃ですが、医療機関はまだまだ逼迫した状況が続いています。私の知り合いの医師、看護師は、やはりニュースなどで聞いている通り、マスク不足、防護服不足の中、感染の恐怖の中で毎日を過ごし、休みもほとんど取れていないと言っていました。

「こんな状況で死にたくない」とも・・・・きっと多くの医療従事者が同じ思いを持ち、そんな思いを心の奥に追いやり、日々患者の治療に当たっているのだと想像します。そんな彼らの声を聞き、私に何かできることはないだろうか、と考えたのがこのプロジェクトを始めたきっかけです。

そうだ、「言葉」には大きなパワーがある。私たちのありがとうの「言葉」で彼らに感謝を伝えよう。1000人の感謝の言葉で応援しよう。そう思いました。

同じスタッフの片山さんや佐野さんの協力を得て、無事にプロジェクトを達成できてホッとしています。皆様のご協力ありがとうございました。

EPOCHALはこれからも地域活動や啓もう活動にも頑張ってまいります。

読売新聞 埼玉版に掲載されました。

2020年3月10日の読売新聞埼玉版の地方記事に、コロナのために子供を持つお母さんたちの働き方特集として、株式会社ピーカブーの働き方が紹介されました。

小さい子供を持つお母さん達で立ち上げた株式会社ピーカブーは、立ち上げ当初から子育てと仕事を両立することを大切にしてきました。

子供を連れて出勤することや、自宅で作業の出来る環境づくりを整えることで子供の急な体調不良にも対応でき、地元の女性が集まっていることで学校行事にも積極的に参加できる、子育てしながら安心して働ける会社作りを目指しています。

コロナ騒ぎで子連れ出勤復活!

今回のコロナの影響で急に学校がお休みになり、子供たちをどうするか?という問題が上がってきました。

元々地元の女性が集まった企業なので、電車で通勤することもない環境は今回のコロナでも一つハードルが下がったと言えるでしょう。

子ども達を置いて仕事に出ることに抵抗のある親の気持ちも、スタッフみんな理解できるので、子連れで出勤してもらい、せっかくなので子ども達と紫外線の実験を行いました。

これ夏休みの自由研究にしちゃえば?なんていいながら、蛍光増白剤の入った洗剤を溶かした水で書いた絵に紫外線を当ててみたり、分光器を使って虹の光を見たり・・・

今の状況だからできることを楽しめるそれも大切なことだと思っています。

子供ファーストな会社でいたい

今までも何度か少し大きくなったお子さんを連れて出勤したお母さんたちもいます。理由は病気だったり、紫外線のことが知りたかったり・・・

子どもが病気でもどうしてもその人がその時しかできない仕事もあります。でも、病気の子を置いてはいけない、そんな時はお子さんを連れてきてもらい、他のスタッフで様子を見ています。みんな子育て中のお母さんばかりだからこそ安心して預け合う事が出来ます。

ただ、自宅でなんとかできる仕事は、自宅で仕事ができるようテレワークの様なことをずっと前から行っていました。今回のコロナ騒ぎでいろんな企業に一気に進んだテレワークですが、“どこでも仕事ができる環境”は母親にとって、必要な条件の一つとなるかもしれません。

エポカルブランドとは?

ゆこゆこ に掲載いただきました 2019.6・7月号

ゆこゆこ 2019.6・7月号

[子どものための紫外線対策はそのまま、大人向けの洗練されたデザインに]

子どもを持つ母親たちが、子どものための紫外線対策製品を企画開発してきたエポカル。

UVカット率91%~99%以上の高カット率、洗濯しても公岡が落ちない特殊繊維使用、といったポイントを取り入れた大人用ウエアは要チェックです。

メンズUVカットクールシャツ 10800円(税込)

メンズUVクールシャツ

 

フィット感や着心地のよい肌触りも魅力のシンプルなシャツは、繊維の中に酸化チタンを練りこんだ素材が紫外線をブロック。

上部方部分の内側は、汗のべた付きを抑えるメッシュ。

カフス部は綿テープなので、止め外しもワンタッチでラク

 

 

フード付きUVカットロングカーディガン 9720円(税込)

軽やかなUVカット素材、さらりとした落ち感やロングシルエットで、観光に、食事にと大活躍。丸めてバッグに収められるのも便利です。

安心のロング丈、動きやすい裾のスリット。

指先まで包める袖口で紫外線をブロック。

 

便利な紫外線対策ウエアは、デザインも妥協しません

エポカル製品がシンプルで多機能なのは、

素材にこだわりがあるからです。

UVカット素材は、特殊な素材で、繊維の中に酸化チタンが練り込まれています。
練り込んであるのは、ポリエステル糸などの合成繊維です。
洗ってもそれらが流れ出ることはないので、安心です。

さらに、UVカット率91%以上のものを使用することがエポカルブランドの基本。

着れば有害紫外線から肌を守ることができます

 

ただ、それだけではエポカル製品としては認められません。

シンプルなデザインの中にいくつもの「暑い時期を心地よく過ごすための機能性」が秘められています。

ぜひ製品ページで詳細をご覧ください(^o^)

 

 

エポカル
企画室

Marine Diving 2019.11

Marine Diving

[特殊素材でUVカット サンブロックUVメッシュパーカー]

エポカル サンブロックUVプロテクトウエア

日本で唯一、すべての世代の方へのUV対策製品を取り扱っているブランド[EPOCHAL]より、サンブロックUVメッシュパーカー(Mサイズ)を1名さまにプレゼント♪ 洗濯を繰り返しても落ちないUVカット機能を持つ特殊素材を使い、使いやすさを追求したオリジナルデザインが特徴。しかもこの一枚で紫外線対策、熱中症、防蚊対策ができる優れもの!

提供 / EPOCHAL 問☎048-467-3010

https://marinediving.com/

 

ダイビングの世界でも、UVケアは必要!!!

家族と一緒に行くなら家族の肌を有害紫外線から守ってほしいと思います。

 

エポカル
http://www.epochal.jp/