子ども 嫌がる帽子&日焼け止めクリーム

子どもは嫌がる帽子と日焼け止めクリーム。習慣化が大切なUVケア。方法をご紹介です。

 

こんにちは
お彼岸もすぎ、日差しが強いといっても秋の気配が漂いますね。

これからアウトドアが気持ちいい季節になりますが、
秋には秋のUVケア、です。

ですが、こんなお声も・・・

子どもに日焼け止めを毎日塗ってあげたいけど、嫌がるし
帽子も暑いから、とすぐにとってしまいます。何か対策はありますか??

このようなご質問、実はとてもたくさん寄せられます。
幼稚園保育園での保護者様向け講座でも、必ず出る質問です。

 

子どもが嫌がらないUVケア

エポカルエアスルーハット&7分Tシャツ

子どもに日焼け止めクリームを塗ることや帽子をかぶせることは
慣れていないと難しいですよね。
“お出かけのときには靴をはく” というように習慣化することが一番ですが、
工夫することも大切です。

子どもは不快に思うとしない

子どもは自分にとって不快であることはやりません。
帽子や日焼け止め、不快に思わないものを選ぶことは大切です。

・子どもが不快に思う帽子
→ 帽子のつばで視野が狭まる , 重い, 暑い, カッコ悪い(好みに合わない)

・ 子どもが不快に思う日焼け止め
→ においがイヤ , 塗った感じがイヤ(使用感), 日焼け止めを落とすのがイヤ(お風呂で顔を洗う)

子どもは小さな大人ではありません。子どもは大人よりも視野が狭いですし、ほんの数グラムでも重みを感じます(頸部も筋肉もバランスも発達途中なのです)。そして大人よりも汗をかきますし、大人よりも嗅覚や触覚は優れています。お風呂で顔を洗うのにも、顔にお湯がかかるのがイヤなのは、息を止めるタイミングが分からないからですし、
目を閉じることで不安や恐怖を感じるからです。

このように、子どもに関しては大人の感覚でいてはいけません。
子どもが感じることに耳を傾け、不快に思う原因を明らかにすることで、解決できることは割とあるのです。

 

子どもが不快に思う帽子

子どもの視野

子どもの視野は、上下左右共に大人の50°~60°くらい狭まると考えてよいでしょう。
紫外線対策だからといって、大人用の帽子を小さくしてかぶせたりしてはいけません。
つばの長さは長すぎず短すぎない(紫外線対策には子どもは5センチ以上)のものを選んであげてください。

また、かぶりが深すぎても視野が狭まり疲れます。また浅すぎても嫌がりますので
試着をするか、お子さんのお気に入りの帽子があればそのサイズを参考に新しいものを選びましょう。

子どもの視力は大人と同じではありません。
6才になり、ようやく大人と同じくらいの視力になります。
ですが、個人差がありますので 1.0未満の子どもも結構いるのです。
3才くらいまでなど、大人が思っている以上に見えていません。
距離感もつかめていないので、やはり頭に載せる帽子には配慮が必要です。

重さ

子どもは、ほんの数グラムでも重みを感じます。長くかぶっていると疲れるので嫌がります。
過度な装飾品や帽子のつばの部分が硬くて重いものは、避けた方がよいでしょう。
大人の自分と同じと思ってはいけません。
子どもは成長発達途中であり、疲れの感じ方も大人とは違うのです。

子どもは大人よりも汗をかきます。
皮膚総面積あたりの汗腺の量が多いためです。
頭に汗をかけばかゆくなる → 掻きたい → 帽子を脱ぎたい

速乾性吸湿性のある生地を使った帽子を選ぶのもよいでしょう。

好み

子どもの好みは大切にしてあげてください。
色の好みなど、それぞれ個性が垣間見えます。
子どもの好みは直観的なものが大きいため、違うものを選んで与えると
とことん拒絶したりします。

親としては、持っている洋服に合うものや、親自身の好み、年齢があがってもかぶれるもの、、などなど
その他多数の要因に左右されて選び、与えがちです。

ですが、子どもの好みは純粋で、まさに“個性”ともいえるもの。
親がその思いを大切にし、耳を傾けることは、子どもの自律性や自主性を育むために実は大切なことです。
子ども自身の「認められた」という承認につながります。

 

子どもが不快に思う日焼け止め

エポカル

におい

子どもの感覚は非常に優れています。
自分の体に良いものか悪いものか・・
生まれてきてから外部での生活の中で自分の身を守るためのものですから。

ですので、“無香料”のものが多い子ども用の日焼け止めクリームですが
この“無香料のにおい”にも反応します(大人でも分かりますよね)。

日焼け止めクリームの基材や組成にもよりますが、数あるサンスクリーン剤の中で
子どもが嫌がらないにおいの製品を見つけることは、ひとつのポイントです。

塗った感じがイヤ(使用感)

大人でも塗りなれていないと、あの日焼け止めクリームの“塗った感”、気になりますよね。
先程もお伝えしたように、子どもは快・不快に敏感ですので、まさに皮膚の“塗った感”は違和感を感じるところでしょう。

SPFやPA値が高くなると、紫外線をはじく成分も増え、また塗った効果を維持する成分も増えますので、違和感も増すものが多くなります。また、数値が高くなるにつれ肌は乾燥しますので、かゆみなどの症状がでることもあります。

使用するシーンにもよりますが、肌なじみを考えると数値はなるべく低いものを選ぶとよいでしょう。

また、塗る部分を少なくするために、衣服で覆ったUVケアを併せて考えると良いですね。

日焼け止めを落とすのがイヤ(お風呂で顔を洗う)

顔に水がかかるのをイヤがる子は結構います。
それなのに、石けんで洗ってお湯で流す、なんて「絶対イヤ」・・となりますよね。

大人は “洗顔” という行為の意味を知っていますし、理解していますので、何ともありませんね。
ですが子どもは「煩わしい」以外の何物でもないのです。

それにしても

本っ当に嫌がりますよね(^_^;)

私も苦労したことのひとつなので、、わかります。

その中で、得たものをご紹介です。

お風呂に入る前にだいたい落とす
私がやったのは、オイル(保湿や洗顔用)を顔にサッとなでて馴染ませ、ホットタオルで拭く。
そのあとお風呂で流すか、軽く絞ったタオルで再度拭く。

これが一番楽でした。。

クリームがオイルと馴染んで浮くため落ちやすい、
ホットタオルだとオイルの油分が残りにくい、
のです。

私が使ったのはエキストラバージンオリーブオイルです。
ベビーオイルも使えますが、オイル分がけっこう残り、油分があんまり残ると肌荒れにもつながるので、
いろんなオイルを試しました。
肌なじみが良くベタつきが少なく、ホットタオルで拭きとりやすい、さらりと使える
エキストラバージンオリーブオイルが最後に生き残りました。

(どのオイルもかぶれなどのアレルギー様症状が出ることもありますので、
初めに使うときはパッチテストをお勧めします。
また、オイルは酸化すると肌荒れの原因になりますので、早めに使い切るか、時間があいたら
新しいものに替えましょう。)

日焼け止め落としシートも売っていますが、“こする”ことは、あまり肌にはよくありません。
これだけでしっかりこすって落とそうとせずに、これでサッと落として、残りはお風呂で、という
使い方をお勧めします。

カンペキに落ちなくても大丈夫なような、刺激の少ないものを選ぶ

・お母さんとお揃いで、子ども専用洗顔ブラシを与えて一緒にやる

 

 

帽子も日焼け止めクリームも、毎日のことですので、お互いにストレスになるようでは良くありません。
ツラくなると、怒ったり、無理やりやったりと、UVケア自体が「イヤなもの」になってしまいますので、
子どもの様子を見ながら、関わっていきましょう。
「~になっちゃうよ」といったような否定的なものではなく「~になれるよ」と肯定的な声掛けをしてあげることもポイントです。
とはいっても、お父さんお母さんも毎日優しく声掛けできるわけではないので、
出来る範囲で、無理強いせずに (^-^)関わってあげてくださいね。

何度も何度も繰り返しますが、子どものUVケアは歯みがきと同じように習慣化が大切です。
いいときもうまくいかないときも、押したり引いたりするうちに自然とできるようになりますので、
気長な関わりがとても大切なのです。

エポカルオンラインショップ

 

 

 

 

 

参照
日本眼科医会
東京都福祉保健局

 

エポカル保健室
増田友美

「お日さまにあたるとかゆくなります」ー多形日光疹ー

光線過敏症のひとつ「多形日光疹」。真夏だけではなく、春先や晩夏・秋口にもお声があがります。

 

多形日光疹

機序

紫外線にあたった皮膚で生じるアレルゲン(実体は不明)に対する湿疹反応です。一般的に、日光あるいは紫外線アレルギーと言われている状態です。紫外線そのものにアレルギー反応を起こすことはあり得ませんので、体内および体外の何かと紫外線が反応し、皮膚内にアレルゲンができ、それにアレルギー反応を起こしていると考えます。

症状

光線過敏症では最も多い病気で、光があたった部分の皮膚に粟粒くらいの赤くて痒いブツブツや盛り上がりといった症状として現れます。光があたってすぐに出現するのではなく、時間をおいて現れるのも特徴のひとつです。
顔に出ることは比較的少なく、10-30歳代で女性に多い傾向があります。

慢性的に経過するのも特徴で、次に紫外線にあたった時も同じような症状が現れます。
だんだんひどくる場合もあれば、(体が順応するためか)軽くなるケースもあります。

 

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

 

 

 

対応

症状が軽い場合は、何もしなくても数日で治まりますが、かゆみが強かったりブツブツや丘疹(皮膚の盛り上がり)がひどい時は、ステロイドの入った軟膏が処方されます。

外出には紫外線対策が必要ですが、皮膚に症状が出ているため、サンスクリーン剤よりも衣服などで覆った対策の方がよいでしょう。

☆紫外線で発赤やかゆみの出るスタッフのブログもあります。
製品紹介もしていますので、ぜひご覧ください。
コチラ

☆エポカルでは、紫外線にあたるとかゆくなったり発疹が出たり、
というお客様からのお勧め製品のお問い合わせが多く寄せられます。
お勧め製品に関してのブログもありますので、併せてご覧くださいね(^-^)
コチラ

注意点

光線過敏症は他にもさまざまあり、判別も曖昧な点が多いため、自己判断による外用薬の塗布はやめましょう。
かぶれや症状悪化の原因となる恐れがありますので、受診をお勧めします。

 

参照
ひふのクリニック人形町

 

エポカル保健室
増田友美

 

 

皮膚がんの前ぶれか、湿疹か

皮膚がんの前触れか、湿疹か。日光角化症と湿疹の違い。皮膚がんの前段階「日光角化症」

 

日光角化症をご存知ですか?
多くは顔(特に頬骨のあたり)にできる、不自然に大きくなったシミや
膨らんでいたりへこんでいたり、あるいは湿っているいびつな形のホクロのようなもののことです。

日光角化症は、皮膚がんの前段階です。

胃がんや肺がんや大腸がんなどは、よく耳にしますが、
「皮膚がん」というと、どこか他人ごとのように思えませんか?

ですが日本でも、増え続けているがんのひとつなんです。

日光角化症と湿疹の違い

がんの前段階、と聞くと、少し穏やかではありませんよね。
顔にできている大きめのホクロや、赤みを帯びた湿疹が長引いたりすると
気になるのではないでしょうか。

日光角化症と湿疹の違いは、

・ 赤みが半年以上続く
・ 触ると表面がガサガサしている
・ 痛みやかゆみは無いことが多い

ということが、まず分かりやすいところです。
湿疹は、原因解消とともに改善しますが、日光角化症はほっておいて改善することはありません。

皮膚の変化が半年以上続き改善しない場合や、
半年以上たっても、盛り上がるなど状態が悪くなっている場合は、
皮膚科を受診しましょう。

皮膚がんになりやすいところ

皮膚がんになりやすいところ(好発部位)は、「頬・鼻・口・首・頭・手の甲・前腕」です。

みんな “よくお日さまにあたるところ” ですね。
日光角化症や皮膚がんの原因は、紫外線であるところが大きいのです。

気をつけてね こんな人

・ 日焼けの際、赤くなるが黒くはなりにくい人
・ 若い頃に仕事や趣味などで、長期間日光に当たってきた人
・ 発症しやすいのは、顔・頭・首・手の甲・腕

60代以降で多くみられますが、紫外線量が増えている昨今では
40代以降からの皮膚の変化に気をつけるとよいでしょう。

予防策ナンバーワンは・・・

日光角化症の大きな原因は “紫外線” です。
紫外線を浴びれば浴びるほどリスクが増えていきます。

若いころからのUVケアで、予防ができる皮膚疾患ともいえますので、
普段からのケアを心がけましょう。

ポイントは
つばの長さが、大人7センチ以上子ども5センチ以上のハットタイプの帽子をかぶる
こと。

このつばの長さが、皮膚がんになりやすい部分を紫外線から守ってくれます。

被るだけで将来の病気を防ぐことができる、、
素晴らしい「予防医学的UVケア」です。

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

 

 

 

 

 

紫外線対策ブランドエポカル

 

[参照]
公益社団法人日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/q08.html

日本臨床皮膚科医会
http://www.jocd.org/disease/disease_20.html

1日に必要な紫外線量はたったの15分

無駄な日焼けをしないで、健やかな肌を保つ秘訣!それが15分!

1日に必要な紫外線は15分だけ

ビタミンDで話題になることありますね。
くる病になってしまう・・・など。

ビタミンdの1日の必要量は200IUと言われています。

その必要量とされるビタミンDが作られるためには、顔や手に1日15分間の紫外線を浴びることで十分足りると言われています。

具体的な皮膚の面積としては、手のひらくらいの広さです。

手の甲でも、手のひらでも、または顔だけでもOK!!

また、食べ物としても摂取できますので、普通の生活をしている限り十分なビタミンDが生成されています。特別な変色がない限り、または、極端なダイエットなどしている方は別です。
皮膚科学会でも、ビタミンDが足らなくなるような食生活をしている日本人はいないでしょう。という見解。

逆に、どんなに紫外線対策しても、上記くらいの皮膚は露出してしまうもの。
食べ物だけでも、ビタミンDは、十分に摂取できているし、
普通の生活をしている人なら、皮膚にも紫外線は当たっているだろうと思われます。

ではどんなが人がビタミンD欠乏症になるの?

外出が困難な高齢者、寝たきりなどで日光を浴びる機会が少なく食事からのビタミンDを摂取することができない人、
極端な偏食や、アレルギー、極度のダイエットなどされていらっしゃる方は、ビタミンD3の欠乏状態に陥る可能性があります。

そうだとしても、「日焼け」をするほどの紫外線を浴びる必要はありません。

外気浴で、十分だと言うことです。

紫外線は悪者じゃない

紫外線は、悪者じゃない部分もあります。

良い部分もあるのです。
それを理解しながら、上手に紫外線対策ができるUVカットウエアをエポカルでは作っています。
最近の日本の気温はだいぶ変化してきたように感じます。

私たちが、小さい頃から比べると5〜10度くらい夏の気温が高くなったような気がします。
エポカルでは、紫外線対策と熱中症対策を考えて、夏にどうしたら無駄な日焼けをせず
光線過敏症の痒くてたまらない症状を抑えながら、涼しく心地よくすごせるか、
と言うことをひたすら考えて、製品開発をしています!

http://www.epochal.jp/

エポカルオンラインストアでは、500点あまりのさまざまなアイテムがあります。
色々な生活のパターンや、シーンがあるからです。

お気に入りの1枚を見つけていただければ嬉しいです。

エポカル
High-end UV Protection Active Gear

読売新聞に掲載されました!

9月2日の読売新聞 朝刊「彩人伝2019」にてエポカルの記事が掲載されました。

子育てしながら働く環境作りを18年前から行っていたエポカル。

今、働き方革命と叫ばれていますが、女性が活躍できるだけではなく

生活の変化に対応できるよう柔軟な姿勢で取り組んでいる会社です。

子どものUV対策に奮闘  UVカットウエア制作「ピーカブー」社長 松成 紀公子さん

【掲載記事全文】

ピーカブーはお母さんたちが育児をしながら製品を作ってきた会社です。子どもや市民の健康を大切にする会社であることを和光市から発信したい」

和光市役所で8月27日に行われた「和光ブランド」の認定審査会で、審査員の鋭い質問にもひるむことなく会社の特色や、主力製品である子ども向けの紫外線(UV)カットのウエアなどについて熱っぽく語った。困難にもめげない性格が今は、地域を牽引する原動力にもなっている。

18年前、1歳の長男が日焼けして病院に行くと、アトピー性皮膚炎と診断された。当時は日焼け対策の育児用品はなく、「ならば自分でUVカットの服を作ろう」と決意した。

UVを反射させる酸化チタン入り繊維を作る会社に交渉しても「個人には売らない」と言われたため、育児仲間で「ピーカブー」(英語で「いないいないばあ」)をすぐに起業。

「子供服はサイズ展開が多すぎる」などと何十社も断られ、電話帳を片っ端から掛けて、やっと縫製会社を探し当てた。

ブランド名を「エポカル(画期的)」と名付けた。会社設立後、UV対策の必要な子が多いことを知り、対策の必要性をネットで発信すると、売り上げは右肩上がりになった。

同社のUVカットの帽子やウエアは酸化チタンが繊維に練り込まれ、洗っても効果が落ちないのが特徴だ。デザインにもこだわった製品は500点にものぼり、日本学校保健会の推薦製品にもなった。

社員は自信を含め女性5人。仕事は子ども同伴でお互いに助け合ってきた。「家族以上の存在かもしれない」とオフィスには笑いが絶えない。

近年はUVカットをうたう商品があふれ、売り上げは頭打ちだ。そこで海外に活路を見いだした。UV対策先進国の豪州は、学校で啓発しており、商機はあると確信する。すでに豪州の検査機関から自社製品のUV防止機能認証を得た。「ここでジャパンブランドを試し、米国にも進出したい」と意気込む。

会社経営の傍ら、今春には市内の話題やおすすめスポット、イベントを紹介する団体「わこうまち探検隊レディース」を結成し、ネットで魅了を発信している。

現在進行中のプロジェクトは、かつて市内の新倉地区で栽培が盛んだった「新倉ゴボウ」を復活させ、市の特産にすることだ。

今春、市民農園を借りて長ゴボウを植えた。秋の収穫を目指し、多数の店舗に新メニュー開発をお願いしており、来年はプロの農家が栽培してくる手はずも整えた。

「地域とかかわることがこんなに面白いとは思わなかった。また新たなチャレンジをしたい」と実業家としてのアイデアが頭の中を巡っている。

記者から

結婚前は、銀行の営業担当としてバリバリ働いたという。その突進力、破壊力は今も健在だ。興味が多義にわたり「じっとしていられない」という熱い社長を冷静な4人のスタッフが支え、会社を切り盛りしている。

UVケアブランドエポカルの製品はこちらからご覧ください。

エポカルブランドとは?

インターンシップの受け入れを取材していただきました

2019年和光市とのつながりのある跡見学園女子大学の学生をインターンとして受け入れました

 

スタッフにとって今回は、初めての体験!

実は、松成の企みがあったのです。
インターンの受け入れをきっかけに、女性として、後から入ってきた
スタッフにとって、どんな働き方が適しているのか?

「働き方改革」っていうけど口先だけの政策なんてEPOCHALオフィスでは
必要ありません。

自分にとって人生の中の「今」をどう過ごすか?
考えてもらうきっかけにして欲しかった!

 

そしてさらに・・・
まずは、動画をご覧ください♪

EPOCHAL(エポカル)
http://www.epochal.jp/