紫外線対策が必要とされる疾患や状態

こんにちは エポカルの増田です

 

紫外線対策ブランドEPOCHAL

 

“新嘗の祭”も過ぎ、晩秋
そしていよいよ「冬」の到来となりますね。

空気も乾燥していますので、お肌の保湿ケアも
ぬかりなく(^-^)

紫外線は強くないと油断しがちですが、
先日野外ボランティアに参加したエポカルスタッフが、やってしまいました・・

THE 日焼け (>_<)

強くないとはいえ、空気が澄んで低い位置から差し込む太陽光ですので日焼け、するんですね。

今の時期にお肌に入り込むUV-Aはお肌の奥にまで浸透していきます。
UV-Aはコラーゲンなどのタンパク質に影響を及ぼすのでお肌のハリやシワの大きな原因となります。
最近では肌のかゆみなどを引き起こす、アレルギーの原因としても注目されてきているUV-Aです。
敏感肌の方は、継続したUVケアが大切です。

さて今回は、「紫外線対策が必要とされる疾患や状態」についてお伝えしていきたいと思います。

 

こんな方は紫外線対策が大切です

易感染(いかんせん)状態の方

膠原病の方

抗がん剤治療中の方

お薬を内服中の方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

易感染 

『易感染』とは、感染しやすい状態にあるということです。
お年寄りや、状況によっては乳児も含まれます。
また、抗がん剤治療をされている免疫力が弱い状態の方、
広範囲に火傷を負って治療継続中の方、移植を行った方、などが挙げられます。

膠原病

“自己免疫疾患”といわれ、免疫系に何らかの障害がおこることとされています。
のちに詳しくお伝えしますが、全身性エリテマトーデス皮膚筋炎といった疾患で
紫外線対策が大切であることは有名です。

お薬を内服中

お薬の中には、成分によって紫外線があたると反応を起こしてしまうものがあります。

その成分を配合されたお薬を飲んで紫外線にあたると、アレルギー様症状が出るケースがあります。

薬剤性光線過敏症」といいます。

薬局で伝えてくれることもありますし、最近ではお薬説明の紙に書いてあることも
多くなりました。

ご自身の内服薬、ちょっと調べてみてくださいね。

 

どうして紫外線対策が必要か

紫外線が身体に及ぼす影響として免疫力の低下があります。
紫外線を浴びることでさらに免疫力が下がり、風邪を引いたり傷の治りが悪くなり
化膿したりすることもあります。
また、歯周病菌が身体に悪さをしやすくなることもあります。
集団感染に罹りやすくなったり、流行りものをもらいやすくなったり・・
継続した治療の妨げになることもあるのです。

健康維持のため、紫外線対策を「予防医学」の観点でとらえることはとても大切です。
長引く体調不良の原因が紫外線であるとは、なかなか思いが及ばないかと思いますが、
肌を守る以外にも大切な紫外線対策。
ぜひ頭の片隅に置いていただけたらと思うのです。

 

エポカル保健室
増田友美

 

 

 

可視光の発見

【可視光の発見】

1666年アイザック・ニュートンが無色の太陽光を、発見しました。
プリズムを通して観察すると、赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫の7色の目に見える色光帯が現れたのです。
この色光の帯は、スペクトルと呼ばれます。

http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04_09.html

​こぼれ話>キャノンHPより
ニュートンが発表するまで、虹は「3色」または「5色」と考えられていました。
3色:青、緑、赤
5色:紫、青、緑、黄、赤
ニュートンは、5色のむらさきと青の間、黄と赤の間に、それぞれの中間色の「藍色」と「橙色」をいれて、虹は7色だと考えました。
7色:紫、藍、青、緑、黄、橙、赤

音と音の間と虹の7色が対応しているとニュートンは考えていました。
ニュートンが「7色」としたのは、音楽と関係づけて「各色の帯のはばが、音楽の音階の間の高さに対応している」と結論するためでした。なぜ音楽と関係づけさせたかったのかというと、ニュートンの時代の300年前のヨーロッパでは、音楽が学問のひとつで、音楽と自然現象を結び付けることが大事なことと考えられていたからです。たぶん、そうすることが当時はかっこよく感じられたのでしょう。
実はニュートン自身は、虹の色が無数にあることを知っていたということです。
埼玉県和光市にある理化学研究所の図書館には、ニュートンが書いて1706年に出版された『オプティクス』の原書(英語版第2版)があるそうです!300年前の本ってどんな感じでしょう?

大人の夢を持ってほしい

EPOCHALスタッフ
EPOCHALスタッフ

皆さんの小さいころの夢ってなんでしたか?
スタッフにも、会議の時に聞いてみました(^O^)/

このページのスタッフ紹介にも付け足していこうかと思っています。
EPOCHALのスタッフは、本当に個性豊かでそれぞれがとても特徴的です。
今のメンバーはベストメンバーと言っていいでしょう。
全員集まっての会議は、もちろんお仕事のお話ではあるのですが、本当に楽しいひと時です。
それを皆様にも知っていただこうかな、って思っています。
身近に感じていただければ、うれしいです!

さて、子供のころの夢。
想像力の豊かな人やなるほどね、という人も・・・その理由も意外と面白くて!
子供のころの夢・・・は、スタッフ紹介でご覧くださいね♪

 

じゃあ 「大人の夢は?」
本気の夢を教えてって言ったんですが意外と

「え?いまから?」とか
平凡?で現実的な夢しか考えられないことに気づきました。

わたしは、それじゃ嫌だなって思ってしまいました。
大人だってデカイ夢持たなくちゃネ。

経験値が上がった今だからこそ、できないことも、できることもわかる今だからこそ夢を持ちたいなって思いました。
私の夢は、ちょっと現実的であり、そうでもないかもしれません。
これは、またお話ししちゃうかもしれませんが、少し温めようと思います。
その夢に向かって1歩でも近づきたいから!

皆さんの子供のころの夢と、今の現実的じゃなくても大人だから考えられるデカイ夢、聞かせてください

ちなみに小さいころの私の夢は、いくつかあって

幼稚園の先生
アマゾン川流域に行ってピグミーマーモセットを取ってくる

ピグミーマーモセット
ピグミーマーモセット

オーストラリアの沿岸をぐるりと自転車で1周まわり野生のカモノハシの観察をする
ムツゴロウ王国で働く
101匹わんちゃんを101匹飼って暖炉の前で一緒に寝る

 

ま、小学生の考えることですw
めちゃめちゃです

要するに私が将来にこうしたいって思ったのは、小学校の2年生のころなんだなって分かりました。
それ以降はあまり夢を持っていなかったみたい・・・。

そして、

大人の夢は、・・・・また今度♪

スタッフ紹介には、後日掲載しますので、ぜひご覧になってくださいね(^o^)

松成

秋になるとアトピーが悪化するってホント?

秋
近所の公園近く

10月半ば過ぎあたりから、おなかが空いてしょうがない、
食欲全開!^^のスタッフ増田です。

11月に入り、秋もいよいよ深まってきましたね。
先日足を運んだ富士の麓、青木ヶ原樹海辺りでも木々が彩付いてきていました。
登山にトレッキングにハイキングにアウトドアに、野外での活動がとても気持ちのいい季節。
そして普段あまり“食べたい欲”のない増田ですが、なんだか「おなかが空く・・」のです。本当に“食欲の秋”ですね。
気持のよい季節で、適度に体も動かせて、食材もおいしく、食事がおいしく頂けます。
秋ですね (^-^)

 

そしてもうひとつ。この季節に耳に入ってきますのは、お肌のあれこれ。
そのなかでも気になるのは「アトピーがひどくなる」という話題です。

本当に秋になるとアトピー症状はひどくなるのでしょうか。

 

アトピーカフェを開かれている、『ひふのクリニック人形町』の上出良一先生に

お話しを伺いました。

 

1.秋になるとアトピー症状がひどくなるのは本当??

2. どうして秋なの??

3. 特別なケアがあるの?

 

このような感じでご紹介していきましょう。

 

1. 秋になるとアトピー症状がひどくなるのは本当??

「10月 3月にアトピーの方(アトピー様症状をお持ちの方)の受診は増えます。」

 

なるほど。。クリニックでも受診される方が増えるのですね。

わが家の小3の息子は、膝の裏と手の拳(骨のところ)がゴワゴワになります。

掻いて血が滲んで 治りかけをまた掻いて・・が、この時期のパターンです。

 

2. どうして秋なの??

「夏から秋という季節の変わり目で、様々な変化があります。

 身体の面では、汗をかかなくなること。

汗は老廃物を出しているとはいっても肌の保湿という役割も担っています。

そのため、汗をかかなくなる季節は肌も乾燥しがちということです。

 気候の面でも、やはり乾燥の季節であるということ。

乾燥は肌のバリア機能を弱めるので、適切なケアが必要です。

このようなことから、秋に肌の調子がよくないということにつながってくるのでしょう。」

 

「また、10月と3月あたりという社会的環境にも目を向ける必要があります。

10月はお子さんであれば、2学期の半ばで疲れの出てくる頃合いですし、

社会人では、人事異動などの時期です。ストレスとの関係が見えてきます。

アトピーの症状は心身的なものと深く関係していますので、社会的環境の変化や

適応といったことにも目を向けることが大切です。」

 

3. 特別なケアがあるの??

「保湿は大切です。保湿の『ほ』は『補』というイメージでもいいと思います(笑)。

小さなお子さんでも、適切な保湿は肌トラブルの回避に繋がります。

ただ女性にありがちですが、あれもこれもと保湿のしすぎも良くありません。

適度な保湿で肌ケアを継続していくとよいでしょう。」

 

秋になるとアトピー性皮膚炎の症状がひどくなるのか、落ち着いていたものが

再燃するのかは個々人の状況によるのでしょうが、受診率は増えるということですね。

ネットで調べると、乾燥説, 冷たい空気説, 季節の変わり目の肌環境の不安定説、

諸々出てきますが、“社会的環境”という大切なところを見落とすところでした。

 

乾燥した季節の紫外線対策

乾燥した寒風の中でも元気に遊びまわる子どもたち。

秋冬は紫外線量が少ないとはいえ、乾燥肌に紫外線を浴び続けることは

肌トラブルの原因となります。

メイクをしない子どもや、敏感肌の男性も、適切な保湿と紫外線対策が大切です。

秋冬の紫外線対策のポイントは

・日焼け止めを塗る前に保湿ケア

・ノンケミカルの日焼け止め剤の利用

・落とした後の肌ケア(保湿ケア)

です。

 

紫外線は強くないので、石鹸で比較的簡単に落とすことのできる

ノンケミカルの日焼け止めを使うと良いでしょう。

1日のうちで紫外線量の増える時間帯(冬であれば10時~14時あたり)に合わせて

塗り直しすることで、UVカット効果を十分得られます。

ノンケミカルな製品を使うことで、クレンジングによる肌ストレスも回避されます。

また、帽子の利用は誰にでもできる最良の紫外線対策です。

キャップやハットと組み合わせて日焼け止めクリームを利用するとよいですね。

 

保湿に関しては、1日2回の目安が良いようです。

保湿剤も、クリーム・乳液・化粧水など、種類が様々ですが

季節で使い分けるのも、上手な保湿の仕方につながるようです。

保湿に関しては別のページでご紹介しますね。

 

症状が現れたことで「ひどくなってる!!」と慌てないで、

状況をみて普段のケアを継続し悪化し続けるようであれば受診してアドバイスを受ける

ことが大切ですね。

冬将軍の来る前に、もう少し気持のいい秋を楽しみましょう!!

 

株式会社ピーカブー 健康アドバイザー 看護師 増田友美
株式会社ピーカブー      看護師 増田友美

株式会社ピーカブー
EPOCHAL企画室/看護師 増田友美

http://www.epochal.jp/
EPOCHALWEBショップ