紫外線対策用のUVカット制服・制帽などオリジナルで作ります

紫外線対策だけを考えて15年。子供達の健やかな肌を守るため、保護者からのご意見やお客様からのご要望にお応えして様々な画期的な製品を作ってきました。

エポカル製品は約100園で使っていただいています。

現在、北海道から九州まで、約100園のお取引幼稚園様は、本気で子供たちの肌と免疫を守るために紫外線対策用の帽子やウエアを取り入れてくださっているだけでなく、独自の調査をしたり、園庭の工夫をしたりとすばらしい園ばかりです。

エポカルでは、そんな幼稚園・保育園・小学校や中学など、また、先生方のUVケア製品をご提供、オリジナル製品の制作を行っております。

これから子供たちの紫外線対策を始められたい園長様、保護者様向け「UVケア講座」も行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

オリジナル制帽・制服について

UVカットのオリジナル制服をお作りします!

お子様の記憶も幼稚園頃からは、はっきりと残っている思い出もありますね。制服は、お友達と同じお洋服を着るという初体験。

だからこそ、こんな帽子で通ってたよね、こんな制服着てたよねなど共通の思い出の一つになると思います。ご相談を重ねながら少しでもご希望に近いものを形にするお手伝いをしたいと思っております。

刺繍やデザイン、素材などで園の個性を演出

エポカルにはたくさんの経験や事例がありますので、ご希望の数量や価格などに合わせて、オリジナルをご提案が出来ます。

園のマークを刺繍やワッペンで入れたり、色を選んだり・・・

数量がまとまるようであれば、まったく新しいデザインも可能です。まずはこちらよりご希望をお聞かせください。

オリジナルではなくてもいいときは、エポカル製品からお選び頂けます。また、体操服、フラップ帽子などは、日本学校保健推薦製品として認証されていますので、安心してお使い頂けます。

日本学校保健会推薦製品一覧

日焼けは体力を奪ってしまいます。“毎日元気に通って欲しい”そんな思いで、幼稚園、保育園様と思いを合わせて作られた制服と制帽です。

エポカルはお子様の健やかな成長を願っています。

         

赤ちゃんの紫外線対策に影をつかう!

UVカットマルチシート

赤ちゃんの全身に影を作る

ベビーカーや、抱っこ紐でのお出かけの時に、かなりの日差しを感じる時季になってきました。

1枚持っていれば効率よくUVケアできる=UVカットマルチシート

薄い特殊素材は、UVカット率97%以上!
小さく折りたためることや、ベビーカーに載った赤ちゃんが足をばたつかせても
大丈夫なようにスナップもついています。
抱っこ紐の時には、フードのように頭にかぶせることができます。

赤ちゃんのお肌は、とてもデリケートでトラブルが多いもの。
紫外線の害を避けて健やかな夏を過ごしてください。

EPOCHAL
(エポカル)
企画室

夏のマスクにご用心!

エポカルでは毎年お顔のUVケアのためマスクの販売を行っています。

もちろん、お洗濯を繰り返しても機能の落ちないUVカット素材を使い、季節に合わせた機能性を持たせた製品作りは、小さなグッズといえども同じ。

春から初夏までは覆うタイプの美フェイスマスク、夏は暑さを凌ぐために鼻のところに切り目を入れたサマーマスクをご用意しています。

UVケアマスク

マスク焼けに気を付けて

今年はコロナのせいで、春前からマスク必須の生活を強いられています。

海外に比べるとマスクに対する抵抗のない日本ですが、一日中毎日つけるとなるとそれはそれで大変。

春先にはマスク焼けが話題となり、マスクをしているところとしていないところの日焼け具合が違ってくるということが起こりました。

UVクリームもいいのですが、擦れたところはとれてしまいます。マスクの鼻のあたりはどうしてもこすれますので、気が付くと上から日差しを浴びたときにそこだけ日焼けすることもあります。

顔の下半分だけ白く目の周りが黒く日焼けをしないように、エポカルでは、顔の頬までしっかり守れるつばのついた帽子との併用をお勧めしています。

マスク荒れに気を付けて

マスクをしていると、吐く息で何となく保湿されている感覚になり、もしかするとお肌がすべすべ?なんて思ったりしませんか?

確かにマスクの中は湿度が上がり、潤っているような感じがしますが、洗顔後に保湿しないと突っ張るのと同じく、マスクを外した時にお肌の水分がとんで逆に乾燥します。

また、硬い素材のものにすっと擦れていると刺激となり、やはり肌トラブルを起こしてしまいます。

まずはお肌に触れるところは優しい素材のものを選び、飛沫感染を防ぐ意味で使うのであれば、できるだけ通気性がいいものを選ぶといいでしょう。

また、帰宅後きれいに洗顔をしたらしっかり保湿をしましょう。

熱中症に気を付けて

これからの季節にもう一つ気を付けなくてはいけないのが熱中症!

例年でも紫外線と共に一番気を付けなくてはいけないのが熱中症ですが、今年はマスクをするのでさらにそのリスクが高くなっています。

厚生労働省も「夏期の気温や湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがある」として、場所によってはマスクを外すなど、熱中症予防を呼びかけています。

  • 屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合はマスクを外す
  • マスクを着用している場合は負荷の強い運動や作業を避け、喉が乾いていなくても小まめに水分補給する
  • 適宜、マスクを外して休憩する

紫外線対策も同じですが、日の高い時間の活動は極力避けて、どうしても出なくてはいけないときは日陰を有効利用しましょう。

お出かけのときは、水分、マスク、帽子を忘れずに!

マスクと熱中症について厚労省より
「令和2年度の熱中症予防行動」(厚労省資料より)

晴れたらエポカル  staff iseki

ディズニーで目立っちゃえ!

カモフラブルーってあんまり目立たないんじゃない?

って思いましたが、かなりいろいろな人に声をかけられました~。
ディズニーランドって、日本で一番日焼けしやすい場所じゃないかしら?
と思った1日でした(^^)/

お出かけの時は、ぜひカモフラブルーをお揃いで!!

EPOCHAL
スタッフ