真夏でも着られる長袖

こんにちは
エポカルの増田です。

酷暑続きですが、昨日の夜は少し過ごしやすかったですね。
とはいえ 連日の猛暑の疲れはたまっているのではないでしょうか。

エポカル保健室の増田も、冷えにむくみにと
暑さ&クーラーにやられてます・・
ここでは “バランスのいい食事” や “湯船につかる” “適度な運動” と言いつつも、
自分ではあまりできていないかも(・・;)

で、湯船にゆっくり浸かってみました。

 

「バスクリン」の画像検索結果

 

これを入れて。
足と膝がジンジンして、汗ダラダラ(とうがらし;;;!?)
赤いワイン風呂みたいで、効いているかんじがする。。
お水を飲みながらゆっくり入りましたが、やっぱり気持ちよかったです お風呂。

という具合に、1日の中のいたるところで体をメンテナンスしないと
バテるどころか、本格的に体調を崩しかねない今夏。

テレビでは酷暑と熱中症の話題であふれています。

真夏の長袖は暑い??

一度着たらやめられないサンブロック&ブレッサブル&サンプロテクト

「夏に長袖??」と思う方は多いかもしれません。
ですが 照りつける強い日差し、肌が “ジリジリ” しませんか?
帰宅後なんとなく体に熱がこもってしまっている感じで、肌も暑い・・

これは直射をうけたことと、紫外線により肌が炎症反応をおこしているためです。

一枚羽織ることは、肌に日陰を作ることになります。
ですので、熱のこもりを緩和したり、もちろん日焼けも防ぎます。

羽織るもの(素材など)にもよりますが、着て直射を防ぐことは
熱中症対策にもなるのです。

 

夏はUVが気になります。
覆いたいけど熱中症が心配・・

そんなときに活躍するのが、エポカルです。

エポカルのメッシュシリーズは、

・汗をかく部分はメッシュ → 風が通り涼しい!!

・日焼けしやすい部分は特殊なUVカット素材 → 黒づくめじゃなくても確実UV対策!!

・驚くほど薄くて軽い → 洗濯機で脱水した後、そのまま着て出発もできる!!
「霧吹きで吹きかけてお出かけさせます」というお声も。

子どもなんか、脱水後 洗濯機から取り出して、そのまま羽織り
「いってきまーーす!」
といった具合に活用。。

信じられないですか??
インナーが湿る間もなく、あっというまに乾くほどの薄さと素材。
清涼感が得られて、手放せないアイテムなんです。

そのほか、

・メッシュ部分は日本の蚊が通れない大きさのメッシュを採用 → 虫よけをたっぷり使う必要なし!!

・ウエアのそこここに含み → 熱がこもらない工夫

というように、『夏でも着られるUVカットの長袖』は
企画に企画を重ねて、作り出されました。

子どもの肌と健康を守るサンブロックメッシュパーカー

熱中症も紫外線も気になる盛夏
機能的ウエアで、賢く夏を過ごしましょう (^-^)

 

※曇りで湿度の高いときは、直射の影響も少ないのでこの限りではありません。
熱がこもり、熱中症のリスクが上がることもあるので、上手な着脱で体温調節をしましょう。

紫外線対策ブランドEPOCHAL
エポカル保健室
増田友美

紫外線対策ブランドEPOCHAL

紫外線を知る自由研究してみませんか?②分光器

昨年はバナナで紫外線を感じる実験をご紹介しました。

これは、紫外線と言えば鉄板の実験ですが、意外と成功するのは難しいのです。

気がつくとバナナが真っ黒になっています。

 

今年は別の実験をご提案。

光って何色か知っていますか?

透明?虹色?でも見えないし・・・

 

実は色は光が反射して初めてみえるのです。

反射した時に跳ね返す色が、私たちの目に見える色

物によって吸収しちゃう色もあるのでいろんな色に見えるのです。

 

見えない光にははっきりと何色という色があると言うよりも

赤から始まり、グラデーションで変化して最後紫まで繋がっています。

 

その光に詰まった色を実際に見てみたいということで

分光器をつくりませんか?

 

こちらのページからダウンロードして

B5サイズに合わせて印刷していただくとCDを使って

七色の光を見ることが出来ます。

 

作り方

 

この分光器作りは2017年のカタログの企画です。

お手元に2017年のカタログをお持ちでしたら

そちらを使って作ってみてくださいね。

 

夏休みの宿題が一つ片付きましたか?

 

どんなキャップも「フラップつき」に変身出来る!

どんなキャップも首を紫外線から守り、熱中症を予防できるフラップつきに返信させるグッズ

http://www.epochal.jp/shopdetail/000000000252

 

今年の夏は、暑い、そして長い!

うんざりするような暑さでも、外に出るときは、どうしても日陰が欲しい・・・そんな時は、お気に入りのキャップにフリーフラップを!

首筋の日焼けは、免疫を落としやすいって聞いたことがあります。

熱中症を何としても防ぎたい今年の夏は、お気に入りのお帽子に1Goodsで!

 

実は、このフリーフラップ、「フラップ」としても使えるのですが

「マスク的な顔を覆う物」としてもかなり人気の製品。

 

マスクのいいところは、とても小さくて顏にフィットすること。

そこが嫌!

な方には、このフリーフラップは、顏から少し話したところでガードするので、圧迫感がなくていいかもしれません。

 

開発のきっかけは、「キャップはもっているけれどフラップ帽子はもっていなくて!取り外しできるものが欲しい」というお声から。

そんな時に「圧迫感ないマスク的な首まで守れるものが欲しい」というお声も。

 

合わせてみました!(^^)!

 

上手に使って、UV対策も熱中症対策もしていただければ嬉しいです♪

エポカル
プロデューサー 松成紀公子

クーラー病に気をつけて 子どもの冷え

毎日暑いです。
どこもかしこも クーラー効いていますね。

よく言われるのは、女性の冷え。
オフィスで働いている女性を取り上げることが多いのですが、
子どもだって冷えるんです。

冷えは万病の元。

子どもの冷えは、大人が気をつけてあげることが大切です。

子どもだって冷える

でも、実は子どもも思った以上に冷えています。
学校や塾でクーラー浸りになっていますね。

夏バテと思われがちなだるさや疲労感.
冷えが原因であることも多いのです。

雪の結晶からだの冷え雪の結晶

サーチ からだの冷え → 内臓の冷え → 内臓機能低下・血流滞る → だるさ・疲労感・

下痢・便秘・頭痛・胃のもたれ など

サーチ 外気温との温度差が大きい → 自律神経のバランスが崩れる → イライラ・不眠・食欲不振

室内の温度設定が高めでも、直接風があたると汗などと相まって体感温度が下がり、からだは一層冷えます。
学校や塾などでは、席が決まっていることもあり、直接風にさらされることも多々あります。
また、クーラーの「冷え」がからだの不調と結びついているとの認識が子どもにはないため、
我慢する子どもが多いのです。
とはいっても 集団生活の中でのことですので、勝手に温度調節をしたりはできませんよね。

ですので、自分で対応することが大切です。

健康そうなベビーちゃんの足が出ているのもよく目にします。
あせもになりやすい赤ちゃんは、対応が大変ですよね。
ただ、施設内では露出の表面積が大きいほど、体温が奪われます。また外に出ると一気に暑くなり、外気温との温度差を考えてあげたいところです。
大人のショッピングのお付き合いなど、ちょっと長めに館内をプラプラするときなど、少し赤ちゃんの冷えにも気を付けてあげたいですね。

クーラー病に気をつけて

クローバー お出かけの時(学校や塾も)には 1枚羽織るものを持参する(持たせる)

今や電車でもスーパーでも寒すぎるところがあります。

1枚持っていて損はありません。

クローバー お風呂に(湯船に入りましょう)

入浴は睡眠導入にとても大切です。

からだをリラックスさせる副交感神経を刺激します。

あせものできやすい乳幼児のお子さんは、ぬるめのお風呂に少しだけで。

クローバー アイスやジュースはほどほどに

内臓を一気に冷やします。

クローバー 適度な運動をしましょう

 

子どもに関しては、どうしても親御さんの気遣いが必要になります。

「子どもの冷え」について 少し気にかけてみてくださいね。

エポカルエアスルーハット&7分Tシャツ

 

エポカル保健室
増田 友美

サンスクリーンとUVカットウエア

ハワイで禁止されたサンスクリーン剤や日焼け防止の方法

 

福岡県糸島市のみつばちおうちえん 様に呼んでいただき、紫外線対策講座を開かせて

いただきました!

 

糸島市での講座の様子

大人と子供で、25人くらいの講座でしたが広い会場を借りていただき、ゆっくりお話しすることができました!!

太陽のお話から始まり、UVカットウエアの秘密まで。

WHOのすすめるUV対策方法や、アトピー性皮膚炎・大人と子供の肌の違いなど。

一番興味を持っていただけたのは、サンスクリーン剤の塗り方かもしれません。

 

 

え?こんなにもたくさん塗るの?

 

という反応が、「やっぱり!!」という感じでした。

いつも塗っている量っていうのは、だいたい、適量の半分〜3分の2くらい。

たっぷり塗らないと!!

さらに2度塗りを。

 

そして、20分前に!

 

何の20分まえかというと・・・・・・

お出かけ前の20分前なんです。

 

その訳は、エポカルスタッフに聞いてみてくださいね♪

 

 

エポカル マツナリ

 

 

アウトドアは自然の学校! エポカルと親子のテーマって?

Kenny‘s Family villageで体験

何をするときも一生懸命!がポリシーのエポカルです。

Kenny`s F.V.で、いろんな遊びをするうちに親子の関係が、友達のように変わっていく・・・

2人の表情が生き生きし始めました。

 

ちょっと待ってろ今えさつけるから

一緒に何かする時間はお父さんの凄さを発見する時間でもありますね。

普段お仕事で頑張ってる姿は見れなくても、自分にできないことを教えてもらうことで凄いって思います。

魚が釣れた!

そんな気持ちを一緒に味わえた素敵な瞬間でした!

 

STAFFさんだって凄いんです!

 

Kenny`s F.V.では、釣った魚はその場で串刺しにして食べられるのですが、

私たちは時間が遅かったこともあり、持ち帰ることにしました。

お兄さんが手際よく魚をさばいてくれます。

ただ、黙々とさばくのではなくいろんなお話をしてくれました。

夕方は水温が上がって釣りにくいんだよね

「魚は暴れるから、ボールをひっくり返してその中に入れとくと静かになるよ」

「さばくときあまり暴れるようだとエラに指を突っ込むと窒息して静かになるから」

さばく魚がピチピチ跳ねてるのに、キャーキャー言ってる私たちに、お兄さんが教えてくれました。

確かにボールの中は静かです。ナルホドネ・・・少年と2人でうなずいてしまいました。

 

「これ包丁?」

少年が見ていたナイフはかなり使い込まれています。

柄と刃の間に段差もなくただの鉄のナイフ・・・凄いですね

「一日どのくらいさばくんですか?」

「夏の人の多いときだと100~200は軽くさばきますよ」

私より上手なはずだわ!

「普通は串は目の下から入れるんですが、うちは口からさしちゃいます。クネクネとさして、まるで泳いでるみたいでしょう」

串刺しにせずに持って帰るのに、わざわざさしたのを見せてくれました。少年と私は目が釘付け・・・

「何で川魚はぬるぬるしてるか知ってる?」

2人「・・・」

「海は塩で消毒できるけど川は真水だから、ぬるぬるで菌の繁殖を防いでるんだよ」

「ホォ~」

帰りに2人で、今度はパパに今の話を披露して「物知りだね」って言ってもらおう!と話しました。

そんなサービスもあるKenny`s  Family  Villageです。

 

せっかくの夏休み

いろんな勉強のできる自然の中に親子で飛び出してみませんか?

 

Kenny`s Family Village

〒357-0111 埼玉県飯能市上名栗3196
予約・お問い合わせTEL:042-979-0300

 

エポカル
井関典子

 

夏休みも間近!お出かけに1枚あると便利な〇○○って?

夏休みには、1枚持っていてほしい エポカルのブレッサブルUVパーカー

 

 

サンシャイン水族館の淡水魚コーナーのお写真です(^o^)

こんにちは!
EPOCHALのまつなりです。

先日、営業の帰り・・・年間パスポートを持ちながらも、なかなか行けないサンシャイン水族館でちょっとお散歩がてら、涼んでいました。


今日は、埼玉県は、野外で遊ぶのを禁じられるほどの暑さに!
自転車で走り回っていましたが、あっという間に顔が真っ赤になる感じがしました。

熱中症を感じられた方も多いのでは?

UVインデックスはどうでしょうか?

http://www.jma.go.jp/jp/uv/

こちらでは、気象庁データを確認することができます。
紫外線の今日の強さ、正午ごろのを地域で見ることができます。

皆さんの地域は、いかがでしたか?

さいたま市は、9!!

非常に強い!という値・・・。
こんな日は、時間を選んでお出かけしたいですね。

3連休、わたくしと、井関は、九州に行ってきます。
素敵な保育園様に呼んでいただき、「紫外線対策講座」を行ってきます!

この模様はまたお知らせしたいと思います。

夏休み前、肌をUVから守るなら、メッシュ配分が最大のUVカットウエア=ブレッサブルUVパーカーがおすすめ!!

アクティブなシーンには、ちょっと濡らして使うと気化熱を利用できて涼しく過ごせますよ^^

 

健やかな夏を過ごしましょう!

 

 

EPOCHAL 松成

晴れたら ケニーズ・ファミリー・ビレッジでキャンプorバーベキュー!

埼玉県 飯能市名栗のケニーズでキャンプロケをしてきました!エポカル

 

※帽子:エポカル エアスルーハット カモフラグリーン子供用

都心からほど近い・・・

都心から車を走らせること1時間と少し。入間川を越えたあたりから空気が変わったような、、
少しずつ慌ただしさから遠ざかったかと思うと、まもなくなだらかな山道に入ります。
車道に沿って渓流が見え隠れ。
ワクワクが溢れてくる!!

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

EPOCHAL Photography in~ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

さぁ 到着!!
入ってすぐには管理棟(センターハウス)と駐車場、そしてログハウスが並んでいます。
管理棟では、トランプやオセロ、絵本の貸し出しも。
センターハウスのトイレはログ造りで、とてもきれいで材のいいにおいが。
おむつ台もありますよ。
センターハウスの場所は、河原より一段上がった位置にあり
テラスのように覗くと、下にテントサイトと遊び場、そして河原を望めるんです。

で、河原へはどこから・・??

と思ったら、素敵な入口が!!

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

ワクワク感満載です(*^_^*)

よそのサイトを横切ることなく河原へ行ける!
サイトがきちんと区画されているので、小学生のお子さまがトイレへ行ったり遊び場へ行ったりする際も
踏み入れる心配はありませんね。

天然プール スタンバイ

名栗川を天然プールに!!
ケニーズならでは(^O^)/ です。


自然の川を天然プールにって、本当に素敵!
足首までのチャプチャプ遊びから、太ももくらいの深さのところでお魚探しまで。
大人の目の届くところで安心して遊ばせられます。
川はとてもきれいで、お魚だってすぐに見つけられちゃいます!
河原にもサイトがあるので、ここにセッティングすればバーベキューをしながら川遊び(^-^)
楽しそうでしょ!!

 

※着用:水陸両用ストレッチTシャツ

遊び場 も

川遊びには少し寒いかな、日が落ちてきてから何しようかな、
そんな時には<遊び場>へ!!
小さなお子さまが遊べる遊具から、ちょっとしたバスケットゴールや卓球台、
バトミントンネットもあるんです。
キャンプ場ってボール遊びしにくいところが多いんですよね。
キャッチボールとかも、少し気を遣う・・
でもここなら大丈夫ヽ(^o^)丿
夜ご飯までたっぷり遊び尽くせます!!

 

マス釣りだって

※ケニーズのフィッシングパークでは、マス釣りができます!!!!

 

 

ケニーズのマス釣りは、「入れ喰い」ではありませんでしたよ。
程よい頃合いでプチじっくり釣りを楽しめます。
で、

おいしい・・(゜o゜)

川魚独特のにおいがしないんです。
白身が締まってて、本当においしかったです 塩焼き。
キャンプ飯の一品に絶対に入れて!!
親子で、エサの付け方や針のはずし方、魚のつかみ方や魚の感触、釣ったお魚の調理 などなど
フル体験できちゃいます。

 

アウトドアのプロがいるキャンプ場
~日本オートキャンプ協会公認インストラクター~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのキャンプ場の大きな魅力の一つ
『日本オートキャンプ協会公認インストラクター』が在籍してくれていること。
多くのキャンプ場は、受付をしたら、「はい いってらっしゃい」というかんじで
あとはご自由に、、なところが多いのですが。
こちらのキャンプ場は、楽しく安全にキャンプが楽しめるように
スタッフがスタンバイしています。
しかも皆さん 優しく、あたたかく、親切で、イケメンで(女性もいます!)(*^_^*)
どんなに小さなことでも、丁寧に関わってくれるんです。

 

 

キャンパーの満足×自然満喫=ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

キャンプデビューの小さなお子さまがいても安心の<ケニーズ・ファミリー・ビレッジ>
「はじめてのキャンプ」「はじめての川遊び」「はじめてのバーベキュー」
「はじめてのマス釣り」「はじめてのほたる」などなど、みんなここで叶えられちゃう
充実で安心のキャンプ場でした。

家族の「やりたい!!」をとことん応援してくれるキャンプ場。
デイキャンプも本格キャンプも、満足度120%の<ケニーズ・ファミリー・ビレッジ>
この夏、みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね\(^o^)/

 

パパママも、子供と一緒に童心に帰って、遊びましょう!!

 

 

 

 

身体にも、環境にも優しいUVカット特殊素材のウエア エポカル

エポカルブランドは、日本唯一のUVカットウエアブランドです

 

サンスクリーンがサンゴ礁を死滅させる!ハワイではサンスクリーンが禁止になる!

サンスクリーン剤(UVカットクリーム)がサンゴ礁を死滅させてしまう・・・・というお話に「えっほんと?」と思われる方、おいででしょうね。

 

 

もうずいぶん前から、このことは言われています。

エポカルスタッフがオーストラリアに行ったときに、タクシーから海岸に降りた途端に「うっ」と言ったほど、UVカットクリーム独特の匂いがしました。

オーストラリアに定着しているUVケアは、大人はUVカットクリーム、子どもは、ラッシュガードも着ていました。

アトピー肌にUVカットクリーム塗っていいのかな?

と思って、塗りなくなかった私たちは、UVカットウエアという選択をし、16年間エポカルブランドを作り続けてきました。

  • 安心して、着せられること

  • 環境に優しい事

  • 確実にUVカットできること

それが、エポカルブランドのUVカットウエアです。

http://www.epochal.jp/

 

ボンダイビーチ

写真:オーストラリア/ボンダイビーチにて

 

 

Dermatologists say clothing is just as effective as sunscreen at protecting from the sun, with the only downside being it doesn’t completely cover the body. EPOCHAL brand offer sun-protecting clothing, such as long-sleeve rash guards or full-body swimsuits.

#エポカル #EPOCHAL#UV #ウエア #ウェア #UVカット帽子 #UVカットクリーム #サンスクリーン #ラッシュガード #日焼け #日焼け止め #珊瑚を守る #安全 #安心 #着るだけ #UVカットウエア #UVカット素材 #特殊繊維 #酸化チタン

皮膚科医は、衣服が日焼け止めと同じくらい効果的であると言います。唯一の欠点は体を完全に覆わないということです。 EPOCHAL(エポカル)長袖ラッシュガードや全身UVカット日焼け止めウエアを提供しています。安全確実な方法、それも環境を汚さない方法で紫外線対策をしましょう!

学校での「日焼け止め」の使用が禁止の理由と千葉市の試み

学校での「日焼け止め」の使用について、どうして許可されないのか?

 

こんにちは、エポカルプロデューサー 松成です。
今日は、学校教育の中の紫外線対策について、私自身も、悩んだこと、皆様からのお声、そして知る限りの実態、これからのエポカルの目指すところをお知らせしようと思います。(^o^)

水が汚れるから、プールの水代が高いから

 

小学校でのUVカットクリーム、日焼け止め、サンスクリーン剤、どうしてOKがもらえないのでしょうか?

答えはわかっています。

 

「水が汚れるから!」

 

 

25mプールの水を入れ替えるとどのくらいの水代がかかると思いますか?
なんと、27万円!!!@@;

・・・ナルホド。
と少し思いました。

 

 

命を守ることが最優先!


『「紫外線対策」は、地震の対策や家事の対策など、学校にとっては「命」が最優先!

紫外線対策の重要性は、あなたたちが言うように大切なことはわかっているのだけれど、順位的には11位くらいにあるんですよ。』

と10年くらい前に幼稚園の園長先生が教育委員会でそれとなく聞いてくださった時に出た答えです。

スタッフ、がっかりした記憶があり、わたくしは、子供が小学校に上がるまでには、UVケアを学校がしてくれるようになればいいのに・・・という夢を持っていましたが、教育機関に「紫外線対策」が入ることはものすごく大変なことなのだと実感しました。
当然、命を守ることが最優先なのは、わかっているからです。

毎年、3月くらいになると、お母さんたちからのお問い合わせがエポカルに急増します。
幼稚園や保育園を卒園される方が多く、その内容は、

「親の手を離れてどうやったら紫外線対策ができるのでしょうか?」

と言う内容です。

 

こそこそUV対策のすゝめ

EPOCHAL(エポカル)では、こそこそUV対策 と題して、UVカットクリームの塗り方や、UVカットウエアのチョイスの方法、お子さんたちへのお話の仕方を個別にご案内してきました。
そんな中で、生まれた製品が、「7部袖UVTシャツ」です。
私の息子は、サンプロテクト・メッシュパーカーを許可していただき、着用していましたが、たまに、「暑そう」と言って脱がされてしまうそうです。
そんな事例がほかの全国のお子さんでも何件もあったことをお問い合わせ担当のスタッフから聞いたので、

よし!
脱がされない1日1枚でできる限りUVケアできる肌にやさしいウエアを作ろう!!

と思って、作ったのです。

7部袖なら、「暑そう」が半減。
手を洗ったり作業をしたりしても、袖の先が汚れることも防げます。
普通のTシャツに見えても、エポカル製品なので、もちろん!UVカット効果ばっちり!!
デザインは、日焼けを防ぐために首の後ろが高くなるオリジナルデザイン!
動きやすいスポーツ素材を採用しています。
内側の織り方は、凹凸のあるメッシュ系で肌に張り付かず、表は上品なニットです。
吸汗性速乾性に優れているので、1日これがあれば上半身は守れます♪
7部袖シリーズは、息子のために作りました。

 

千葉市は、全国に先駆けてUVケアを推進し始めました

千葉市の教育委員会が「紫外線対策を進めています」とHPに!!

https://www.city.chiba.jp/kyoiku/gakkokyoiku/hokentaiiku/30sigaisentaisaku.html

千葉市の教育委員会が紫外線対策を推進!

 

ウレシイ~でも悔しい~と言うのが、正直なところでした。
できれば、和光市、または埼玉県で・・・これが全国に先駆けて始まってほしかった!!

 

でも!

素晴らしい事例です。

 

ハワイでサンスクリーン剤が禁止になる!

先日は、わたしの大好きなHawaiiでも、UVカットクリーム(サンスクリーン剤)が珊瑚を死滅させてしまう・・・と言うことで、禁止になっていくという話がありました。

 

 

ハワイでサンスクリーン剤が禁止になる!

 

環境を守り、美しい自然を守るために、サンスクリーン剤ではなく、UVカットウエアに切り替えてほしいとずっと願ってきました。
わたしは、アトピーの息子にUVカットクリームを塗りたくなかったので、UVカットウエアを作ることにしたのがこのエポカルブランドの始まりです。
肌によくないものは、できるだけ塗りたくないですよね。
アトピーでなくてもそうです。

 

このようなことから、わたくしたちも、行政への働きかけを始めています。
埼玉県の教育委員会への投稿や、井上わたる議員への提案をしています。

井上わたる議員は、この6月の埼玉県議会で「学校教育の紫外線対策」について議案を提出してくださいました。

VTRがありますので、その様子は後日このページでアップさせていただきます。

 

わたしも、議会を傍聴に行きましたが、正直に言って、埼玉県教育委員会は、のれんに腕押しな感じでしたが、井上議員は「これからですよ」と言ってくださいました。
(※写真は井上わたる議員と議会の後に撮っていただきました!)

千葉市は、市が動きましたが、「埼玉県」が全国に先駆けて、子供たちの肌の健康と、免疫力の大切さに気づき、「予防医学」としての紫外線対策をどこよりも早く県が推進してくれれば!と思っています。

EPOCHALは、埼玉県の和光市で生まれました。
埼玉県から紫外線対策を全国に先駆けて、UVカットウエアを推奨してくれることを夢見ています。

 

 

株式会社ピーカブー
代表取締役
EPOCHALプロデューサー/松成紀公子

http://www.epochal.jp/