赤ちゃんとの外遊びいつからできるの?紫外線対策

赤ちゃんとの外出は直射日光が当たらないように配慮しながら日焼けしすぎないよう日光を浴びましょう。子どもと紫外線対策のお話。

外気浴から

新生児の赤ちゃんは外気浴から外出へと少しずつ外の世界を感じ小さな冒険をひろげていきます。赤ちゃんが元気な時や、機嫌が良い時に行うと良いです。外気を感じた赤ちゃんの表情やしぐさは、ママやパパにとって思い出に残る大切な時間です。赤ちゃんとの外出は直射日光が赤ちゃんの肌にあたらないように配慮しながら外の光を安全に浴びましょう。皮膚の薄さは、食品用ラップフィルムと同じくらい薄いと言われていますが、赤ちゃんのお肌はその半分の薄さ!乾燥しやすく、バリア機能も発達していません。

赤ちゃんの肌について

みずみずしく見える赤ちゃんのお肌ですが、表面の部分はとても乾燥しています。皮フが薄い上に、それを覆う皮脂も少ないため、水分が蒸発しやすいのです。有害な刺激物が体に侵入しないようにブロックする皮フ表面の角質層。赤ちゃんの皮フはこの角質層も薄いので、刺激に敏感に反応しトラブルを起こしがちです。

赤ちゃんの紫外線対策

赤ちゃんの紫外線対策は、帽子、フード付きのUVケープ、大人の日傘などで日陰を作ってあげる方法があります。帽子を被せても嫌がってすぐに脱いでしまうこともあります。赤ちゃんや子供は頭に沢山の汗をかきます。だから通気性を良くするための工夫された帽子がおすすめです。そして頭に違和感があると脱いでしまうなら軽く圧迫感のないサイズの帽子もおすすめです。

抱っこや、ベビーカー、ちょっとしたお散歩にさっとかけて対応したいならUVケープがおすすめです。「UVカットケープ」は「でてるとこガード」とセットになっている物もあり、気の利いた健康に配慮ある出産のお祝いやプレゼントにも最適です。

超・便利な帽子

3つのスタイルをシーンによって使い分けができる「3WAYUVカット帽子」

なら子供の視野(や行動)を邪魔せずに紫外線対策ができます。

3WAYUVカット帽子 エポカル

大人の「日傘」でさっと木陰を作ることもできます。あきらめずに色々な方法や工夫を試してみてください。

親子で紫外線対策が最高!

同じデザインの大人用もありますので外の世界への小さな冒険の思い出にお揃いリンクコーデもお楽しみいただけます。健康なお肌と免疫力を守ることを親子で楽しみながら紫外線対策を行っていただきたいと思います。

赤ちゃんは、一枚あることで安心を感じます。UVネッカチーフやUVケープならお出かけ先や車移動のとき冷房対策にも役立ちます。

※新生児の外気浴と外出

短時間からの外気浴(10~15分程度)を数回して外出へ移行していきます。はじめての外出では直射日光が赤ちゃんの肌にあたらないように配慮しながら外出しましょう。赤ちゃんが慣れてきたら少しずつ時間を長くしていきます。日光に当たることで体内時計を整える。骨を強くし免疫力を高めるビタミンDが作られます。

エポカル企画室
いのせ

オリジナルUVカット帽子/制帽

エポカルでは、オリジナルのUVカット帽子・制帽・制服を制作しております

写真は、北海道の幼稚園グループ様

エポカルブランドは、「予防医学的紫外線対策ウエア」を作っています。
日焼け対策は予防のみ。
肌の健康を守ることは、身体の免疫力を守ることにも繋がり、エポカルのUVカット帽子や体操服などを取り入れた幼稚園さんは、なんと、風で休む園児が年間で半分に減ったというお話も聞きました。

日焼けしすぎることは、免疫力を落とすのです。
「マークだけ」する帽子ではなく、子供たちの目や肌を有害紫外線から守るためのUVカット帽子や、UVカット体操服をご検討ください。

毎日のお外遊び、野外活動をする先生方のためのUVカットウエアや帽子もオリジナルで制作することができます。

富山の幼稚園

3WAYUVカット帽子は、エポカルオリジナルのデザイン。
日本学校保健会推薦製品でもあります。
この帽子の素材を変更したり、ワンポイントのデザイン刺繍を加えたりしてオリジナル化する幼稚園様もおおく、とても人気の製品です。

3WAYUVカット帽子


エポカル公式オンラインページは、こちらからご覧ください。
https://www.epochal.jp/view/item/000000000944

名古屋のインターナショナルスクール

赤い3WAYUVカット帽子は、パッと目を引く、個性的な帽子に。
インターナショナルスクールならではのカラーリングが園児にとても似合って、ステキです。

紫外線対策教室

エポカルでは、子供たちの「なぜなに?」にもお答えします。

日本で初めて園児に向けての「紫外線対策講座」をしました。


子どもたちに、紫外線に当たると色が変わるクロミック素材を使用して
目に見えない「紫外線」を見てもらう講座は大人気!
アジアンハットづくり WHOのテキストを使って
先生と園児のお揃いアウター
日本学校保健会推薦製品/ブレッサブルUVメッシュパーカー

エポカルでは、「お外で元気に遊ぶために紫外線対策しましょう」と言っています。幼稚園や保育園、小学校では、フラップ帽子が当たり前になってきました。
エポカルが始まった18年前はなかったことです。
エポカルのUVカットフラップ体操帽子は、完全オリジナル製品です。

〇被るとフラップが首から離れること
〇子供の視野を防がないこと
〇サイズがいくつかあること
〇被りやすいこと
〇動きやすいこと
〇ある特別な機能性が・・・・!

など、子供たちを育ててきたお母さんの会社だからこそできる子供のためのデザイン企画をしています。

お問い合わせ> office@epochal-uv.com  まで。

スキンフォトタイプについて

知っておこう自分の皮膚タイプ

紫外線に対する皮膚反応は、当然皮膚の色に左右されます。

紫外線に対する反応性を表す尺度としてIからⅥのスキンフォトタイプ(skin photo type)が用いられています。タイプⅠはケルト人に代表され、色白で頭髪の色は薄く、虹彩は青です。

タイプ    サンバーン、サンタンの既往

Ⅰ      容易に強いサンバーンを起こすが、決してサンタンを生じない。
   IPDは生じない

Ⅱ      容易にサンバーンを起こし、わずかにサンタンを生じる。IPDは軽微

Ⅲ      中等度にサンバーンを起こし、中等度のサンタンを生じる。IPD+

Ⅳ      わずかにサンバーンを生じ、容易に中等度のサンタンを生じる。IPD++

Ⅴ      ほとんどサンバーンを生じない、濃褐色である。IPD+++

Ⅵ      決してサンバーンを生じない、黒褐色~黒色である。IPD+++

※最近日光暴露をしていないサンタンのない皮膚に45~60分間(90~1210mj/㎠)の日光暴露をした時の反応に基づく

IPD : Immediate pigment darkening 即時型黒化反応

Pathak MA, Nghiem P, Fitzpatrick TB. Acute and chronic effects of the sun. Freedberg IM, Eisen AZ, Wolff K et al. ed.

Dermatology in medicine. 5th ed. New York: McGraw-Hill;1999;p 1598-1607.を改変

元々メラニン色素が少なく、紫外線に当たった後も赤くなるだけで、黒くなりません。一方、タイプⅥは黒人で、元々大量のメラニンが皮膚にあり、日焼けしません。日本人などの黄色人種は、その間のⅡ~Ⅳタイプに位置し、紫外線が当たると最初赤くなり、その後黒くなります。

参考文献:知って防ごう有害紫外線

目の色と眩しさ

目の色と紫外線、そしてまぶしさ、人の歴史と地理から~

【歴史的背景】

アフリカ大陸で発生した私たちの祖先である現人類(ホモ・サピエンス)は、ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルタール)との生存競争ののち、彼らを駆逐しました。

アフリカ大陸で発生したと考えられている現人類の祖先は、今でいう黒人です。

その後、生活範囲を広げて北部のユーラシア大陸に移動した彼らは、環境に順応して変化します。

アフリカに比べて「紫外線の弱い環境に対して、紫外線を吸収してビタミンDを作れるように皮膚のメラニン色素を薄くなり皮膚の色が白くなって」行きました。

環境に順応したのですね。(^^)/

さて、瞳の色にも様々な色があります。

瞳とは言いますが、正しくは「虹彩の色」です。※図をご覧ください

虹彩は外から光が入ってくる特にその量を調節するための、カメラでいうところの「絞り」に当る組織です。

【瞳の色が違う理由は2つ】

1つめはメラニン色素の量による違いです。

虹彩には光を遮断するためにメラニン色素が含まれていますが、その色素の量が瞳の色に関係します。

メラニン色素の量は、生まれ育った環境の日照条件によって変化します。

メラニン色素が多いと、瞳や肌の色は濃く黒色に近くなり

メラニン色素が少ないと、瞳は青や緑に見え肌は白くなります。

アジアやアフリカでは日射量が多いため 黒に近い色の眼が多く、ヨーロッパでは日射量が少ないため ブルーの眼が多いのです。

2つめは遺伝子による違いです。

15番染色体と19番染色体の遺伝子に存在する、色の遺伝子の組み合わせによって瞳の色が変化するといわれています。

「見え方の違い」

瞳の色はメラニン色素が多い順に黒→茶→緑→青となっています。

メラニン色素が多い、すなわち瞳の色が濃い方が眩しさに強く、メラニン色素が少ないと眼に入る光の量が多くなるため、まぶしさを感じやすくなります。

ヨーロッパ等、薄い 青や緑の瞳の色を持つ国の人々は、まぶしさを感じやすいため、太陽の下ではサングラスをかける必要があるのです。

WEB販売

エポカルでは、公式オンラインページ以外に、Giftのための
通販としてTANPで以下のような製品を販売しております。

UVカット マリンスイム&キャップセット https://tanp.jp/products/view/13167

UVカットテレコネックガード https://tanp.jp/products/view/13166

UVカットパーフェクトケープ https://tanp.jp/products/view/13165

赤ちゃんのためのサンケアハット https://tanp.jp/products/view/13164

ベビーのためのファーストUVケアハット https://tanp.jp/products/view/13163

UVカット エアスルーハット https://tanp.jp/products/view/13161

UVカット サンブロックサンバイザー https://tanp.jp/products/view/13160