埼玉新聞掲載

2019.6.28 埼玉新聞 埼玉経済欄

 

紫外線(UV)の浴びすぎ過ぎによる健康ダメージへの関心が高まっている。

国内唯一の紫外線対策ウエア専門ブランド「エポカル」を展開するピーカブー(和光市)

は、約20年前から「着る予防医学」を訴え、製品の製造・販売と情報発信を続けている。

松成紀公子社長(49)は「日焼けしすぎることの問題を知ってもらい、エビデンス(根拠)

で裏付けられた妥協のないUVカット製品を届けていきたい」と話す。   (山田浩美)

株式会社ピーカブー(和光市)

 

新聞掲載
新聞掲載

■ 株式会社ピーカブー会社設立のきっかけ

 会社設立は2002年。当時1歳の息子がアトピー性皮膚炎と診断され、紫外線対策を勧められたことがきっかけだ。しかし、子供用のUV対策衣類が売っておらず、生地メーカーからも個人購入を断られたため、友人と2人で起業。子供用パーカーを作ると飛ぶように売れた。「情報や商品が十分になかった当時、困っている子供や母親が潜在的にたくさんいた」

 母親たちが不安を抱きながら商品を探していることから「ママの商品も作って確かめてもらおう」と04年から女性用も販売。5年前からは男性用も手掛ける。

 ウエアや帽子、手袋等約500種類の同社製品は全て、UVカット率91%以上が基準。
素材はUVを跳ね返す酸化チタンを練りこんだ特殊繊維生地を使用。
吹き付けなどの後加工ではないため、洗濯しても効果が落ちず、しかも肌触りがよく吸汗性もある。

 汗をかきやすい脇部分はメッシュ素材にしたり、手の甲までカバーできるよう袖先に親指を通す穴を作ったりなど、悩みを解決する細やかな工夫も特徴。
「デザインは機能性と考えて設計している」というように、両者を兼ね備えたものづくりにこだわる。

■ 他者にない本気の取り組み

 昨年は皮膚がんの発症率が世界一で、UV対策先進国のオーストラリアを訪問し、原子力や放射線防護に関する政府検査機関「アルパンサ」に、日本企業では初めて検査を申請。世界レベルの安全性が証明され、企業認証を得た。

 同社運営のサイト「紫外線.COM」では、知見や豊富な情報も発信する。子どもの頃に大量の紫外線を浴びると将来の健康被害リスクが高まるといわれていることから、子ども向けの取り組みも開始。紫外線対策教育を日本で普及させたい考えだ。

 本気度では他の追随を許さない。「UVケアにはどこよりも一生懸命取り組んでいる。『着る予防医学』を提案するブランドを国内外に発信していきたい」と力を込めた。

 

通院コーデ × 紫外線対策

通院コーディネートには紫外線対策・日焼け対策を取り入れて

こんにちは
エポカル保健室です。

本格的にUV-Bが降り注ぐ夏が来る前に、
今日は通院コーデのポイントをご紹介です!

免疫力を落としたくない状況では、紫外線対策(UVケア)は鉄板ですね。
また、内服している薬の種類によってケアが大切なものもあります。

ムダに浴びないことが大切。
(紫外線対策をした方が良いからだの状態についてはこちら

体力維持のために歩いて病院へ・・
バス停でけっこう待つ・・
バスや車や電車にけっこう乗る(UV-Aは窓ガラスを通します)・・

意外と浴びてしまっていませんか 紫外線・・
通院には、UVケアを取り入れた通院コーデで!

 

ポイント1
黒を意識しすぎないで

紫外線対策には<黒>がいい!と思っていませんか?
たしかに黒は、紫外線を一番遮るといわれています。

ですが、黒は暑い・・

赤外線を吸収するので、暑いのです。
熱中症対策には不向きな色と言えるでしょう。

洗濯しても落ちないUVカット素材を使った製品では
色に関係なく紫外線カット効果が得られます。

 

ポイント2
日焼け止めクリームを塗るよりも、衣服や帽子で覆って

サンスクリーン剤の負担は2つ。
塗る負担と落とす負担です。

皮膚の状態が良くないときなどは、なるべく塗りたくないですよね。
塗ったら落とさなくてはいけないので、落とすことも肌への負担になります。

UVケアの鉄則は、「肌から遠いところから」です。

サンスクリーン剤は、覆えない部分だけに使うのが理想です。

通院でお使いになるときは、SPF・PAともに
あまり数値の高くないもので大丈夫でしょう。
(SPFは10後半から20台、PAは+~++くらいのもの)

 

ポイント3
UVカット効果の落ちない製品を

みなさんの選んだUVカット製品。
UVカット効果、落ちていませんか??

紫外線対策用に準備した洋服も、種類によってはお洗濯で効果が得られなくなるものも
あります。

「着ているのに肩が日焼けした (-_-;)」ということもあるのです。

洗濯しても効果の落ちない製品を選びましょう。

(エポカルの製品は、UVカット素材を使った製品です!
UVカット素材の説明はこちらも併せてごらんください)

 

 

次回はエポカル製品を併せてご紹介します!!

コチラ

 

エポカル保健室
増田友美

今日の紫外線とビタミンD

こんにちは
エポカルの増田です。

今日は久しぶりに晴れ間の見える関東地方ですね。

梅雨の合間の紫外線は意外と強いんです。
今日のUVインデックスはこんな感じ。

気象庁UVインデックス
気象庁 UVインデックス

紫外線対策してお出かけください!!

今日みたいな日は、さらりと羽織れるものがいいですね。
オススメは・・・

5WAY UVカットボレロ

5WAY UVカットボレロ 5WAY UVカットボレロ

ゆったりとした気持ちで、さらりと羽織って休息しませんか。
クーラーの風よけにも最適です。
シワになりにくいので、小さくたたんで持ち運びもOK!

 

骨を丈夫にするためのビタミンDを皮膚で作るために紫外線が必要であることは、
最近ではよく知られていることですね。
(以前の「赤ちゃんの紫外線対策とビタミンD」もご覧くださいね)

今日の紫外線量でどれくらい紫外線にあたればいいのでしょうか。

今日はこちらです。

国立環境研究所
国立環境研究所 地球環境研究センター

つくばの観測では、両手のひらとお顔にお昼の時間帯で10分程度ですね。

程よく浴びて、元気を保ちましょう。

 

 

紫外線対策ブランド
EPOCHAL

 

 

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ&古民家ファミリービレッジ

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

埼玉県飯能市にあるキャンプ場

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

エポカルは、こちらのキャンプ場と施設利用提携をさせていただいています。

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

ケニーズ・ファミリー・キャンプ

エポカル会員の方は全シーズンにおいてサイト料金500円割引となります ヽ(^o^)
エポカルを着て遊び尽くしてくださいね!!

以前もお伝えしたケニーズ・ファミリー・ビレッジの魅力(コチラ)ですが、
こんな姉妹施設もあるようです!

古民家ファミリービレッジ

古民家ファミリービレッジ

こちらは1640年に建てられた古民家や古い道具や家具を使った
レトロな雰囲気漂うキャンプ場!

小さなお子さんのいらっしゃるファミリーや、ファーストキャンプ、
ビギナーキャンパーにオススメのケニーズ・ファミリー・ビレッジですが、
こちらの姉妹施設も、自然を感じながらのんびり過ごせそうですね!

「はやくしなさい!!」と言わずに過ごせる大切な時間を。

ぜひ、ケニーズ・ファミリー・ビレッジ古民家ファミリービレッジで!!

エポカル会員です!とお伝えするのをお忘れなく(^-^)

夏の帽子 紫外線と蒸れとどっちが気になる?

今日は風がありますが、いいお天気。

皆さんはお出かけのときに、帽子 持っていますか?
頭皮には、紫外線と帽子の中の蒸れと、
どちらが良くないのでしょう・・・

答えは、紫外線。

去年、今年とメディアでも取りあげられていました。

蒸れが気になって帽子をかぶらない方、意外に多いんですよね。

ですが、、

紫外線は 髪の毛も、毛根も、痛めます 

今は蒸れないような工夫が施された帽子も多く、
蒸れて皮脂や汗で毛穴に汚れがつくことがあっても
お風呂に入りますので、何日間もそのままの状態ということは あまりないはずです。

ですが紫外線で傷ついた毛根や髪の毛は、回復までに時間がかかるか、
もしくは回復しません。

抜け毛の原因となります。

女性も男性も、急に髪の毛が抜けるようになる時期があります。
誰にとっても年齢とともに気になる抜け毛や白髪。
直射から守ってあげたいですね。

お出かけには帽子をお忘れなく(^-^)

エポカルUVカット帽子

エポカル保健室
増田友美

日本初! 子ども向け紫外線対策プログラム

こんにちは
エポカルの増田です。

先日、さいたま市にある<大古里育ちの森幼稚園(おぶさとそだちのもりようちえん)>で
紫外線対策講座(UVケア講座)を開催しました。

毎年園長先生のご協力のもと、保護者の方を対象に講座をやらせていただいています。

大古里育ちの森幼稚園

 

 

自然体験・本物体験・遠足体験を重視した教育方針を掲げ、幼児教育に取り組んでいる幼稚園です。

五感を刺激し、成功体験や失敗体験をその身で実感し、人間を育てるという
壮大な教育方針を持つ大古里育ちの森幼稚園。

様々なリスクの存在を知ることも体験学習のねらいのひとつと考えます。

これらについてまわるあらゆるものを引き受けて子どもたちに環境を与える、
子どもの未来を見据えた幼稚園です。

「子どもたちには外でたくさん遊んでほしい。だから適切な紫外線対策を」

園長先生の想いから始まったエポカルとのご縁。
園内は、木陰がたくさんあり、砂場には屋根がついています。
そして、園帽にはエポカルの製品のご要望をいただきました。

クリアグラス(度無メガネ)やサングラスも推奨し、
メディアでも何度か取り上げられている幼稚園です。

 

日本初!!子ども向け紫外線対策プログラム

 

子ども紫外線対策講座

 

毎年保護者向け講座をやらせていただいていましたが、
今年はなんと、子ども向けプログラムをやることになりました。

アスリートや健康サポート従事者などにもまだまだ浸透されていないのが現状の紫外線対策講座ですが、
子ども対象、それも幼稚園児の講座開催に踏み切っていただけました。

やってびっくり・・・(゜o゜)

講座を進めていくと、、
子どもたちは、子どもたちなりに紫外線について考えていて、
さらには、熱中症と関連するようなコメントも飛び出して!!

子どもってすごい。

子どもって、なんとなく大きくなっているわけではなくって
与えられた状況や情報を、確実に自分のモノにしているんですね。

 

未来のあなたも守りたいから

私たちを取りまく生活環境は、これからも変わり続けます。

ずっとずっと守ってあげたいけど・・・子どもの健やかな未来を願った親の想い。

紫外線との上手なつきあい方を知ることも、生きる力を育むひとつとなりますように。

 

 

 

園長先生を始め、ご協力くださった先生方
ありがとうございました。

 

エポカル保健室
増田友美

 

 

 

 

 

健康は、ごはんから。

こんにちは
エポカルです。

紫外線対策ブランドEPOCHALは、『スマート・ライフ・プログラム』に企業登録しています。

 

スマート・ライフ・プログラム

 

スマート・ライフ・プログラム』は、厚生労働省が国民の生活習慣の改善、
そして健康寿命を延ばすことを
目的として平成23年に開始されたものです。

日本は世界の中でも平均寿命が長いですが、
これからの課題として、自分で生活できる時間を増やすことが挙げられ、
それはとてもQOL(Quality・of・life:生活の質)に関わってきます。

健康寿命を延ばすためにできること。

それは食事であったり、運動であったり、睡眠であったり、コミュニティであったり、
さまざまな分野で取り組みができます。

エポカルは、紫外線対策を呼びかけて
この活動に参加しています。

健康のためにウォーキングなど、アウトドアスポーツを取り入れている方は多いですよね。
その時に、無防備に紫外線を浴び続けないように啓蒙しています。

このようにいろんな分野から取り組まれている『スマート・ライフ・プログラム』。

今回は <食> に着目しているようです。

ポスターが届きました。

スマートライフプログラム

『食事はおいしくバランス良く』

季節の食材を取り入れて、バランスの良い食事を心がけてくださいね。

 

エポカル保健室
増田友美

エポカルブランドとは?