カメラマンもやるんだ!

社長の仕事

スタジオ撮影/子供

社長の仕事ってなんだ?

って言った時、私は、どんなことでも知っておかないといけないんじゃないかな?と思うタイプです。

こんな仕事はスタッフにやらせておけばいい

なんていう人は信じられない💦

自分でやって、その価値と必要性がわかってから渡すのが上の仕事でしょ?
っていうのが持論です。

置き撮り風景。
真っ白の大きな紙のスクリーンの上に私と井関さん。
上から見てどう?と佐藤さんに聞きながら・・・
ほかのスタッフはアイロンかけています♪

この置き撮りが、大変で💦

自分で撮る前までは、プロカメラマンにお願いしていたのですが
それもめちゃめちゃ大変です。

何が大変って、

置いてみてきれいに見えると思って撮ってみても(??)なくらい
変な感じだったり、変な製品に見えちゃったり。。。
置き撮りは本当に難しくて一番手を出したくなかったところです。

これこそ、カメラマンのセンスが必要なところじゃないかと思います。

アイロンが甘いとしわしわで影が出ちゃうし・・・フラッシュの角度で
色が、影が!
難しい。

1日中写真のように座っているので、大体、膝が痛くなってしまうほど。

置き撮りの目的は

製品の全体像や形、デザイン、カラーを見てもらうもの。

雰囲気や、動きやすさ、ファンクション(機能性)などは、着用写真(モデル写真)で表現していきたいと思っています。

カメラマンもやるんだ!

って思ったのは、製品づくりの想いが伝わらない、伝えても「こういう写真が撮りたい」はなかなか分かってもらえないときがあったから。

好きな写真と撮りたい写真は違う。

わたしは、子供のウエアなら購入するお父さんやお母さんが見たい
「子供のこういった姿」というのを自分なりに表現したいと思っています。

レディースなら、こんな風に素敵に着たい、こんなところに行きたい
メンズなら、こんなスタイルでいてほしい・・・

当たり前のことかもしれませんが、気持ちを見ている人と共有したいな
と思って撮っています。

置き撮り↑写真 ・・・ は、その入り口のところ。

とっても大切な作業ですが、まだまだ勉強中。
今年ももう少しでロケの時季になりますが、今年の情勢のお陰で製品開発が遅れてしまって💦💦💦今焦っています(;^_^A


エポカル
松成

外遊びに最適な1枚

紫外線対策と通気性を考えた子供のためのUVカットアウター

秋になり、動きやすくなりましたね!

今年はアウトドアがブームと聞きました。
エポカルでは、この時期、ロケをしながらアウトドアキャンプをすることもあります。

子どもたちの元気な笑顔を見られるロケでも、エポカルウエアは大活躍!!

今回は、コーディネイト例をご覧ください(^^)/

こんな

UVカットキャップ

UVカットメッシュアウター

UVカットサングラス

を合わせると、なかなかカッコイイスタイルになります!

つばの長い小顔効果のあるUVカットハット

家族でお出かけのときは、ぜひエポカルで!!

株式会社ピーカブー

色素性乾皮症とエポカル

「xpの病気が発覚してからというもの、娘の生活にはいつもエポカルさんの製品が隣り合わせにあり、欠かせないものになりました。」

あるお客様からのメッセージの抜粋です。

嬉しい気持ちと、その生活を想像して、しまう瞬間。必要とされていることが私たちのPowerになります。     

…以前にもお話ししたかもしれません。

紫外線を遮断しながら生活することもだちの事。

XPとは、色素性乾皮症という生まれながらの遺伝子の病気です。

紫外線に当たると何千倍の確率で皮膚がんが起きてしまいます。もうすぐ小学生になるお子さんのため、制帽に似たものを探し特殊なフィルム素材に代わって柔らかいビニール素材を探しました。
UVカット遮蔽率を測り99.7%以上(UV-Bは99.9%カット)だったので採用・・・・。

絵のようなガードを作りましたが、小さいお子さんには重かったようです。もっと軽く、もっと動きやすく、夏は涼しく、冬は暖かい・・・とにかく、動きやすいもの!を作りたい。

彼らにとっての有害紫外線と闘っているのは、お母さんたちだけじゃありません。

EPOCHAL(エポカル)も一緒に今までの経験を生かして子どもたちを守りたい。1年生になるお子さんのお祝い、そして笑顔を作れたらいいなそんな気持ちで、製品開発しています。

http://www.epochal.jp/

EPOCHAL松成



日本唯一のスウィングタグ

オーストラリアの「Gervernment」Markの入ったスウィングタグです。

これをもらうために、一生で一番緊張した2時間を過ごしました。ARPANSA(アルパンサ)というのは、オーストラリアの政府検査機関・・・日本でいう環境省のようなところで、国内の電磁波を管理しているところです。

ここでは、UV対策についても啓蒙し、検査を行っています。オーストラリアは、移民の国。地域的には、日本と逆の季節で、今は冬から春になるところでしょうか。真逆です。地球環境の悪化で、オゾンホールができ、その直下にあるのがオーストラリア。ナサのHPでオゾンホールの様子が見れます。

そんな白人が移民したオゾンホールの下の国で、「日焼けしたがる」&「日焼け対策しない」国民に皮膚がんが発生するのは当然のことかもしれません。

皮膚がん世界一の国がオーストラリアなのです。
サンスマートプログラムという国民に向けた、紫外線対策の教育が小さいころから行われます。私たちは、このARPANSAでの企業認証と、スウィングタグの取得、そして、サンスマートプログラムからの協力を求めてオーストラリアに行きました。

EPOCHAL(エポカル)製品が、国内のどんなメーカーや製品と比べても、より真剣に製品を企画制作していること、オーストラリアでの検査にもパスしたかったからです。

・・・それにしても、政府関係者とのミーティングは緊張しました。
オーストラリアンイングリッシュが聞き取りづらいとか、英語が話せないとか、7人もの人に囲まれちゃったからとか、そんなんじゃなくて、



迫力負けです✋


株式会社ピーカブー松成

朝日新聞に掲載されました。

エポカルが朝日新聞9月24日朝刊の埼玉版に掲載されました。

ネットでもご覧頂けます。

以下、抜粋

幼い息子の肌荒れに心を痛めた専業主婦が約20年前、紫外線対策グッズの専門ブランドを立ち上げた。友人と知恵を絞り、母親の視点で作った衣類などは全国の保育園や幼稚園で徐々に人気を集め、紫外線が強いオーストラリアや米国でも評価され始めている。

 「着る予防医学」をうたい服や帽子などを作るブランド「エポカル」。英語で「画期的な」という意味だ。埼玉県和光市の松成紀公子さん(50)が2002年に創業した。

 きっかけは皮膚科での出来事。1歳だった長男(19)は日焼け後に肌が赤くはれ上がり、アトピーと診断された。ショックは大きく、「紫外線対策もしてあげて」という医師の言葉に「できる限りのことをしよう」と決意した。荒れた肌に日焼け止めを塗るのは気が引けて、ベビーカーにバスタオルをかけ、日ざしを避けて散歩した・・・

内容はこちらからご覧下さい。

珊瑚を白化する日焼け止めに規制

日焼け止めクリームの一部成分に、サンゴ礁に有害な化学物質を含まれると2015年に発表されました。

特に、オキシベンゾンとオクチノキサートという2つの成分を問題視していおり、どちらも紫外線(UV)を吸収する役割を持っている一方、サンゴの白化を促進するとされています。

きれいな海を守りたいと、いち早くアメリカ合衆国のハワイ州やパラオは有害クリームの使用を禁止する法案を作りました。また、メキシコの一部自然公園でも同じく有害な成分を含んだ日焼け止めの使用を禁止しています。

パラオは2020年1月1日より施行、ハワイ州も2021年に施行の予定。

日本経済新聞 2019年8月19日

規制のかかっている成分は下記の10種類です。

オキシベンゾン、オクチノキサート、エンザカメン、オクトクリレン、トリクロサン、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、ベンジルパラベン、フェノキシエタノール

パラオもハワイも紫外線はの強い地域です。ただ、本来クリームだけに頼るのは危険。クリームはこすれると取れてしまい、ムラが出来てしまうからです。

また、しっかり守るために塗る量はかなり多めが必要で、普段、塗っている量では足りないことが多いのです。UVクリームを使うときはあくまで出ているところの補助的な使い方で、成分をよく見てお肌にやさしいものを選んで下さい。

エポカルでは、日陰の利用や長袖、帽子、日傘など、環境に優しい紫外線対策をお勧めしています。

BBC:豪グレートバリアリーフのサンゴの「白化」 2年連続で大規模被害 2017.4.11

BBC:米ハワイ州、サンゴに有害な日焼け止め禁止へ 2018.5.4

BBC:パラオ、有害成分含む日焼け止めを全面禁止 世界初  2018.11.2

AFP:パラオ、「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止へ 2020年から 2018.11.1

NATIONAL GEO GRAPHIC:あなたや地球にとって、どんな日焼け止めが最適ですか?

新作のビショップストールは秋対応!

素材を選ぶ

何が大変って、素材選びには、すごく時間をかけます💦

エポカルのUVカット素材は、ご存じの方も多いと思いますが、
洗濯してもその効果は落ちません✋

100回だろうが、200回だろうが、1000回だろうが・・・破れるまでは!!!

もちろん、擦れて薄くなったりしたところはUVカット効果は落ちるかもしれません。破れてもダメです✋ メッシュ素材もUVカット効果は測っていません。

ただ、UVカット素材=酸化チタン錬り込みのもの(吹付や後加工ではありません)をすべての製品に使うことを大前提にしています。

エポカルオリジナル製品はすべて!です。

UVカットビショップストール

この製品ができたのは、実は、わたしが「UVカットアームガード」を右だけよくなくしたからです💦

おっちょこちょいだったり、整理ができないだけかもしれませんが
皆さんもそんな経験ありませんか?

じゃあ、くっつけちゃお。

ということで、ストール化。

夏は、ワンピースなどが多いので、その上にエレガントに、でも涼しく、効率よくUVカットできる製品を!

ということで誕生したのが、このビショップストールなんです。

秋の新作

この秋の新作は、とことん肌触りの良いホワイト!という目標をもって素材探しを徹底的に行いました♪
心地よい毎日を願っています(^^)/

エポカル
プロデューサー
松成紀公子

色素性乾皮症とUV測定器

色素性乾皮症と言う難病について、ご存知の方は少ないでしょう。

https://www.nanbyou.or.jp/entry/112

露光部の皮膚にしみがたくさん生じ、皮膚が乾燥し、皮膚がんが普通の人の数千倍多く生じる病気で、半数以上の患者さんで神経症状が現れます。

また多くの患者さんで日に当たると異常に激しい日焼けの反応が生じ、それが引くのに1−2週間かかります。日光露光部に発生する皮膚がんです。

今日は、色素性乾皮症のお子さんを持つお母さまよりご依頼を受けて、UVカット帽子のオリジナルを制作しようと井関さん、佐藤さんと取り組んでいました。

UVに当たらないことが絶対生活条件。

エポカルは、このUV遮蔽率を外部検査機関にずっと依頼し続けてきましたが、すべてのUVカットウエア

すべてのUVカット帽子

すべてのUVカットグッズ

を当社内のUV測定器で計測して製品企画と製品制作に取り組むために、

理研の研究者

科学者

皮膚科専門医

からの指導を受けて、紫外線測定器を設置し、理研インキュベーションで検査研究を行っていく準備をしています。

さらに、色素性乾皮症=XP患者の方のための防護服を作りたい!

株式会社ピーカブー
松成紀公子

エポカル ファン付きUV防護服 

⼦供に⽇焼け⽌めを使う時期はいつですか︖

⼦供に⽇焼け⽌めを使う季節はいつですか︖


⼦供に⽇焼け⽌めを使⽤している時期の1位は「夏(6-8⽉)」(80%)。
⼀⽅、紫外線量が⾼くなりはじめる「春(3-5⽉)」に⽇焼け⽌めを使⽤している割合は全体の27%。
「1年中」使⽤については全体のわずか4%にとどまったとの事です。

実は、UVは、1年中降り注いでいます。

紫外線には、3つの種類があり
UV-A
UV-B
UV-C

とありますが、UV-Aは、なんと家の中にいてもガラスを通って突き抜けて肌の奥まで届く光線です!!@@;

UV-Bは、皮膚がんを起こします。

UV-Cは、オゾン層ががっちり守ってくれていて、地上には届きません。

日焼け止めに頼るのはよくないと思います。

なぜか?

落ちやすい
どのくらい塗ったかわからない
汗で落ちる
水でも落ちる
耐久性がない
検査した数値(書いてある数値)の半分も塗れてない

からです。

頼れるのは、UVカットウエアだけです。

それも、UVカット素材を使用した、特殊繊維で作ったUVカットウエアを着用すれば、UVカットクリームを塗らずに済みます。

では、冬は、アウター着ているのにUVカットクリーム塗らなくてはいけないの???

そんな必要はありません✋

顔や手の甲など、露出しているところだけでOK。
眼の紫外線対策は、帽子やサングラスでしましょう。

露出している部分にだけ、サンスクリーン剤を塗るといいと思います。

たっぷり塗りましょう

気象庁 紫外線予報より

9月といえどこの「非常に強い」という紫外線が降り注いでいます。
まだまだ長袖+帽子が水晶の時季なのです。
暑さと、UVはイコールではないので、シチュエーションによってUV対策を考えるといいですね♪(^^)/

エポカル

http://www.epochal.jp/

子どもに日焼け止めを使っていますか︖

⼦供にサンスクリーン剤を使っていますか︖


全体の83%の⼈が「⼦供に⽇焼け⽌めを使⽤している」と回答し、10歳以下の⼦供をもつ⺟親の5⼈に4⼈が⼦供に⽇焼け⽌めを使⽤しているという結果になったそうです。

EPOCHAL(エポカル)ブランドでは、子供の敏感な肌に「日焼け止めを塗りたくない」と思ってUVカットウエアを作り始めました。

日焼け止めは、どうしても衣類で覆えない、影を作れない場所に補助的に使いたいと思っています。

UVカット素材

エポカルでは、特殊なUVカット素材(繊維)を使用しています。

生地が薄くても、軽くても、UVカット効果が91%以上の高い遮蔽率を保てるUVカット素材は、繊維に「酸化チタン」が錬り込まれています。

繊維に練り込むことによりUVカット効果が飛躍的に上がります。
エポカルブランドでは、1枚でUVカット率91%以上のものを使用するという基準があります。

エポカル流紫外線対策

洗っても洗ってもUVカット効果の落ちない、薄くて軽いUVカット素材を使用した、エポカルウエアを着用し、効果的に肌を紫外線から守りながら

どうしても露出してしまう手の甲や、首などだけ 日焼け止めを塗る・・・というのがエポカル流の紫外線対策です(^^)/

日焼けしすぎないことが免疫を落とさない、疲れない、日焼けしない、健康な肌を保つことにつながります。

心地よいエコな紫外線対策をしてくださいね。

株式会社ピーカブー

松成紀公子

http://www.epochal.jp/