簡単手作りマスクの作り方

手作りマスクを作っていらっしゃる方も良く見かけますが,ゴム等が不足しているとのこと。

そこで、ゴムが無くても作れるマスクの作り方を公開します。

少し針と糸を使えば、しっかり覆えるマスクにする事も可能です。

★ 用意するもの簡単手作りマスクキット布、型紙、はさみ、針、糸簡単手作りマスクキット布、型紙、はさみ、針、糸

型紙はこちらから

★作り方

①型紙を切る。

マスクの型紙

②布を半分に折って、わを左にし、型紙を写して切る。

③鼻のところだけ波縫いをしてダーツを寄せる。

※型紙を写すときに耳の位置を少し調整してください。

しっかりガードするタイプを希望の方は、以下に続く・・・

④顎の両サイドはわのところをつまんで赤の破線で縫う。あと2箇所も真ん中の青い線のところをつまんで赤い点線のところを縫い、合計4箇所縫う(こちらは鼻のところも同じように縫いました)

上の鼻のところと下の顎、頬のところの隙間を埋めました。お顔のサイズに合わせて縫う山を小さくしたり大きくしたりしてください。

仕上がりはこんな感じです。立体だと外からの空気も入りにくくなりますが、生地は通気性がいいものなので、あまり息苦しくはありません。

通気性が気になる方は内側に紐をつけて不織布などを取り付けてご使用ください。

生地自体はEPOCHALのUVカット素材ですので,夏の日差しを浴びるときにもUVケアとしてご活用いただけます。

こちらから動画でご覧いただけます。

下まで作るとかなりしっかりとガードされたマスクが出来上がります。切りっぱなしでもほつれにくい布で作る事をお勧めします。

理研インキュベーションプラザの不思議①

シャワー!!

理研インキュベーションプラザの入居後、一番驚いたのが、このシャワー!!!!

おおお!
オーストラリアにもオフィスには、シャワールームがあるって聞いたけど♥
さすが~
と思ったら・・・(??)

廊下にシャワー!?

これ、なんかおかしくない!?@@

だって、脱衣所も何にもなくて、いきなりシャワー!!!!
そして、
水が流れるところもない~~~~!!

実は、これ、さすが理研インキュベーション!
実験などで薬剤をかぶってしまった時の緊急用のシャワーです!!!

なるほどー
でも、スタッフ全員「えええっなにこれっ」って一度は驚く、場所でした♪

EPOCHAL
松成

インキュベーションプラザの生活

officeがインキュベーションプラザに移転して20日が経とうとしています。前のオフィスと大きく違うのは、広さと環境です。インキュベーションプラザでの生活を少しご紹介します。

広さの違い

面積は半分近く小さくなりましたが、台所やお手洗いがそとにあるので、中はすべてオフィススペースです。こちらに移転するときに必要なものはそのまま、紙として保管の必要でないものはデータ化し、必要ないものは処分してきました。

物が軽くなると、探す時間が削減され効率がよくなり、無駄が減ります。戸棚などの隠せる物置をなくし、中の見えるコンテナに入れることで、いろんなことが一目瞭然。とてもシンプルで、使いやすいオフィスになりました。

そして、株式会社ピーカブーでは、時間的な空間の使い方も変化しようとしています。女性だけの会社だからこそ、今の時代はその時々によって、母として必要とされたり、嫁として必要とされることもあります。オフィスだけが働く空間とならず、テレワークなども取り入れて、生活の中でうまく仕事を行っていけるようチャレンジを始めました。

ここには、販売と共に研究開発を行うことを前提に入居したので、これに研究用スペースが用意され、一瞬研究室?と思う一角もあります。

エポカルは紫外線対策のエキスパート、ここで更に実験や研究を行い、EPOCHAL製品の機能の高さを証明していこうと思っています。

環境の違い

ここで仕事を始めて気が付いたのは、静かなこと。周りには住宅はなく、国の施設や公共の施設ばかりなので、子供の声が聞こえません。

また、インキュベーションプラザの中も研究している会社ばかりですが、ドンドン音がすることもなく、どんな研究をしているのか気になってしまうくらいです。

ただ、週に2回移動販売のパン屋さんが来てくれます。その時は音楽が流れて、私たちも飛んでいきます。パン屋さんの周りには、インキュベーションプラザの方やお隣の理化学研究所の研究者さんもいたりして、パンを買うという目的だけではなく、いろんな方とお話しできる楽しい時間です。

まだ、入ったばかりで、インキュベーションの方々と交流する機会もなく、また、入ってすぐにコロナの影響で活動を自粛している企業(ピーカブーも)も多いので、色々と落ち着いてきたら、交流を深めて行けたらと思っています。

もしかすると、ここでまた新しい何かが生まれるかもしれません。そんな期待の溢れる場所です。

よろずやスタッフ iseki

子供たちとの生活

https://www.savechildren.or.jp/news/publications/download/MHPSS_message.pdf

EPOCHALスタッフ いのせさんより

お子さんたちとの生活、だいぶ長くなってきました。
初めのころはいらいらしたり、いつもと違ったり大変だったと思いますが、大人も子供もペースをつかめたらいいですね。

お子さんたちのストレスも、「お友達と遊びたい」「家にばかりいたくない」など敏感に感じる子供たちもいるでしょう。

今は、大変な時だということを理解できるように、お話をゆっくりしてあげられるといいですね。


EPOCHALスタッフの半分は、まだ小さな子供がいます。
先日、読売新聞さんの取材を受けさせていただきました。
上手にお仕事と子育てを両立できるように、考え、考えて、いろいろな活動や仕事のスタイルを変化させてきたEPOCHAL(株式会社ピーカブー)です。

また新たな局面を迎えているなと感じます。
テレワークシステムは、子育てを行う自分もそうでしたが、絶対に必要なものなので、もう10年以上前から「自宅でも仕事をできる」ようにしてあります。

だから、急にテレワーク!
っていうのもすぐにできます。(笑)

TVでは、大企業はできるけれど、中小企業には無理でしょ

なんて、よく言うわ(笑)と思ってしまいました。

こんな時こそ強いのが中小企業だと思っています。
今できること、限られているって思わないで、可能性を追いたいと思います。

何が一番大切で、何を守るべきなのか。
スタッフやお客様の健康が一番に決まっています。

みんなで乗り切りましょう!

EPOCHAL
松成紀公子

ランチは、お弁当に

ランチはお弁当に

EPOCHALスタッフ、以前は外食したり、コンビニのお弁当だったりしたのですが、理研インキュベーションプラザのほうへヘッドオフィスを移転してから生活がちょっと変わりました!

実は、周りに何もないので💦
お弁当生活に!
より健康的になった✋かもしれません(笑)

なんと、理研インキュベーションプラザに入居すると理研✨(←憧れ)に入ることができるパスポートが(申請すると)頂戴できるのです。
厳しい管理・審査など必要ですが、これから検査研究をしていくためにこのプラザに入居しましたので、うれしい特典です♡

ランチも、そのうち・・・(慣れてきたら)研究者の先生に連れて行ってもらって、理研食堂ランチを満喫したいと思いますが、今は、まずコロナウイルスの猛威が収まるのを待ち、お弁当生活を頑張ろうと思います♪

なんと、理研インキュベーションプラザにはパン屋さんが月曜日と木曜日に来てくれます!!
お弁当を持っていたのに・・・おじさんの笑顔でたっぷり購入してしまった私・・・💦
パン好きにはたまらないバリエーションの多さに「キャー💛」でした。

EPOCHAL
松成紀公子

切るだけUVカット&予防マスク

マスクの不足

マスクの不足を受け、EPOCHALでも、マスク&夏マスクが何度も完売に・・・
EPOCHALのマスクは普通のマスクと違い、紫外線対策を目的にしていますが、夏でも快適にマスクをしていられるように、内側にメッシュ、それもパワーメッシュと言ってすごく伸びる素材を使用しています。

さらに、とても細かい「目」なので、肌に優しく柔らかいのが特徴。
ストレスを感じません。

UVカット効果もUVカット率97%以上と優秀です。

今このマスクをお使いの方は、ぜひ不織布を1枚挟んでいただくと、その布だけ変えるなど、くしゃみなどして汚れても、1日1枚でずっと心地よくいられます。

不織布は安く売っていますのでぜひご自分でご用意ください。

ご注文の方に1キットプレゼント

(宅急便発想の方のみ)

さて、EPOCHALスタッフは、EPOCHAL保管のUVカット素材の中でも切りっぱなしでも使えそうなものをチョイスして、簡単にマスクを作り、肌にフィットさせ、縫い目がない分、肌に優しいものを今、懸命に研究しています。

ご注文のお客様に1~2枚作れる布と作り方の型紙を添えてプレゼントしようという企画を練っています。
ご希望の方は?と聞く予定にしていますので、もう少しお時間ください♪

EPOCHAL
松成紀公子

お祝いのお品とイケメン2人

いろいろな方々からお祝いを頂戴し、事務所移転って、めちゃめちゃ大変で、ちょっと心織れていたのですが(笑)
和光市を代表するイケメン二人がお祝いに来てくださるなら~なんて(笑)思ってしまったEPOCHALスタッフたちです。

冗談は置いて、登記など初めて依頼させていただき、これからもお世話になっていきたいと思っています!

そのほか、お世話になっている物流倉庫会社
沖縄の子育て料品の野添様などより負い粟井のお言葉、お品をいただき、オフィスはお花でいっぱいでとても心地が良いです。

そんな中、緊急事態宣言のため、人が集まれませんが、だんだん整いつつあるオフィス。

ええええええっ!!!
っていう、施設内の面白い装置もありますので、またお知らせします♪

EPOCHAL
松成紀公子

仁科蔵王>新種の桜

仁科蔵王は、理研の加速器「リングサイクロトロン」から発生する重イオンビームを照射して突然変異を誘発させてつくり出した新種のサクラです。

https://www.riken.jp/pr/news/2017/170418_1/index.html

花は、半八重で、4~5センチ程度の大きさをしており、咲き始める頃には淡黄緑白色で、終わりの頃に淡黄ピンクが広がり、美しい色の変化が見られます。

詳細はお楽しみコンテンツ「新種のサクラ」をご覧ください。

写真は、4月6日の和光市役所の駐車場にて撮影したものです♪

とても珍しいカラー。
すごくきれいでした。
これからちょっとずつピンクが混ざっていくのかな?
ワクワクします。

今日も、良い1日になりますように。

EPOCHAL
松成紀公子

山登りのブレッサブルUV

週末、富士山に登ってきました!
日本一の山で日本一強烈な直射日光を浴びてまいりました!何度も日焼け止めを塗り直した顔は焼けましたが、上半身は完璧に保護されてました! 帽子も被っていきましたが、瞬時に汗ダクにしてしまい、私のような汗っかきには、夏は後頭部メッシュかサンバイザーのほうが、汗ぬけできる分、山に向いてるかもしれません。
2週間連続で高山に行きましたが、もうエポカルなしで夏の高山に行くは考えられないほど、大切なギアになりました。