UVケア 大人と子ども 同じで大丈夫??

こんにちは エポカル保健室の増田です

まだまだ寒い日が続きますが、
降り注ぐ紫外線量、じわりじわりと増えてきていることにお気づきでしょうか。

(気象庁UVインデックスより http://www.jma.go.jp/jp/uv/)

 

春の足音が近づくにつれ、気になってくるのが
UVケアですね。
大人と子ども、UVケアの仕方は同じでいいのでしょうか・・

いえ 子どもには子どもの紫外線対策が必要です。

———————————————-
ポイント①
子どもは大人以上に紫外線対策が大切

ポイント②
日焼け止めクリームは「子ども用」を
———————————————–

ポイント①の『大人以上に紫外線対策が大切』というのは、「子どもは大人以上に紫外線の影響を受けるから」
です。そしてそれは、体の内的にも外的にも、です。

 外的な面では、子どもは大人よりも背が低いため、アスファルトからの反射光(散乱光)による影響が
大きいということがまず言えます。つまり、子どもの紫外線対策は「反射光(散乱光)対策」が大切なのです!!
帽子をかぶっていても、それが季節に合った帽子でなければ目に入る紫外線量は適切に防げませんし、
砂場で遊んでいたりすると、帽子をかぶっていても顔は日焼けします。

・サングラスやクリアグラスの活用が、子どもの目を守ります
・反射光対策は「着て防ぐ」が一番!!
→子どもはたくさん汗をかくので、クリームだと不確実です。また落とす時にこすることで肌への負担は
増してしまいます。
・日焼け止めクリームは子ども用を使いましょう

 内的な面では、
1)子どもは細胞分裂が盛んなため、度重なるダメージで修復するときに間違った
修復が行われる可能性が高くなる
2)皮ふを始めとするすべての臓器が未熟なため、ダメージを受けやすい

という点が挙げられます。

・子どもこそ紫外線対策が大切!!  なのですね。

ポイント②の「日焼け止めクリームは『子ども用』を」ということですが、
看護師になるときによく言われたのは、「子どもは小さい大人じゃない」ということ。
子どもは小さい大人版ではなくて、生理学が子どもなのです。

ですので、大人の肌質や大人の生理学をもとに作られたものを子どもに使うということは、
それ自体が子どもの体に負担をかけます。

・子ども用の日焼け止めを使いましょう!!

 

これらのことから、

子どもは大人以上に紫外線対策が必要
子どものための紫外線対策が大切

とのことがわかります。

ということで、子どもだけのケアを心がけてくださいね。
子ども用に「○○ちゃんのお日さまとおともだちボックス」のようなスペースを作り、
お帽子やウエア、子ども用の日焼け止めクリームなどを入れてあげると、
大人のお化粧ポーチ的な感覚で、お子さまも喜ばれるかもしれませんね。
親子で楽しく、そして正しくUVケアしてお出かけしましょう(^-^)

子どもの紫外線対策

 

エポカル保健室 増田友美

 

 

 

メルボルンの日本人学校の紫外線対策見学

 

メルボルン日本人学校
メルボルン日本人学校

メルボルン日本人学校の上野校長先生を訪問させていただき、オーストラリア内での日本人学校でどんな紫外線対策を行われていらっしゃるか取材させていただきました。

サンスマートプログラムは、日本人学校にも浸透していて、長袖を着て、クリームを塗り、帽子をかぶって、影を選ぶ、そしてサングラス!

教室の外に張り出してありました!

オーストラリアのサンスマートプログラム
オーストラリアのサンスマートプログラム

 

子供達は、自宅でUVカットクリームを塗ってもらい、ランチの後にもう一度塗って外遊びをするそうです。

この日のメルボルンは、晴天。

メルボルンでは、珍しいほどの晴天だったそうです。

 

メルボルン 晴天!
メルボルン 晴天!

とってもカラフルできれいな校庭では、バトミントンをする中学生たちが。

よく見ると帽子+長袖を全員が!

さすがです。

気温が35度以上になったら野外活動は中止されるとのこと。

大きなテントが2つもはられていて、校庭に影を作っていました!

オーストラリアでは、日本人学校でも、サンスマートプログラムが当然のように取り入れられていて、ご両親も当然やるべき、と朝から子供たちにサンスクリーンを塗るそうです。

 

EPOCHAL
松成/井関

皮膚がん=Skin cancer

オーストラリアの紫外線対策は、「皮膚がん防止」なんです。

 

 

 

 

 

 

2out of 3 Australians wii be dignosed with Skin cancer.

 

この画像のように3人に2人が皮膚がんになるとのこと。
日本人は、黄色人種のため白人よりもUVの害は受けにくいと言われています。
防御能力が高いのですね。

わたしたちは、

「外で遊ばせたいからUVカットウエアを着る」

「無駄な紫外線は浴びなくてもいい」

「紫外線はいい事もある」

と考えます。

オーストラリアのサンスマートプログラムは、とても素晴らしいものでした!

これから少しずつお話ししていきます!!

 

 

EPOCHAL
まつなり

Alanに感謝!

 

オーストラリア政府検査機関のAlanさんより、UPF検査データが来ました!!

だいたい2週間くらいかかると言われていた検査を、渡豪中に送ってくれていました。
検査の機械や、検査室などのお写真もありますが、そこは政府の機関で、申請しないとアップできません。

この検査データ、渡豪したからこそいただけました。
感激と感動で、いまオフィスはたぶん・・・真冬ですが、真夏の熱気です!!

UPFの検査結果/オーストラリア政府検査機関
オーストラリア政府の認証

Today’s voice

お客様よりのお声を紹介します!

 

どうしてエポカル製品を選択してくださったんでしょうか?

紫外線についてしっかり説明がされていて、製品もしっかりしたつくりで、洗濯しても効果が落ちないので購入しています

 

Why did you choose Epochal products?

Epochal’s products are explained about ultraviolet rays, sewing is good, even when washing it will not affect the effect so we are purchasing.

 

エポカル製品は、紫外線を91%以上カットするだけでなく、洗濯による効果の提言はありません。

それは、エポカル製品が、UVカット素材を使用しているからです。

薄くてもUVカット率が高いUVカット素材を使用することにより、真夏でも薄い素材でしっかりUVケアできることが、エポカルの特長です!

By using UV cut material with high UV cut rate, it is a feature of EPOCHAL that you can firmly perform UV care with thin materials even in the midsummer!

 

 

オーストラリアの紫外線教育

オーストラリアがつい最近まで皮膚癌世界一だったことは有名ですが、今は少し減ってきています。

それは政府が紫外線対策を推奨し、民間の団体がしっかりとした紫外線対策のプログラムを作り上げる努力をした成果です。

UVカットウエアの販売と情報発信を行っているエポカルとしては、やはり本場の紫外線対策を見て、聞いてみたい。

そして、そのシステムを少しでも日本に持ち帰りたいと先週オーストラリアまで行ってきました。

オーストラリアでは、紫外線対策をキーワードに多くの現地の方にお会いする機会を用意していただき、様々な立場の方にお話を伺いました。

そんな中、すべての方が

「no hat no play」

「slip slop slap seek slide」

を知ってることにビックリ!!

sunsmart

そのくらいの紫外線対策の認知度があるのは、やはり学校の教育プログラムとして確立しているからでしょう。

19年かかりましたとおっしゃってましたが、そこまでにはかなりなご苦労があったようで、私達も模索中ですとお話すると、応援しますと仰ってくださいました。

オーストラリアは皮膚がんと結びついて理解されているので、その必要性をうけいれられやすいのですが、日本では予防医学としての対策が多いので、後回しになってしまいます。

ただ、白皮症やXPやポリフェリン症の方など、絶対に必要な方もいらっしゃいますし、私を含め日光アレルギーの方もかなり多くなっています。

予防だけでは収まらないことも現実です。その方々に私たちの製品があることを知っていただきたいですし、規格がないからこそ、効果のないUVカットを訴える製品との差別化を図りたいと思っています。

今回のオーストラリア出張で参考になることも多々ありました。エポカルとして出来ることは全てやっていこうと思っています。

それらを実行するために、出張中に始まったクラウドファンディングの応援もお願いします。

https://readyfor.jp/projects/sunprotection-epochal

 

「オーストラリア政府のスウィングタグで・・・」

「オーストラリア政府のスウィングタグで日本のUVウエアを世界へ・・!!」

こんにちは エポカルの増田です

表題 ご覧になって??とお思いの方。
エポカルのビッグプロジェクト、発動です。

紫外線に対する認識がまだまだ浸透していない日本ですが
私たちは誰にも負けない、本物の紫外線対策をご提案したいと思っています。

日本では「美容」との結びつきが強い紫外線対策ですが、
「予防医学」的価値のある紫外線対策を
教育分野にも広めていきたいと考えています。

そのために私たちは、WHOの紫外線に対する見解を根底に、
紫外線対策大国であるオーストラリアの『sun sumart』という
教育プログラムに習った教育的な指針を構築していこうと計画中です!!

その第一歩として、今回渡豪という運びとなりました。

スタッフは今オーストラリアに!!

私たちは、紫外線対策大国のオーストラリアに私たちの製品を認めてもらい、
スウィングタグを取得して、日本での教育プログラム作成のお力添えを頂きたいと思っています。

「美容」という観点から抜け出た、新しい健康教育の第一歩です。
多くの方に知って頂きたいという思いで、今回クラウドファンディングにも挑戦しました。
ぜひお目を通して頂き、

紫外線対策,UVケアの認識を改めて深めて頂きたいと思います。

ここにクラウドファンディングのURLをお送りします。
上記を詳しくお話しております。
ぜひご覧いただきまして、拡散をお願いしたいと思います。

https://readyfor.jp/projects/sunprotection-epochal

 

よろしくお願いします!!

お金をかけるということ  制服の話題から思うところは・・

こんにちは epochalの増田です

公立小学校の制服の話題、メディアで取り上げられていますね
注目されているのは・・・値段

公立の小学校では類のないお値段でした
それを検討している校長先生もお考えがあってのことのようですが。

何にお金をかけるかは、それぞれの価値観によって違ってくると思いますが、お母さんの立場としての私なら
子どもの成長や健康を助け、子どもの未来の時間につながることにお金をかけたいかな、と思います。
歩き始めるようになってから一番最初に履かせる靴も、足の骨のことや土踏まずのこと、足首のことなど、
その先の成長に支障がないように、真剣に選んだりしますよね。

今回、こんな嬉しいお声をいただきました。

「アルマーニじゃなくて、エポカルさんの制服の方がいいですね。
うちの子小さかったら、エポカルさんの制服の幼稚園行かせたかったなぁ。
幼稚園時代紫外線対策大変でした。
小学校では、長袖体操着着させてもらってたのですが、このたび長ズボン体操着も購入しました。
まだまだお世話になります!!」

ありがとうございます。スタッフ一同、大変喜んでいます。

EPOCHALがご提供する製品は、紫外線から確実に子どもを守るための、
妥協がなく、着用している「今」そして「未来」の子どもの肌と健康を守るウエアです。

お金をかける意味や価値。
みなさんはどうお考えですか??

子どもの肌と健康を守る

 

EPOCHAL 増田友美

英文のEPOCHAL(エポカル)ブランド説明を・・・・

おはようございます(^o^)

まつなりです。

このところ、英語と向き合うことが多く・・・どうして

どうして

どうして

もっと勉強しなかったんだろう?
と反省の日々。

英語は面白くて(今頃ですが)覚えたいと思うのですが、やはり当たり前ながら日本語のほうが得意!(笑)

そういう環境にいなくちゃ、話せるようになるには時間がかかるよ!

と言われるのは、そりゃそうだ~って思いますが、なかなかそういう環境に自分をおける時間がないのが現実!

 

仕方ないので、とりあえず、映画を英語で見る!

大好きなスターウォーズ❤とか、ハリーポッターとか、オーストラリアの息子のホームステイ先のママから勧められた映画とか・・・・

さらに、

すすんでアメリカドラマにハマり・・・
ハマりすぎて、英語なんか聞いちゃいない状態に。

はっ!@@;

 

っと気がついては、英語に耳を傾ける毎日です。。。。
1日30分~3時間くらいは、流しっぱなしにしています。
英会話のCDのほうがベターなのはよくわかっていますが、生の英会話だったり、「夢中になれる」もののほうが私は長続きするので、今は、ドラマです♪

来週からオーストラリアに出張します。
JETROの審査に合格し、専門家とともに、すごいところを回ってくる予定ですが、この模様はちょっと違った舞台で
ご紹介をしたいと思っています。

新たなチャレンジを、EPOCHALの活動をご覧いただき、応援いただければ嬉しいです!

EPOCHAL
まつなり

オゾン層破壊の度合い 2018.2.7

オゾン層破壊の度合いが「現在、史上最高レベルに達している」ことになると、ボール氏は語った。
http://www.afpbb.com/articles/-/3161497?page=2


【2月7日 AFP】地球上の生命を有害な紫外線から守っているオゾン層が、世界で最も人口の多い地帯の上空で予想外に減少しているとの研究論文が6日、発表された。
 1987年に採択された、オゾン層を破壊する物質の生産・消費の具体的削減策を定めた国際協定「モントリオール議定書(MontrealProtocol)」により、上層大気、特に南極大陸上空のオゾンを化学的に分解するフロン等が規制された。
 それから約30年後の現在、南極上空と上部成層圏の「オゾンホール」は明確な回復の兆候を示している。成層圏は高度約10キロから始まり、厚さが約40キロだ。
 だが同時に、高度10~24キロの下部成層圏に存在するオゾンの分解が徐々に進行していると、今回の論文を発表した研究者二十数人からなる国際チームは警告している。
 論文の主執筆者で、スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の研究者のウィリアム・ボール(William Ball)氏は、AFPの電話取材に「(人類の大半が居住している)熱帯と中緯度の地域では、オゾン層はまだ回復し始めていない」と語り、「実際に、現在の状況は20年前よりやや悪化している」と指摘した。
 オゾン層の破壊が最も顕著だった21世紀の始まり前後では、オゾン層が約5%減少していたことが、過去の研究で示されていた。
 欧州地球科学連合(EGU)の学術誌「Atmospheric Chemistry and Physics」に掲載された論文によると、複数の人工衛星による観測に基づく今回の最新研究では、オゾン層が現在さらに0.5%減少しているとの推定結果が得られたという。
 この結果に関して確証が得られれば、オゾン層破壊の度合いが「現在、史上最高レベルに達している」ことになると、ボール氏は語った。
 論文の共同執筆者で、英ロンドン大学経済政治学院(LSE)グランサム気候変動環境研究所(Grantham Research Institute on Climate Change and the Environment)の共同所長を務めるジョアナ・ヘーグ(Joanna Haigh)氏は、低緯度地帯に及ぶ可能性のある害は実際に極地方より深刻化する可能性があると指摘する。
「オゾンの減少はモントリオール議定書制定前の極地方で観察されたより小さいものの、低緯度地帯の方が紫外線が強く、居住人口も多い」
 この憂慮すべき傾向を引き起こしている可能性のある原因は二つあると、論文は結論づけている。
■「不安に駆られず」
 一つは、溶剤、塗料剥離剤、脱脂剤などとして利用されている「極短寿命物質(VSLS)」と総称される人工化学物質のグループで、これが下部成層圏のオゾンを破壊する。
「これがVSLSの問題なら、対応は比較的容易なはずだ」とボール氏は話す。「モントリオール議定書を改正して、VSLSを使用禁止にすることが可能だろう」
 オゾン層破壊を再び進行させている可能性のあるもう一つの原因は、地球温暖化だ。
 下部成層圏の大気循環パターンの変化が最終的にオゾン濃度に影響を及ぼし、この影響はオゾンが生成される熱帯上空の成層圏から現れ始めることが、気候変動モデルで実際に示唆されている。
 だがこれまで、こうした変化が起こるのは数十年先と考えられており、熱帯と極域の間の中緯度帯にまで達していることは予想外だった。
 ボール氏は「気候変動がその原因なら、問題ははるかに深刻だ」と指摘し、成層圏が気候変動に対してすでに顕著な反応を示しているかどうかに関しては科学者らの間で意見が分かれていると付け加えた。
「憂慮すべき事態だが、不安に駆られないようにするべきだ」とボール氏は続けた。「今回の研究は『モデルに現れていない何かがここで起きている』ことを示すための大きな警鐘を、科学界に向けて鳴らしている」 (c)AFP/Marlowe HOOD