手の甲・首筋 ーシワたるみ予防にも、皮膚トラブル予防にもー

手の甲・首筋 ーシワたるみ予防にも皮膚トラブル予防にもー 『いい皮膚の日』を前に。

こんにちは。エポカルです。
今年は雨の多い初秋ですが、今日は気持ちのいい秋晴れの関東地方。
ですが、、乾燥してきましたね。

ヒトのからだは、湿度60%を切ると乾燥を感じるといわれています。

乾燥がもたらす体の変化

かさつき
かゆみ
シワ
脱水

乾燥は意外と皮膚から体の中まで影響を及ぼすんですね。
今日は『いい皮膚の日』を前に、皮膚の乾燥についてのお話です。

かさつき・かゆみ

皮膚がカサついて、掻くと白い線がついたり粉がふいたりします。
掻くことで皮膚の内側には炎症反応が起こり、かゆみがかゆみをもたらすという
イッチスクラッチサイクル」ということが引き起こされます。
以下の部分に特に起こりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かさつきやかゆみは、アトピーの方にはとてもつらいもの。
夏よりは少し念入りな保湿ケアが必要です。

かさつきやかゆみと皮膚のバリア機能

皮膚が乾燥するとバリア機能が下がります。
皮膚を “掻く”  とバリア機能が下がります。
かさつきはバリア機能が下がっている状態です。

皮膚にしてはとても過酷な状態にあるわけですね。
とても皮膚トラブルの起こりやすい状況です。

乾燥肌の赤ちゃんは顔などこすり、頬がカサカサの真っ赤になったり
アトピー性皮膚炎の方も、かゆみが増すのではないでしょうか。

傷も治り難く、傷口もかゆみも増します。

秋の肌ケア

保湿
UVケア

保湿は手掛ける方は多いと思います。
うっかりしがちなのが紫外線対策です。

夏の間はしっかりしていたUVケアですが、この時期になると手が緩むのではないでしょうか。
実は首や手の甲など、出ている部分はしっかり紫外線を浴びています。
日焼けの実感がないのは、UV-Aだから。
浴びた分しっかりシワとして後々刻まれます・・・

無防備に紫外線を浴び続けると「日焼け」をし、やはり皮膚は乾燥します。
夏でなくても季節を通して紫外線対策することは大切です。

コチラにも詳しく記載していますので、ご覧くださいね。
「秋も紫外線に要注意!?秋のUVケアと予防医学的UVケアのポイント」

おまけのポイント “湯温”

 

 

 

 

 

 

冬の手荒れはツラいもの。
洗剤などの理由もあるかと思いますが、ちょっと気をつけられるポイントは
湯温” です。

手荒れを防ぎたいなら、湯温は38℃以下で。

冬の入浴ですとなかなか難しいかもしれませんが、
食器洗いは38℃以下の湯温が手荒れの助長を防ぎます。

入浴後のカサツキが気になるようでしたら、入浴剤の活用もいいですね。
水仕事や入浴後は、保湿ケアをお忘れなく。

保湿ケアとUVケアで、上手に乾燥季節を乗り切りましょう。

 

UVケアブランドエポカル
エポカルブランドとは?

 

 

 

 

 

髪の毛にもUVケアを

紫外線による頭髪への影響

髪の毛にもUVケアを

エポカルUVカット帽子

アウトドアに気持ちの良い季節になりましたね。
皆さん、帽子かぶってお出かけしていますか??
夏の強い日差しが落ち着き、紫外線に対して無防備になっていませんか??

秋の紫外線は夏とタイプが変わります。
そして、空気が澄んでくる秋は紫外線が地上にしっかり降り注ぎます。
秋には秋のUVケア。今日は髪の毛編です。

紫外線の髪の毛への影響

 

 

 

 

 

たんぱく質で構成されている毛髪。
秋の紫外線で気をつけたいのがUV-Aです。
UV-Aはたんぱく質に影響を及ぼします。
紫外線により髪の毛を構成するアミノ酸が変性し、切れ毛や枝毛の原因の
ひとつになると考えられています。
(その機序についてはまだ明らかになっていないことが多いのですが、紫外線が
毛髪にダメージを与える一因であることは分かってきています)

帽子をかぶりましょう

 

エポカルつば長フェイスガードキャップ

 

 

 

 

 

サンブロックUVメッシュパーカー

パーフェクトケープ

 

 

 

 

 

髪の毛や頭皮を守るのに帽子は必需品です。
帽子に関しては、帽子の中の蒸れを気にする方が多いようです。
「夏の帽子 紫外線と蒸れとどっちが気になる?」
でも触れていますが、毛髪や頭皮を守るにはUVケアが優先されます。

また、髪の毛が細くて少ないお子さんもいらっしゃいますね。
紫外線が頭皮に直接降り注がないように、外出には帽子を習慣づけましょう。

エポカル 日本唯一の赤ちゃんから大人までの紫外線対策ウエア専門ブランド

 

 

 

女性ですと、いくらキレイにメイクをしていても、髪の毛で年齢が割増しに!!ということも
良く聞くハナシ・・・
キューティクルの整ったキレイヘア、心がけたいですね。

 

頭髪以外にも、秋のUVケアについて別ページで触れていますので
ぜひご覧になってくださいね。
「秋も紫外線に要注意!?秋のUVケアと予防医学的UVケアのポイント」

 

UVケアブランドエポカル

いいひふのひの講座に行ってきました 2019.10.14

皮膚科医と考える 皮膚のトータルケア
~365日、調子のいい肌のために~

 

こんにちは、エポカルの松成です。

今日は、大手町の日経ホールにて、

皮膚科医と考える 皮膚のトータルケア
~365日、調子のいい肌のために~

 

という講座を聞いてきました!

足のスキンケアについて「高山かおる」先生

皮膚を守る正しいスキンケアについて「小林美咲」先生

赤ちゃんからの皮膚のケアについて「畑 三恵子」先生

のお話がありました。

会場には、男性の…それも年配の方々の姿が多く、驚きました。

 

高山かおる先生のお話 > 足の健康を保つためのスキンケア

フットケアの第一人者でいらっしゃるということで、足のお話でした。
ふくらはぎは、第二の心臓!
皆さんは、毎日何歩くらい歩いておいでですか??

わたしは、大体8000歩くらい・・・

適切な歩数は(先生がおすすめする)5000~8000歩くらいで、息が切れるくらいがよいのだそうです。

1万歩以上歩く人も会場にはたくさんおられましたが、そうすると、体を壊さないために爪や歩き方、足のケアが必要です。
お年を召した方の足は変形していることもあります。
無理な運動を繰り返したり、負担をかけるような歩き方は避けるべきとのこと。

爪のケアは、特に足を見ればどんな歩き方をしてきたかわかるそうです。

爪の切り方をご存じですか?
ほとんどの人が深爪!!
足と足の指を守るための爪の切り方や、フットケア、そしてよい靴選びをしましょう!

足には、片足282の骨があるとのこと。
驚きました。

座っていても、5本の指が床にしっかりついている座り方をすれば、健康寿命を延ばせるでしょう!

 

小林 美咲先生のお話 > 皮膚を守る、正しいスキンケア

皮膚は、体を保護している大切な器官です。

バリア機能、免疫機能が備わっていて、皮膚がなければ人は24時間以内に死んでしまいます。

体内水分の保持や、痛み、保湿、触感、発汗・・・たくさんの機能が備わっています。

皮膚の一番上の層・・・角層は、なんと0.01mm~0.02mmしかありません。

こんなに薄い各層が表皮を守り肌を守り、体を守っているのです。

ちなみに表皮は、0.2mmほど。

サランラップよりもずっと薄いのです!!

 

先生は、スキンケアのコツを教えてくださいました。

 

3つの「~しっぱなし」をしないこと!

  1. 汚れっぱなし
  2. 濡れっぱなし
  3. こすれっぱなし

です。

汚れっぱなしがいいはずがありません!

濡れっぱなしは、特に皮膚の炎症を引き起こします。

特に、しわやくびれ、指や脇をきれいに拭きましょう

 

こすれっぱなし・・・!!

皮膚には一番よくないことだと認識しています。

  • むかない
  • たたかない
  • もまない
  • かかない
  • すりこまない

皮脂の多い体の部分はわかりますか?

顔ならTゾーン、首、脇、へそのあたり、鼠径部、頭、背中・・・。

皮脂の多いところは、丁寧に洗いましょう!

皮膚が一番乾燥するときはいつ?

 

何時だと思いますか?

それは、入浴後です!
入浴後、5分以内に保湿を行いましょう!!

皮膚のために、洋服は、手の甲を使って肌触りの良いものを選び、吸湿性・通気性がよい、静電気の怒らないものを選びましょう。

 

紫外線は大敵!

 

紫外線は、皮膚に炎症を引き起こし、色素沈着や、乾燥、免疫力の低下、老化、発がんなど良いことがありません。
紫外線対策をしましょう!

日常生活内では、日本人のスキンタイプ2や3の普通のお肌の方は、SPF15 PA++くらいのUVクリームを選びましょう。

スキンタイプ1=日焼けしても赤くなってすぐに白くなってしまう人、または、赤いまま炎症が続く人は、最も皮膚が紫外線に弱く、皮膚がんになりやすい人なので、紫外線対策をきちんとしましょう。

 

薬の塗り方(皮膚科医おすすめの量)

 

1FTU って聞いたことがありますか?

One Finger Tip Unit

と言って、指の1関節までチューブで出した量=手の平2枚分の広さに塗る

とのことです。

せっかくの薬は、けちけちせず、先生に言われたとおりに、たっぷり塗ってください!!とのことでした。

 

畑 三恵子先生のお話 > 赤ちゃんからの皮膚のケア

生まれたばかりの赤ちゃん、1か月までは、新生児といいます。

新生児のお肌は、お母さんのおなかから出てきたばかりで、環境ががらりと変わりトラブルが起こりがちです。

お母さんからのお悩みもこの1か月がとても多いようですが、スキンケアでこれらのほとんどが、解決できるのだそうです。

例えば

新生児中毒性紅斑、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、紅色汗疹などたくさんのトラブルがありますね。

これらは、

生まれてすぐからのスキンケア、きちんと洗って、きちんと保湿することで解決できるそうです。

今までは、水で流すだけの保湿なしだったそうですが、いろいろな研究結果で保湿がとても大切だということがわかってきました。

赤ちゃんのお肌は、大体生まれてから1か月で大人の保湿力と同じくらいの能力に上がってきます。

それまでは、しっかり保湿してあげることが大切なのです。

 

茶のしずくさんの事件をご存じでしょうか?

小麦アレルギーの方が皮膚から吸収されたアレルゲンであれほどの事件になってしまったことを皮膚科医も驚かされたそうです。

皮膚は、そういったとても大切な器官なのです。

 

スキンケアとは?

 

  1. 洗浄
  2. 保湿
  3. 遮光(紫外線対策)

洗浄といっても、熱いお湯で拭いたり、何度も何度も拭いてはいけないのです。
1日に1度は、全身をきれいに洗うこと。
水やぬるま湯(35度くらい)で拭いたら保湿を!
食事やおっぱいの時間は、口の周りなどをワセリンで保護するとよいでしょう。

洗浄のポイントは、35度のぬるま湯を使い、石鹸を残さないこと、そして5分以内に保湿!です。

 

遮光

 

皮膚がんの原因の80%が紫外線です。

日焼けは蓄積によって、老化、皮膚がん、シミや、しわなどができます。

日々の紫外線対策を行いましょう。

 

改めて赤ちゃんのお肌のスキンケアを知りました > 松成

赤ちゃんのお肌は、とても柔らかくてしっとりしていて、とても美しく見えますが、実は、とてもデリケート。

新生児のころのスキンケアのことを知っていたら、息子のアトピー性皮膚炎を防ぐことができたかもしれません。

これから出産のお母さんへ。

お子さんのスキンケアをよく理解して、こすりすぎたり、洗いすぎたり、熱すぎるお湯を使ったり、ダメなことを覚えるのではなく

先生のおっしゃった

 

  1. 洗浄
  2. 保湿
  3. 遮光(紫外線対策)

をこころがけ、

3つの「~しっぱなし」をしないこと!

  1. 汚れっぱなし
  2. 濡れっぱなし
  3. こすれっぱなし

を覚えておいてくださいね。

 

お母さんにとって、子供の健康が一番!

上手に、スキンケアをして、人の臓器の中で一番大きな免疫力を守る器官を守ってくださいね

 

株式会社ピーカブー
松成紀公子

女子高生もビタミンD不足!!

女子高生もビタミンD不足!!

 

カンファレンスで、中島先生が発表された「大阪の女子大生のビタミンDの状況」について

なんと

 

欠乏が81%
極度の欠乏が17%

本当にこれ、紫外線対策のせい???

絶対に違うと思います。

食文化、完全に乱れているでしょう?日本人!!

 

エポカル
松成

ビタミンD不足は、妊婦さんも

ビタミンD不足は、妊婦さんも

 

10月4日「Sunlight and Health」カンファレンスに参加してきました。

貴重なお話をたくさん聞かせていただけました!

ビタミンDがとても大切な栄養素であることも。

 

なんと、妊婦さんの59%がビタミンD不足だと!!
特に春や秋に妊婦期だった方は、特に少ないそうです。

春に生まれる赤ちゃんは、おなかにいるときのお母さんからの栄養が足りないまま生まれてくるということで、完全母乳などで育てられるとくる病の可能性が高くなるとか!!!@@;

 

坂本優子先生は、カルチャーがだめだとおっしゃってました。

外に出ない子・・・そうですよね、だって、みんな塾に行って、熱中症になるといけないからと外に出さない。

坂本先生のお言葉は、「お母さんたちは、暑いときは熱中症対策、寒いときは風邪をひかせないように」と外に子供を出しません・・・と。
このカルチャーが間違っているんだ!とおっしゃってました。

そして、公園では、大声禁止、ボール遊び禁止、・・・。

日本ってどうなってるの?って思う時が最近は頻繁にあります。

 

外で遊ぶためのエポカルウエア

私たちは、外で遊ぶために、肌を守るために紫外線対策ウエアを作ってきました。

紫外線対策が重要視されているのですが、それよりも、もっと大切なことがあります。

カンファレンスでは、紫外線対策、紫外線対策って言いすぎ!!

と非難めいた感じになり、ちょっと肩身の狭い感じになりましたが、どんなに精いっぱいやったとしても、完璧になることなんてあまりないのです。

これは、尊敬する市橋正光先生もおっしゃってましたが、

「どんなに懸命にUV対策したって、出るところは出るし、出たところに日が当たればビタミンDは、十分生成できるよ。だって日本の食事で本来なら十分とれるしね」と。

 

15~18歳で骨の最大骨量が決まる

坂本先生は、「15~18歳で骨の最大骨量が決まります」、こうおっしゃってました。

しっかり食べて、しっかり遊ぶ。
無駄な紫外線は浴びない。

これこそが、エポカル流!!

15~18歳までに、しっかりした骨が作れるように、食べ物に気を付ける努力をしてほしいと思います。
変食や、無理なダイエットがどれだけ未来の自分を苦しめるか。

考えてみてください。

サプリメント

サプリメント、という手もあります。

海外では、当たり前のようにサプリメントを飲んでいるようです。

私は、飲んだことがないので、ちょっと調べてみたいと思います。

 

 

株式会社ピーカブー
エポカル企画
松成

現代人(日本人)のビタミンDの不足

ビタミンDの不足

 

カンファレンスでは、ビタミンDの不足について何人もの先生方がお話をされていました。

過度な紫外線対策が原因?

本当にそうなのでしょうか?

という疑問を持ちました。

朝早くに出勤してデスクワーク、そして夜遅くまで仕事して、帰宅・・・。
そんな生活であれば、やはり、食べ物からビタミンDをとるべき!

日本の伝統食は、魚も多いので、本来ならビタミンDが不足するようなことはないはずなんです。

1歳4か月の赤ちゃんがくる病(栄養性ビタミンD欠乏症)と診断されたお話が坂本優子先生よりありました。
坂本優子先生は、順天堂大学医学部附属 練馬病院 整形外科スポーツ診療科 准教授です。

このケースは、

  1. 完全母乳
  2. 食事制限
  3. 外に出ない生活
  4. アレルギー
  5. 早産児
  6. 魚が嫌い
  7. 白米のみ

という環境下にあったそうです。

完全母乳は、ビタミンDがほとんど、ないそうです。
ミルクを足すとよいですね。
また、お母さんも、妊娠中には、積極的に魚やビタミンDが多いものをとるべきでしょう。

食事制限というのは、上のお子さんがアレルギーがあったそうです。
牛乳や、乳製品など一切取らない、取れない、そして、家族もそれに合わせる・・・

外に出ない生活・・・これは、妊婦であり、上のお子さんが小さいとそうなりがちですよね。
ほとんど仕事と家にいる時間・・・であれば、外に出ない生活になりがちですね。

アレルギーは、食物アレルギー。

早産児であることについては、聞き取れませんでした。

魚が嫌いで、白米が大好き、それしか食べないそうです。

 

どうでしょう?
完全母乳と、変食、外出なし、家族全員が偏った食事で運動もしないようなら、さすがにO脚にも…と思ってしまいました。

海外では、牛乳にビタミンDが入っています。
画像がどこかにあったはずなので、またアップします。

ありました!!

海外、特に、北欧や、オーストラリア、アメリカの牛乳の内容を見てみてください。
ビタミンDの表示が見つけられるのじゃないかと思います。

 

日焼け、紫外線対策、
あなたはどうしてやっているんですか?

みんながしているから?

じつは、日本人の肌は、白人よりもずっと紫外線に対して強いのです。

 

エポカルでは、スタッフにも光線過敏症の人がいますが、紫外線に当たるとかゆくて外を歩けないほどの人たちがいます。

光線アレルギー

日光アレルギー

光線過敏症

光過敏症

光アレルギー

という方もいます。

 

そのほか、先天性の病気、XPであったり、白皮症、そのほかいろいろな病気、がん治療中であったり、免疫力の低下であったり・・・

そんな方々のためにも、まっくろくろすけの、上から下まで熱中症危険マークがつきそうな衣類ではだめ!!

と、少しでも暑い時期に心地よくいられるUVカットウエアを企画・デザインしています。

 

自分なりのUV対策をしてください。

顔中、シミやしわだらけがいいのか、顔だけは守るのか。

体は?

栄養は?

やりすぎはよくありません。

自分に合った生活を考えられる賢い=Smartな自分でいてください。

 

株式会社ピーカブー
エポカル企画
松成紀公子

 

UV-Cが地上に降り注いだら、どうなる?

紫外線C波が地上に降り注いだら、どうなる?

 

紫外線C波は、通常、地球のオゾン層に阻まれ、地球上には届きません。

オゾン層は、地上から20~30km付近にあります。

地球上生物は、UVーCが降り注げば、生きることができません。

それは、生き物のDNAを壊してしまうからです。

生物がまだ地上にいなかったころ・・・

それは、UV-Cのせいで地上に上がれず、だから海中にいたのです。

 

2019.10.4 国立環境研究所 中島先生のお話をお伺いしました。(Sunlight and Health カンファレンスにて)