賢い日焼け対策はエポカル厳選こだわりUVカットアンブレラで

屋外レジャーや行楽など、秋晴れのもとのお出かけが気持ちよい季節です。

秋の特徴は、

● 乾燥した空気

● 日差しはまだまだ強く

● 太陽の位置が低くなってきた

顔全体、髪にも全方向から紫外線が広く当たるようになってきました。

賢く!日傘を選ぶポイント

外は白、内側はカラー(黒など)が賢い!

加えて

● UVカット率が高い

● 遮熱・遮光で暑さ対策もできる

● 折り畳みで軽量

● シンプルで飽きがこないデザイン

レディースだけでなく、キッズや、メンズのアンブレラすべて晴雨兼用です!

紫外線・太陽光・太陽熱を反射!少しでも涼しさを追求するならこちら

日差しが弱く蒸し暑い日など温度の違いをあまり感じられないときもありますが猛暑日に、紫外線対策と熱中症対策のために少しでも体感温度を下げたい時にはおすすめの日傘です。

<ポリウレタンコーティング>

● 特徴1 紫外線カット → 日焼けを防ぐ!UVカット率99%以上

● 特徴2 太陽光カット → 遮光効果で影が濃い!

● 特徴3 太陽熱カット → 涼しい!

荷物が多いときや急いで傘を開きたいときなどに片手で操作ができる!通勤・通学にも便利!

いつもの装いに華やかさをプラス!したいなら

人間は涼しさを実際の温度だけでなく、視覚・聴覚・嗅覚などでも感じられ、視覚的に涼しい色を見るとそれだけで体感温度が少し下がるともいわれています。日傘の使用方法としては、やはり眩しさ、紫外線を遮ることが一番ですが、機能性だけじゃなく、色や柄もぜひ選択肢の一つに入れておきましょう。

可愛らしい北欧テキスタイル。もちろん内側はポリウレタンコーティング加工。
和風の涼やかな見た目ながら、内側ポリウレタンコーティングで遮熱効果もバッチリ。

日焼けと熱中症から子供を守りたい!

老舗傘メーカーの小川傘とコラボレーション

紫外線と熱中症から子どもを守るための日傘には、子どもを守る工夫がぎゅっと詰め込まれています。

通勤通学用としても大活躍、男性にもお勧めしたい日傘は、「0&(ゼロアンド)」シリーズ。「日傘男子」いう言葉もすっかり定着してきましたが、ネイビーやブラックのシンプルな遮光・遮熱日傘は男女問わず学生さんにも人気です。子育て中のママには、お子様と手をつないだままワンタッチ開閉できるのも嬉しい機能です。

効果的な日傘の差し方

傘のてっぺんから20センチ下がったところに目線があるくらい、深く傘をさすことによって散乱光を効果的に避けられます。

子供用日傘のクッカヒッポには、目線のところに「エポカル」ラインが付いています。

晴れの日はもちろん、急な雨だって「持っていれば」安心!

2倍使えるUVカットアンブレラは、エポカルで!!

エポカル企画室

「打ち水」により冷却効果があるのは、気化熱の原理。

水は、周りの熱を吸収することでに蒸発して水蒸気になろうとします。気化熱は、水が液体から気体に変わる際に使われる周辺の熱エネルギーのことで、結果として気体に変わるときに周りの熱が奪われる状態になるので、冷却効果が!

これは、周りの熱が水の方に移るだけではなく、蒸発するためのエネルギーとして熱が使われるので、その熱が失われます。そのため、冷却効果が生まれます。

身近なところでは、夏にシャワーを浴びたあとに濡れたままだと涼しく感じるのも、体の表面についた水が熱を奪って蒸発している気化熱によるもの。

この「打ち水の原理」を用いているのが、以下の製品の特殊素材!

もちろん、UVカット繊維を使用しています。さらに、打ち水&気化熱効果は、帽子をかぶって運動して汗をかくことにより、この汗を肌側の繊維が素早く吸収し、表面の気化促進繊維 ※拡大写真ご覧ください 

帽子の表面の画像 凸凹になっていて繊維だけでなく織り方にも気化熱を作る秘密が!

が蒸発を加速させることで、帽子内の温度を抑える効果があります♪

https://www.epochal.jp/view/item/000000001312?category_page_id=UVhat

保冷剤が入れられるメッシュハット

テンガロンスタイル+フラップを髪の下に通すと涼しい!!!風が通りやすいのです
しっかりした長さのあるフラップは、日陰効果が!そして打ち水UV素材を使用しています
超暑い時には、熱中症予防に!おでこを冷やしながらお出かけ!!!GOOOOD!!!

https://www.epochal.jp/view/item/000000001173?category_page_id=UVhat

シリコンつばのUVキャップセット

アウトドアにはもってこいの深くかぶることができるキャップ
キャンプや山にも持っていきやすい小さく小さくまとめることができるタイプ
男性に人気のブラックカラー 
ほら、こんなにつばが柔らかい!でも、しっかり顔に影を作ります✋
同素材の「かぶるだけでワンタッチ装着OK]のフラップ付きです。マスクの代わりにも!
お子さんにも安心のつばの柔らかさ!

保冷剤が入れられるメッシュハット・UVキャップセットは、全体がこの特殊素材でできています!

この夏、やっと雨から解放された空はいつもよりも青く見えますね。

汗をかいても少しでも涼やかにお顔や首に影ができるように。

さらに熱中症の予防に、ポケット付きのハットには、「保冷剤を入れることができます。

シリコンつばのキャップは、スルっとかぶりやすく、さらに「深く」かぶることができること、小さく折りたたんで持ち運びも便利ですし、フラップもついています。

上手に使って元気な夏をお過ごしください!

株式会社ピーカブー 
エポカル プロデューサー
松成紀公子


つばが大きく、視野も広い、UVカット帽子

こんばんは、エポカル 松成です。

今年の新作の中でも、カラフルな展開となったUVカット帽子。
https://www.epochal.jp/view/item/000000001277

UVカットコード入りホールハット。コード=帽子のつばの先にちょっと固めの紐が入っています

これは、帽子をかぶったときにつばがピーンと張って、ちゃんとした形を継続してくれるために

ホール=頭の真後ろ少し下に穴をあけました(横型です)

頭の後ろ側で髪を結んだ時にちょうどその結んだ髪が出るように穴をあけました。

実は、この帽子、幼稚園の先生と「こんな帽子があったら良いね」と一緒に考案したもの。

条件としては、
●できる限り軽い帽子
●髪を結ぶことが多いので、邪魔にならないように
●つばが広いモノ
●視野が広くて園児がすぐに見えるもの
●汗をかいても洗えるもの
●つばがピーンとしているもの
●風に飛ばされないもの
●かぶっていてウキウキするもの

なるほど~と言う感じですが、なかなかな難問です(笑)
エポカル製品には多いのですが、ともすると反対の意味を同時に解決しなくちゃいけないこともあり・・・

たとえば、暑いけど涼しく!かるいけど飛ばされない!!(笑)

ね、真逆でしょう?

でもそれにできるだけ近づけよう!!と頑張り続けて作ってきたのが
この、ホールハット!
軽く、つばが広く、視野は確保(角度調整しました)結んだ髪をホールからだし、サイズ調整もできるリボンで結ぶと、風にも飛ばされません!!

なかなかいいのができました👍

さらに、この時世・・・暗い気持ちをパーーーーっと明るくするようなパステルカラーをチョイスしました。

お顔に影は作るけれど被るだけで明るい気持ちにしてくれるUVカット帽子をどうぞ。じゃんじゃん洗っていただいても、UVカット効果は落ちません。

エポカルのUVカット帽子、UVカットウエアは、特殊素材を使用していますので、破れるまでUV遮蔽率はキープします✋

エポカル松成紀公子

https://www.epochal.jp

初夏はマスク焼け、マスク越し焼けに気をつけて

快晴の日が多く、紫外線の量や強さが真夏並みの5月。

ちょっと近所へお出かけ、洗濯干しでベランダに出るだけでも紫外線対策が欠かせない時季です。

マスク生活が続いているので、以前よりも顔の日焼け対策はバッチリ出来ている!と思っていたらそれは間違い?一般的な不織布マスクなどは紫外線を透過し、マスク越しに日焼けをしてしまうことが分かり、ニュースなどでも特集が組まれているのを目にします。

マスク焼け

エポカルでは毎年お顔のUVケアのためマスクの販売を行ってきました。

もちろん、ウエアやハットと同じように、お洗濯を繰り返しても機能の落ちないUVカット特殊素材を使い、季節に合わせた機能性を持たせた製品作りは、小さなグッズといえども同じです。

顔の下半分だけ白く目の周りが黒く日焼けをしないように、エポカルでは、顔の頬までしっかり守れるつば長さがある帽子との併用をお勧めしています。

一日中毎日つけるとなると、特に暑い時季は大変です。そのような時は、呼吸がし易いようにスリットが入った「夏用マスク」はいかがでしょう。密ではない場所でのレジャーやスポーツには使い分けで、こういうマスクもあります。

企画・販売開始から約8年。人気の夏マスクはLサイズもあり、男性にもお使いいただいています。

マスク荒れ

マスクをしていると、吐く息で何となく保湿されている感覚になり、もしかするとお肌がすべすべ?なんて思ったりしませんか?

確かにマスクの中は湿度が上がり、潤っているような感じがしますが、洗顔後に保湿しないと突っ張るのと同じく、マスクを外した時にお肌の水分がとんで逆に乾燥します。

また、硬い素材のものにすっと擦れていると刺激となり、やはり肌トラブルを起こしてしまいます。

まずはお肌に触れるところは優しい素材のものを選び、飛沫感染を防ぐ意味で使うのであれば、できるだけ通気性がいいものを選ぶといいでしょう。

また、帰宅後きれいに洗顔をしたらしっかり保湿をすることが大切です。

※エポカルのマスクは「紫外線対策用」で、ウイルス対策・花粉対策としての特別な機能は付いておりません。不織布やガーゼを挟んだり、長時間着用する不快感を少しでも和らげるために、アロマなどの香りがついたガーゼなどが入れられるポケット付きもあります。

エポカルStuff Satou

目の色と眩しさ

目の色と紫外線、そしてまぶしさ、人の歴史と地理から~

【歴史的背景】

アフリカ大陸で発生した私たちの祖先である現人類(ホモ・サピエンス)は、ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルタール)との生存競争ののち、彼らを駆逐しました。

アフリカ大陸で発生したと考えられている現人類の祖先は、今でいう黒人です。

その後、生活範囲を広げて北部のユーラシア大陸に移動した彼らは、環境に順応して変化します。

アフリカに比べて「紫外線の弱い環境に対して、紫外線を吸収してビタミンDを作れるように皮膚のメラニン色素を薄くなり皮膚の色が白くなって」行きました。

環境に順応したのですね。(^^)/

さて、瞳の色にも様々な色があります。

瞳とは言いますが、正しくは「虹彩の色」です。※図をご覧ください

虹彩は外から光が入ってくる特にその量を調節するための、カメラでいうところの「絞り」に当る組織です。

【瞳の色が違う理由は2つ】

1つめはメラニン色素の量による違いです。

虹彩には光を遮断するためにメラニン色素が含まれていますが、その色素の量が瞳の色に関係します。

メラニン色素の量は、生まれ育った環境の日照条件によって変化します。

メラニン色素が多いと、瞳や肌の色は濃く黒色に近くなり

メラニン色素が少ないと、瞳は青や緑に見え肌は白くなります。

アジアやアフリカでは日射量が多いため 黒に近い色の眼が多く、ヨーロッパでは日射量が少ないため ブルーの眼が多いのです。

2つめは遺伝子による違いです。

15番染色体と19番染色体の遺伝子に存在する、色の遺伝子の組み合わせによって瞳の色が変化するといわれています。

「見え方の違い」

瞳の色はメラニン色素が多い順に黒→茶→緑→青となっています。

メラニン色素が多い、すなわち瞳の色が濃い方が眩しさに強く、メラニン色素が少ないと眼に入る光の量が多くなるため、まぶしさを感じやすくなります。

ヨーロッパ等、薄い 青や緑の瞳の色を持つ国の人々は、まぶしさを感じやすいため、太陽の下ではサングラスをかける必要があるのです。

エポカルのマスク開発秘話

例年、インフルエンザの冬や、花粉症の春にはよく見られたマスクですが、昨年からマスク着用が当たり前になり、カラーや素材など様々なマスクが販売され、1年中つけることが当たり前になりつつありますね。

実はエポカルでは、すでに7年前から布マスクの開発、販売を行っています。それでも昨年は、ずっとつけておけるマスクが必要ということで、様々な素材を使い、3か月くらいかけてマスク開発を行いました。

開発から7年!大人用UVカットマスクの進化

一番最初は、2014年にBIGマスクと夏用のマスクを開発しました。帽子を被っても、顔の向きや角度によってどうしても顔の下半分が日焼けしてしまいます。

ただ、UVから顔を守ることができて、息がしやすく、できるだけ暑くないもの・・・そこで、UVカット素材を使った、市販のものより一回り大きい、BIGマスクを開発しました。

エポカルの素材は生地の厚みや色で紫外線をカットするのではなく、繊維に酸化チタンを練り込んだものを使用していますので、薄い生地でもしっかりUVカットができるのです。

更にデザインで機能性を持たせる製品作りを追求し、鼻の下に切り目を入れるデザインになりました。この製品は、テニスやゴルフなどのスポーツをされる方に、とても人気があります。

販売中のマスクは、大き目でしたが、紫外線アレルギーのスタッフは、ロケの時に顎の下が真っ赤になり痒くなってしまいました。顎の下までくるマスクが必要!と大きく包み込むようなマスクに改良し、2017年に顎の下にも生地を付けた美フェイスマスクを開発し、現在も人気の製品となっています。

子どもマスクもすでに開発していました

“子どもにもマスクが欲しいのですが・・・”そんなお声をいただき、2015年にはKidsマスクの開発を行いました。

といっても、子どもにとってマスクは呼吸をしやすいものでなければなりません。張りのある素材を使い、鼻や口にくっつかない立体構造を意識し、また耳にかけるゴムもできるだけソフトなものを。課題がたくさんあり、何度も子どもたちに着けてもらい、完成したのがこのマスクです。

子供用マスク

ただ、お顔のサイズは人によってかなり違うのでサイズ展開が難しく、幼稚園サイズを作り、小学生には大人用のマスクのゴムにアジャスターが付いているので、それでサイズを絞って使っていただきました。

昨年はコロナの影響もあり、マスクのお問い合わせが増え、同時に子どもマスクについてのお問い合わせも増えたので、幼稚園から小学生まで使えるサイズ調整のできる子供マスクを開発しました。

このマスクは新聞にも取り上げられ、サイズ調整機能は、特許申請を行っております。

エポカルのマスクはUVカットのためのマスクです。

昨年のコロナの際、ウィルス対策できますか?などのご質問を多数いただきました。エポカルは基本的にUVカット製品のブランドになります。日焼け対策についてはお答え出来ますが、ウィルスについての検査は致しておりません。

ただ、昨年はマスクの不足もあり、少しでも対応できるようにと、マスクの内側にポケットを付けたサザコーヒー×エポカルコラボUVカットマスクを販売開始しました。

内側にポケットを付けることで、ポケットの中に干したコーヒーかすを包んで入れてると香りがよく、消臭効果もあると、サザコーヒーさんとコラボして生まれた製品です。

これからもしばらくはマスクが必要な生活が続くかもしれません。それなら、少しでも快適に使えるものを、開発していきたいと考えています。

夏のマスク使用の注意についてはこちらから

Sportsの紫外線対策

エポカルでは、スポーツの時も紫外線対策をと提案していますが、それは選手だけの話ではありません。

スポーツをする人、スポーツを応援する人、そこに関わる全ての人への提案をしています。

何故スポーツ選手に紫外線対策が必要?

最近では一般的に認知され始めましたね。

紫外線対策をすることでパフォーマンスを維持できること

強い紫外線を浴び続けると、活性酸素が必要以上に増えてしまい、パフォーマンスを下げてしまいます。本当の試合や大会でエポカルの長袖を着て!帽子を被って!とはいいません。動きやすさやユニフォームなど必要な条件もあるでしょう。

ただ、大会をベストな状態で迎えるためには、体調を整えることも実力の一つと言えます。

普段のトレーニング時に、木陰を利用したり、帽子やサングラスで目を守ったりなど、少し気を使うことで身体を健康な状態でキープできるのではないでしょうか?特に小さなお子さんの場合、これから成長していく上で積みあがっていくものも多いので、スポーツの技術と一緒に健康についても知識をつけていくことをお勧めします。

私の息子も小学生の頃、大宮アルディージャのサッカーチームに参加していました。サッカー技術は息子が学び、食育などについての資料を親向けに用意していただいたのを覚えています。親子で強い体を作っていくということを学ばせていただきました。

もう一人の選手も紫外線対策を!

スポーツは選手だけでするものではありません。そこにはスタッフを含め多くの応援団がいます。みんなで戦うのがスポーツの良さですね。

エポカルではそういった応援団の健康を守りたいと思っています。息子さんの練習を見守る親御さん、大好きな選手を炎天下で応援するファン、そして、チームスタッフとして陰から選手を支えるスタッフさん。みなさん、選手と同じ炎天下で長時間紫外線を浴び続けています。

紫外線アレルギーの私は、ジリジリと日差しを浴び続けることが、一番ダメージを受けると感じています。選手は動くので紫外線が当たる場所が変化することと、屋根のある所に移動することもありますが、応援している人は意外とじっとそこで同じ角度で日差しを浴び続けます。

一枚羽織る、帽子を被る、何もなければ大きめのタオルでいいので頭や肩にかけて感染することをお勧めします。

エポカルブランドとは?

EPOCHAL×大宮アルディージャ

2年前、大宮アルディージャ様より応援してくださる方を紫外線から守りたいとアームガードのコラボ製品についてご提案をいただきました。

同じ目線で紫外線対策を考えてくださっていることに感動し、何度もやり取りを繰り返しながら完成したアームガードはこちら

大宮アルディージャ×EPOCHAL
大宮アルディージャ×EPOCHAL

2019年の夏には、ネイビーにオレンジのラインとアルディージャのマークの入ったアームガードを付けた女性がスタンドにたくさん見られました。

その時の記事はこちらから

私たちも会場に駆けつけ、アームガードを付けて応援したのを覚えています。サッカー観戦が初めてのスタッフも目の前のボールさばきに大盛り上がりでした。

エポカル×アルディージャのアームガード

触れるとひんやりする接触冷感のパイル素材でできているアームガードは、付け心地もよく、手の甲までしっかり守れて飲み物を持つ手も安心です。

アームガードはエポカルでもスポーツをされる方や自転車に乗る方などから強い支持をいただいており、毎年お問い合わせの多い製品でもあります。2021年は男性用も販売予定!こちらのカタログからご覧ください。

スポーツに紫外線対策はとても大切です。健康のためのスポーツが体調を崩す原因にならないよう工夫をして、みんなで楽しみたいですね。

男性が受ける紫外線による影響

紫外線アレルギーは女性だけのものではありません。エポカルへのお問い合わせでも、ここ数年男性の紫外線アレルギーについてのお問い合わせが増えていますます。

普段UVクリームを塗る習慣や長袖を着て皮膚を覆う習慣が少ないことも影響しているのでしょうか?男性について調べてみました。

皮膚がん、1985年以降男性の死亡率急上昇

AFPBB Newsでこんな記事を見かけました。

皮膚がん、男性の死亡率急上昇 1985年以降 英研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

2018年英ロイヤル・フリー・ロンドンNHSファンデーショントラストの医師ドロシー・ヤン氏による研究は、18か国を対象に調査が行われ、うち8か国では、皮膚がんによる男性の死亡率が、過去30年間で50%以上の上昇したとのこと。

もともと日本は皮膚がんの死亡率は低いのですが、この研究によると、日本の場合、男性は10万人あたり0.24、女性は0.18にとどまりました。この結果から紫外線による影響を女性よりも男性の方が受けやすいといえます。

日本のがん登録統計によると、2017年のがんの羅漢率をみると、10万人中男性は19.7人、女性は17.8人でした。やはり男性の方が多いのです。

最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計] (ganjoho.jp)

女性は日頃、顔や腕など出ているところをUVクリームなどで保護していますし、室内での仕事も大生に比べると多いのかもしれません。

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

世間的には、美肌男子や日傘男子が増えてきて、徐々に紫外線対策もしやすい環境が整ってきているのではないでしょうか?医学的なことは、私たちにはわかりませんが、どうやら男性の方も対策を練ったほうがいいようです。

大がかりに防御するのではなく、ちょっと今日は一日日差しの下での作業になるなというときは、サラッと帽子を被ったり、アームガードや長袖を身に着けるなど、スマートな紫外線対策ができることも身だしなみの一つとして定着することを願っています。

年齢的にはどうなの?

先程の日本のがん登録統計を見てみると、小さい頃はあまり皮膚がんの人はいません。増え始めるのは30~35歳頃から。そして、50歳までは女性男性とそれほど差はないのですが、50歳を超えると男性が徐々に増えてきます。

50歳を過ぎてからUVクリームを塗るよりも、もう少し若い時から気を付けていった方がいいのではないでしょうか?WHOでも18歳までに人生の半分の紫外線を受けてしまうといっています。

まず守るべきは子ども達であり、紫外線についての知識も必要です。ただ太陽の光を避ければよいのではなく、ビタミンDの摂取をはじめ、太陽光にも人間にとって必要なものがあります。学校の勉強と同じようにきちんと学び、歯磨きのように習慣づけができればとエポカルは考えています。

エポカルオリジナル/クロミック素材のUVファスナートップ

メッシュアウターシリーズに着けるUVファスナートップです。

EPOCHAL製品の機能性

目で見えない紫外線を見て危険を察知するクロミック

UV照射により変色するクロミック素材

エポカルが作るファスナートップは、紫外線によって色が可逆的に変化する色材です。「可逆的に」とは、元の状態に繰り返し戻ることです。
当社が制作するものは紫外線照射で発色し、照射をやめると次第に消色します。

紫外線(太陽光)で発色するフォトクロミック色材

紫外線(太陽光)により、可逆的に消色/発色が繰り返しできるフォトクロミック色材を使い、ファスナートップに。

変色は、UVに当たる事によりホワイトから紫になります。洗濯後、乾かす時は日陰で行ってください。(変色は、永続的なものではありません。)

紫色に変色しているところは、紫外線に当たったところです。
ブラックライトを当てると、すごい色に💦

「紫外線」は、目に見えません。
それを見ることができたら???

子どもたちは、その光を見れたなら、
「あ、危ない!帽子をかぶらなくちゃ!ウエアを着なくちゃ!陰に行かなくちゃ」って思いますよね?

見れたらいいのに・・・をカタチにしました。

一番「顔」に近い、よく見える場所に「紫外線が見えるファスナートップを」。
紫色に変わったら、UVが降り注いでいる証拠。
木陰で遊びましょう~♪

エポカル
プロデューサー
松成紀公子

サンブロックUVプロテクトウエアなど油汚れにギャー!!!の時は?

油汚れにげげげってなった時ありませんか?

この濃い色のサンブロックの生地は、ポリエステルと綿の混合生地です。

また、一番厄介なのが油汚れ!

ポリエステル100%の生地なら意外と簡単に落とせるかもしれませんが
綿混合なので、ちょっと頑張りましょう!

綿混の素材は、汗の吸収率もよく、洗うほどに風合いがよくなります。
またポリエステル糸は、ヘタレなくて形がちゃんと出ること、もちろん
UVカット特殊素材なので、とっても重要!

なので、綿混のUVカット素材は、肌にも、着心地も、最高なんです♪

油汚れの落とし方

油溶性のシミとは、例えばパスタソースとか、カレーや口紅ですよね。
水ではなく油に溶けるシミです。
そのため、頑固な油溶性のシミは「油」を使って落とすのが、正解なんです。

軽い油溶性のシミなら台所用洗剤でも落とせる可能性がありますので、トライしてみて下さい。

洗剤でも落ちない、頑固なシミにはクレンジングオイルを使ってください。

  1. シミ部分にクレンジングオイルを垂らす
    汚れてもいいタオルを敷き、シミのついた部分が上になるように置きます。
    シミ部分にクレンジングオイルを垂らします。
  2. 歯ブラシでトントン叩く
    歯ブラシで、シミ部分をトントン叩きます。
    ゴシゴシ擦ると、シミが広がってしまうのでNGです!下のタオルにシミを移すイメージで。

     ↑
    これ、ロケの後にスタッフがよくやっています(^^)/
  3. ぬるま湯でもみ洗いして普通に洗濯
    クレンジングオイルをつけた部分を、ぬるま湯でもみ洗いします。
    クレンジングオイルをキレイに洗い流したら、いつも通りの洗濯をしましょう。

最後に乾かして、油汚れの染み抜きは完了ですよ☺

サンブロックUVプロテクトウエアは、エポカルの自慢!の1枚。
紫外線対策ウエア&アウトドアウエアとして、春夏秋のシーズン、これを1枚だけ持っていれば必ず役に立ちます!!という製品です!!

https://www.epochal.jp/shopbrand/sunblock

サンブロックUVプロテクトウエア カモフラグリーン
サンブロックUVプロテクトウエア アルファベット柄

お客様の中には、10年着てます!

という方もおいでです♪

エポカルとしては、毎年買って✋

って思いますが(笑)

長くきれいにお使いください(^^)/

エポカル
松成紀公子

http://www.epochal.jp/