エポカルでは毎年お顔のUVケアのためマスクの販売を行っています。

もちろん、お洗濯を繰り返しても機能の落ちないUVカット素材を使い、季節に合わせた機能性を持たせた製品作りは、小さなグッズといえども同じ。

春から初夏までは覆うタイプの美フェイスマスク、夏は暑さを凌ぐために鼻のところに切り目を入れたサマーマスクをご用意しています。

UVケアマスク

マスク焼けに気を付けて

今年はコロナのせいで、春前からマスク必須の生活を強いられています。

海外に比べるとマスクに対する抵抗のない日本ですが、一日中毎日つけるとなるとそれはそれで大変。

春先にはマスク焼けが話題となり、マスクをしているところとしていないところの日焼け具合が違ってくるということが起こりました。

UVクリームもいいのですが、擦れたところはとれてしまいます。マスクの鼻のあたりはどうしてもこすれますので、気が付くと上から日差しを浴びたときにそこだけ日焼けすることもあります。

顔の下半分だけ白く目の周りが黒く日焼けをしないように、エポカルでは、顔の頬までしっかり守れるつばのついた帽子との併用をお勧めしています。

マスク荒れに気を付けて

マスクをしていると、吐く息で何となく保湿されている感覚になり、もしかするとお肌がすべすべ?なんて思ったりしませんか?

確かにマスクの中は湿度が上がり、潤っているような感じがしますが、洗顔後に保湿しないと突っ張るのと同じく、マスクを外した時にお肌の水分がとんで逆に乾燥します。

また、硬い素材のものにすっと擦れていると刺激となり、やはり肌トラブルを起こしてしまいます。

まずはお肌に触れるところは優しい素材のものを選び、飛沫感染を防ぐ意味で使うのであれば、できるだけ通気性がいいものを選ぶといいでしょう。

また、帰宅後きれいに洗顔をしたらしっかり保湿をしましょう。

熱中症に気を付けて

これからの季節にもう一つ気を付けなくてはいけないのが熱中症!

例年でも紫外線と共に一番気を付けなくてはいけないのが熱中症ですが、今年はマスクをするのでさらにそのリスクが高くなっています。

厚生労働省も「夏期の気温や湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがある」として、場所によってはマスクを外すなど、熱中症予防を呼びかけています。

  • 屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合はマスクを外す
  • マスクを着用している場合は負荷の強い運動や作業を避け、喉が乾いていなくても小まめに水分補給する
  • 適宜、マスクを外して休憩する

紫外線対策も同じですが、日の高い時間の活動は極力避けて、どうしても出なくてはいけないときは日陰を有効利用しましょう。

お出かけのときは、水分、マスク、帽子を忘れずに!

マスクと熱中症について厚労省より
「令和2年度の熱中症予防行動」(厚労省資料より)

晴れたらエポカル  staff iseki