5月、6月は気温も過ごしやすく風も心地よい季節なので、子ども達も屋外で活動しやすく夢中になり集中して遊べます。植物や虫など自然の活動も活発で遊びながら広がる好奇心と探求に学ぶ喜びに時間を忘れてしまうのかもしれません。 身 […]
快晴の日が多く、紫外線の量や強さが真夏並みの5月。 ちょっと近所へお出かけ、洗濯干しでベランダに出るだけでも紫外線対策が欠かせない時季です。 マスク生活が続いているので、以前よりも顔の日焼け対策はバッチリ出来ている!と思 […]
赤ちゃんとの外出は直射日光が当たらないように配慮しながら日焼けしすぎないよう日光を浴びましょう。子どもと紫外線対策のお話。 外気浴から 新生児の赤ちゃんは外気浴から外出へと少しずつ外の世界を感じ小さな冒険をひろげていきま […]
紫外線に対して男性もダメージを受けやすく、早めの対策が必要です。皮膚がんの羅漢率は年を行くと男性の方が高くなります。
光線過敏症とはなんでしょう?日差しに当たることで、赤くなったり、腫れたり、ひどい時は水膨れになったりします。その原因は2つありました。
紫外線アレルギーのスタッフの体験記。太陽光に当たると、普段以上に痒くなり、真っ赤になります。そんな症状を感じたら要注意です。
動物学】クジラの紫外線対策 クジラも紫外線対策してる!という記事を見つけました。 クジラにもメラニン色素量によって移動や生活リズムがあるようです。人の皮膚のスキンタイプも同じ。UVケア方法は、肌のタイプやカラーによって変 […]
学校保健の動向 令和2年度版抜粋 紫外線とビタミンD 近年、行き過ぎた紫外線対策をする若者女性やビタミンD欠乏状態の妊婦が増加し、乳幼児のビタミンD欠乏症が増加しているという報告があります。 ビタミンDは、食物からの摂取 […]
学校保健の動向/令和2年度版より抜粋 太陽紫外線防御対策 紫外線は太陽光線の約6%で、目に見える可視光線より波長が短く見えない光線で、波長の長いほうから 長波長紫外線=UVA 中波長紫外線=UVB 短波長紫外線=UVC […]
赤ちゃんの皮膚は、薄くて傷つきやすいのです 「透けるようにきれい!」 という表現がぴったりの赤ちゃんのお肌・・・・。 赤ちゃんの皮膚は、大人のそれに比べてはるかに薄いのです。厚い紙よりも、薄い紙のほうが破れやすいのと同じ […]
晴れたら、紫外線対策ウエア エポカルを着よう!