オゾンの生成

酸素分子は、波長が0.1~0.2㎛の紫外線を吸収し、酸素原子に分離します。そのため大気の上層では、酸素🄱ン氏が太陽からの紫外線を吸収して酸素原子となり、これと酸素分子が反応してオゾンができます。