Australia Here and Nowに掲載されました!

先日はじまったばかりのクラウドファンディングについて、オーストラリア在住日本人向けサイト“Australia Here and Now”に掲載されました!

実は少し前に、オーストラリアでも色素性乾皮症の方のクラウドファンディングが行われていましたが、日本でも色素性乾皮症の方への防護服をプレゼントするクラウドファンディングがありますと紹介をしていただきました。

2~3年前、エポカルはオーストラリア進出を目指して、何度が渡豪しました。

一番最初、知り合いもおらず、広いオーストラリアで、堪能な英語も話せず、どうやって販売していけばいいのか困っていた時に、助けてくださったのが、このAustralia Here and Nowのサイトを運営されていらっしゃる谷中さんです。

UVカットウエアブランドEPOCHALを、オーストラリアで販売したいのです
とご相談したところ、政府機関のARPANSAや現地の小学校にアポントメントを取ってくださり、自らドライバー兼通訳もかって出てくださいました。

その時の様子はこちらからどうぞ

もともと海外出張はハプニングの宝庫!体当たりで行く私たちには、いつも何かしらハプニングが起こるのですが、それを楽しめるのも私たち。

合計3回の渡豪でお世話になった谷中さんとのハプニングはたくさんあります。
政府機関にアポイントメントを取っていただいたのですが、エポカルスタッフ二人と谷中さんでお会いするのに、日本の使節団と伝わってしまい、CEOやDocterと肩書のつく方々に囲まれてドキドキしたり、道を間違えて飛行機に乗り遅れたり・・・

でも、現地のことをとても詳しく教えてくださり、隙間時間で色々なところに連れて行っていただきました。それらすべてが、事業にもつながっています。

色素性乾皮症(XP)の患者さんは世界中におられ、少しでも情報共有をして、病気の理解を深めるとともに、病気の研究が進むことを願っています。

クラウドファンディングも開始6日目で目標は達成いたしましたが、今セカンドゴールを検討しております。また、このクラウドファンディングには、病気について一人でも多くの方に知っていただくという使命もありますので、引き続き拡散をお願いいたします。

光老化を食い止めるUVカットマスクと、アクセサリー

光老化は、日光を長年浴び続けることによって起こる肌のしみ、しわ、たるみなどの皮膚の老化現象です。 光老化は、いわゆる加齢による老化とは違い、紫外線を浴びた時間と強さに比例すると言われています。

エポカルのUVカットマスク

夏マスクと言って、鼻のところに穴が開いています。
とても息がしやすく、口はしっかりホールドされています。

横から見るとこんな感じ。上と下の布が重なっていますが、鼻のところから息がしやすいので、ランニングもOK!

内側は、メッシュと2枚構造のため、肌に張り付かず、心地よいのです。

ベージュストライプは、小顔効果のある柄ゆき
MサイズとLサイズがあります

チャームでおしゃれ度UP!

友人にいただいたチャームを付けてみました。
イヤリングが苦手で長くつけていられない私にとっては、救世主!
かわいいです!

https://mask-erg.net/
マスクイヤリング、とっても素敵なので、ぜひご覧ください!

     ↓↓↓

まだ続きそうな「マスク生活」心地よくかわいらしく過ごしたいですね!

エポカル
プロデューサー
松成紀公子


肌老化

肌の老化ってどうして起こるの?

肌老化とは?

肌老化とは? お老化現象とは、シミやそばかす、しわ、たるみ、色素沈着、キメが荒いなど目に見えるようなことから、水分が保持されなくなることでハリやツヤがなくなり、砂漠のような乾燥になることなど、機能そのものの低下も肌老化の現象です。

光老化とは?

光老化は、日光を長年浴び続けることによってひき起こされる肌のしみ、しわ、たるみなどの皮膚の変化のことです。 光老化は加齢による老化とは質的に異なり、紫外線を浴びた時間と強さに比例するとされます。

年齢とともに増えていく肌のシミ、しわ、たるみ。

女性なら誰でも気になるところ。
この肌の悩みには酸化という現象が大きく関係しています✋

「酸化」とはものが酸素に触れることによって起きる現象です。酸化は、鉄が錆びるのと似たようなものでしょう。

人の体には約60兆個の細胞があり、この細胞が
傷つく>酸化する>錆びることによって、シミやシワ、たるみが進行します。

紫外線が大きく関与

通常、紫外線にさらされた肌には、活性酸素が発生し、深刻なダメージを与え、深いしわやシミが現れてしまいます。
活性酸素は、体内に取り込まれた酸素がタンパク質と結びつき、細胞が参加します。体の外と内側から錆びて衰えていくのです。

活性酸素の問題は、過剰発生して、人間の細胞に対し悪さをすること。
過度の飲酒や、喫煙などの生活習慣だけでなく、ストレスや食べ物、そして、紫外線など酸化は様々な要因で起こります。

肌には、日焼けやシミ、そばかすなどの原因となるメラニンと言う色素があります。しかし、一方で、メラニンは肌を太陽紫外線から守る大切な役割を担っています。

肌は、大きく表面の「表皮」と、その下の「真皮」に分かれていて、紫外線が真皮に届くと肌から保湿性や弾力性が失われてしまいます。

その状態が続くと、顔などの露出している部分に深いしわが刻まれてしまいます。。。。

また、ストレスや不規則な生活、食習慣、加齢などによって新陳代謝が乱れると、メラニン色素がなかなか角質層まで到達せず、色素が沈着してしまいます。

これがシミやそばかすの原因です。

男性のほうが女性より紫外線に対して皮膚が弱いと言われています
エポカルブランドとは?

光老化を防ぐUVカットウエア

特に紫外線からの悪影響を受ける皮膚。

「着るだけでUVカット率91%以上」のUVカットウエアを「日焼け止め」としてお使いいただけます。

塗る日焼け止めと違って、洗っても洗っても(洗濯を繰り返しても)そのUVカット効果(UV遮蔽率)は落ちることがありません。

エポカルブランドは、UVカット特殊素材のみを使ったUVカットウエアブランドです。

UVカット率99%以上のパーフェクトジャケット

赤ちゃん、子供、学生、大人、男性、女性まで幅広いUVカットウエアをぜひご覧ください。

株式会社ピーカブー
EPOCHALブランド

自転車1500kmの旅と紫外線対策

ちょっと嬉しいお話がありました。

24時間、楽器演奏が可能な防音賃貸マンション=ミュージションで有名な株式会社リブランの社長 鈴木雄二さんとのお話。

鈴木社長とは、知人を介して知り合い、FBでお話しするだけとはいえ、お互いの日常が見えるFBだからこそ、意思疎通や情報交換ができています。
鈴木社長の日常生活の中の熱い想いがなせる決断は、わたしが憧れることが多く、読書家で思慮深く、動物がお好きで優しい。さらに、アクティブでありアグレッシブマインドなところが、素晴らしい方だと感じています。

今回、また、わぁ~いいな!!と思える記事を拝見しました。

今夏、7月の九州一周自転車1500kmの旅をご企画されておられるとのこと。

またまた、素敵な企画を!!

と思ったのは、実は、学生の時、卒業旅行でオーストラリア電車+自転車の旅をしてみたいと思っていたことがあったのにかなわなかったから。(思えば壮大な夢でしたが・・・)

【鈴木社長の記事より】

先日、日焼けした。。
真夏の九州一周自転車旅の課題が、新たに見つかる。
日焼けは疲労を助長する。本番は夏だ。
移動距離は今より短くしないとリタイヤもあるなと思っていたが、こりゃ気温の問題だけじゃないなぁと実感した。自転車は半袖短パンが気持ちいい。しかし長袖長パンか、嫌いなUVカットクリームか。二者択一を迫られている。

という投稿に、UVカットクリーム、やっぱり苦手な方がおいでなのだな。

UVカットウエアなら、それもメッシュシリーズなら旅にもってこいなのに。

ちょっとコメント。

すると、翌日鈴木社長が当社を訪れてくださったんです。

サンブロックUVパーカーと、ブレッサブルメッシュパーカー

ブレッサブルUVパーカー エポカル

UVカット率、UVカット素材、メッシュ率の違いや、機能性をお知らせし、より軽く、より自転車で走りやすいものを…ということで、ブレッサブルをチョイス。

さらに、PROTECT(サングラス)もご提供!エポカル史上、最軽量の16gのグラスカラーを変えられるお勧めのサングラス。
実は、私もお気に入りの1つ。

【鈴木社長の記事より】

7月中旬から2ヶ月弱に渡る九州一周自転車旅を成功させるためには、気力体力はもちろんだが、真なる課題は紫外線対策だ。疲労度軽減と次の挑戦に向けた健康維持を真剣に検討しなければならない。

僕ももう若くない。シワクチャにならぬよう、エポカルの紫外線対策技術を身に付け放浪に挑む。

松成さん、助けてくれてありがとう。

これを着ていくぞ!と鈴木社長~ありがとうございます!!

というFBのコメントにスタッフ一同感激してしまいました。

九州一周放浪自転車旅なんて、本当に面白そう。応援に行きたいなって思ってしまいます。

九州には、大切なお取引先様、幼稚園様や保育園様、そして こども園様だけでなく、縫製会社様もあるので、その応援がてらお取引先巡りに行こうかと今考えています。

鈴木社長の九州一周自転車旅のための「紫外線対策」と「体力保持」のため、エポカルのUVカットウエアとサングラスを使っていただけること、すごく光栄です!

お気をつけて行ってらっしゃい!!!!

自転車でさっそうと理研インキュベーションを去る鈴木社長!!かっこいい!

サンブロックやブレッサブル、そしてエポカルのすべてのオリジナルUVカットウエアには、酸化チタンが練りこまれたUVカット素材を使用しています。

薄い生地であるのに、繊維の中に「酸化チタン」を練りこむことにより、UV遮蔽率を高くします。また、それだけでなく、洗濯を繰り返しても、UVカット効果はずっとキープされ、破れるまではそれを持続します。また、肌に酸化チタンが付着すること(流れ出ること)もありません。とても安全で、安心なもの、それがUVカット特殊素材なのです。

薄い布なのに、紫外線を97%以上カットしてくれるサンブロックやブレッサブルは、袖の下や、脇などの「体熱のこもりやすく、汗をかきやすい場所」をメッシュ化することにより、身体の体温を上昇させない工夫がしてあるため、熱中症対策にも最適な1枚です。

メッシュに関しては、「日本の蚊は通らない」(長崎大学マラリア研究の川田先生)とお墨付き。

夏の肌の3大お悩みそれは、日焼け、虫刺され、汗も。

そして、熱中症が問題視されていますが、それらを網羅する、1枚を目指してこの製品を作りました。

いま、アウトドアブームですが、日常の中の、散歩や、家事、園芸やスポーツ、いつも常に外で働かれる方にも「疲れ」知らず、「痛い日焼け」なしでいられるようにエポカル製品を試していただければと思います。

紫外線対策用UVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)

エポカル企画室 松成紀公子

紫外線にあたると痒くなる?~光線過敏症について

学生の頃はキャンプや山登り、テニスなどを楽しんでいた私

二人の子どもと公園で朝から夕方まで遊んでいました。

三人目を出産後、同じように公園で遊んでいたら、ある日顔が真っ赤に!!

痒くて痒くて、公園のトイレで、冷やしました。

その時から、日差しの強い日は要注意!!の生活が始まりました。

今回は、日光による紫外線アレルギーがでた私の体験談を書かせていただきます。

とにかく赤くなって痒い!の一言

私の肌のタイプは、日焼けすると赤くならずに黒くなるⅢタイプ  

*肌タイプについてはこちらをご参照ください。

それまでは、黒くなることはあっても赤くなることはあまりなく、痒いとか痛いとかも感じませんでした。

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

今までとは明らかに違う症状は下記のようなものです。

・太陽に当たると10分ほどで真っ赤になってしまいます。周りの方々も気づくほど真っ赤になり、大丈夫と声をかけられます。
・太陽光に当たり続けると、全体が盛り上がるように腫れてきます。
・とてもかゆみが強く、全体の痒さに耐えきれず爪を立てて掻いてしまいます。
・赤味は半日ほど続き夜には収まります。
・春先や秋などの日差しの強い日に特に強く反応が出ます。
・強く症状が出るのは、顎や耳の顔周りと手や指です。これはどうしても日差しにさらされやすい部位だからでしょう。

調べてみると、日光蕁麻疹や紫外線アレルギー、日光過敏症など、太陽光によるアレルギーは色々なものがあることがわかりました。

上の方は髪の毛が覆っていて、赤くなっていませんが、日差しは、上から襟の中まで刺してきています。夏は日差しが高く、春や秋は日差しが低いことを実感します。

着用してみてわかるのですが、エポカルのウエアは洗濯をくりかえしても効果の落ちない素材がUVカットであることも実感しますが、私自身はデザインによるUVカット効果が重宝しています。

襟の台が高く首のところを覆う範囲が広いので、先ほどのように首が真っ赤になることもなく、常識の穴や手の甲ガードなど細部を覆うことができる機能をよく使います。また、フードが付いたものはキャップなど頬の出るタイプの帽子を被るときに併用することができます。

エポカルブランドとは?

赤くなってきたら何より冷やす!

対処法としては症状が出て赤くなったときは、まず冷やします。日焼けはやけどと同じなので、濡らしたタオルなどを当てておくことが応急処置になります。

その後、落ち着いたら保湿剤の入ったローションを塗って水分を保持するスキンケアを心がけます。症状のひどい時は、刺激になるので避けた方がよく、落ち着いてから保湿したほうがベターです。

あまりひどい時は皮膚科を受診して、きちんと診断を受けた方がいいでしょう。

日差しを浴びて症状が出る病気を調べてみたら、色々なアレルギーなどが出てきました。

次回は、太陽光によるアレルギーについて書いていきます。

Words from Professor Masamitsu Ichihashi

Inspections performed at RIKEN Research Institute have found that the EPOCHAL brand use special fibers in its clothing and that the effects are stable and do not deteriorate even after repeated washing.

There are multiple ways to combat exposure to UV radiation. However, wearing UV blocking clothing is one of the simplest and most effective methods of protection.

It is very well known that Australia is a global leader in UV protection. It is also known that they are the skin cancer capital of the world with one in three treated for skin cancer in their lifetime. I have been educating and advocating for UV protection of children in Japan for over 20 years. This is because, as the WHO states, UV protection in childhood is a proven preventative measure for skin cancer later in life. This concept is not at well understood in the Japanese population as it is in their Caucasian counterparts who are very aware of skin cancer. Due to a prevalent aging population in Japan, photoaging is a more concerning effect of UV radiation.

From the age of 60, many people are affected by sun spots and wrinkles. Some start showing from as young as in their 20’s. In a world where a youthful appearance is said to be connected to not only the appearance of skin but also a healthy body as a whole, protecting the skin from UV is an important habit to start at a young age.

There are a limited number of UV-protective clothing brands that use special fibers and EPOCHAL is the only brand that does so in Japan. I hope that UV-protective clothing will become better known and utilized as a form of preventative medicine not only in Japan but also worldwide.

Professor Masamitsu Ichihashi
Emeritus Professor
Kobe University

エポカルをご採用いただいている幼稚園様一覧

<北海道地方>

西野桜幼稚園 (北海道札幌市) 制帽

<関東地方>

大古里育ちの森幼稚園(埼玉県大宮市) 制帽

根岸幼稚園(埼玉県朝霞市) 制帽・体操服・スモック

大和すみれ幼稚園(埼玉県和光市) 制帽・制服・園バッグ

成増すみれ幼稚園(東京都板橋区) 制帽・制服・園バッグ

東江幼稚園(東京都葛飾区) 制帽

チルドレンズファーム豊洲校(東京都江東区) 制帽

まほうの保育園(東京都港区) 制帽

<北陸地方>

アームストロング青葉幼稚園(富山県富山市) 制帽

<中部地方>

アップビートインターナショナルスクール(愛知県名古屋市) 制帽

<関西地方>

いまむらこどもえん(大阪府高槻市) 制帽・園バッグ

<中国地方>

認定こども園さざなみの森(広島県広島市) 制帽

<九州地方>

八幡カトリック幼稚園(福岡県八幡東区) フラップ付体操帽子

ひさやま保育園(福岡市東区) フラップ付体操帽子

ふたば幼稚園(福岡県東区) 制帽・体操服・スモック・ポロシャツ

カトリック光丘幼稚園(福岡県博多区) フラップ付体操帽子・体操服

大濠聖母幼稚園(福岡県中央区) フラップ付体操帽子

ももぞのこども園(大分県大分市) 制帽

紫外線対策製品を選んでいただいた理由

エポカル製品をご採用いただいた幼稚園様には共通点があります。

お子様の健康に配慮することだけではなく、

園のいたるところに子ども目線の気遣いがあり

園での生活を安全で安心できるものであることを大切にされていること。

さらに、カリキュラムの内容がお外での活動を大切にされていること。

紫外線対策製品が必要ということは、

外での活動時間が長いということにもなります。

子どもにとって自然での体験は何よりもの経験。

エポカルも外での活動が大切と考えており

安心して太陽のもとで活動できるために作られた製品ばかりです。

そんな思いを理解していただき、エポカル製品をご採用いただきました。

エポカルのスクール製品は日本学校保健会の推薦製品に選ばれています!

EPOCHALの体操服、体操帽子、ポロシャツをはじめ学校で使う製品は、

学校や園生活に適していると日本学校保健会に認められています。

紫外線を受け続けると免疫力が落ちてしまい

毎日の学校生活にも支障が出てしまいます。

ただ、外でしっかりと体を動かすことは特に成長期には大切なこと。

だからこそ、少しでも紫外線から皮膚を守り、しっかりと体力を

つける活動に励む環境作りのお手伝いをしたいとエポカルは考えています。

学校、幼稚園、こども園にお勧めの製品はこちらからご覧ください。

日本学校保健会推薦製品についてはこちらからご覧ください。

ロサンゼルスの情報誌“Lighthouse”にエポカルが紹介されました。

Los Angelesで生活をされている日本人向けの情報誌“Lighthouse”に2020年秋から4号続けて掲載されています。

Los Angelesは一年中雨が少なく、紫外線の強い地域です。まさに紫外線対策必須の地域。オーストラリアに次ぐ、世界で皮膚がんの多い地域NO.2でもあります。

現地の方は半袖短パン姿でビーチの近くを走っているイメージですが、サラッと長袖を羽織る、帽子やサングラスで目を守ることは、10年後20年後の健康を守るためにも大切なことです。

エポカルブランド上陸の話 11月16日号

1回目の11月16日号はエポカルブランドについて紹介していただきました。ロサンゼルスの日差しは強く、特にビーチでの活動も多いので砂浜の照り返しや、BBQなど屋外での活動も多く、紫外線対策をお勧めする地域です。

日本から行かれた方は意識の高い方も多く、もともとエポカルにお問い合わせも頂いていました。そのような方々が送料を気にせずお求めいただけるためにも、今回アメリカのAmazonでの販売を準備しています。*1月販売開始予定

そして、美肌をキープしたい、肌トラブルを減らしたいという方に向けて、一人でも多くの方に、エポカル製品を知っていただくきっかけとなればと、思っています。

プロに聞く!コーナー 12月1日号

12月1日号は “プロに聞く!” というコーナーで紫外線対策の必要性をお話させていただきました。 Los Angelesの気候や、生活習慣、環境について知っていただけるたのではないでしょうか?内容に合わせて、隣にLos Angelesに似合う製品もご紹介させていただました。

私たちはお医者様ではありません。病気についてはお話しできませんが、予防医学として、肌トラブルを予防する、肌老化を遅らせるためのアドバイスはできます。18年間で培った知識と経験を少しお話させていただければと思っています。

私たちの持っている情報は、雑誌だけではなく、HPやSNSを通じて広く発信させていただいています。このブログも情報の宝庫です。知りたいことがあれば、ぜひ検索してみてください。

抽選でプレゼントが当たるアンケート企画  12月16日号

エポカル製品を知っていただくには、使っていただくのが一番!!ということで、アンケートに答えていただいた方にエポカル製品をプレゼントという企画をしました。思った以上に反響があり、アンケート結果からも、皆様の意識の高さを感じました。ぜひ使ってみたいとの嬉しいお声もたくさんいただいています。

現地で生活をされていらっしゃる方は、やはりロスの日差しの強さも感じておられ、日本人にとっては『日本製』が魅力とのことがわかりました。日本製品の魅力を感じていただけて嬉しく思います。

特にパーフェクトパーカーは人気があり、しっかり守れる1枚の魅力が伝わったかと思います。

アメリカでエポカル製品が買える?

答えはYES!!

Los Angelesでの販売については、Amazon.comで準備進めており、まもなく販売開始となります。日本でも人気があり、Los Angelesにぴったりな製品をセレクトして販売いたします。

FBでは、一足早くアメリカ販売のお話をさせていただき、コメントやご質問など多数いただいており、関心の高さを感じました。もう製品はアメリカに届いているので、まもなく販売開始です!

エポカルのアメリカ進出についてのお話はこちらから

よろずやスタッフ 井関

パイロットが浴びる紫外線量について

パイロットの方々が浴びる「紫外線量」について調べてみました!!

飛行機のガラスシールドが紫外線UV-Aを防ぐには不十分、UV-Bについては十分に防いでいた、という調査結果が2014年12月の「JAMA Dermatology」オンライン版に掲載されているそうで、

https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology

米カリフォルニア大学の研究者らによる調査は4月に、カリフォルニア州サン・ホセとネバダ州ラスべガスで、地上およびフライト中のパイロットがどのくらいの量の紫外線を浴びているかを測定した結果、高度3万フィートで飛んでいるパイロットは、57分間で日焼けベッドに20分いるのと同量のUV-Aを浴びていることがわかりました。

同年9月には同じ「JAMA Dermatology」誌に、パイロットと客室乗務員の皮膚がんリスクは、一般の人の約2倍という研究結果が発表されているそうです。

(参考:美容経済新聞2014.12.22)

ちなみに、航空法では65歳未満では乗務時間は1カ月100時間・3カ月270時間・1年1,000時間を超えないことが定められています。

なので、目一杯フライトしている場合は、年間約1000回ぐらい日焼けマシーンに入っている計算になるでしょうか。(ちなみに、日焼けマシーンは1回15~25分くらいだそうです)

パイロットの人体への影響として、宇宙線(放射線の一種)があります。

※※宇宙線(うちゅうせん、cosmic rays)とは、ほぼ光速(3 × 108 m/s、秒速 30 万キロメートル)に近い速さで宇宙空間を飛び回る、極小の粒子の総称です。我々の体や宇宙の様々な物質を構成する陽子(protons)や電子(electrons)、原子核(atomic nuclei)といった電荷を持つ粒子(荷電粒子)が太陽表面や様々な高エネルギー天体において光速近くまで電磁場により加速され宇宙線となり、あらゆる方向から地球にも降り注いでいます。割合としては僅かですが、陽電子(positrons)や反陽子(antiprotons)といった反粒子・反物質(antiparticles、antimatter)も宇宙線の中には含まれます。

宇宙船ではなく宇宙線です。物理学者に「うちゅうせんの観測をしています」と言われたら、それは「宇宙線」のことです。

https://www.isee.nagoya-u.ac.jp/CR/research/cosmic_rays/

名古屋大学 宇宙地球環境研究所 宇宙線研究部ページより

宇宙線の影響は空気の濃さに関係し、上空に行けば行くほど空気が薄くなってしまうので、人間に与える宇宙線の影響も強くなります。

紫外線も太陽から放たれて、人間の皮膚を黒くするなどの影響があります。

太陽や宇宙空間からやってきて、人間の人体に影響を与えるという意味では同じ分類になりますが、紫外線と宇宙線の大きな違いは、紫外線は金属や日焼け止めで食い止められるのに対して、宇宙線はジェラルミンなどの金属ですら食い止められないので、飛行機のボディを貫通してしまい今のところ防ぎようがありません。

なので、パイロットのみならず乗客や客室乗務員など、全ての機内の人は宇宙線により被曝してしまっているのです。

国連化学委員会報告書UNSCEAR 1982 Reportによると、海面高度で生活をした場合、宇宙線の被曝量は年間で約0.3マイクロシーベルトだそうです。

一方、空高く上がれば上がるほど被曝量は増えます。

現代の多くの旅客機は、40,000ft前後を飛行しています。

10km(約33,000フィート)と12km(39,000フィート)の被曝量を見ると

33,000ft : 2.88マイクロシーベルト

39,000ft : 4.93マイクロシーベルト

被曝するというデータが出ています。

原子力発電所の管理をする方や放射線技師など、このような仕事上で放射線を扱う人は、年間被曝量が50ミリシーベルトまでと決まっています。

また、ICRP(国際放射線防護委員会(こくさいほうしゃせんぼうごいいんかい、英: International Commission on Radiological Protection)の勧告ではさらに条件が厳しく、年間20ミリシーベルトまでとなっています。

しかし、パイロットの被曝量は、法律に守られていません。

宇宙線による被曝は人工的なものではなく、自然に地球に降り注いでいるものだから、現段階では職業被曝の保護などの規制から外されているそうです。

(参考:パイロットになりたい人などの情報・雑学のサイトより)

https://www.hikouki-pilot.com/

乗務員の被曝について、日本では過去、日本航空のニューヨーク便などで実際に測定したところ、往復(26時間)のフライトで被曝量は約92マイクロシーベルトであった。これらのデータを基に、文部科学省が事務局を務める放射線安全規制検討会は2004年6月23日、「飛行時間900時間で6ミリシーベルトの被曝」「同200時間で1ミリシーベルト」という発表を行った。

(参考:2018年のビジネスジャーナルWEB)

https://biz-journal.jp/2018/12/post_25921.html

EPOCHAL
企画室 Satou

2020年11月 沖縄ロケ旅行①

  • 11月は、最高の季節の沖縄
  • 素晴らしい環境
  • 紫外線対策の必要性
  • ロケは最高のカメラマンと、モデルさんたち!
  • 沖縄FOOD~✨にやみつき・・・

沖縄ロケを始めたのは、2004年からです。

実は、家族で沖縄旅行に行ったことがきっかけ。

「みんなを連れていきたい!こんなところでは絶対にUVケアが必要」って
思ったのがきっかけでした。

もう何回沖縄に来たかわからないほどですが、いつ来ても素晴らしい景色に癒されます。

嵐ファンには聖地?のハートロック

とくに私のおすすめの時季は、「11月」
台風も来ないし、本島が秋深まるころで、寒さに身を縮め始めるときに
開放感のある沖縄は最高です!!!

さらに、「晴れ」の日が続きやすい気がします(^^)/

今回は、いろいろな要因があり、いつもはホテルに滞在しますが、今回は「コンドミニアム」に滞在し、自炊をしました♪

素晴らしいコンドミニアムで、中庭にはプールがありました♪

②素晴らしい環境>