「打ち水」により冷却効果があるのは、気化熱の原理。

水は、周りの熱を吸収することでに蒸発して水蒸気になろうとします。気化熱は、水が液体から気体に変わる際に使われる周辺の熱エネルギーのことで、結果として気体に変わるときに周りの熱が奪われる状態になるので、冷却効果が!

これは、周りの熱が水の方に移るだけではなく、蒸発するためのエネルギーとして熱が使われるので、その熱が失われます。そのため、冷却効果が生まれます。

身近なところでは、夏にシャワーを浴びたあとに濡れたままだと涼しく感じるのも、体の表面についた水が熱を奪って蒸発している気化熱によるもの。

この「打ち水の原理」を用いているのが、以下の製品の特殊素材!

もちろん、UVカット繊維を使用しています。さらに、打ち水&気化熱効果は、帽子をかぶって運動して汗をかくことにより、この汗を肌側の繊維が素早く吸収し、表面の気化促進繊維 ※拡大写真ご覧ください 

帽子の表面の画像 凸凹になっていて繊維だけでなく織り方にも気化熱を作る秘密が!

が蒸発を加速させることで、帽子内の温度を抑える効果があります♪

https://www.epochal.jp/view/item/000000001312?category_page_id=UVhat

保冷剤が入れられるメッシュハット

テンガロンスタイル+フラップを髪の下に通すと涼しい!!!風が通りやすいのです
しっかりした長さのあるフラップは、日陰効果が!そして打ち水UV素材を使用しています
超暑い時には、熱中症予防に!おでこを冷やしながらお出かけ!!!GOOOOD!!!

https://www.epochal.jp/view/item/000000001173?category_page_id=UVhat

シリコンつばのUVキャップセット

アウトドアにはもってこいの深くかぶることができるキャップ
キャンプや山にも持っていきやすい小さく小さくまとめることができるタイプ
男性に人気のブラックカラー 
ほら、こんなにつばが柔らかい!でも、しっかり顔に影を作ります✋
同素材の「かぶるだけでワンタッチ装着OK]のフラップ付きです。マスクの代わりにも!
お子さんにも安心のつばの柔らかさ!

保冷剤が入れられるメッシュハット・UVキャップセットは、全体がこの特殊素材でできています!

この夏、やっと雨から解放された空はいつもよりも青く見えますね。

汗をかいても少しでも涼やかにお顔や首に影ができるように。

さらに熱中症の予防に、ポケット付きのハットには、「保冷剤を入れることができます。

シリコンつばのキャップは、スルっとかぶりやすく、さらに「深く」かぶることができること、小さく折りたたんで持ち運びも便利ですし、フラップもついています。

上手に使って元気な夏をお過ごしください!

株式会社ピーカブー 
エポカル プロデューサー
松成紀公子


エポカル 紫外線対策用 UVカットマリンパーカー

UVカット率97%以上Keepの夏のCoolなジャケット風の1枚が欲しい!

UVカットマリンパーカー/EPOCHAL(エポカル)

エポカルのUVカットマリンパーカーは、UVカット率97%以上の特殊繊維素材

マリンパーカーは、わたくし自身が、EPOCHALのウエアがカジュアルで「仕事」に着ていくのにラフだなと感じたことから(以前にジャケットなどもありましたが)エポカルのUVカットウエアをPRしながら、ちょっとしたお取引先様にも着ていける、そして、スポーティー過ぎない、土日のちょっとしたおしゃれしてのお出かけにも対応できる1を作ろうと思った製品です。

もちろん、エポカルの特殊素材は、「繊維」から!

エポカルのオリジナル製品に使われている繊維の説明/UVカット特殊素材(錬り込みタイプ)

この製品は、UVカット率97%以上。
カラーによるUVカット効果の違いは、今のところ0.1~0.3%くらいの違いです。
この値で、洗濯を繰り返してもずっとキープされます。

生地を例えばぎざぎざの壁でこすっちゃってあちら側が見えるくらい薄くなっちゃった!!!とか、転んで穴が開いちゃった!!なんていうアクシデントがなければ、普通のお洗濯をしていていただければ繰り返し繰り返しご着用いただけます。

10年選手の1枚のサンブロックUVメッシュパーカー

何と、人気のサンブロックUVメッシュパーカーは、「10年選手です」というお声もあり、@@;ええええっと驚くことがありますが、
「大切に着ています。アレルギーの症状も出ていません」と聞くと、嬉しくなります!!!
ありがたいことです。
お声を聞かせて下さる方々に、感謝しかありません。
自分の企画した製品をお届けし、それを大切に使ってくださる方々がおいでと言うことが嬉しくてたまらないのです。

UVカットマリンパーカー/エポカル

デザイン画が得意な佐藤さんに書いてもらいました。
見た感じシンプルですが、最大の特徴は、メッシュ!
袖の下と、脇にメッシュを入れましたが、意外と見た感じでは分からないイメージにしています。
「見えない場所」=紫外線があまり届かないところであり、メラニンが少ないところでもあり、日焼けしづらいところでもあります。

さらに!

汗をかきやすく、「涼しさ」を感じるところでもあります!

ということで、ここを「メッシュ化」することにより、通気性は格段にUP!!
汗をかけばかくだけ、うごけば動くだけ「涼しく感じる」のです。


デザインによる特殊性

1枚の製品企画にどれだけ時間かけてます?
って聞かれたことがありますが、2週間寝ないで考えることもあれば、1年半悩み続けるものもあり・・・意外とすごく悩みます(笑)

これしかないっ!
という1枚にしたいという願いは、皆さんからの「こういうのがあったら良いな」を1つのアイディア=1枚の製品ではなく、いくつかのアイディアを1枚にしたいからです。

シンプルに見えて、たくさんの機能があり、それを使う人によってチョイスしていただける1つの製品を作りたいと考えています。

ウエストを絞りたい

誰もがスタイル良く見せたいと思いますよね!
そして動きやすければなおよし!

わたしも、スポーツいくつかやりますが、ど地価と言うと、フィットタイプの動きやすいスタイルが好きです。
ですが、ちょっと太っちゃったり、インナーにふわっとしたものを着たいときは、サイズチェンジできるといいなと考えています。

裾!



そんな、サイズチェンジや、アウトラインの変化ができるのがこのマリンパーカー!
それも、背中の部分のストレッチコードと、柔らかい「シリコンアジャスター」(ブタ鼻と呼んでますw)と裾のマリンテイストのスピンドルコード の調整で自分のスタイルと好みに合ったアウトラインを作ることができるのです。


機能性はフードにもあり

襟になるフード/エポカル https://www.epochal.jp/view/item/000000000794

首の後ろは日焼けしやすく、「免疫力が低下しやすい場所」などと言われています。わたしも、首の後ろだけ日焼けしてしまい、その跡が残った経験がありますが、どうしても目から見えづらい場所なので、その日焼け度合もわからないのですよね。

フードってかわいいけれど、役に立たない

フードってかわいいけれど、重いし、役に立たない
っていうお洋服が多いと思います。(辛口ですいません💦)
わたしは、フードが大嫌い派だったので、これを「使える」ものにしたかったのです。

あるとき、子供と出かけたのに、帽子を忘れてしまい、まぶしがりの私は、結構つらかったんです。子どもはしっかり帽子かぶっていましたが!
こんな時、被ると「もじもじくん」にならない大き目の「帽子になるフードにできたらいいのに」から生まれたのも、このフードです。

つばがあることにより、目に日陰ができます。

では、大き目のフードは、どうなるか?と言ったら、だらーーーーーーーーんとだらしなく背中に垂れます。。。
やだ!こんなの!!!

と思って、固定しましたが、やっぱりなんだか変。
固定するなら、首の後ろに「襟」のように日陰になるものを付けよう!
ということを考えて、今の形があります。

ぜひこの機能も使ってくださいね(^^)/




さらに、おすすめのEPOCHALオリジナルPOINTは、ここ! ⤵

エポカルの選ぶメッシュは、肌に優しい柔らかさと、蚊が通らない大きさ!

エポカルの選ぶメッシュは、肌に優しい柔らかさと、蚊が通らない大きさ!

実は、このメッシュ「日本の蚊は入りません✋」
と、長崎大学のマラリア研究の先生にお墨付きをいただきました。

ぴたっと肌にくっついたメッシュなら、まあご想像通り虫に挿されるでしょうが、エポカルのこのマリンパーカーは、少しはだから離して着るタイプのアウターなので、ほとんど刺されることはないでしょう。

(一応、いままで刺されたことはないです。。。)

メッシュ入りのUVカットアウターは、エポカル!

機能満載のUVカットアウターは、1枚あればその夏を過ごせます。
お気に入りのカラーをチョイスして、「これがあれば」というエポカルウエアをチョイスしていただければと思います(^^)/

マリンパーカーのカラーバリエーション

ホワイト/清楚なイメージのマリンスタイル エポカル UVカットマリンパーカー
かっこいいイエロー(お気に入り) UVカットマリンパーカー/エポカル
正統派なイメージのネイビー きちんと感№1/UVカットマリンパーカー エポカル

UVカットマリンパーカーは、わたしもお気に入りの1枚♡
暑いから、日焼けしちゃうから外に出ない…わけじゃなくて、ぜひお外を楽しむためにこの1枚を選んでください。

エポカル プロデューサー 松成紀公子


つばが大きく、視野も広い、UVカット帽子

こんばんは、エポカル 松成です。

今年の新作の中でも、カラフルな展開となったUVカット帽子。
https://www.epochal.jp/view/item/000000001277

UVカットコード入りホールハット。コード=帽子のつばの先にちょっと固めの紐が入っています

これは、帽子をかぶったときにつばがピーンと張って、ちゃんとした形を継続してくれるために

ホール=頭の真後ろ少し下に穴をあけました(横型です)

頭の後ろ側で髪を結んだ時にちょうどその結んだ髪が出るように穴をあけました。

実は、この帽子、幼稚園の先生と「こんな帽子があったら良いね」と一緒に考案したもの。

条件としては、
●できる限り軽い帽子
●髪を結ぶことが多いので、邪魔にならないように
●つばが広いモノ
●視野が広くて園児がすぐに見えるもの
●汗をかいても洗えるもの
●つばがピーンとしているもの
●風に飛ばされないもの
●かぶっていてウキウキするもの

なるほど~と言う感じですが、なかなかな難問です(笑)
エポカル製品には多いのですが、ともすると反対の意味を同時に解決しなくちゃいけないこともあり・・・

たとえば、暑いけど涼しく!かるいけど飛ばされない!!(笑)

ね、真逆でしょう?

でもそれにできるだけ近づけよう!!と頑張り続けて作ってきたのが
この、ホールハット!
軽く、つばが広く、視野は確保(角度調整しました)結んだ髪をホールからだし、サイズ調整もできるリボンで結ぶと、風にも飛ばされません!!

なかなかいいのができました👍

さらに、この時世・・・暗い気持ちをパーーーーっと明るくするようなパステルカラーをチョイスしました。

お顔に影は作るけれど被るだけで明るい気持ちにしてくれるUVカット帽子をどうぞ。じゃんじゃん洗っていただいても、UVカット効果は落ちません。

エポカルのUVカット帽子、UVカットウエアは、特殊素材を使用していますので、破れるまでUV遮蔽率はキープします✋

エポカル松成紀公子

https://www.epochal.jp

自転車1500kmの旅と紫外線対策

ちょっと嬉しいお話がありました。

24時間、楽器演奏が可能な防音賃貸マンション=ミュージションで有名な株式会社リブランの社長 鈴木雄二さんとのお話。

鈴木社長とは、知人を介して知り合い、FBでお話しするだけとはいえ、お互いの日常が見えるFBだからこそ、意思疎通や情報交換ができています。
鈴木社長の日常生活の中の熱い想いがなせる決断は、わたしが憧れることが多く、読書家で思慮深く、動物がお好きで優しい。さらに、アクティブでありアグレッシブマインドなところが、素晴らしい方だと感じています。

今回、また、わぁ~いいな!!と思える記事を拝見しました。

今夏、7月の九州一周自転車1500kmの旅をご企画されておられるとのこと。

またまた、素敵な企画を!!

と思ったのは、実は、学生の時、卒業旅行でオーストラリア電車+自転車の旅をしてみたいと思っていたことがあったのにかなわなかったから。(思えば壮大な夢でしたが・・・)

【鈴木社長の記事より】

先日、日焼けした。。
真夏の九州一周自転車旅の課題が、新たに見つかる。
日焼けは疲労を助長する。本番は夏だ。
移動距離は今より短くしないとリタイヤもあるなと思っていたが、こりゃ気温の問題だけじゃないなぁと実感した。自転車は半袖短パンが気持ちいい。しかし長袖長パンか、嫌いなUVカットクリームか。二者択一を迫られている。

という投稿に、UVカットクリーム、やっぱり苦手な方がおいでなのだな。

UVカットウエアなら、それもメッシュシリーズなら旅にもってこいなのに。

ちょっとコメント。

すると、翌日鈴木社長が当社を訪れてくださったんです。

サンブロックUVパーカーと、ブレッサブルメッシュパーカー

ブレッサブルUVパーカー エポカル

UVカット率、UVカット素材、メッシュ率の違いや、機能性をお知らせし、より軽く、より自転車で走りやすいものを…ということで、ブレッサブルをチョイス。

さらに、PROTECT(サングラス)もご提供!エポカル史上、最軽量の16gのグラスカラーを変えられるお勧めのサングラス。
実は、私もお気に入りの1つ。

【鈴木社長の記事より】

7月中旬から2ヶ月弱に渡る九州一周自転車旅を成功させるためには、気力体力はもちろんだが、真なる課題は紫外線対策だ。疲労度軽減と次の挑戦に向けた健康維持を真剣に検討しなければならない。

僕ももう若くない。シワクチャにならぬよう、エポカルの紫外線対策技術を身に付け放浪に挑む。

松成さん、助けてくれてありがとう。

これを着ていくぞ!と鈴木社長~ありがとうございます!!

というFBのコメントにスタッフ一同感激してしまいました。

九州一周放浪自転車旅なんて、本当に面白そう。応援に行きたいなって思ってしまいます。

九州には、大切なお取引先様、幼稚園様や保育園様、そして こども園様だけでなく、縫製会社様もあるので、その応援がてらお取引先巡りに行こうかと今考えています。

鈴木社長の九州一周自転車旅のための「紫外線対策」と「体力保持」のため、エポカルのUVカットウエアとサングラスを使っていただけること、すごく光栄です!

お気をつけて行ってらっしゃい!!!!

自転車でさっそうと理研インキュベーションを去る鈴木社長!!かっこいい!

サンブロックやブレッサブル、そしてエポカルのすべてのオリジナルUVカットウエアには、酸化チタンが練りこまれたUVカット素材を使用しています。

薄い生地であるのに、繊維の中に「酸化チタン」を練りこむことにより、UV遮蔽率を高くします。また、それだけでなく、洗濯を繰り返しても、UVカット効果はずっとキープされ、破れるまではそれを持続します。また、肌に酸化チタンが付着すること(流れ出ること)もありません。とても安全で、安心なもの、それがUVカット特殊素材なのです。

薄い布なのに、紫外線を97%以上カットしてくれるサンブロックやブレッサブルは、袖の下や、脇などの「体熱のこもりやすく、汗をかきやすい場所」をメッシュ化することにより、身体の体温を上昇させない工夫がしてあるため、熱中症対策にも最適な1枚です。

メッシュに関しては、「日本の蚊は通らない」(長崎大学マラリア研究の川田先生)とお墨付き。

夏の肌の3大お悩みそれは、日焼け、虫刺され、汗も。

そして、熱中症が問題視されていますが、それらを網羅する、1枚を目指してこの製品を作りました。

いま、アウトドアブームですが、日常の中の、散歩や、家事、園芸やスポーツ、いつも常に外で働かれる方にも「疲れ」知らず、「痛い日焼け」なしでいられるようにエポカル製品を試していただければと思います。

紫外線対策用UVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)

エポカル企画室 松成紀公子

エポカルのマスク開発秘話

例年、インフルエンザの冬や、花粉症の春にはよく見られたマスクですが、昨年からマスク着用が当たり前になり、カラーや素材など様々なマスクが販売され、1年中つけることが当たり前になりつつありますね。

実はエポカルでは、すでに7年前から布マスクの開発、販売を行っています。それでも昨年は、ずっとつけておけるマスクが必要ということで、様々な素材を使い、3か月くらいかけてマスク開発を行いました。

開発から7年!大人用UVカットマスクの進化

一番最初は、2014年にBIGマスクと夏用のマスクを開発しました。帽子を被っても、顔の向きや角度によってどうしても顔の下半分が日焼けしてしまいます。

ただ、UVから顔を守ることができて、息がしやすく、できるだけ暑くないもの・・・そこで、UVカット素材を使った、市販のものより一回り大きい、BIGマスクを開発しました。

エポカルの素材は生地の厚みや色で紫外線をカットするのではなく、繊維に酸化チタンを練り込んだものを使用していますので、薄い生地でもしっかりUVカットができるのです。

更にデザインで機能性を持たせる製品作りを追求し、鼻の下に切り目を入れるデザインになりました。この製品は、テニスやゴルフなどのスポーツをされる方に、とても人気があります。

販売中のマスクは、大き目でしたが、紫外線アレルギーのスタッフは、ロケの時に顎の下が真っ赤になり痒くなってしまいました。顎の下までくるマスクが必要!と大きく包み込むようなマスクに改良し、2017年に顎の下にも生地を付けた美フェイスマスクを開発し、現在も人気の製品となっています。

子どもマスクもすでに開発していました

“子どもにもマスクが欲しいのですが・・・”そんなお声をいただき、2015年にはKidsマスクの開発を行いました。

といっても、子どもにとってマスクは呼吸をしやすいものでなければなりません。張りのある素材を使い、鼻や口にくっつかない立体構造を意識し、また耳にかけるゴムもできるだけソフトなものを。課題がたくさんあり、何度も子どもたちに着けてもらい、完成したのがこのマスクです。

子供用マスク

ただ、お顔のサイズは人によってかなり違うのでサイズ展開が難しく、幼稚園サイズを作り、小学生には大人用のマスクのゴムにアジャスターが付いているので、それでサイズを絞って使っていただきました。

昨年はコロナの影響もあり、マスクのお問い合わせが増え、同時に子どもマスクについてのお問い合わせも増えたので、幼稚園から小学生まで使えるサイズ調整のできる子供マスクを開発しました。

このマスクは新聞にも取り上げられ、サイズ調整機能は、特許申請を行っております。

エポカルのマスクはUVカットのためのマスクです。

昨年のコロナの際、ウィルス対策できますか?などのご質問を多数いただきました。エポカルは基本的にUVカット製品のブランドになります。日焼け対策についてはお答え出来ますが、ウィルスについての検査は致しておりません。

ただ、昨年はマスクの不足もあり、少しでも対応できるようにと、マスクの内側にポケットを付けたサザコーヒー×エポカルコラボUVカットマスクを販売開始しました。

内側にポケットを付けることで、ポケットの中に干したコーヒーかすを包んで入れてると香りがよく、消臭効果もあると、サザコーヒーさんとコラボして生まれた製品です。

これからもしばらくはマスクが必要な生活が続くかもしれません。それなら、少しでも快適に使えるものを、開発していきたいと考えています。

夏のマスク使用の注意についてはこちらから

サンブロックUVプロテクトウエアなど油汚れにギャー!!!の時は?

油汚れにげげげってなった時ありませんか?

この濃い色のサンブロックの生地は、ポリエステルと綿の混合生地です。

また、一番厄介なのが油汚れ!

ポリエステル100%の生地なら意外と簡単に落とせるかもしれませんが
綿混合なので、ちょっと頑張りましょう!

綿混の素材は、汗の吸収率もよく、洗うほどに風合いがよくなります。
またポリエステル糸は、ヘタレなくて形がちゃんと出ること、もちろん
UVカット特殊素材なので、とっても重要!

なので、綿混のUVカット素材は、肌にも、着心地も、最高なんです♪

油汚れの落とし方

油溶性のシミとは、例えばパスタソースとか、カレーや口紅ですよね。
水ではなく油に溶けるシミです。
そのため、頑固な油溶性のシミは「油」を使って落とすのが、正解なんです。

軽い油溶性のシミなら台所用洗剤でも落とせる可能性がありますので、トライしてみて下さい。

洗剤でも落ちない、頑固なシミにはクレンジングオイルを使ってください。

  1. シミ部分にクレンジングオイルを垂らす
    汚れてもいいタオルを敷き、シミのついた部分が上になるように置きます。
    シミ部分にクレンジングオイルを垂らします。
  2. 歯ブラシでトントン叩く
    歯ブラシで、シミ部分をトントン叩きます。
    ゴシゴシ擦ると、シミが広がってしまうのでNGです!下のタオルにシミを移すイメージで。

     ↑
    これ、ロケの後にスタッフがよくやっています(^^)/
  3. ぬるま湯でもみ洗いして普通に洗濯
    クレンジングオイルをつけた部分を、ぬるま湯でもみ洗いします。
    クレンジングオイルをキレイに洗い流したら、いつも通りの洗濯をしましょう。

最後に乾かして、油汚れの染み抜きは完了ですよ☺

サンブロックUVプロテクトウエアは、エポカルの自慢!の1枚。
紫外線対策ウエア&アウトドアウエアとして、春夏秋のシーズン、これを1枚だけ持っていれば必ず役に立ちます!!という製品です!!

https://www.epochal.jp/shopbrand/sunblock

サンブロックUVプロテクトウエア カモフラグリーン
サンブロックUVプロテクトウエア アルファベット柄

お客様の中には、10年着てます!

という方もおいでです♪

エポカルとしては、毎年買って✋

って思いますが(笑)

長くきれいにお使いください(^^)/

エポカル
松成紀公子

http://www.epochal.jp/

色素性乾皮症とエポカル

「xpの病気が発覚してからというもの、娘の生活にはいつもエポカルさんの製品が隣り合わせにあり、欠かせないものになりました。」

あるお客様からのメッセージの抜粋です。

嬉しい気持ちと、その生活を想像して、しまう瞬間。必要とされていることが私たちのPowerになります。     

…以前にもお話ししたかもしれません。

紫外線を遮断しながら生活することもだちの事。

XPとは、色素性乾皮症という生まれながらの遺伝子の病気です。

紫外線に当たると何千倍の確率で皮膚がんが起きてしまいます。もうすぐ小学生になるお子さんのため、制帽に似たものを探し特殊なフィルム素材に代わって柔らかいビニール素材を探しました。
UVカット遮蔽率を測り99.7%以上(UV-Bは99.9%カット)だったので採用・・・・。

絵のようなガードを作りましたが、小さいお子さんには重かったようです。もっと軽く、もっと動きやすく、夏は涼しく、冬は暖かい・・・とにかく、動きやすいもの!を作りたい。

彼らにとっての有害紫外線と闘っているのは、お母さんたちだけじゃありません。

EPOCHAL(エポカル)も一緒に今までの経験を生かして子どもたちを守りたい。1年生になるお子さんのお祝い、そして笑顔を作れたらいいなそんな気持ちで、製品開発しています。

http://www.epochal.jp/

EPOCHAL松成



色素性乾皮症とUV測定器

色素性乾皮症と言う難病について、ご存知の方は少ないでしょう。

https://www.nanbyou.or.jp/entry/112

露光部の皮膚にしみがたくさん生じ、皮膚が乾燥し、皮膚がんが普通の人の数千倍多く生じる病気で、半数以上の患者さんで神経症状が現れます。

また多くの患者さんで日に当たると異常に激しい日焼けの反応が生じ、それが引くのに1−2週間かかります。日光露光部に発生する皮膚がんです。

今日は、色素性乾皮症のお子さんを持つお母さまよりご依頼を受けて、UVカット帽子のオリジナルを制作しようと井関さん、佐藤さんと取り組んでいました。

UVに当たらないことが絶対生活条件。

エポカルは、このUV遮蔽率を外部検査機関にずっと依頼し続けてきましたが、すべてのUVカットウエア

すべてのUVカット帽子

すべてのUVカットグッズ

を当社内のUV測定器で計測して製品企画と製品制作に取り組むために、

理研の研究者

科学者

皮膚科専門医

からの指導を受けて、紫外線測定器を設置し、理研インキュベーションで検査研究を行っていく準備をしています。

さらに、色素性乾皮症=XP患者の方のための防護服を作りたい!

株式会社ピーカブー
松成紀公子

エポカル ファン付きUV防護服 

子どもに日焼け止めを使っていますか︖

⼦供にサンスクリーン剤を使っていますか︖


全体の83%の⼈が「⼦供に⽇焼け⽌めを使⽤している」と回答し、10歳以下の⼦供をもつ⺟親の5⼈に4⼈が⼦供に⽇焼け⽌めを使⽤しているという結果になったそうです。

EPOCHAL(エポカル)ブランドでは、子供の敏感な肌に「日焼け止めを塗りたくない」と思ってUVカットウエアを作り始めました。

日焼け止めは、どうしても衣類で覆えない、影を作れない場所に補助的に使いたいと思っています。

UVカット素材

エポカルでは、特殊なUVカット素材(繊維)を使用しています。

生地が薄くても、軽くても、UVカット効果が91%以上の高い遮蔽率を保てるUVカット素材は、繊維に「酸化チタン」が錬り込まれています。

繊維に練り込むことによりUVカット効果が飛躍的に上がります。
エポカルブランドでは、1枚でUVカット率91%以上のものを使用するという基準があります。

エポカル流紫外線対策

洗っても洗ってもUVカット効果の落ちない、薄くて軽いUVカット素材を使用した、エポカルウエアを着用し、効果的に肌を紫外線から守りながら

どうしても露出してしまう手の甲や、首などだけ 日焼け止めを塗る・・・というのがエポカル流の紫外線対策です(^^)/

日焼けしすぎないことが免疫を落とさない、疲れない、日焼けしない、健康な肌を保つことにつながります。

心地よいエコな紫外線対策をしてくださいね。

株式会社ピーカブー

松成紀公子

http://www.epochal.jp/