日光アレルギーに気を付けて!~光線過敏症について

一口に紫外線アレルギーといっても、症状や原因によっていろいろなタイプがあります。

肌が敏感なのは女性だけではありません。普段からUVケアをしていない男性からも、紫外線アレルギーのお問い合わせが増えています。

光線過敏症って何?

私の場合、前回もお話しましたが、日差しに当たると痒くなり、赤く腫れあがります。まだ軽いほうだと思っています。

重度の方の場合、日差しの浴びたところだけが異常に皮膚反応を起こすことで、赤くなるだけではなく、水膨れができたり、火傷のようになります。

弊社へのお問い合わせも、小さなお子様からご年配の方、女性も男性も問わずご相談があり、年々お問い合わせの件数も増えています。

もちろん、太陽に当たることは悪いことばかりではなく、ビタミンDの生成や、体内時計の調整に必要といわれていますが、皮膚症状が出てしまうとつらいので、エポカルとして賢い紫外線対策を提案しています。

日光過敏症について調べてみると、症状としては日差しに当たると反応が出るのですが、原因は二つありました。

日光過敏症の原因

日光アレルギーには、遺伝や代謝などの内因性のものと、薬品や化粧品による外因性の大きく分けて2つの種類があります。

内因性のものは、重症なものでは色素性乾皮症(XP)やポリフェリン症から、日光による蕁麻疹と言える、日光蕁麻疹や多形日光疹などがあります。

私の場合はおそらく、日光蕁麻疹で紫外線だけではなく、日差し全般によるダメージを受けるようですが、エポカルのUVカットウエアのパーフェクトシリーズを着れば、症状を防ぐことは出来ます。

私の場合、手のひらまで赤くなり、痒くなります。

日光蕁麻疹や多形日光疹などは、ある日突然発症することがあり、発症してしまうと花粉症と同じく、一生付き合っていかなければなりません。

私も出産後の春、公園で強い日差しを浴びていた時に、突然発症してしまい、現在も時々うっかり日焼けをして大慌てしていますが、対策を練って過ごしています。日差しがストレートにさしてくるからか、春と秋は症状がひどく出ます。

また、色素性乾皮症など生まれつきの病気の場合は、お宮参りなど赤ちゃんの時のちょっとした外出で、やけどのようになってしまうこともあります。気になる症状の時には、早めに皮膚科の診察を受けてください。

紫外線対策用UVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)

それに対して外因性のものというのがあります。これは、シップを貼った後や、薬剤、化粧品など、薬品が原因でおこるものです。

原因となる薬品は色々ありますので、診察してもらうときは必ずお薬手帳を提示して、お医者様に相談しましょう。こういった症状は、小さなお子様より年配の方によく見られるようです。

内因性にしても、外因性にしても、症状を軽くするためには、光線を遮断することが大切です。エポカル製品の中では、光線過敏症の方向けの製品としてパーフェクトシリーズをご用意しています。

各症状についてはこちらも参照してください。

《参考HP》

光線過敏症 | ひふのクリニック人形町 (atopy.com)

光線過敏症 – 基礎知識(症状・原因・治療など) | MEDLEY(メドレー)

エポカルブランドとは?

XP 色素性乾皮症 Q&A

色素性乾皮症 Q&A色素性乾皮症(xeroderma pigmentosum)とは?

一言でいうと日光によるダメージに過敏に反応してしまう病気です。

そして、紫外線に当たったところが、高い確率で皮膚がんになりやすく、また神経系の症状も出てくるので、転びやすくなったり、耳が聞こえにくくなったり、また飲み込みがしにくくなったりします。

原因は、遺伝子の傷を修復する機能に異常があることで発症しますが、遺伝性疾患でもあります。

珍しい病気ですか?

はい。

この病気は難病指定を受けています。

世界中にある病気ですが、特に日本での発症の確率が高く、2万人に一人と言われ、男女差は特にありません。

現在わかっているだけで国内で500~600人いるといわれています。

*指定難病と診断された場合、医療費助成を受けることができます。

また、身体に障がいがでている場合は、障がい者手帳をすることになり様々な割引を受けることもできます。

ただし、難病指定と障がい者手帳は全くの別物ですので、それぞれ申請と認定が必要です。

どのような検査でわかりますか?

日光に対する過敏反応なので、所見や光線照射試験などもありますが、遺伝子検査で確定します。

色素性乾皮症は、大きく分けて8種類ありますが、日本人はその中のA群とV群が多いといわれています。

生活する上で気を付けることは何ですか?

XPの方の生活は、生活領域に紫外線が入らないようにすることが大切、そのため窓ガラスや車のガラスにUVカットシートを貼ったりします。

また、昼間は防護服と言われている頭の先から足の先まで紫外線を通さない洋服や、顔の前もUVカットするフィルターでふさいだ帽子を着て生活しています。

神経症状が出てくると、だんだんと歩行も困難になってくるので、車いすを用意したりします。

家族会のようなものはありますか?

現在、神戸のつくしんぼの会、大阪のふれっくるの会、東京のひまわりの会がございます。

お問い合わせはこちらからどうぞ  

色素性乾皮症連絡会:http://xp-japan.net/

病気について詳しくはこちらからご覧ください https://www.nanbyou.or.jp

株式会社ピーカブー

松成紀公子

エポカル ファン付きUV防護服 
https://www.epochal.jp/view/item/000000001466