Alanに感謝!

 

オーストラリア政府検査機関のAlanさんより、UPF検査データが来ました!!

だいたい2週間くらいかかると言われていた検査を、渡豪中に送ってくれていました。
検査の機械や、検査室などのお写真もありますが、そこは政府の機関で、申請しないとアップできません。

この検査データ、渡豪したからこそいただけました。
感激と感動で、いまオフィスはたぶん・・・真冬ですが、真夏の熱気です!!

UPFの検査結果/オーストラリア政府検査機関
オーストラリア政府の認証

UVクリームが苦手なお子さんには、UVカットウエア

 

edu掲載記事
edu掲載記事

皮膚を覆う面積が多くておすすめ!

紫外線によるダメージは、大人よりも皮膚の層が薄い子供のほうがより強く受けます。大人以上にガードしてあげてください。

一番いいのは、皮膚を紫外線から遮り覆うことです。

帽子は、つばの広いものを選んでください。

3WAYUVカット帽子は、うなじまですっぽり隠れます。
サンプロテクトメッシュパーカーも、長袖で皮膚を覆う部分が広いので
どちらもお勧めです。

UVローションでかぶれやすい子には特にいいのではないかと思います。

軽くて通気性がいいので、子供には着やすいですね。

紫外線の強い山や海、海外などを旅行するときにはぜひ携帯してください!

こどもの木クリニック 院長
百々秀心先生

UVカット率91%以上、そして洗濯しても遮蔽率は落ちない!

UVカット率91%以上の布であること

洗濯を繰かえしても落ちないこと!

エポカルブランドの製品は、すべてUVカット率92%以上であることを基準としています。現在紫外線遮蔽率91%~99.9%以上の製品までそろっています。検査は、外部テスト機関であるカケンテストセンターなどで行っています。

UVカット率91%の素材であること

エポカルオリジナル製品にはすべて特殊なUVカット素材を使用しています。

UVカット素材のUVカット率は、1枚で91%以上

これがエポカル品質。

ただ、UVカット率91%以上の素材を使用するだけではありません。

紫外線に対して反応してしまう、敏感肌の方には汗や、摩擦など刺激が苦手な方も多いでしょう。

エポカル企画室では、出来るだけ暖かい時季、暑い時季を快適に過ごして頂けるようにと肌に優しい素材のみを厳選して製品に使用しています。

エポカル代表選手の素材

エポカル代表選手の素材は、2つあります。

エポカルオリジナル素材の1つは、鹿の子生地。

鹿の子生地は、ポロシャツや、パーフェクトパーカーに使用しています凸凹がある肌触りがさらっとした綿タッチの素材です。

鹿の子素材は、UVカット率99%以上という高いUVカット率をマークしているだけでなく、綿混合率がとても高いので、毎年どの製品もランクインする人気製品ばかりです。

もう一つのUVカット素材

布帛

布帛とは・・・薄くて軽くて織り方がしっかりしているシャツ地の様なものです。

エポカル代表製品の、サンプロテクトメッシュパーカーなどに使われている素材です。

メッシュとの相性が良く、吸汗性も高いエポカルでは特に暑い時季=夏に使用する超軽量のUVカット布です。

つるりとしたフラットな生地は、見た目もとても涼やかで高級感がありお帽子やアウターにピッタリです。

こんなに薄いのにUVカット率97%をキープするのは、やはり酸化チタンが練りこまれた特殊な素材だからです。

”UVカット素材”ってなに?

UVカット素材を使用している事

エポカルのUVカット率基準の前に、安心して使っていただくための基準があります。それは、「UVカット素材」を使うということ。

”UVカット素材”ってなに?

「UVカット効果あり」

「UVカット率○○%」

「UV対策用」

という文言がたくさんの衣類や化粧品につく時代になりました。

UVケアの大切さが浸透してきた証拠で、とても嬉しい反面、

本当にUVカット効果があるのだろうか?と疑わしいものも

ある時があります。

エポカルのUVカット素材

エポカルブランドがUVカット素材と呼ぶものは、生地になる前、

繊維の段階でどう作られたものか?ということが関わってきます。

エポカルが使用するUVカット素材には、「酸化チタン」が練りこまれた特殊な素材です。

「酸化チタン」は、紫外線を効率よく反射し、肌に届かせない働きがあります。

※酸化チタンについては、こちらのページで、詳しくその正体をお知らせしますので、楽しく読んでください。

繊維に酸化チタンを練りこみ、さらに肌に優しい素材、綿などの天然素材を合わせることにより肌に優しく機能的な「布」=素材になります。

洗っても大丈夫!

さて、酸化チタン、洗って取れてしまうようでは、エポカル品質とは言えません。酸化チタンは、先にお話したように繊維の中に練りこんであるもので、洗濯しても落ちることはありませんので、

エポカル製品のUVカット率は、洗濯しても落ちることはありません。

破れたり、擦れて薄くなってしまわない限りその効果は続くのです。

洗濯を繰り返していただいても、

UVカット効果は低減しません。

パーフェクトシリーズの鹿の子生地で検査をメーカーとともに行ったことがあります。UVカット効果(遮蔽率:しゃへいりつ)が落ちることはありませんでした。

綿混合率が多い鹿の子素材ならではの結果で、少し値が高くなって、UVカット率が高くなっていました。これは、綿が洗濯を繰り返すことにより縮まったからだと考えられます。

洗濯を繰り返しても安心してお使いいただける本物の紫外線対策ウエアを

エポカルでは、制作しています。