インターンシップとの生活 後半

インターン実習の7日間が終わりました。

最後に一番ためになったのは何?との質問に嬉しい答えをもらいました。

『移動時間や空いた時間に皆さんの仕事への取り組み方等の話を聞けたのが良かったです』

私たちの働き方は、他の会社では難しいとは思いますが、彼女も女性、これからの社会に出る上で働き方の参考になれば、エポカルに来てくれてよかったと思えます。

 

大きな課題(1) エポカルの製品提案

 

このインターンシップの中で、エポカルの仕事を一番体験したのはこれではないでしょうか?

インターンが決まり、実習の始まる前に跡見学園の生協さんにご協力をお願いし、

エポカル製品のご提案をさせていただけることになりました。

製品の企画書作りから、アポイントメントも取って、実際に会いに行くところまで。

模擬と言わずに、一通りの営業を体験してもらうことにしました。

企画書作りの時点で、責任感の強い彼女は提案を受け入れてもらえるか不安になってしまい、

思わず『模擬だから』と伝えそうになりましたが、ここはがまん!!

何とか企画書を作り、アポイントメントの電話で話す文言を決め、やっと受話器を持ちました。

緊張は私たちまで伝わり、全員でドキドキしながら電話を掛けたら・・・

『なんか、お話が行ってたみたいで・・・すぐわかりましたって・・・』と困惑

スタッフは大爆笑でした。ばれちゃった!!

 

そして、本番!

跡見学園女子大学の生協の方は、こちらの提案をしっかりメモを取って聞いてくださいました。

一通り説明した後、少し厳しい質問をいただき、本番さながらの真なにご対応いただきました。

営業というお仕事の流れを知るいいチャンスだったと思います。

後日、生協の方にご指導いただいたことを参考にもう一度企画書を作り直し再提出させていただく予定です。

 

大きな課題(2)  和光ブランドのプレゼン

 

ちょうどインターン実習の間に和光ブランドのプレゼンがあります。

せっかくだから、株式会社ピーカブーの説明だけでもやってもらおうと言うことで、学生さんの言葉で私たちの会社を紹介をしてもらうことにしました。

エポカルは、昨年3WAYUVカット帽子が和光ブランドに認定されましたが、今年は、帽子だけで健康を守ることは難しく、今までにはなかったブランドとしての申請をしました。

初日のガイダンスでエポカルについて説明をし、その後各所を回る度に挨拶とエポカルについて伝えられるよう練習もしましたが、大学の教授や大人達に囲まれての説明は、後ろで社長が見守ってくれているとは言え、かなり緊張すると思います。

当日、入室前に何度も練習し、いざ本番!!

思った通り、緊張感のある部屋の中で一生懸命お話ししました。

終わってから、もう少し私の思いを語ればよかったと話していましたが、

初めてにしては上出来と私たちは思っています。

 

無事に2つの大きな山を超え小さな会社とは言え、大きな体験ができたのではないでしょうか?

中身の濃い1週間だったので、おでこのニキビも日々大きくなっていきましたが、

それとは引き替えに笑顔が明るくなってきて、会社になじんできたこともわかりました。

 

JCOMの取材を受けました。

 

インターン最終日も実習生は走ります!!いや、歩きます。

2日目に参加させていただいたノルディックウォーク朝霞さんに再度参加させていただき

紫外線についてのミニ講座や製品説明をさせていただきました。

一週間の研修を得てるので、人前でのお話もかなりうまくなりました。

そんな様子を取材しに、JCOMさんもいらっしゃってました。

*その様子は29日18時よりJCOMデイリーニュースで放送されます。

いろんな方の注目を集めたインターンついにマスコミの注目も浴びました。

 

お客様も迎えて 成果発表!!

 

成果発表当日、跡見学園の先生と和光市の社協の方が見に来てくださいました。

お二人とも、日々発信していたFacebookを見てくださっていたようで、

私たちのインターン実習に興味を持って下さっていました。

 

今までの活動を表に落とし込み、一つ一つ検証しながら振り返りをしました。

こちらのねらいを話し、彼女の感想を聞き、お互いの点数を付けていきます。

初めは彼女の点数を付けていたのですが、気がつくと担当者自身が自分の点数を付けて反省してしまったり・・・

 

途中、将来どうしたい?などの話の時は、見学に来て下さった方々もにアドバイスをいただき、みんなで盛り上がりました。

彼女を中心に、多くの方が仕事や働くことについて話す機会をいただいたと思います。

結局、18件の検証内容で2時間しっかり振り返りをしました。

最後に彼女から色紙のプレゼントをいただき、みんなで感動の嵐

今日の彼女のいなくなったオフィスは、ちょっとさみしい感じがします。

 

スタッフ 井関

 

インターンシップとの生活 前半

エポカルという企業はちょっと個性のある会社です。

始まりもお母さんの子どもへの思いから始まり、働き方も母親の集まりなので、みんなが働きやすい環境を優先しています。

今回、跡見学園女子大学さんからインターンシップ受け入れのご連絡をいただき、何かお役に立てるのならということで、受け入れることになりました。(Aさん)

初日!エポカルって?

先程も書きましたが、エポカルは母親の集まった企業です。

来てくれた学生さんはちょうど私たちの子ども世代。

我が子だと喧嘩しそうですが、Aさんはとっても素直なお嬢さんでした。

初日はオリエンテーションとしてエポカルのことをお話ししました。エポカルとは、紫外線対策とは、ブランドとは、など説明をすることで私たちも再確認できました。

いつものお客様とは違い少し若い年代なので、エポカル製品を見てどう思ったか素直な感想をきくこともでき、お互いが様々なこと吸収する機会をいただいたと思います。

お昼は和光の猫森キッチンでいただきました。

猫森キッチンの森先生も私たちと同じ母親。親って子ども世代には何かしてあげたいと思うもの。何も言わなくても素敵なアドバイスをしてくださいました。

Aさんを応援する気持ちは同じで、人生について話して下さり『やりたいことをやろう!』とエールを送って下さいました。

紫外線対策ウエアブランド EPOCHAL(エポカル)

二日目!ノルディックあさかさんにお邪魔させていただきました

二日目はエポカルスタッフも参加させていただいているノルディックあさかさんにお邪魔させていただきました。

皆さん快く学生さんを受け入れて下さり、健康についてやコミュニティについて色々とお話しして下さいました。

高校の頃山登りをしていたAさん、体力的には余裕ですがポールを持って歩くのは初めてなので、初級コースから。丁寧な説明を受けて、半日しっかり歩いてきました。ポールを持つことで、上半身も動かすことができるノルディックウォーキング。健康意識の高い方々が気軽に参加できるスポーツです。

そして、1人では続かないけれど仲間がいることで続けていけることも伺いました。Aさんはコミュニティについて学んでいるので、リアルなコミュニティのお話はとても勉強になったようです。

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

三日目!たくさんの方にお会いしました。

三日目は和光散策と言っても、エポカルに関係のある方々にお話を伺えたらと思い、まずは市役所にお邪魔しました。

産業支援課では田中様にわこうブランドや市役所として企業を盛り上げるために出来ることを色々とお話しいただきました。後日和光ブランドのプレゼンも見学して貰うことになっており、和光ブランドとは何か?それを受けることでどのようなメリットがあるかわかったと思います。

その後、市民協働推進センターの小向さんにお会いして、市民活動と企業、役所でつながってできることはないかしら?等とお話させていただき、ボランティアに興味のあるAさんに和光のボランティアをいくつか紹介しました。

小向さんにせっかくだから他の方にもお話を聞いてみたら?と和光の新しい施設を計画している資産戦略課の清水さんを、ご紹介いただき、新しく出来る『広沢複合施設』についてご説明いただきました。

 

令和2年の冬に半分、半年後に残りができるとのこと。待ちに待ったプールや温泉などもできるようで、和光がさらに賑わいそうですね。この施設は、市役所が運営の内容まで決めるのではなく、業者が決まってから一緒に考え作っていくそうです。

そのままお隣の政策課にお邪魔して、藤田さんにこれから中期計画を作るお話を伺いました。先日募集した『和光100年まちづくり会議』では多くの方の応募があり、まちづくりに興味のある市民の方が沢山いらっしゃるそうです。みんなで住みやすいまち和光をつくれるといいですね。

UV-スイムウエア UVカット率99%以上 着るだけ紫外線対策

Aさんは学生さんなので、そういった市役所の話を聞く機会はあまりなかったようで、市役所のイメージが少し変わったようです。確かに普段用事があるのは、書類を取りに行くぐらいですね。役所のお仕事はそれだけではなく、市全体のことを考えて調整していることを知って貰えたのではないでしょうか?

ちょうどお昼時間になったので、政策課の山本さんにお薦めのお店を伺ったところ、今から濱松屋さんに行かれるというので、ご一緒させていただきました。その日は、メニューにないレアな牛タンカレーの日でした!なんてラッキーなAさん!!

 

午前中だけでも盛りだくさんな内容でしたが、午後も走ります!

まずは商工会に伺い、エポカルがお世話になっている田村さんに商工会とは、商工会のお仕事についてお話を伺いました。まだ、社会に出ていないAさんにとって、実務的なお話は少し難しいようでしたが、田村さんも一つ一つわかる?と確認しながらゆっくりと説明してくださいました。Aさんも、今はわからないけれど、社会に出たときにあのときの話はこれだったんだと実感すると思いますと一生懸命聞いていました。

 

訪問を終え、疲れたかな?と休憩。お昼をご一緒した山本さんは和光のお店にとても詳しく、パパピニョルさんのわっかアイスをお薦めしてくださったので、早速いただきました。

店主の安田さんにもご自身の経験をお話ししていただきました。色々あったけど、最終やりたいことを今やっているとおっしゃってました。

また、一日かけてであった方々皆さんがおっしゃっていたことは、

人との出会いは大切にしてねということ。1人ではできないことも、みんなでやれば出来る!

そんなメッセージをいただきました。

 

さぁ 折り返し地点です。後半は実際にエポカルの販売をしてもらう予定です。

to be continue…

スタッフ 井関

エポカルブランドとは?