2020年冬、世界中が未曽有の病におびえました。

私たちができるのは、人と接することなくウィルスが消えるのを待つだけ。そんな中、命を張って見えない敵と戦ってくださったのが医療従事者の皆様です。

そんな医療従事者の方々に、ありがとうという気持ちを伝えたいそんな思いで始まったプロジェクト

医療関係者に感謝の気持ちを伝えたい

一人の主婦が、知り合いの医療関係者に現状の話を聞きました。その話を聞いて、本当にありがたいと思い、同時に何か私にできることはないかと考えました。せめて感謝の気持ちを伝えたい・・・。その思いに共感した仲間が集まり、何ができるのかを一生懸命考えたそうです。

きっと同じ思いの人がたくさんいるはず、その思いを伝えたい・・・それなら、同じ思いの人々のメッセージを集めて届けてはどうでしょう?ただ、今は人が集まることができないので、ネット上の色紙にメッセージを集め、最後、医療現場にそのメッセージを形にして届けよう!

そこまで固まったときに、ぜひ声を集めてほしいとエポカルにお話をいただきました。

本当はメッセージだけではなく、市内のお店のお料理も届けたいと思ったのですが、衛生面の問題もあり、 受け入れが難しいとのこと。 そんな話から、コーヒーなど個包装になったものなら問題ないのでは?というお話になり、ちょうど一緒にマスク開発をしていたサザコーヒーさんをご紹介させていただきました。

*サザコーヒーさんとエポカルのつながりはこちらから

ご提案させていただいた医療機関からもコーヒーなら大丈夫との快いお返事をいただき、メッセージ&コーヒーをプレゼントするという企画が出来上がりました。

それが、ありがとう循環プロジェクトの始まりです。

仲間をもっと増やそう!

プレゼントするものが決まれば、あとは仲間を増やすだけ。

ネットを使ってメッセージを募集し、広く全国の方から頂きました。一番遠いところでは、和光市の姉妹都市であるアメリカのロングビュー市からも・・・

お父さんやお母さんだけではなく、子どもたちなど老若男女いろいろな方からのメッセージが集まり始めました。千羽鶴を作るイメージで目標1000人を目指して頑張ろう!

同時にサザコーヒーさんも、ネットショップで【医療従事者応援セット】を作ってくださいました。Cup on coffee 9袋入りを購入すると医療従事者に5袋のコーヒーと金メダルのチョコレート1つが届けられるセットです。

2020年は東京オリンピックが予定されていた年。きっとコーヒーとメダルチョコをセットにすると欲しい人がいるはずと10万個用意されたそうですが、残念ながら、オリンピックは延期なりメダルの出番がなくなってしまいました。

でも、今年本当に金メダルをもらえるのは医療従事者の方かも!とのことから、ぜひ金メダルも渡したいとみんなの意見は即一致!早速、医療従事者パックにセットしていただきました。

実はそんなサザコーヒーさんも、飲食店の経営をされているので、コロナによる打撃はかなり受けていました。先の見えない不安でしんどかった時期でしたが、医療従事者の方への感謝の気持ちは私たちと同じと、すぐに提案を受け入れてくださり、翌日にはセットが販売されていました。

続きはこちらから