感謝の声が集まりだした“ありがとう循環プロジェクト”

誰かが頑張っていると自然と周りに人が増えるもの。少しずつ広がりが出てきました。

和光の企業もつぎつぎと参加

エポカルとしてお声がけをいただき、私たちも一番のりで協力をさせていただきました。そう思う企業も多いはず、商工会さんにもお声がけしてみては?と提案したら、数日後、商工会からお便りが届きました。

プロジェクトの方々は動きが早く、できることを精一杯せれる姿勢に感動しました。

商工会からお手紙が届いたころ、私たちも協力したいと自ら手を挙げてくださった地元企業の皆さん。

コロナは個人だけではなく、企業にもかなりダメージを与えています。先の見えない不安と今できることや、すべきことの判断を求められる日々・・・

それでも、見えない病気と闘っている医療従事者の方への感謝の気持ちは強く、一般の方にもコーヒーの寄付をしていただけるように募金箱を店頭に設置するお店や、告知のためにチラシを配布するお店。それぞれできることを精一杯協力しました。

本当に皆さんの善意の集まったプロジェクトだと思います。

そして、広がりながらプロジェクト終了の日が来ました。

続きはこちらから

参加企業一覧