医療従事者に届けた思い

7月の晴れた日、独立行政法人国立病院機構埼玉病院様へ、皆様のメッセージと感謝のコーヒーをお届けしました。

今年の金メダルはコロナと戦ってくださったすべての医療従事者の方へ

当日は、 サザコーヒーの鈴木社長も和光まで来てくださいました。

皆さんのメッセージを印刷した色紙と1000個のカップオンコーヒー、そして100個の金メダルをもって、埼玉病院へ伺いました。

院長先生、副委員長先生、看護婦長様など、皆様が笑顔で迎えてくださり、プロジェクト代表の関口さんから、みんなを代表して感謝の気持ちを伝え、コーヒーとチョコレート、そして思いの詰まった色紙をお渡ししました。

先生方もコーヒーは好きですと喜んで受け取ってくださり、まだしばらく続きそうなコロナから、みんなを守れるように頑張ってくださると、コメントをいただきました。

この様子は、埼玉新聞様、読売新聞様、JCOM様にも取材していただきました。

一日も早く、マスクをとって笑顔で話せるよう私たちも、今できることを頑張ろうと改めて思った一日です。

最後にプロジェクトを立ち上げた関口さんより

少し新型コロナウィルス感染者数などが落ち着いて来た今日この頃ですが、医療機関はまだまだ逼迫した状況が続いています。私の知り合いの医師、看護師は、やはりニュースなどで聞いている通り、マスク不足、防護服不足の中、感染の恐怖の中で毎日を過ごし、休みもほとんど取れていないと言っていました。

「こんな状況で死にたくない」とも・・・・きっと多くの医療従事者が同じ思いを持ち、そんな思いを心の奥に追いやり、日々患者の治療に当たっているのだと想像します。そんな彼らの声を聞き、私に何かできることはないだろうか、と考えたのがこのプロジェクトを始めたきっかけです。

そうだ、「言葉」には大きなパワーがある。私たちのありがとうの「言葉」で彼らに感謝を伝えよう。1000人の感謝の言葉で応援しよう。そう思いました。

同じスタッフの片山さんや佐野さんの協力を得て、無事にプロジェクトを達成できてホッとしています。皆様のご協力ありがとうございました。

EPOCHALはこれからも地域活動や啓もう活動にも頑張ってまいります。

1000個のコーヒーを受け取りに

Stay homeが終わり、対コロナの新しいルールができ始めたころ、ありがとう循環プロジェクトの終わりの日が来ました。

人々の動きは止まりましたが、つながりは広がり続けていきました。そんな皆様の思いで用意できたコーヒーを受け取りに行きました。

約1か月ちょっとの活動が終わりました。

6月30日に集まったみんなの思い、メッセージは120を超え、企業や店舗のご協力は20を超えました。ほとんどが自主的な思い出集まった結果です。

届けたい医療機関には1000人のスタッフがいます。1000人分のコーヒーを用意することはできたのでしょうか?

結果、サザコーヒーさんで企画されていた医療従事者応援パックも、思った以上に協力してくださった方が多く、サザコーヒーさんも協力してくださり、1000個以上のコーヒーと100個以上の金メダルを用意することができました。

7月になり移動が解除されたとき、早速コーヒーをいただきに行きました。鈴木社長とプロジェクトの方の初対面です。

本店でおいしいコーヒーをいただきました。

サザコーヒーさんとEPOCHALがコラボをしたいと思うのは、コーヒーに対する熱意と、紫外線対策に対する熱意がどちらも熱いというところでしょう。

常に何か新しいものが作れないか?何かお客様に喜んでもらえる仕掛けがないか?そんなことを考えている社長たち。その場で新しい企画がどんどん始まるのが面白いところです。

そんな社長は、私たちにスペシャルなおいしいコーヒーを淹れてくださいました。コーヒーは精神を落ち着かせる作用があると言われますが、日々緊張を強いられている医療従事者の皆様が、この香りで少しでもほっとする時間を持っていただきたいと思っています。

ちなみにコーヒーは紫外線対策にも効くそうです。

そんなサザコーヒーさんは、毎日2回ライブを発信しています。時にはライブの最中に新しい企画が始まったり、製品開発の様子を垣間見せたりと飽きさせない内容です。その日も伺っているときにちょうどライブが始まり、突撃で参加させていただきました。

そして、無事1000個のコーヒーの入った大きな段ボールと100個の金メダルを受け取り帰路につきました。

次はいよいよ医療関係者の方への贈呈式です。

サザコーヒーって?

株式会社サザコーヒー は、コーヒーの栽培から製造、そして販売まですべて自社で行っている家族経営のコーヒーショップです。

自分たちがコーヒーを育てることで、コーヒー生産の現場の味の好みが統一され、生産の現場で直接、素材に自分で触れて、はじめてコーヒーを理解できることがあるとの思いから、 1998年にコロンビア・カウカ県でサザコーヒー農園を開設しました。

コーヒーを植えるところから、淹れるところまですべて自社で行い、世界最高値のパナマコーヒーの販売もしています。

コロナでお店を閉めなくてはならなくなり、お客様を待つことから、お客様に伝えることを始めた鈴木社長。Twitterを使って1日2回発信を行っています。

サザコーヒー : 029-274-1151  (平日) 9:00 ~ 17:00

ライブ : 平日 12:15~/18:15~  土日祝日 10:00~/14:00~

*水戸・ひたちなか地区、つくば地区、東京、埼玉地区に合計14店舗を展開しています。

感謝の気持ちが集まるプロジェクト

感謝の声が集まりだした“ありがとう循環プロジェクト”

誰かが頑張っていると自然と周りに人が増えるもの。少しずつ広がりが出てきました。

和光の企業もつぎつぎと参加

エポカルとしてお声がけをいただき、私たちも一番のりで協力をさせていただきました。そう思う企業も多いはず、商工会さんにもお声がけしてみては?と提案したら、数日後、商工会からお便りが届きました。

プロジェクトの方々は動きが早く、できることを精一杯せれる姿勢に感動しました。

商工会からお手紙が届いたころ、私たちも協力したいと自ら手を挙げてくださった地元企業の皆さん。

コロナは個人だけではなく、企業にもかなりダメージを与えています。先の見えない不安と今できることや、すべきことの判断を求められる日々・・・

それでも、見えない病気と闘っている医療従事者の方への感謝の気持ちは強く、一般の方にもコーヒーの寄付をしていただけるように募金箱を店頭に設置するお店や、告知のためにチラシを配布するお店。それぞれできることを精一杯協力しました。

本当に皆さんの善意の集まったプロジェクトだと思います。

そして、広がりながらプロジェクト終了の日が来ました。

続きはこちらから

参加企業一覧

ありがとう循環プロジェクトに参加させていただきました。

2020年冬、世界中が未曽有の病におびえました。

私たちができるのは、人と接することなくウィルスが消えるのを待つだけ。そんな中、命を張って見えない敵と戦ってくださったのが医療従事者の皆様です。

そんな医療従事者の方々に、ありがとうという気持ちを伝えたいそんな思いで始まったプロジェクト

医療関係者に感謝の気持ちを伝えたい

一人の主婦が、知り合いの医療関係者に現状の話を聞きました。その話を聞いて、本当にありがたいと思い、同時に何か私にできることはないかと考えました。せめて感謝の気持ちを伝えたい・・・。その思いに共感した仲間が集まり、何ができるのかを一生懸命考えたそうです。

きっと同じ思いの人がたくさんいるはず、その思いを伝えたい・・・それなら、同じ思いの人々のメッセージを集めて届けてはどうでしょう?ただ、今は人が集まることができないので、ネット上の色紙にメッセージを集め、最後、医療現場にそのメッセージを形にして届けよう!

そこまで固まったときに、ぜひ声を集めてほしいとエポカルにお話をいただきました。

本当はメッセージだけではなく、市内のお店のお料理も届けたいと思ったのですが、衛生面の問題もあり、 受け入れが難しいとのこと。 そんな話から、コーヒーなど個包装になったものなら問題ないのでは?というお話になり、ちょうど一緒にマスク開発をしていたサザコーヒーさんをご紹介させていただきました。

*サザコーヒーさんとエポカルのつながりはこちらから

ご提案させていただいた医療機関からもコーヒーなら大丈夫との快いお返事をいただき、メッセージ&コーヒーをプレゼントするという企画が出来上がりました。

それが、ありがとう循環プロジェクトの始まりです。

仲間をもっと増やそう!

プレゼントするものが決まれば、あとは仲間を増やすだけ。

ネットを使ってメッセージを募集し、広く全国の方から頂きました。一番遠いところでは、和光市の姉妹都市であるアメリカのロングビュー市からも・・・

お父さんやお母さんだけではなく、子どもたちなど老若男女いろいろな方からのメッセージが集まり始めました。千羽鶴を作るイメージで目標1000人を目指して頑張ろう!

同時にサザコーヒーさんも、ネットショップで【医療従事者応援セット】を作ってくださいました。Cup on coffee 9袋入りを購入すると医療従事者に5袋のコーヒーと金メダルのチョコレート1つが届けられるセットです。

2020年は東京オリンピックが予定されていた年。きっとコーヒーとメダルチョコをセットにすると欲しい人がいるはずと10万個用意されたそうですが、残念ながら、オリンピックは延期なりメダルの出番がなくなってしまいました。

でも、今年本当に金メダルをもらえるのは医療従事者の方かも!とのことから、ぜひ金メダルも渡したいとみんなの意見は即一致!早速、医療従事者パックにセットしていただきました。

実はそんなサザコーヒーさんも、飲食店の経営をされているので、コロナによる打撃はかなり受けていました。先の見えない不安でしんどかった時期でしたが、医療従事者の方への感謝の気持ちは私たちと同じと、すぐに提案を受け入れてくださり、翌日にはセットが販売されていました。

続きはこちらから

遥かなる甲子園

8月4日和光市のサンアゼリアにて、『遥かなる甲子園』埼玉公演が上演されました。

エポカルもスタッフ全員でボランティアとして参加させていただき、風疹の予防接種の必要性ついての理解も深まり、素晴らしい機会を頂けたと思っています。

 

あらすじ

1964年、東京オリンピックの年。沖縄で風疹が猛威をふるった。その時の妊婦から産まれた子どもの多くが聴力に障害を持っていた。その子ども達のために一過性の「ろう学校高等部」がつくられる。

ろう学校生の一樹は、かつて沖縄代表の応援に駆け付けた。

そのグラウンドで『音』を見た。「ルールに基づいて繰り広げられる戦いに、ろうあ者も健常者もない」。一樹の想いに賛同して野球好きの仲間が集まり、校長の許可を得て彼らは野球部を作る。

打球音も聞こえず、会話も困難で危険性のある中、彼らは手話をコミュニケーションとして、ただひたすら、高野連に加盟し、そして甲子園出場の夢の為に日々猛特訓を続けていた。

しかし「高校野球憲章第三章」は一樹たちの思いとは裏腹に、ろうあ者を初めから除外する規定になっていた。甲子園への道は堅く閉ざされた・・・。打ち砕かれそうになる一樹を支えたのは共に頑張ってきた仲間であり母であった。

加盟を巡って様々な思いが交錯する中、マスコミや世論にも押されて野球連盟も重い腰を上げ、加盟を審査するためのテスト試合が行われることになった。

 

実在モデル

福里高校のモデルは、北城ろう学校(1978年4月1日開校~1984年3月31日閉校)現在は沖縄ろう学校となっている地に、かつて「甲子園をめざしたろう学校」が存在していた。北城ろう学校は、風疹の流行で一時的に増えた聴覚障害児に対応するためのもので、最初から6年間限定の学校として設立。生徒は150人で全員が同学年だった。

■ユニバーサルデザインの演劇

この「遥かなる甲子園」の主人公たちは聴覚障害を持っている。彼らはコミュニケーションの手段として手話を使う。役者たちは手話で台詞を交わす。手話をわからない人が障がい者なのだ。しかし字幕という配慮があるので、たて手話がわからないという障害を持っていても舞台を楽しむことができる。配慮があれば障害を持っていても舞台を楽しむことができる。配慮があれば障害を持っていても舞台を楽しむことができる。配慮があれば障害をもてちてもいなくても誰しもが同じ世界を楽しむことができるのだ。

 

先天性風しん症候群(CRS)

免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風疹症候群 (CRS)と総称される障がいを引き起こすことがある。
風疹のサーベイランスやワクチン接種は、先天性風疹症候群の予防を第一の目的に考えている。

国立感染症研究所HPより

妊娠中の女性がかかると産まれてくる子どもに影響がでてしまうのですが、その女性のまわりの方々がかからないことも大切です。予防接種は受けても抗体が付きにくい体質の方もいらっしゃいます。母になる女性だけの問題ではありません。特に昭和37年4月2日~54年4月1日生まれの男性は予防接種を受けていない方が多いのです。対象の方、そうでない方も、まずは免疫があるかどうかの検査を受けて下さい。

 

埼玉公演を終えて

今回の上演は和光市の小児科医院である天野医院さんの企画で行われました。天野先生には私たちもお医者様としてお世話になっており、様々なボランティア活動も積極的にされている先生です。今回は舞台の上演だけでなく、会場で希望に者抗体検査を実施しました。和光近隣の先生方にご協力いただき相談窓口も設置されました。耳の不自由な方もいらっしゃるので、手話サークルの方もボランティアで参加されました。私たちも微力ですが、子ども達の健康を願う想いは強く、みんなが健やかに生活できるための社会貢献を少しでもさせていただければと考えています。

 

 

 

 

和光市の鍋グランプリ

和光市の鍋グランプリに行ってきました

エポカルでお世話になっているお取引先様やご協力いただける方々など
たくさん参加されていました。

エポカル、いままで子供の保護者の立場にもあったので
市内でのつながりがあまりなくていたのですが
小さい会社ながら
お金を支払うなら日本国内で!→ 日本製にしたい
さらに力を貸してくださる人がいるなら県内・・いや和光市で!

と、昨年からは、商工会様のご紹介で色々な方にご協力いただいています。

これが、また心地よくて!!

地元愛はもちろんあるのですが、こんなに高まるとは!!とおもっています。

毎年、全国の鍋自慢が集まるこのイベント、ものすごいひとが和光に集まるのですが
今年は、和光市中心の鍋が集まりました。
日本全国のイベントは、今年は姫路に行っています♪
和光市だけだから、どうかな?とちょっと心配していましたが、
驚くほどの人人人・・・
和光市の人が和光のお店や人を応援したい!っていう気持ちが
こんなにものすごい盛り上がりになったんだな・・・と改めて感動&嬉しく
なりました。

県内でも、平均年齢が低く、若い世代の方々がおおく、小さい子供も
多い市なので、これからももっともっと盛り上がっていくと思います(^∇^)

楽しく美味しい1日を写真でご覧ください♪

 

 

EPOCHAL
広報

ランバイクを楽しみました!EPOCHAL

和光市のお祭りに参加させていただき、ランバイクを応援!!
楽しみました(^O^)/

11月23日 勤労感謝の日

 

EPOCHALスタッフは、レインボーモーターでランバイク 和光カップのお手伝いで参加させていただきました!
ランバイクってご存知ですか?
ペダルのついていない小さな自転車を足で走らせるのですが、予想以上に楽しそう!!

 

EPOCHALスタッフ、全員お手伝いに参加させていただきました(^O^)/

わこうっちも来て、とっても楽しい1日でした!!

 

ランバイク

パーフェクトコラボ*イベント 4月10日

お肌と健康と紫外線と・・家族やご自身のために本当のUVケアを知りたい方へ。

 

4月12日の「良い皮ふの日」を前に豪華イベントを開催します。

定員/先着15名様 ですので、どうぞお早めにご予約くださいね!!
日時:4月10日(火) 10時~12時
(時間を記載しておりますが、ゆっくり
お食事を楽しんで頂いて大丈夫です)
持ち物:筆記用具
場所:大人の秘密基地 armcoirice
(アルコイリス)/イトーヨーカドー北側
埼玉県和光市丸山台1-9-19
メニュー: 「こんなにすごい!?UVケアが〇〇を作る!!」
1部
エポカル保健室 肌と紫外線のうそほんと!? 増田友美
2部
「アロマで補う日焼け後の肌」体験授業
Aromatherapy Schoolわこう& アロマトリートメント アロマ二スト 日栄陽子先生
3部 ランチ 12:00~
「おいしいごはんでインナーケア
~食べる美肌メニュー~」
料理研究家 猫森キッチン 森 洋子先生
会費:2000円 (お子様がご一緒の方はお知らせください。お食事が必要であればお子様一人
500円が追加になります。申し訳ありませんが託児スペースがございません)
エポカルスタッフより、紫外線対策先進国オーストラリア視察のおみやげ話も!!
ご予約・お申し込みは こちらまで
office@epochal-uv.com
お名前
人数
お電話番号
メールアドレス
当日聞きたいことがあればコメントくだい!
※ランチ込みのお値段です。アレルギーなどある方は、お申し込みの際にお知らせください
を記載頂き、お送りください。
こちらからの返信をもって、ご参加確定とさせていただきます。
先着順となりますので、お早めの予約をお勧めします!!
お申し込みは、4月2日よりお受けいたします
イベントのお問い合わせにつきましては、
までお願いします。
Aromatherapy Schoolわこう& アロマトリートメント
猫森キッチン
大人の秘密基地 armcoirice
は、イベントについてのご質問、ご予約を受けておりません。
お間違えないようにお願いします。