エポカルは一般的にはアパレルと呼ばれると思います。

でも、私たちスタッフはアパレルと思っていません。

何故なら、ファッション性や流行を追うのではなく、

お肌を覆う機能を追い求めているからです。

そんなエポカルは、製品のUVカットという機能性を追求するために

2020年春、“和光理研インキュベーション”に入居しました。

理研とアパレル

六角レンチの画像。普段オフィスでは見かけない工具にスタッフのテンションが上がりました。

和光理研インキュベーションプラザは理化学研究所のすぐ隣にあります。

インキュベーションには様々な研究を行っている企業が多く入っていて

いろんな香りがしたり、白衣を着ている方に出会ったり興味津々な環境です。

エポカルも研究をするために入居いたしました。

今までも、紫外線対策についてはどの企業にも負けないつもりで

調べたり、実際に研究の第一人者の先生にお話を伺ったり、

時には理化学研究所の研究者に説明をしていただいたりしています。

和光理研インキュベーションプラザとは、科学的な環境の整った施設なのです。

私たちはここで、アパレルではなく予防医学の製品という

新しい分野の製品作りをしていると思っています。

紫外線アレルギーになる前に、日焼けで免疫力が落ちる前に

たった一枚のウエアで予防できる製品を作っています。

自分たちの製品の根拠づけの研究

そして、紫外線から守る予防医学製品というために科学的な検証を行い

また、購入していただいた方に安心してお使いいただくため

その根拠をお伝えするための研究が始まりました。

理系ではなく、文系の母たちにどこまでできるのでしょうか?

株式会社ピーカブーの新しいチャレンジを見守ってください!!