ビタミンDの不足

 

カンファレンスでは、ビタミンDの不足について何人もの先生方がお話をされていました。

過度な紫外線対策が原因?

本当にそうなのでしょうか?

という疑問を持ちました。

朝早くに出勤してデスクワーク、そして夜遅くまで仕事して、帰宅・・・。
そんな生活であれば、やはり、食べ物からビタミンDをとるべき!

日本の伝統食は、魚も多いので、本来ならビタミンDが不足するようなことはないはずなんです。

1歳4か月の赤ちゃんがくる病(栄養性ビタミンD欠乏症)と診断されたお話が坂本優子先生よりありました。
坂本優子先生は、順天堂大学医学部附属 練馬病院 整形外科スポーツ診療科 准教授です。

このケースは、

  1. 完全母乳
  2. 食事制限
  3. 外に出ない生活
  4. アレルギー
  5. 早産児
  6. 魚が嫌い
  7. 白米のみ

という環境下にあったそうです。

完全母乳は、ビタミンDがほとんど、ないそうです。
ミルクを足すとよいですね。
また、お母さんも、妊娠中には、積極的に魚やビタミンDが多いものをとるべきでしょう。

食事制限というのは、上のお子さんがアレルギーがあったそうです。
牛乳や、乳製品など一切取らない、取れない、そして、家族もそれに合わせる・・・

外に出ない生活・・・これは、妊婦であり、上のお子さんが小さいとそうなりがちですよね。
ほとんど仕事と家にいる時間・・・であれば、外に出ない生活になりがちですね。

アレルギーは、食物アレルギー。

早産児であることについては、聞き取れませんでした。

魚が嫌いで、白米が大好き、それしか食べないそうです。

 

どうでしょう?
完全母乳と、変食、外出なし、家族全員が偏った食事で運動もしないようなら、さすがにO脚にも…と思ってしまいました。

海外では、牛乳にビタミンDが入っています。
画像がどこかにあったはずなので、またアップします。

ありました!!

海外、特に、北欧や、オーストラリア、アメリカの牛乳の内容を見てみてください。
ビタミンDの表示が見つけられるのじゃないかと思います。

 

日焼け、紫外線対策、
あなたはどうしてやっているんですか?

みんながしているから?

じつは、日本人の肌は、白人よりもずっと紫外線に対して強いのです。

 

エポカルでは、スタッフにも光線過敏症の人がいますが、紫外線に当たるとかゆくて外を歩けないほどの人たちがいます。

光線アレルギー

日光アレルギー

光線過敏症

光過敏症

光アレルギー

という方もいます。

 

そのほか、先天性の病気、XPであったり、白皮症、そのほかいろいろな病気、がん治療中であったり、免疫力の低下であったり・・・

そんな方々のためにも、まっくろくろすけの、上から下まで熱中症危険マークがつきそうな衣類ではだめ!!

と、少しでも暑い時期に心地よくいられるUVカットウエアを企画・デザインしています。

 

自分なりのUV対策をしてください。

顔中、シミやしわだらけがいいのか、顔だけは守るのか。

体は?

栄養は?

やりすぎはよくありません。

自分に合った生活を考えられる賢い=Smartな自分でいてください。

 

株式会社ピーカブー
エポカル企画
松成紀公子