オーストラリアの「Gervernment」Markの入ったスウィングタグです。

これをもらうために、一生で一番緊張した2時間を過ごしました。ARPANSA(アルパンサ)というのは、オーストラリアの政府検査機関・・・日本でいう環境省のようなところで、国内の電磁波を管理しているところです。

ここでは、UV対策についても啓蒙し、検査を行っています。オーストラリアは、移民の国。地域的には、日本と逆の季節で、今は冬から春になるところでしょうか。真逆です。地球環境の悪化で、オゾンホールができ、その直下にあるのがオーストラリア。ナサのHPでオゾンホールの様子が見れます。

そんな白人が移民したオゾンホールの下の国で、「日焼けしたがる」&「日焼け対策しない」国民に皮膚がんが発生するのは当然のことかもしれません。

皮膚がん世界一の国がオーストラリアなのです。
サンスマートプログラムという国民に向けた、紫外線対策の教育が小さいころから行われます。私たちは、このARPANSAでの企業認証と、スウィングタグの取得、そして、サンスマートプログラムからの協力を求めてオーストラリアに行きました。

EPOCHAL(エポカル)製品が、国内のどんなメーカーや製品と比べても、より真剣に製品を企画制作していること、オーストラリアでの検査にもパスしたかったからです。

・・・それにしても、政府関係者とのミーティングは緊張しました。
オーストラリアンイングリッシュが聞き取りづらいとか、英語が話せないとか、7人もの人に囲まれちゃったからとか、そんなんじゃなくて、



迫力負けです✋


株式会社ピーカブー松成