米国皮膚科学会

UV対策をせずにいる有色人種は皮膚癌のリスクが高い。

アジア系アメリカ人やラテン系アメリカ人に最も多い皮膚癌基底細胞癌は、頭部や頸部など紫外線を浴びる皮膚領域によくみられる。

著者らは皮膚癌を予防するために、できる限り日陰を探すこと、UVカット服、つばの広い帽子、サングラスを装着すること

を勧めています。

 

エポカル

http://www.epochal.jp/