男性が受ける紫外線による影響

紫外線アレルギーは女性だけのものではありません。エポカルへのお問い合わせでも、ここ数年男性の紫外線アレルギーについてのお問い合わせが増えていますます。

普段UVクリームを塗る習慣や長袖を着て皮膚を覆う習慣が少ないことも影響しているのでしょうか?男性について調べてみました。

皮膚がん、1985年以降男性の死亡率急上昇

AFPBB Newsでこんな記事を見かけました。

皮膚がん、男性の死亡率急上昇 1985年以降 英研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

2018年英ロイヤル・フリー・ロンドンNHSファンデーショントラストの医師ドロシー・ヤン氏による研究は、18か国を対象に調査が行われ、うち8か国では、皮膚がんによる男性の死亡率が、過去30年間で50%以上の上昇したとのこと。

もともと日本は皮膚がんの死亡率は低いのですが、この研究によると、日本の場合、男性は10万人あたり0.24、女性は0.18にとどまりました。この結果から紫外線による影響を女性よりも男性の方が受けやすいといえます。

日本のがん登録統計によると、2017年のがんの羅漢率をみると、10万人中男性は19.7人、女性は17.8人でした。やはり男性の方が多いのです。

最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計] (ganjoho.jp)

女性は日頃、顔や腕など出ているところをUVクリームなどで保護していますし、室内での仕事も大生に比べると多いのかもしれません。

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

世間的には、美肌男子や日傘男子が増えてきて、徐々に紫外線対策もしやすい環境が整ってきているのではないでしょうか?医学的なことは、私たちにはわかりませんが、どうやら男性の方も対策を練ったほうがいいようです。

大がかりに防御するのではなく、ちょっと今日は一日日差しの下での作業になるなというときは、サラッと帽子を被ったり、アームガードや長袖を身に着けるなど、スマートな紫外線対策ができることも身だしなみの一つとして定着することを願っています。

年齢的にはどうなの?

先程の日本のがん登録統計を見てみると、小さい頃はあまり皮膚がんの人はいません。増え始めるのは30~35歳頃から。そして、50歳までは女性男性とそれほど差はないのですが、50歳を超えると男性が徐々に増えてきます。

50歳を過ぎてからUVクリームを塗るよりも、もう少し若い時から気を付けていった方がいいのではないでしょうか?WHOでも18歳までに人生の半分の紫外線を受けてしまうといっています。

まず守るべきは子ども達であり、紫外線についての知識も必要です。ただ太陽の光を避ければよいのではなく、ビタミンDの摂取をはじめ、太陽光にも人間にとって必要なものがあります。学校の勉強と同じようにきちんと学び、歯磨きのように習慣づけができればとエポカルは考えています。

エポカル初心者の方へ

これから紫外線対策を始める方へ

 

紫外線アレルギー(光線過敏症/日光アレルギー)16年のスタッフ井関です。

きっとお客様の中にも、

どうしてだか、外に出て、日光を浴びるとかゆくなったり赤くはれ上がってしまったりしてしまうんです・・・

という方もいらっしゃると思います。

それは、光線過敏症・日光アレルギーなどと言われている物です。
わたしは、その日光アレルギーに2人目の子供を産んでからなってしまいました(-_-;)
これは一生治らないと聞いています。

そして、強い紫外線を避けることしか予防法がないのです。

対処は、かゆみが引くのを待つしかないので、冷やしたりじっと耐えたりしています。

スタッフ紹介>井関典子

毎年、紫外線には悩まされていますが、16回夏を迎えると、さすがに日焼け対策も少し要領がよくなってきました。

経験を積むことで、危険な時季や日射し、身体の焼けやすい場所などが分かってきたのです。

EPOCHALに入社してからは、UVカットクリームを塗らずに「羽織るだけ」でUVケアができるようになって、楽になりました~♪

特にこれからの季節は、日焼け対策と合わせて熱中症対策も必要なので、常に完璧に!!ではなく上手な対策が必要となってきます。

 

エポカルコントロールウエア
エポカルコントロールウエア

まずは日焼けしやすい場所は凸の部分ということを覚えておきましょう。

お顔なら、頬骨の上や鼻のてっぺん、あごも意外と日焼けします。

エポカルでは毎年マスクのお問い合わせをたくさんいただきます。

※画像のマスクは、普通のマスクですが、EPOCHALのマスクは、ちょっと違うのでぜひエポカルホームページをご覧くださいね

特に山登りや、ハイキングに行く方はマスクやフラップが必需品だと伺いました。

EPOCHALのマスクは、他の物と違いますよ♪

花粉の頃からUVは強くなってきますが、その頃は、頬から目の下を通り大きくあごまでしっかりカバーできるんです!ここがPOINT!

夏の時季には、「夏マスク」が販売されますが、これは、鼻から息が出来るように穴が開いています!ランニングもできるほどの息のしやすさ!!!

帽子を被っても、傘をさしても、日差しの強い日に一日外にいるとなると、紫外線が反射してお顔も日焼けしてしまうので、こういうマスクなど小物がとても便利です。

布で覆えないところだけは、最後にクリームを有効活用しましょう。

 

EPOCHAL流の紫外線対策方法

要するに、大きく日焼けしやすいところをUVカットウエアで! >> 着るだけ紫外線対策

特に日焼けしやすく凸の部分など、ガードしたいところを小物で >> マスクやストールなどを使う

最後に、どうしても出てしまう部分をUVカットクリームで! >> 肌と環境に優しいUVカットクリームを

 

身体なら一番焼けやすいのが肩から腕にかけて。

薄いTシャツ1枚だと着用していても日焼けしてしまうことがあります。

エポカルの一番涼しいアウター“ブレッサブル”も肩から腕のところはしっかりとUVカット素材を使っています。

特に、ピタッとお洋服がくっついてしまうところは紫外線もお肌までしっかり届いてしまいます。

洋服の下にUVカットクリームを塗ってもこすれて取れてしまうので、特にアレルギーなどお持ちの方はUVカット素材のお洋服を選ぶことをお勧めします。

 

太陽高度によって気を付けるポイント

最後に太陽は1日で動きます。

1日のうちの正午前後は一番高い場所に太陽はあるので、つばが長めの帽子や傘で日差しをしっかり遮ることができますが、

午前中の早い時間や、夕方には太陽が落ちてくると日光線(紫外線)は斜めから降り注ぎます。

眼に紫外線が降り注ぎやすい時間になりますので、サングラスなどを使って、UVケアしたいですね。

 

私は、日差しの角度を利用して、子どもが小さいころは、日陰を作ってあげました♪

日焼けのダメージは毎日の積み重ね、対策は日頃のちょっとした気配りで防げますので、簡単&安心&お手軽なUVカットウエアにご注目くださいね(^o^)

 

EPOCHAL 井関典子