学校で取り入れられた紫外線対策

以前、エポカルのアメブロでお母様方から学校での紫外線対策に悩んでいらっしゃるというお声をたくさんいただきました。その数50件以上

今年、やっと大きな一歩を踏み出します!

日本初!小学校全校生徒に予防医学的UV対策帽子を導入|株式会社ピーカブーのプレスリリース (prtimes.jp)

奈良県帝塚山小学校のすばらしい選択

昨年、奈良のめ名門私立小学校である帝塚山小学校様よりフラップ付きのお帽子を探しているとのご連絡をいただきました。

幼稚園やこども園では当たり前のフラップ付きの帽子がどうして小学校に上がるとなくなってしまうのか?小学生こそ必要と訴えてきたエポカルにとって、とてもうれしいご連絡でした。

早速、学校のカラーや形など、色々なご相談をさせていただき一つの帽子が出来上がりました。

日本で一番最初に小学校全体で紫外線対策製品を取り入れてくださった学校です。

先生方は、学力はもちろん、お子様の環境についてもとても真剣に考えられていらっしゃいました。今まで使っていたものを変更することの大変さは、幼稚園に納品している私たちも重々承知しています。

それでも今、変更をすべきとの選択をしていただけたことは、とてもありがたくこれから学校の意識も変わっていくのではないかとの大きな希望が生まれました。

エポカルに届いた保護者からの教育現場への声

最初にお話した保護者様からの声の一部です。

◆和歌山県の方よりご意見です

今年1年生なのですが、水着の規定が今年から変わったようで、今までは何でもよかったらしいのですがスクール水着にのみになり、ラッシュガードは身体的理由がない限りだめになりました。先生に紫外線のことなど言いましたが受け入れていただけませんでした。もっと紫外線の怖さについて考えてほしいです。帽子も規定のものがあり(一応真っ白ならいいらしいのですが)昔ながらの野球帽タイプで、首にガードはありません。

◆神奈川県の方より

小学校になると、たれ付き帽子は(家で用意するのだが)「邪魔になるからたれ付きはダメ」とのこと。「水着は袖のないワンピース」と指定され、ラッシュガードは全く選択肢に入っていなかったし、特に1年生は着替えが楽なことを第一優先といった感じ。
帽子はたれ付き、水着は長袖OKなど、ある程度学校で「推奨」して欲しい。

◆東京都の方より

この春から娘が公立小学校の1年生になりました。娘は健康至極で肌も普通に強いと思いますが、もともと色が白く、生まれつきやや大きめの薄い痣(?)や黒子様のものがあったり、よく見ると既にそばかすのようなものが出てきていたりで、親からすると心配でした。入学前までは、大きなフラップ帽やUVカットのための衣類・グッズなど、園でも普段の生活でもやや神経質に対策していました。ただ、クリーム等は子供はしょせんすぐ剥げてしまうだろうし、子供相手にしっかり洗い落としきるときのことや、”塗ってる”感を考えると私自身もあまり好きではないので、日常生活では”覆う”ことにのみ専念していました。
しかし、小学校は幼稚園と違い親の目の届かない場面がほとんどで、どう考えても活動時間から言って紫外線浴びまくりの状況だと思われます。
入学前に浅いツバ付の赤白帽(厳密な指定はありません)を準備した時に「これはマズイな」と思い、入学後こっそり体育の時間を覗きに行っところ、フラップ付を使用している子供はいないように思いました。
それでも思い切って若い女の担任の先生にまずは連絡帳でフラップ付を打診して見ると、「体質や病気等の問題で対策が必要なのか」とすぐに連絡が入りました。「シミやほくろができやすい体質なのではと心配しているので」とお返事すると「みんなと違うとお子さんが嫌がることもあると思うのですが大丈夫ですか?」「少し調べたり周りの意見も聞いてみるのでいったん保留にしてください」とのことでした。今だにナシののツブテです。学校なのか教育委員会なのか、文科省なのか厚生省なのか私にはわかりませんが親のそういう気持ちをもう少し考えて自主的に前向きに紫外線被ばく量をせめて調整する対策を考えてほしいと思っています。

UV-スイムウエア UVカット率99%以上 着るだけ紫外線対策

保護者の声は影響大、まずは先生にお問い合わせをしてみてください。

保護者様から、学校でフラップ付き帽子をダメと言われたと今でも時々ご連絡をいただきます。ただ、学校は声が増えると変えることができるところでもあります。最初からあきらめないで、幼稚園、こども園では当たり前のことがどうしてだめなのか、ぜひ先生に聞いてみてください。小学生は一人だけ違うものを使うことは嫌がります。できれば、みんなで当たり前を変えていければと思っています。

今回のことは、切実な保護者様の思いが少し届いたと思っております。これから小学校でも紫外線対策が当たり前となるよう、エポカルも更に、啓蒙活動を行っていきます。

学校での「日焼け止め」の使用が禁止の理由と千葉市の試み

学校での「日焼け止め」の使用について、どうして許可されないのか?

 

こんにちは、エポカルプロデューサー 松成です。
今日は、学校教育の中の紫外線対策について、私自身も、悩んだこと、皆様からのお声、そして知る限りの実態、これからのエポカルの目指すところをお知らせしようと思います。(^o^)

水が汚れるから、プールの水代が高いから

 

小学校でのUVカットクリーム、日焼け止め、サンスクリーン剤、どうしてOKがもらえないのでしょうか?

答えはわかっています。

 

「水が汚れるから!」

 

 

25mプールの水を入れ替えるとどのくらいの水代がかかると思いますか?
なんと、27万円!!!@@;

・・・ナルホド。
と少し思いました。

 

 

命を守ることが最優先!


『「紫外線対策」は、地震の対策や家事の対策など、学校にとっては「命」が最優先!

紫外線対策の重要性は、あなたたちが言うように大切なことはわかっているのだけれど、順位的には11位くらいにあるんですよ。』

と10年くらい前に幼稚園の園長先生が教育委員会でそれとなく聞いてくださった時に出た答えです。

スタッフ、がっかりした記憶があり、わたくしは、子供が小学校に上がるまでには、UVケアを学校がしてくれるようになればいいのに・・・という夢を持っていましたが、教育機関に「紫外線対策」が入ることはものすごく大変なことなのだと実感しました。
当然、命を守ることが最優先なのは、わかっているからです。

毎年、3月くらいになると、お母さんたちからのお問い合わせがエポカルに急増します。
幼稚園や保育園を卒園される方が多く、その内容は、

「親の手を離れてどうやったら紫外線対策ができるのでしょうか?」

と言う内容です。

 

こそこそUV対策のすゝめ

EPOCHAL(エポカル)では、こそこそUV対策 と題して、UVカットクリームの塗り方や、UVカットウエアのチョイスの方法、お子さんたちへのお話の仕方を個別にご案内してきました。
そんな中で、生まれた製品が、「7部袖UVTシャツ」です。
私の息子は、サンプロテクト・メッシュパーカーを許可していただき、着用していましたが、たまに、「暑そう」と言って脱がされてしまうそうです。
そんな事例がほかの全国のお子さんでも何件もあったことをお問い合わせ担当のスタッフから聞いたので、

よし!
脱がされない1日1枚でできる限りUVケアできる肌にやさしいウエアを作ろう!!

と思って、作ったのです。

7部袖なら、「暑そう」が半減。
手を洗ったり作業をしたりしても、袖の先が汚れることも防げます。
普通のTシャツに見えても、エポカル製品なので、もちろん!UVカット効果ばっちり!!
デザインは、日焼けを防ぐために首の後ろが高くなるオリジナルデザイン!
動きやすいスポーツ素材を採用しています。
内側の織り方は、凹凸のあるメッシュ系で肌に張り付かず、表は上品なニットです。
吸汗性速乾性に優れているので、1日これがあれば上半身は守れます♪
7部袖シリーズは、息子のために作りました。

 

千葉市は、全国に先駆けてUVケアを推進し始めました

千葉市の教育委員会が「紫外線対策を進めています」とHPに!!

https://www.city.chiba.jp/kyoiku/gakkokyoiku/hokentaiiku/30sigaisentaisaku.html

千葉市の教育委員会が紫外線対策を推進!

 

ウレシイ~でも悔しい~と言うのが、正直なところでした。
できれば、和光市、または埼玉県で・・・これが全国に先駆けて始まってほしかった!!

 

でも!

素晴らしい事例です。

 

ハワイでサンスクリーン剤が禁止になる!

先日は、わたしの大好きなHawaiiでも、UVカットクリーム(サンスクリーン剤)が珊瑚を死滅させてしまう・・・と言うことで、禁止になっていくという話がありました。

 

 

ハワイでサンスクリーン剤が禁止になる!

 

環境を守り、美しい自然を守るために、サンスクリーン剤ではなく、UVカットウエアに切り替えてほしいとずっと願ってきました。
わたしは、アトピーの息子にUVカットクリームを塗りたくなかったので、UVカットウエアを作ることにしたのがこのエポカルブランドの始まりです。
肌によくないものは、できるだけ塗りたくないですよね。
アトピーでなくてもそうです。

 

このようなことから、わたくしたちも、行政への働きかけを始めています。
埼玉県の教育委員会への投稿や、井上わたる議員への提案をしています。

井上わたる議員は、この6月の埼玉県議会で「学校教育の紫外線対策」について議案を提出してくださいました。

VTRがありますので、その様子は後日このページでアップさせていただきます。

 

わたしも、議会を傍聴に行きましたが、正直に言って、埼玉県教育委員会は、のれんに腕押しな感じでしたが、井上議員は「これからですよ」と言ってくださいました。
(※写真は井上わたる議員と議会の後に撮っていただきました!)

千葉市は、市が動きましたが、「埼玉県」が全国に先駆けて、子供たちの肌の健康と、免疫力の大切さに気づき、「予防医学」としての紫外線対策をどこよりも早く県が推進してくれれば!と思っています。

EPOCHALは、埼玉県の和光市で生まれました。
埼玉県から紫外線対策を全国に先駆けて、UVカットウエアを推奨してくれることを夢見ています。

 

 

株式会社ピーカブー
代表取締役
EPOCHALプロデューサー/松成紀公子

http://www.epochal.jp/