晴れたらエポカル!

お助けグッズとして使ってほしいUVカットクリーム(サンスクリーン剤)の
日焼け止めのSPFとは?

 

 

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-B(紫外線B波)に対する効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません。紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますが、だいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。残念ながら日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げているわけではなく、すごく少なくできるということなのです。

 

つまりSPFとは「時間」ではなく防御力(強さ)であると言えます。

選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには15以上程度、1時間以上のレジャーやスポーツには35以上を使うことをおすすめします。

また日焼け止めは時間が経つとともに汗で流れたり、拭ってはがれたりして効果が減ってきますので、効果を持続させるにはこまめに塗りなおしましょう。

 

 

日焼け止めのPAとは

 

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。++++、+++、++、+の4段階があり下記のように設定されています。

 

PA++++

極めて高い効果がある

 

PA+++

非常に効果がある

 

PA++

かなり効果がある

 

PA+

効果がある

 

紫外線A波で特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも降り注いでいるということ。

 

 

このグラフ掲載の際は下記まで連絡が必要です。

http://db.cger.nies.go.jp/gem/ja/uv/uv_sitedata/graph01.html

 

 

ご覧のとおり紫外線B波は11月~2月にガクっと減るのに比べ、A波は安定して降り注いでいるのです。シワやたるみが気になる方で、室内の窓際にいる方や外に出ることが多い方は冬もしっかりUVケアをしましょう。

 

エポカルのおすすめクリームのSPF値は、下の図にもある通り、SPF15を超えると防御率の伸びもなだらかになってしまいます。むしろお肌の負担が増えていくことになりますので、日常生活であればSPF15くらいが一番お肌の負担も軽くしっかり守れる数値だと考えます。

 

ただ、SPF15だと長時間持続するのは難しいので、出来れば2~3時間に1回塗り直しをお勧めしています。これはSPF値の高いモノでも同じことで、汗をかいたりタオルで拭うことではがれてしまうからです。

 

塗り直しの時の注意としては、落ちかけたクリームの上に重ねて塗っても、ムラになり、はがれやすくなってしまうので、面倒でも一度きれいに落としてから塗りなおしてください。ただ、外出先などで落とすことが難しい時はエポカルおすすめの『アロマクールタオル』をぜひ使ってみて下さい。汗もひく爽快感と同時に虫除け効果も期待できます。

 

≪アロマクールタオルの作り方≫

洗面器に水とラベンダーのエッセンスを入れタオルを浸します。

適度に絞ってジッパー付の袋に入れ冷凍庫で凍らせましょう。

お出かけの時に凍ったままタオルなどにくるんで持っていけば、

使う頃には融けて程よい冷たさに。ラベンダーには優れた鎮静効果とともに鎮痛や殺菌、虫除け効果などもあります。日焼けで火照ったお肌を冷やすこともできます。