EPOCHALはお母さん達で立ち上げ女性だけの企業です!というのは有名なお話ですが、新しく入ったスタッフはお母さんではなく若い女性です。

結婚前の女性、子育て中のお母さん、子育てを終わりかけているお母さんと、年代の幅が広がりました。

この広がりがエポカルにどんな変化をもたらせるでしょうか?

エポカルブランドとは?

社会人一年生のNさん

彼女とEPOCHALとの出会いは、社長が9月にアメリカに行ったとき、和光市と姉妹都市のロングビューのLCCで出会いました。

英語が出来て、自分の言葉で話し、イラストが描ける多彩な女性です。

笑顔が素敵なので、今年の製品のモデルも務めてくれました。

彼女には夢があります。その夢を叶えるために今頑張っていて、親子ほど年が違うので、わが子を応援する気持ちで見守っています。

また、EPOCHALは女性の働き方も提案しています。

これから結婚や出産を迎えるであろう彼女たちに私たちの働き方がどう映るのか、また、新しい提案も受け入れて更に進化した体制を整えたいと思っています。

※期間限定で、彼女の着用しているストールのモニターを募集しています。  詳細はこちらから

彼女のが発信している記事はこちらからご覧ください!