屋外レジャーや行楽など、秋晴れのもとのお出かけが気持ちよい季節です。

秋の特徴は、

● 乾燥した空気

● 日差しはまだまだ強く

● 太陽の位置が低くなってきた

顔全体、髪にも全方向から紫外線が広く当たるようになってきました。

賢く!日傘を選ぶポイント

外は白、内側はカラー(黒など)が賢い!

加えて

● UVカット率が高い

● 遮熱・遮光で暑さ対策もできる

● 折り畳みで軽量

● シンプルで飽きがこないデザイン

レディースだけでなく、キッズや、メンズのアンブレラすべて晴雨兼用です!

紫外線・太陽光・太陽熱を反射!少しでも涼しさを追求するならこちら

日差しが弱く蒸し暑い日など温度の違いをあまり感じられないときもありますが猛暑日に、紫外線対策と熱中症対策のために少しでも体感温度を下げたい時にはおすすめの日傘です。

<ポリウレタンコーティング>

● 特徴1 紫外線カット → 日焼けを防ぐ!UVカット率99%以上

● 特徴2 太陽光カット → 遮光効果で影が濃い!

● 特徴3 太陽熱カット → 涼しい!

荷物が多いときや急いで傘を開きたいときなどに片手で操作ができる!通勤・通学にも便利!

いつもの装いに華やかさをプラス!したいなら

人間は涼しさを実際の温度だけでなく、視覚・聴覚・嗅覚などでも感じられ、視覚的に涼しい色を見るとそれだけで体感温度が少し下がるともいわれています。日傘の使用方法としては、やはり眩しさ、紫外線を遮ることが一番ですが、機能性だけじゃなく、色や柄もぜひ選択肢の一つに入れておきましょう。

可愛らしい北欧テキスタイル。もちろん内側はポリウレタンコーティング加工。
和風の涼やかな見た目ながら、内側ポリウレタンコーティングで遮熱効果もバッチリ。

日焼けと熱中症から子供を守りたい!

老舗傘メーカーの小川傘とコラボレーション

紫外線と熱中症から子どもを守るための日傘には、子どもを守る工夫がぎゅっと詰め込まれています。

通勤通学用としても大活躍、男性にもお勧めしたい日傘は、「0&(ゼロアンド)」シリーズ。「日傘男子」いう言葉もすっかり定着してきましたが、ネイビーやブラックのシンプルな遮光・遮熱日傘は男女問わず学生さんにも人気です。子育て中のママには、お子様と手をつないだままワンタッチ開閉できるのも嬉しい機能です。

効果的な日傘の差し方

傘のてっぺんから20センチ下がったところに目線があるくらい、深く傘をさすことによって散乱光を効果的に避けられます。

子供用日傘のクッカヒッポには、目線のところに「エポカル」ラインが付いています。

晴れの日はもちろん、急な雨だって「持っていれば」安心!

2倍使えるUVカットアンブレラは、エポカルで!!

エポカル企画室

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


晴れたら、紫外線対策ウエア エポカルを着よう!