製品を作った後のチョイスは、スタッフじゃない

 

製品の企画はたくさんありました。

全国のお母さんたちからのご要望は、多種多様で、UVカット帽子、UVカットスイムウエア、UVカット体操服・・・

同感して下さる方がこんなにたくさんいらっしゃるとは思ってもみなかったことでしたが、それにこたえる力がすぐにはなく、1つ1つちょっとずつ製品を増やしていきました。

 

たった1つの帽子でも、たくさんのご要望や、自分の考え、スタッフの考えがまとまっています。

紫外線対策に有効で、きちんと視野が確保されているか、サイズ調整ができるものがいい、デザインが変では子供は被ってくれない。

汗かきだから少しでも通気性を良いものに、または、吸水性の良いものにしたい。

そんな思いを1つの製品に。

出来れば性別なく長くかぶってもらえるものがいい。

 

そんな思いで、EPOCHALは1つずつ製品を増やします。

 

 

例えば、代表製品の3WAYUVカット帽子は、特にエポカルオリジナルのデザインだと言える製品です。

つばを前後2つに分けるという「画期的な考え」から3つのスタイルで有効な紫外線対策ができる帽子を開発しました。

つばの角度や、視野の確保など、子供にかぶせては型紙を調整するという細かな作業を何度も何度も繰り返すことにより、やっと一つのデザインを作り出したのです。

 

お帽子については、我が子たちや、撮影モデルとして来てくださったお子さんたちに被ってもらっても、長時間かぶってくれているものを製品化します。どうしてだか、大人には分からないけれど、「どうしても、すぐに取ってしまう」帽子がありました。

わたしは、それをとっても気に入っていたのですが、製品化はしませんでした。

子どもが長時間、心地よく被ってくれる製品こそ、EPOCHAL製品なのです。

 

UVカットアウターについても同様に、有効な紫外線対策が出来ることはもちろん、「真夏でも着られる長袖」をめざし、言うなれば逆の意味を持つ1つの作品を作り上げました。

サンブロックUVメッシュパーカーは、長そでだからこそ、肌を日焼けさせず涼しく着用できます。

特殊素材とメッシュを使うことにより、日焼け防止と通気性の良さ、涼しさという多機能性を持たせることができました。