こんにちは。
エポカルの増田です。

週末に社長が足を痛め、病院に。
おみやげ話がコレ。

「今の問診票、こんなふうになってたよ」

薬剤性光線過敏症

あ、

アレルギー欄に「光線過敏症」の項目が!

年々強くなっている紫外線量ですので、
発症する人も増えているのでしょうか。

ご存知ですか?光線過敏症。

光線過敏症とは

日光にさらされた部位に、赤みや炎症、かゆみ・軽い痛み・ 刺激感を伴う皮疹などの症状が
あらわれるのが特徴です。
生まれつきの疾患に関連したケースや、日光にあたった時の状況や体調に関係があるケースなど
原因や発症についてのメカニズムはさまざまです。

保健室であったケース

春先の体育終了後、何度か女子生徒が数名、
腕と首の、かゆみと発赤で保健室にきたことがあります。

体が紫外線に慣れていない春先や、梅雨明けの時期に
急激に長時間紫外線を浴びると、発症しやすいといわれています。

紫外線だけではなく、可視光線が原因であることもあります。

症状が長引くことはなく、適度に冷やして様子を見るのみで
対応しました。

最近注目されている「薬剤性光線過敏症」

特定の成分の入ったお薬と紫外線が反応し、アレルギー反応を呈するものです。
お薬を使用するだけでは症状は出ません。
お薬を服用(貼用)し、紫外線を浴びた時に発症するものです。
同じ状況でも、発症する人としない人がいます。

また、今まで発症しなくても、体調や体質の変化などにより
新たに発症する場合もあります。

お薬を飲み始める世代の方だけでなく、
湿布薬を使う若い世代でも発症しますので、お薬に関する注意事項を確認しましょう。

湿布薬に関しては、湿布をはがしたあと数日後に症状が出るケースもあります。
原因となる紫外線はUV-Aなので、湿布をしているときも湿布をはがした後も、
UVケアを意識して行うことをお勧めします。
(すべての湿布薬でおきるわけではありません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じ状況であっても、皆が同じく発症するわけではありません。

ですが、発症する可能性はあるのです。

紫外線は年々強く降り注いでいます。
ご自身の体を守る一手段として、UVケア 手掛けてくださいね。

 

 

 

参照:ひふのクリニック人形町

エポカル保健室
増田友美