子供が日焼け止めを嫌がってしまうが、どうしたらいいのでしょう?

 

こんなお問い合わせをいただきました。

小さな子どもが歯みがきやお帽子などを嫌がるように、日焼け止めを塗ることを嫌がるのは
普通のことと考えています。

私たち大人は、日焼け止めを塗る意味をよく分かっているので、塗ったり落としたりという
ひと手間をかけられますが、目に見えない紫外線のお話をして、「だから塗るのよ、、」と言われても
子どもはなかなか納得しないでしょう。。。

習慣にする

ひとつの方法としては、歯みがきやお風呂、お着がえのように習慣にしてしまうことがよいかと思います。

「お出かけの時は日焼け止めクリーム」

ということを習慣として、、帽子とのワンセットをお出かけパフォーマンスとして、
日常生活の中に根気強く組み込んでいくのもひとつです。

お母さんと一緒にお出かけ前のワン・パフォーマンス。
試みていただけたらと思います。

効果を伝える

子どもが日焼け止めクリームを塗ることを嫌がる理由の一つとして、
“落とさないといけない”ということがあります。

小さなお子さんのお顔を石鹸で洗い流すのは
子ども本人も、それからお父さんお母さんにも、ちょっと苦痛なコト。

毛先がフワフワの洗顔ブラシを渡して、気持ちを上げて、パパッと済ませる、、
そういった工夫が、ポイントになってきますね。

そして、クリームを落としたら
「ほーらキレイなまんまのお肌が出てきたよ――」
と、塗った効果を伝えてあげてくださいね。

そのうち、何のために塗っているのか 彼らなりの理解につながってくるでしょう。

 

紫外線対策用UVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)

 

でも

そうはいかないのが 子ども・・です。
そんなわざとらしいささやきには なびくもんかとばかりに、まったくもって受け入れられないことは
多々あること。

そんなときは無理やり強行せずに、こちらが一歩引いてみることが今後につながります。

また、ウエアを交渉してみるのもいいでしょう。

お子さんの好みに合ったお帽子やウエアなら、よりスムーズにいくかと思います。
「じゃあ塗らない代わりに、コレ着ようね」
と、交渉してみるのはいかがでしょう。

 

エポカルブランドとは?

 

そこにエネルギーを使いすぎないように

大切なことは、親御さんがお子さんのことを思って根気強く関わっていくことです。
それから、嫌がる気持ちもわかってあげましょう。

私たち 人 は、老いを感じる瞬間が必ずきます。
その瞬間を少しでも遅らせてあげたいと思う親心。

女性であれば、老いを感じる以前にお年頃には、シミやそばかすを気にするようになり、
「キレイな肌」を追求するようになるでしょう。

そしていずれは、本格的なしわやシミや肌荒れや抜け毛、体調を壊しがちになったり、回復が遅かったり・・
という、いわゆる壮年期に入っていきます。

嫌がる子どもに、それでも・・少しでも・・と思うのは、そんな親心だと思うんですよね。

ですが、

必ず!!絶対に!!ということではなく、
押したり引いたり、
時には 「ま いっか」

という気持ちで 取り組んでいただけたらと思います。

 

 

エポカル保健室
増田友美