光老化

肌のシミやしわを増やす

赤い日焼け(サンバーン)を起こす、UVBは、肌の細胞の遺伝子を傷つけて、シミ発生の原因に。肌を黒くするUVAは、真皮でコラーゲンを破壊する酵素を増やし、しわの原因になる。

皮膚がん

皮膚がんの原因になる

UVBによる遺伝子の傷は、本来修復されるが、UVBが強いと修正しきれず、
異常な遺伝子が増えて皮膚がんを起こす。高死亡率の悪性黒色腫という皮膚がんの発症にはUVAも関わる

免疫力の低下

身体の免疫力の低下をさせる

肌には、ランゲルハンス細胞という免疫に大切な細胞があるが、強い紫外線はこの機能を止める。その結果、痛い水疱を作るヘルペスなどを発病させる。UVBもUVAも原因になる。

眼への影響

白内障の原因となる

強いUVBにさらされて数時間すると、角膜が痛んで角膜炎が起こる。もっと怖いのは、UVAで、眼のレンズ(水晶体)を少しずつ変性させて濁らせ、数十年かけて白内障の原因を作る。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


晴れたら、紫外線対策ウエア エポカルを着よう!