日焼け対策は「塗る」から「着る」と変わる!
エポカルのUVカットウエアは信頼ある品質!!

 

紫外線対策、日焼け対策、というと思い浮かぶものは何ですか?
“日焼け止めクリーム” という方がまだまだ大多数でしょうか。

日焼け止めクリームに含まれる特定の成分が、海の環境に影響を与えるという趣旨の
ニュースは記憶に新しいこと。

根拠はさまざまでしょうが、紫外線を反射(もしくは吸収)するための成分が入っていることは確実で
安全性に対する検査を通ったものとはいえ、皮膚に直接塗ることを敬遠される方も
いるのではないでしょうか。

人にも環境にも優しい日焼け対策とは・・・

日焼け止めクリームは優しい?

日焼け止めクリームは、洋服で覆えない部分に塗るなど、
補助的な役割としては活躍します。

ですが、

広範囲に使うにはたくさん量がいる・・

塗ったら落とさないといけない・・

皮膚が弱い人は、かぶれたりするかもしれない・・

塗った感がイヤ・・

汗や皮脂で落ちちゃうし、塗り直しが面倒・・

など、敬遠する方もいらっしゃいますね。

優しい日焼け対策

日焼け対策(紫外線対策)の基本は、

『皮膚から遠いところから』 です。

皮膚に一番近い “日焼け止めクリーム” は、最終手段&最少利用が望ましいですね。

環境にも影響との見解

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を守ることと同じように、環境を守ることも とても大切です。
環境への影響は、必ず自分に返ってきますから。
もし本当に日焼け止めクリームの成分が、環境にもよくないのであれば
他の手段をチョイス!

 

エポカルの提案

 

 

 

 

 

 

 

 

肌も環境も守りたい。
エポカルの提案は、着るだけ日焼け対策です。
実は皮膚科の先生も、「覆うことが一番お勧め」と言っています。

塗る日焼け対策、変えてみませんか?

 

紫外線対策ブランド
エポカル

http://www.epochal.jp/