今日は、初めてのエポカルメッシュアウターチャレンジ。曇っていたのですが、稜線は日差しが強くて、エポカル着てて本当に助かりました!
背面メッシュなのも涼しくていいし、ポケットがジップなのも使いやすいです! 山に行くときは、1gでも減らしたいのですが、パーカーは200gで軽いし、フードを取ると20g軽くなるし、十分に山装備で使えると思いました。素敵なウェア、これから愛用したいです!

山は、北アルプスの女王と言われる、燕岳です。

標高2700m、標準コースタイムで登山口から4時間半かかります。私たちは荷物を最大限軽くして、半分のタイムで上がりました!連続で山に行くことになると数日間同じものを着るので、防臭生地だといいなと思います。昨晩ウェアを乾かしながら気付きましたが、首元に引っ掛けるための輪が付いてるのが、使いやすい〜!胸元にカラビナを付けられそうな紐?(すごくカワイイ!)がついてますが、カラビナ付けたくなっちゃいます!

山頂は強風で寒く、紫外線が強く、雨雲が発達中でしたが、エポカルが強風から身を守り、背中のメッシュがインナーとザックの汗を吸わずに逃がす、という、このパーカーの得意な環境だと思いました。一晩吊るして乾かしたら、翌日も臭いは気になりませんでした。 日焼け止めを塗ったはずなのに、今朝は顔がヒリヒリ。でも、首や肩は問題なし。ありがとうございます!