可視光の発見

【可視光の発見】

1666年アイザック・ニュートンが無色の太陽光を、発見しました。
プリズムを通して観察すると、赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫の7色の目に見える色光帯が現れたのです。
この色光の帯は、スペクトルと呼ばれます。

http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04_09.html

​こぼれ話>キャノンHPより
ニュートンが発表するまで、虹は「3色」または「5色」と考えられていました。
3色:青、緑、赤
5色:紫、青、緑、黄、赤
ニュートンは、5色のむらさきと青の間、黄と赤の間に、それぞれの中間色の「藍色」と「橙色」をいれて、虹は7色だと考えました。
7色:紫、藍、青、緑、黄、橙、赤

音と音の間と虹の7色が対応しているとニュートンは考えていました。
ニュートンが「7色」としたのは、音楽と関係づけて「各色の帯のはばが、音楽の音階の間の高さに対応している」と結論するためでした。なぜ音楽と関係づけさせたかったのかというと、ニュートンの時代の300年前のヨーロッパでは、音楽が学問のひとつで、音楽と自然現象を結び付けることが大事なことと考えられていたからです。たぶん、そうすることが当時はかっこよく感じられたのでしょう。
実はニュートン自身は、虹の色が無数にあることを知っていたということです。
埼玉県和光市にある理化学研究所の図書館には、ニュートンが書いて1706年に出版された『オプティクス』の原書(英語版第2版)があるそうです!300年前の本ってどんな感じでしょう?

投稿者:

EPOCHAL

EPOCHAL(エポカル)は、紫外線対策を目的にした日本唯一のUVカットウエアブランドです。赤ちゃんから大人の男性までのUVカットアウター・インナー・スイムウエア・帽子など。 敏感肌や、アトピー、病後のケアなどだけでなく、免疫力低下防止のため日常的なUVケアにぜひお使いください。 http://www.epochal.jp/smartphone/ EPOCHAL is a company having been founded and run by a group of mothers in the child-rearing years in Japan. We are Japan's sole brand specializing in anti-UV (ultraviolet rays) apparel products that was established by the mothers, originally for the sake of their young children who were diagnosed in part as having atopic skin conditions. Our clothes capable of blocking UV that have been designed to enable children to play outdoors cheerfully are being created using special textiles manufactured by Japan's leading fabric makers. #UVouter #epochal #紫外線対策 #赤ちゃん #キッズ #UVウエア #Sunprotection #ultraviolet radiation #Japan #日本製ウエア #skincare #cancer #made in japan #UPF50 #rushgard #cancer #skin #australia #Hawaii #WHO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA