⼦供に⽇焼け⽌めを使う季節はいつですか︖


⼦供に⽇焼け⽌めを使⽤している時期の1位は「夏(6-8⽉)」(80%)。
⼀⽅、紫外線量が⾼くなりはじめる「春(3-5⽉)」に⽇焼け⽌めを使⽤している割合は全体の27%。
「1年中」使⽤については全体のわずか4%にとどまったとの事です。

実は、UVは、1年中降り注いでいます。

紫外線には、3つの種類があり
UV-A
UV-B
UV-C

とありますが、UV-Aは、なんと家の中にいてもガラスを通って突き抜けて肌の奥まで届く光線です!!@@;

UV-Bは、皮膚がんを起こします。

UV-Cは、オゾン層ががっちり守ってくれていて、地上には届きません。

日焼け止めに頼るのはよくないと思います。

なぜか?

落ちやすい
どのくらい塗ったかわからない
汗で落ちる
水でも落ちる
耐久性がない
検査した数値(書いてある数値)の半分も塗れてない

からです。

頼れるのは、UVカットウエアだけです。

それも、UVカット素材を使用した、特殊繊維で作ったUVカットウエアを着用すれば、UVカットクリームを塗らずに済みます。

では、冬は、アウター着ているのにUVカットクリーム塗らなくてはいけないの???

そんな必要はありません✋

顔や手の甲など、露出しているところだけでOK。
眼の紫外線対策は、帽子やサングラスでしましょう。

露出している部分にだけ、サンスクリーン剤を塗るといいと思います。

たっぷり塗りましょう

気象庁 紫外線予報より

9月といえどこの「非常に強い」という紫外線が降り注いでいます。
まだまだ長袖+帽子が水晶の時季なのです。
暑さと、UVはイコールではないので、シチュエーションによってUV対策を考えるといいですね♪(^^)/

エポカル

http://www.epochal.jp/