肌老化

肌の老化ってどうして起こるの?

肌老化とは?

肌老化とは? お老化現象とは、シミやそばかす、しわ、たるみ、色素沈着、キメが荒いなど目に見えるようなことから、水分が保持されなくなることでハリやツヤがなくなり、砂漠のような乾燥になることなど、機能そのものの低下も肌老化の現象です。

光老化とは?

光老化は、日光を長年浴び続けることによってひき起こされる肌のしみ、しわ、たるみなどの皮膚の変化のことです。 光老化は加齢による老化とは質的に異なり、紫外線を浴びた時間と強さに比例するとされます。

年齢とともに増えていく肌のシミ、しわ、たるみ。

女性なら誰でも気になるところ。
この肌の悩みには酸化という現象が大きく関係しています✋

「酸化」とはものが酸素に触れることによって起きる現象です。酸化は、鉄が錆びるのと似たようなものでしょう。

人の体には約60兆個の細胞があり、この細胞が
傷つく>酸化する>錆びることによって、シミやシワ、たるみが進行します。

紫外線が大きく関与

通常、紫外線にさらされた肌には、活性酸素が発生し、深刻なダメージを与え、深いしわやシミが現れてしまいます。
活性酸素は、体内に取り込まれた酸素がタンパク質と結びつき、細胞が参加します。体の外と内側から錆びて衰えていくのです。

活性酸素の問題は、過剰発生して、人間の細胞に対し悪さをすること。
過度の飲酒や、喫煙などの生活習慣だけでなく、ストレスや食べ物、そして、紫外線など酸化は様々な要因で起こります。

肌には、日焼けやシミ、そばかすなどの原因となるメラニンと言う色素があります。しかし、一方で、メラニンは肌を太陽紫外線から守る大切な役割を担っています。

肌は、大きく表面の「表皮」と、その下の「真皮」に分かれていて、紫外線が真皮に届くと肌から保湿性や弾力性が失われてしまいます。

その状態が続くと、顔などの露出している部分に深いしわが刻まれてしまいます。。。。

また、ストレスや不規則な生活、食習慣、加齢などによって新陳代謝が乱れると、メラニン色素がなかなか角質層まで到達せず、色素が沈着してしまいます。

これがシミやそばかすの原因です。

男性のほうが女性より紫外線に対して皮膚が弱いと言われています
エポカルブランドとは?

光老化を防ぐUVカットウエア

特に紫外線からの悪影響を受ける皮膚。

「着るだけでUVカット率91%以上」のUVカットウエアを「日焼け止め」としてお使いいただけます。

塗る日焼け止めと違って、洗っても洗っても(洗濯を繰り返しても)そのUVカット効果(UV遮蔽率)は落ちることがありません。

エポカルブランドは、UVカット特殊素材のみを使ったUVカットウエアブランドです。

UVカット率99%以上のパーフェクトジャケット

赤ちゃん、子供、学生、大人、男性、女性まで幅広いUVカットウエアをぜひご覧ください。

株式会社ピーカブー
EPOCHALブランド

サンブロックUVプロテクトウエアなど油汚れにギャー!!!の時は?

油汚れにげげげってなった時ありませんか?

この濃い色のサンブロックの生地は、ポリエステルと綿の混合生地です。

また、一番厄介なのが油汚れ!

ポリエステル100%の生地なら意外と簡単に落とせるかもしれませんが
綿混合なので、ちょっと頑張りましょう!

綿混の素材は、汗の吸収率もよく、洗うほどに風合いがよくなります。
またポリエステル糸は、ヘタレなくて形がちゃんと出ること、もちろん
UVカット特殊素材なので、とっても重要!

なので、綿混のUVカット素材は、肌にも、着心地も、最高なんです♪

油汚れの落とし方

油溶性のシミとは、例えばパスタソースとか、カレーや口紅ですよね。
水ではなく油に溶けるシミです。
そのため、頑固な油溶性のシミは「油」を使って落とすのが、正解なんです。

軽い油溶性のシミなら台所用洗剤でも落とせる可能性がありますので、トライしてみて下さい。

洗剤でも落ちない、頑固なシミにはクレンジングオイルを使ってください。

  1. シミ部分にクレンジングオイルを垂らす
    汚れてもいいタオルを敷き、シミのついた部分が上になるように置きます。
    シミ部分にクレンジングオイルを垂らします。
  2. 歯ブラシでトントン叩く
    歯ブラシで、シミ部分をトントン叩きます。
    ゴシゴシ擦ると、シミが広がってしまうのでNGです!下のタオルにシミを移すイメージで。

     ↑
    これ、ロケの後にスタッフがよくやっています(^^)/
  3. ぬるま湯でもみ洗いして普通に洗濯
    クレンジングオイルをつけた部分を、ぬるま湯でもみ洗いします。
    クレンジングオイルをキレイに洗い流したら、いつも通りの洗濯をしましょう。

最後に乾かして、油汚れの染み抜きは完了ですよ☺

サンブロックUVプロテクトウエアは、エポカルの自慢!の1枚。
紫外線対策ウエア&アウトドアウエアとして、春夏秋のシーズン、これを1枚だけ持っていれば必ず役に立ちます!!という製品です!!

https://www.epochal.jp/shopbrand/sunblock

サンブロックUVプロテクトウエア カモフラグリーン
サンブロックUVプロテクトウエア アルファベット柄

お客様の中には、10年着てます!

という方もおいでです♪

エポカルとしては、毎年買って✋

って思いますが(笑)

長くきれいにお使いください(^^)/

エポカル
松成紀公子

http://www.epochal.jp/

朝日新聞/株式会社ピーカブー

ママが育てて18年/紫外線対策ウエア 朝日新聞掲載 2020年9月24日

https://www.asahi.com/articles/ASN9R6WJCN7XUTNB010.html

株式会社ピーカブーは、起業したときは 合資会社ピーカブーでした。

始まりは、息子がアトピーだと皮膚科医に診断されて「日焼け対策が必要」と言われたから・・・・。

もう18年もたったんだな・・・@@;とびっくりしてしまいますが💦

この経験は、素晴らしい1日1日だったと感じます。

ただ、やはり、悩んだり、泣いたり、つらいこともあり・・・新聞にはそれがきれいにまとめて書いてあって、すごいなと文章に驚いています。

すでに過去の事だから次を見てほしい

新聞に掲載されているのは、すでに過去の事。
今日は始まっていて、もうすでに新しいことに向かって進んでいます。

2020年3月、株式会社ピーカブーは、和光市理研インキュベーションプラザに入居しました。

先日、このインキュベーションの中の企業の社長様方にお目にかかるチャンスがあり、どんな仕事されているのかお聞きできたのですが、@@;すごい

すごすぎる!!!!

ステージは世界市場の会社ばかり!!!

と、プチ落ち込み・・・したほどでした。。。

当社も頑張らなくては!!

実は、エポカルは、はためには、「アパレル」。
アパレル…と聞いてどんなこと思い浮かべますか?w

トレンド、ファッション、デザイン・・・

でも、「アパレル」って言われたくないんです✋
「機能性ウエア」や「ファンクショナブルウエア」「予防医学的ウエア」など・・・思いつくのですが、そんな分野ありません。

では、1つの違う分野を作ってやる!!

と思っています。

インキュベーションプラザのほかの会社さんのお部屋には、「危険物」が張ってあります(笑)実験棟ですからね💦

でも当社はありません。。。

異質の会社だとも思われてます(笑)
なんたってハロウィンの飾りつけをした会社は、「株式会社ピーカブーさんだけです」とのことでした(ぷぷぷ)

それでも、和光理研インキュベーションプラザの企業の一員になれるように頑張りたいと思います!

エポカルブランドで、もうすぐ新しいこと始めます!!



注目してください

和光理研インキュベーションプラザのなかの企業さんたちに注目してください!

これから3年のうちにびっくりするような記事が、専門書や新聞に出るでしょう♪楽しみです!!

今日は、株式会社ピーカブー/EPOCHALエポカルブランドの新聞掲載の記事のご紹介と理研インキュベーションプラザの企業についてお知らせしました♪

株式会社ピーカブー
松成紀公子

http://www.epochal.jp/

赤ちゃんの日焼け止め

赤ちゃんの日焼け止め

 

エポカル

赤ちゃんに日焼け止めって必要?

赤ちゃんに日焼け止めって必要なんですか?

というお問い合わせ、よくあります。
お母さんから見て、どうですか?

0歳時には特に気を使いますよね。

エポカル家族でうるおいUVケアにつきましては、6ヶ月以降のご使用をお勧めしています。

赤ちゃんにも、もちろん、紫外線対策は必要です!
でも、方法を考えましょう。

あかちゃんのお肌はとても敏感です。
大人の皮膚の10分の1の薄さしかないことも皆さんご存知だと思います。

そもそも、赤ちゃん、そんなに日焼けする場所に連れて行かなくちゃ
行けないの?

という疑問もあります。

ただ、必要か、そうでないかと言われれば、

赤ちゃんに日焼け対策は必要ですが、サンスクリーン剤じゃない方法で
肌を守ってあげて欲しいと思います。

 

なぜ?UVカットクリームを小さい頃塗らない?

  1. あかちゃんのお肌は敏感
  2. 分泌物が多くトラブルになりやすい
  3. 汗かきなのですぐに落ちちゃう
  4. 塗りムラができやすい
  5. ゴシゴシ擦れないので落としづらい
  6. きちんと落とさないとトラブルの元になる
  7. そもそも、数ヶ月の赤ちゃんを日焼けさせるような場所に連れて行かない方がいい

できれば「影」を作ることで紫外線対策をしてあげて欲しいと思います。

 

影を作るUV対策

  • 車のなか
  • 日陰をえらぶ
  • ベビーカー
  • 膝掛けやUVカットウエア
  • 帽子
  • お出掛け時間を考える

赤ちゃんのお肌は敏感です。
影をつくることでUVケアができるようにしてあげましょう。

肌へさんスクリーン剤を塗るのは、早くても6ヶ月以降で十分です。
それも、どうしても出てしまう足、など。

日陰を選んで過ごしたり、ベビーカーの幌をしてあげたり
膝掛けをベビーカーにかけたり、おでかけの時間を検討するのも
良いでしょう。

エポカル(EPOCHAL)では、できるだけ育児する人の荷物の負担を減らして
高いUVカット率の便利な育児用品を!と

ワンタッチUVカット製品

をオリジナルで企画しています。

例えば、

世界最高水準のUVカット素材、それも肌にすごく優しいカノコ素材を使った
大人気のUVカットケープ。

1つのボタンだけで着用完了です!

赤ちゃんの全身を有害紫外線から99%守ってくれる1枚です。

 

かわいい赤ちゃん💕

そして、綺麗なお肌を真剣に守りたい!

エポカルでは、助産院さんと、そしてそこに通うお母さんたちと共同開発したものがあります。

ベビー&キッズで出るとこUVガード
ベビー&キッズで出るとこUVガード

ベビー&キッズで出るとこUVガード
ベビー&キッズで出るとこUVガード

エポカルのベビーからキッズまで使える、「UVカットでてるとこUVガード」は、ベビーカーや、おんぶ紐などで赤ちゃんの日焼けをきにするお母さん達から「HELP」をいただき、一緒に開発した製品です。

思えば、EPOCHALの始まりだった息子の日焼けも、ベビーカーから出ていた足が日焼けして赤く腫れ上がったことがきっかけでした。。。

 

赤ちゃんには、

  • 通気性
  • 締め付けないこと
  • 肌触りの良さ
  • 高いUVカットこうか
  • 薬剤を使わないこと
  • お母さんが使いやすいこと

を特に重要なこととして考えています。

さらに

  • 長く使えること
  • いく通りにも使えること
  • 洗ってもUVカットこうかがおちないこと(これはエポカルの基本!!)
  • いくらでも洗えること
  • 渇きが早いこと
  • 小さくたためること、コンパクトであること

など、育児の経験からは、絶対に外せないポイントです♪

 

スタッフは育児経験者だから

こんな赤ちゃんへの思いは、エポカルスタッフ全員が育児経験者だからです。

赤ちゃん(子供)こそ、紫外線対策をしなければならない対象だ

とWHO(世界保健機関)は、「SUNPROTECTION」という文書の中で言っています。

エポカルでは、赤ちゃんの紫外線対策を応援する特別な帽子やウエアなどが
あります。

エポカルブランドは、UVカット率91%以上の特殊な素材を使用した
安全で安心な「着るだけ」紫外線対策!

赤ちゃんの紫外線対策ウエアやグッズは、こちらをご覧ください>

 

エポカルプロデューサー
松成紀公子

http://www.epochal.jp/

 

以前お目にかかったことがある馬場先生が
「幼児にも日焼け対策」は今や常識

を書いておられます。
是非ご一読ください!
https://benesse.jp/contents/clinic/topics/04.html

日本初!

日本初めてのARPANSA認定企業に(2018年4月現在)

 

そして2018年には、世界一の紫外線対策先進国であるオーストラリアの政府検査機関である【ARUPANSA※】から、日本で初めて認定企業とされ、メイン製品である「3WAYUVカット帽子」は、紫外線対策用の製品としてふさわしいとされる証であり、検査最高値のスィングタグを取得しています。

 

EPOCHALブランドは、国内初めての「紫外線対策を第一の目的としたUVカットウエアブランド」です。

UVカット素材を使用した「落ちない効果」だけではなく、生活スタイルを考えた独特な製品開発によりオリジナルデザインを考え続けてきました。これからも、国内唯一の「本気で肌を守るための1枚」を作り続けるブランドであるため、努力を重ねていきます

 

※ARPANSAとは

https://www.arpansa.gov.au/our-services/testing-and-calibration/sun-protection-buyers-guide

オーストラリアの原子力や紫外線の管理・検査を行っている政府直下の検査機関です。
UPF(紫外線保護指数)の検査を行い、その認証としてスィングタグの発行を行っています。

子供の紫外線対策の必要性

子供の紫外線対策の必要性

 

こどものほうが大人よりも紫外線の害を受けやすいのは成長期だからです

強い日焼けをした細胞は、通常は、アポトーシスと言って「分裂しちゃいけない」とあえて死んでしまうことがあります。

でも、そうでなかった場合・・・間違った情報を持って分裂してしまうことがあります。

これがガンの元になる(正常な遺伝子情報を持たず傷ついたまま同じ細胞が増える)と言われています。

その細胞分裂が活発に行われている時期は?

そう!

子供の時期ですね。
成長期なのです。

ですから、子供の時期には強い日焼けは避けたほうがいいのです。

さらに・・・

また、

お外で遊ぶ機会がとても多い

WHO(世界保健機関)では、18歳までに生涯で浴びる半分以上の紫外線を浴びてしまう・・・と言われています。

日焼けする環境下に置かれているのは、子供達ですね。

 

せめて、

UVカット帽子で、日焼けしやすい顔や目を守りたいですね。

特にお肌が弱い方や、小さいお子様にUVカットクリームを塗るのをためらう方がいらっしゃると思います。

わたしもそうでした。

 

ですから、安全なUVカットウエアを作りたいと思ったのです。

真夏でも「着ている方が涼しいと感じる長袖のUVカットウエア」を目指しています。

 

エポカル
プロデューサー
松成紀公子

http://www.epochal.co.jp

 

オーストラリア展示会に出展してきました!

オーストラリアで展示会

 

日本から外に出ると日本が見えてきます。

エポカルの機能的なウエアを紹介する度に言われる一言
“凄い!!日本っぽい!!”

日本人の細かいところまで気がつくところや
深く追求していくところが製品に現れているそうです。

ただ、シドニーだからの良さも見つけました。

なんでも、ひと目でわかるマークで表しています。

いろんな国の人が集まる国だからこそ文字を読まなくても伝わる方法が定着しています。

エポカルもこれから世界に出ていくために、
ひと目でわかるものを上手く取り入れていこうと思います。

英語の苦手な私がシドニーで生活できるかも?と思えた一瞬
エポカルを手に取って使ってみたいと思う一瞬

人はその一瞬で虜になります😊

エポカルブース

沖縄モデル事務所のカラーズさんにお邪魔しました

カラーズさんは、もうずっと前からお世話になっている沖縄のモデル事務所さん!

テレビやCMで活躍してるココ出身の方も多いのではないかしら?

代表のむらたさんには、お電話では何度もお話しさせていただいていますが、やっとお目に書かれました!

前回の女性カメラマンさんは、今年出産されたとのことをお伺いし、なんだかとってもおめでたい訪問になりました!

UV-スイムウエア UVカット率99%以上 着るだけ紫外線対策