紫外線対策 UVカット帽子の頭囲の測り方

帽子のサイズ選びに困ったら

帽子のサイズ選びってものすごく難しいと思います。

女性なら、Mサイズと言うのは?

通常57.5㎝だと聞いたことがありますが
エポカルでは、「ちょっと小さめ」と言う方は、56㎝サイズ

普通かな、Mサイズだと思う…と言う方には58㎝さいず

頭大きくて、紙も多くて大変!と言う方には、60㎝以上をお勧めしています

エポカルの帽子の最大は64㎝!

頭の大きさで「帽子はかぶれない」と言う方もいらっしゃいます。

また、ゆったり被りたいという方も。
できうる限りご要望を満たしたく、昨年より64㎝サイズのお帽子も作るようになりました!男性の方、UVカット帽子を‥という方は、64㎝サイズも見てみて下さい!

新作のUVカット帽子

一番難しいのが子供の帽子の選び方

一番難しいなと思うのが、お子さん、それも小さいお子さんのお帽子の選び方です!

頭の形は、民族によって違います。
日本人は、比較的丸い頭です。
欧米人は長い頭です。

https://www.quora.com/Why-do-different-races-have-different-skull-shapes
Quoraには、こんな記事もありました。

さて、お子さんのお帽子の選び方。

冒頭の写真による説明もご覧いただいたかと思いますが
頭囲+2センチが最適な帽子のサイズです。

①おでこの眉と生え際の真ん中のポイント
②耳のちょっと上
③メジャーや紐を使って①と②を通ってぐるりと1周を測って下さい。
これが「頭囲」で、最適な帽子のサイズは、この頭囲+2㎝くらい
です。
エポカルの帽子にはサイズの調整ができるものが多くありますが
帽子をかぶった状態で指が2本くらい入る状態が最適です。

①Find the point between your eyebrows and hairline,
right in the middle of your forehead
②Find the two points slightly above your ears
③Take a sewing measuring tape or soft tape measure
(if you have no measuring tape, use a string and measure
the resulting length with a ruler or yardstick).
Wrap the measure around your head, passing points ① (about
0.5-1 inches above the eyebrows) and ② (slightly above the ears),
and through the back of the head, which gives you the longest
circumference.
④Measure your head several times to avoid mistakes
and find the maximum circumference.

The best size for you to choose is:
your head circumference +1 inch.

すぐに成長する子供に対して1つか2つ大きめの帽子を選んでいいの?

というご質問が多くありますが、
よくありません✋
できればお帽子は、頭の大きさに合わせて適度なものを選んであげてください。

理由は

① 視野がふさがってしまうので危険

② フィット性がないと動きづらい

③ 動きづらいと帽子の役割が果たせず、嫌がってしまう

④ サイズ調整ばかりすると帽子の形が崩れる

できればお子さんの成長に合わせて1年に1個のお気に入り帽子をご用意してあげてください。

0~7歳までは毎年買ってあげるといいなと思っています。
それがお子様の成長なら嬉しく感じていただければと思います。
わたしは、子供の成長に合わせてお気に入りの帽子を「作る」ことが楽しみでした。

帽子の役割

帽子の役割は、いくつかありますが、エポカルでは、紫外線対策用のUVカット帽子を作っていますので、ここにポイントを置きましょう。

① 紫外線対策に適したつばの長さとつばの角度

② 洗えること

③ サイズ調整が可能な製品であればサイズ調整を付ける

④ 目の紫外線対策ができる

⑤ パーフェクトシリーズは、顔全体に影を付けられるとなおよい

⑥ 子供が動きやすいつばの角度=視野を防がない

⑦ できうる限り軽いこと

⑧ 通気性が良いものも作る

というイメージで、製品を制作しています。

さらに!

首の後ろの日焼けを守る

と言うことは、とても大切なことで、強い日焼けは「免疫力を下げる」と言われています。うつむいて遊びがちな子供の首の日焼け防止と、熱中症対策は同時に行ってあげたいもの。

フラップつきの帽子がエポカルに多いのは、子供の健康を守るためです。

ぜひ、適正な帽子のサイズを選んで、動きやすく、しっかり通気性を持ったUVカット帽子を選んでください。

「帽子をかぶる」という習慣が、エポカル(株式会社ピーカブー)を立ち上げた時はあまりありませんでした。

フラップ帽子に対しての偏見もありました。

紫外線対策と言う言葉を定着させるのに10年かかりました。

子どもたちが、「お出かけの時はお帽子かぶるんだよね」という習慣ができれば
自分自身で「紫外線対策」を一生して行けることになります。

お帽子は、UV対策の第一歩です。
ぜひ、適正なサイズの帽子、シチュエーションに合った帽子選びをしてください。

エポカルスタッフは、いつでも、ご相談に乗らせていただきます!!

エポカル
松成紀公子

松成紀公子

紫外線測定器が来た!

理研の先生の指導の下、注文した紫外線測定器が来ました。

1月15日 待ちに待った「紫外線測定器」が来ました。

が、

(??)これがこんなに高価なものなのか~~~的なイメージ。

100万オーバーの機器が宅急便で運ばれポン!と置いて行かれるとスタッフ全員
ひー!!!(゚Д゚;)ってなりました💦

まずは、この会社の担当者様がおいでになって設置の説明をいただくまで
大事に保管して眺めよう✋ということに・・・(笑)

測定できるのがとっても楽しみです!!
ちなみに下にひいてある穴の開いた「定盤」は、なんと1枚で40kgもあるヘビーなもので、ここに固定することで安定し、しっかりした正確な測定ができます!

株式会社ピーカブー
エポカルプロデューサー
松成紀公子

ものづくり補助金

中小企業庁ものづくり補助金申請をし、新しいチャレンジをしています

 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

とあります。

『ものづくり補助金』と言えば、補助金の中でもかなり難易度の高いものというイメージが企業の中にはあるようです。要するに「通りづらい」「難関」「もらいづらい」「後の報告が大変」など・・・

株式会社ピーカブーは、この「ものづくり補助金」への申請通過により、紫外線測定器をアパレルメーカーとして持ち、すべての製品のUVカット素材のチェック・検査・研究を理研の研究者の指導を得、行っていきたいと思っています。

わたしは、ものづくり補助金申請のための申請書を書くのに1か月くらい悩んで、和光商工会の担当者Tさんにご指導いただきながら頑張りました!

申請が下りるまでの、次のステップは、スタッフに任せましたが、かなり大大変でした!!!💦

ここから、紫外線測定器の導入や検査・研究が始まりますが、平坦な道のりではなさそうです。

ですが、XPと呼ばれる色素性乾皮症の患者さんたちのため、防護服を作りたいと思っています。

1枚着れば、お日様がいる日中でも安心して外に出られる、1枚を。

動きやすいアウターを。

夏でも涼しく着られる1枚を。

頑張りとおします。
納得いく1枚を作り

「動けるうちに運動会にみんなと一緒に出してあげたい」

という保護者の皆さんの想いを受け取ったからです。
同じ親として、同じ気持ちになりました。

徹底的に検査した素材と、今までのノウハウを生かして、他のお子さんが「ぼくもわたしも着たい」って言っていただけるような素敵な1枚を作りたいなと思っています。

株式会社ピーカブー
エポカルブランド プロデューサー
松成紀公子

エポカル ファン付きUV防護服 
https://www.epochal.jp/view/item/000000001466

外遊びに最適な1枚

紫外線対策と通気性を考えた子供のためのUVカットアウター

秋になり、動きやすくなりましたね!

今年はアウトドアがブームと聞きました。
エポカルでは、この時期、ロケをしながらアウトドアキャンプをすることもあります。

子どもたちの元気な笑顔を見られるロケでも、エポカルウエアは大活躍!!

今回は、コーディネイト例をご覧ください(^^)/

こんな

UVカットキャップ

UVカットメッシュアウター

UVカットサングラス

を合わせると、なかなかカッコイイスタイルになります!

つばの長い小顔効果のあるUVカットハット

家族でお出かけのときは、ぜひエポカルで!!

株式会社ピーカブー

エポカルオリジナルデザインの3WAYUVカット帽子!!

3WAY UVカット帽子

 

エポカルブランドを代表する帽子 3WAYUVカット帽子
この帽子を手にしたときの私の感想は、
「おもしろい翼のかたちをしている!かわいい!!」☺
外で遊ぶ未来の常識は、『子どもたちへ届けたい』かたち、あたたかい「まなざし」生まれたと感じました。
カタログで見るイメージより布がしっかりしていて 帆布好きで素材感に惚れやすい私には、好みの質感でした。
これは、「かのこ織り」というポロシャツと同じ生地。
ネイビーにステッチは、ゴールドの糸。
エボカルの文字は、シルバーの刺繍。
とっても品が良くて・・・これなら、日常使いにも正装にも使える!!
と思いました。

見たこともない、おもしろい「つば」の形

見たこともない、おもしろい「つば」の形には、子どもたちの色んな場面での野外活動を想定して
どんな場面でも子どもたち自身が使いやすいように「カタチ」を選ぶことができる工夫がありました。
3つの使い方と子どもたちにとっての動きやすさをレポートします!!

3WAYUVカット帽子

3WAYの1つ目は、まるい“つば“が2枚になっている前後両端をクルリと返して使います。

 

3WAYUVカット帽子 エポカル
ココに注目!!
あご紐を固定しているシリコンは、滑りにくいのでしっかり調整でき、
風の強いときは、しっかりと固定したいのでギュッと詰めても痛くないのです。

2つ目は、後ろは、そのままで前だけクルリと返して使います。

砂場で遊ぶ時など、下を向いて遊ぶことが多い子供たちのため後ろは下げておくと
首を日焼けしないで済むのです。
3WAYUVカット帽子 エポカル
ココに注目!!赤いタグがとっても可愛いだけじゃないーー。
ちっさくて可愛いタグには、anti uvってちゃんとした主張が頼もしい。

3っつ目は、前後両側をそのまま使います。

日差しが強いときに活動する場合。

この形で使えば顔も首もしっかり守ることができます。

3WAYUVカット帽子 エポカル
ココに注目!!
帽子と翼の角度は、子どもたちの顎までちゃんと影が落ちるように計算された
角度なんです。当然、つばの長さも計算のうち!

プレーパークで遊んでいる子どもに一日被ってもらいました。

感想は??

かぶっていないみたいだった。
ぴったりしている。
とのこと、このかぶり方がいいと前後両端をクルリと返して見せてくれました。

 

ココに注目!!
ぴったりとかぶってないみたいになるのは、帽子の深さがあるから頭にしっ かりかぶることができる。
そして、内側には、サイズ調整ができる工夫がされているので自の好みのフィット感でかぶることができる。

子どもたちへ届けたいかたち

いろんな活動の場面でどう子どもたちを守りながらじゃま にならず脱ぎ捨てられないだろうと

 

思いを馳せた先に試行錯誤して詰め込まれた工夫から 生まれた形でした。

 

子どもたちが外で思いっきり遊ぶとき、走ったり、追いかけたり、散歩に出たりと子どもの
素早い動きには、帽子はとても邪魔になります。

 

子どもは、思い通りに体を動かせるように なるには、
まだ長の途中なので遊んで体を思いっきり動かして育ち成長しているのです。
 子どもたちの目線になって世界を見たり感じたりすることを大切にしたい。
そんな、あたたかいまなざしから生まれました。
激しく動く時にも視界が広くとれることが大事。
視界をし っかり確保することで周りの状況をさえぎることなく把握できるは、
予測できない不安や違 和感へのストレスを軽減することができるでしょう。

 子どもたちは、成長するために遊び、学ぶ。

日々、いろんな環境の中で色んな経験をして育 っていきます。
そんな活動にフィットして寄り添うことのできる帽子は、翼が2つあるユニ ークな形で
赤い小さな旗を立てて主張していました!!

3WAYUVカット帽子をプレーパークで被ってもらったのはなぜ?

※プレーパークって何?

 

プレーパークって言うのは、
子どもたちが自分らしく過ごして遊べる場所のことです。
とくに現代の子どもたちは、体験の貧困と言われていて外で自由に遊んだりぼんやりと余暇を過ごす時間ができない環境にあります。

 

私たちは、遊びは、学びや子どもたちにとって生きる力を育む権利という考えを持って子どもたちが自分らしく安心して過ごせる遊び場を作ろうと思って、主に0歳児から18歳までの子どもたちが、水、土、焚き火、自然遊びなど、やりたいと思う遊びに挑戦できる場所を作っているんです。

 

 

環境を守り肌を守るエポカルUVカットウエア

子供たちの遊ぶ時間は、昔の子供たちより減っていると言われています。

現代の子供たちは、遊ぶ時間を制限されています。学校に勉強に習い事に塾にととても忙しいのです。
遊びに夢中なる時間は、子どもたちのもの子どもたちが自分で決めることができるものであってほしいと私は、思っています。
子どもたちが遊びに夢中になっている時、そのまなざしはまっすぐでその輝いています。

 

どんなに子供たちが遊びに夢中になっても長い時間外で安心して遊ぶことができる。
それを確かめたくてプレーパークエポカルのUVカット帽子を被ってもらいました。
そして、この公園は他の公園と違い坂道や傾斜が多く子供たちがゆっくり歩かないのです。

つまり!

激しい動き遊びでも帽子をかぶって遊ぶことができるなら
遊びのどんな場面でも子どもたちにとって邪魔にならないかと思ったからです(^^)/

 

遊びの中で学ぼう
晴れたらエポカル!

 

子ども 嫌がる帽子&日焼け止めクリーム

子どもは嫌がる帽子と日焼け止めクリーム。習慣化が大切なUVケア。方法をご紹介です。

 

こんにちは
お彼岸もすぎ、日差しが強いといっても秋の気配が漂いますね。

これからアウトドアが気持ちいい季節になりますが、
秋には秋のUVケア、です。

ですが、こんなお声も・・・

子どもに日焼け止めを毎日塗ってあげたいけど、嫌がるし
帽子も暑いから、とすぐにとってしまいます。何か対策はありますか??

このようなご質問、実はとてもたくさん寄せられます。
幼稚園保育園での保護者様向け講座でも、必ず出る質問です。

 

子どもが嫌がらないUVケア

エポカルエアスルーハット&7分Tシャツ

子どもに日焼け止めクリームを塗ることや帽子をかぶせることは
慣れていないと難しいですよね。
“お出かけのときには靴をはく” というように習慣化することが一番ですが、
工夫することも大切です。

子どもは不快に思うとしない

子どもは自分にとって不快であることはやりません。
帽子や日焼け止め、不快に思わないものを選ぶことは大切です。

・子どもが不快に思う帽子
→ 帽子のつばで視野が狭まる , 重い, 暑い, カッコ悪い(好みに合わない)

・ 子どもが不快に思う日焼け止め
→ においがイヤ , 塗った感じがイヤ(使用感), 日焼け止めを落とすのがイヤ(お風呂で顔を洗う)

子どもは小さな大人ではありません。子どもは大人よりも視野が狭いですし、ほんの数グラムでも重みを感じます(頸部も筋肉もバランスも発達途中なのです)。そして大人よりも汗をかきますし、大人よりも嗅覚や触覚は優れています。お風呂で顔を洗うのにも、顔にお湯がかかるのがイヤなのは、息を止めるタイミングが分からないからですし、
目を閉じることで不安や恐怖を感じるからです。

このように、子どもに関しては大人の感覚でいてはいけません。
子どもが感じることに耳を傾け、不快に思う原因を明らかにすることで、解決できることは割とあるのです。

 

子どもが不快に思う帽子

子どもの視野

子どもの視野は、上下左右共に大人の50°~60°くらい狭まると考えてよいでしょう。
紫外線対策だからといって、大人用の帽子を小さくしてかぶせたりしてはいけません。
つばの長さは長すぎず短すぎない(紫外線対策には子どもは5センチ以上)のものを選んであげてください。

また、かぶりが深すぎても視野が狭まり疲れます。また浅すぎても嫌がりますので
試着をするか、お子さんのお気に入りの帽子があればそのサイズを参考に新しいものを選びましょう。

子どもの視力は大人と同じではありません。
6才になり、ようやく大人と同じくらいの視力になります。
ですが、個人差がありますので 1.0未満の子どもも結構いるのです。
3才くらいまでなど、大人が思っている以上に見えていません。
距離感もつかめていないので、やはり頭に載せる帽子には配慮が必要です。

重さ

子どもは、ほんの数グラムでも重みを感じます。長くかぶっていると疲れるので嫌がります。
過度な装飾品や帽子のつばの部分が硬くて重いものは、避けた方がよいでしょう。
大人の自分と同じと思ってはいけません。
子どもは成長発達途中であり、疲れの感じ方も大人とは違うのです。

子どもは大人よりも汗をかきます。
皮膚総面積あたりの汗腺の量が多いためです。
頭に汗をかけばかゆくなる → 掻きたい → 帽子を脱ぎたい

速乾性吸湿性のある生地を使った帽子を選ぶのもよいでしょう。

好み

子どもの好みは大切にしてあげてください。
色の好みなど、それぞれ個性が垣間見えます。
子どもの好みは直観的なものが大きいため、違うものを選んで与えると
とことん拒絶したりします。

親としては、持っている洋服に合うものや、親自身の好み、年齢があがってもかぶれるもの、、などなど
その他多数の要因に左右されて選び、与えがちです。

ですが、子どもの好みは純粋で、まさに“個性”ともいえるもの。
親がその思いを大切にし、耳を傾けることは、子どもの自律性や自主性を育むために実は大切なことです。
子ども自身の「認められた」という承認につながります。

 

子どもが不快に思う日焼け止め

エポカル

におい

子どもの感覚は非常に優れています。
自分の体に良いものか悪いものか・・
生まれてきてから外部での生活の中で自分の身を守るためのものですから。

ですので、“無香料”のものが多い子ども用の日焼け止めクリームですが
この“無香料のにおい”にも反応します(大人でも分かりますよね)。

日焼け止めクリームの基材や組成にもよりますが、数あるサンスクリーン剤の中で
子どもが嫌がらないにおいの製品を見つけることは、ひとつのポイントです。

塗った感じがイヤ(使用感)

大人でも塗りなれていないと、あの日焼け止めクリームの“塗った感”、気になりますよね。
先程もお伝えしたように、子どもは快・不快に敏感ですので、まさに皮膚の“塗った感”は違和感を感じるところでしょう。

SPFやPA値が高くなると、紫外線をはじく成分も増え、また塗った効果を維持する成分も増えますので、違和感も増すものが多くなります。また、数値が高くなるにつれ肌は乾燥しますので、かゆみなどの症状がでることもあります。

使用するシーンにもよりますが、肌なじみを考えると数値はなるべく低いものを選ぶとよいでしょう。

また、塗る部分を少なくするために、衣服で覆ったUVケアを併せて考えると良いですね。

日焼け止めを落とすのがイヤ(お風呂で顔を洗う)

顔に水がかかるのをイヤがる子は結構います。
それなのに、石けんで洗ってお湯で流す、なんて「絶対イヤ」・・となりますよね。

大人は “洗顔” という行為の意味を知っていますし、理解していますので、何ともありませんね。
ですが子どもは「煩わしい」以外の何物でもないのです。

それにしても

本っ当に嫌がりますよね(^_^;)

私も苦労したことのひとつなので、、わかります。

その中で、得たものをご紹介です。

お風呂に入る前にだいたい落とす
私がやったのは、オイル(保湿や洗顔用)を顔にサッとなでて馴染ませ、ホットタオルで拭く。
そのあとお風呂で流すか、軽く絞ったタオルで再度拭く。

これが一番楽でした。。

クリームがオイルと馴染んで浮くため落ちやすい、
ホットタオルだとオイルの油分が残りにくい、
のです。

私が使ったのはエキストラバージンオリーブオイルです。
ベビーオイルも使えますが、オイル分がけっこう残り、油分があんまり残ると肌荒れにもつながるので、
いろんなオイルを試しました。
肌なじみが良くベタつきが少なく、ホットタオルで拭きとりやすい、さらりと使える
エキストラバージンオリーブオイルが最後に生き残りました。

(どのオイルもかぶれなどのアレルギー様症状が出ることもありますので、
初めに使うときはパッチテストをお勧めします。
また、オイルは酸化すると肌荒れの原因になりますので、早めに使い切るか、時間があいたら
新しいものに替えましょう。)

日焼け止め落としシートも売っていますが、“こする”ことは、あまり肌にはよくありません。
これだけでしっかりこすって落とそうとせずに、これでサッと落として、残りはお風呂で、という
使い方をお勧めします。

カンペキに落ちなくても大丈夫なような、刺激の少ないものを選ぶ

・お母さんとお揃いで、子ども専用洗顔ブラシを与えて一緒にやる

 

 

帽子も日焼け止めクリームも、毎日のことですので、お互いにストレスになるようでは良くありません。
ツラくなると、怒ったり、無理やりやったりと、UVケア自体が「イヤなもの」になってしまいますので、
子どもの様子を見ながら、関わっていきましょう。
「~になっちゃうよ」といったような否定的なものではなく「~になれるよ」と肯定的な声掛けをしてあげることもポイントです。
とはいっても、お父さんお母さんも毎日優しく声掛けできるわけではないので、
出来る範囲で、無理強いせずに (^-^)関わってあげてくださいね。

何度も何度も繰り返しますが、子どものUVケアは歯みがきと同じように習慣化が大切です。
いいときもうまくいかないときも、押したり引いたりするうちに自然とできるようになりますので、
気長な関わりがとても大切なのです。

エポカルオンラインショップ

 

 

 

 

 

参照
日本眼科医会
東京都福祉保健局

 

エポカル保健室
増田友美

夏の帽子 紫外線と蒸れとどっちが気になる?

今日は風がありますが、いいお天気。

皆さんはお出かけのときに、帽子 持っていますか?
頭皮には、紫外線と帽子の中の蒸れと、
どちらが良くないのでしょう・・・

答えは、紫外線。

去年、今年とメディアでも取りあげられていました。

蒸れが気になって帽子をかぶらない方、意外に多いんですよね。

ですが、、

紫外線は 髪の毛も、毛根も、痛めます 

今は蒸れないような工夫が施された帽子も多く、
蒸れて皮脂や汗で毛穴に汚れがつくことがあっても
お風呂に入りますので、何日間もそのままの状態ということは あまりないはずです。

ですが紫外線で傷ついた毛根や髪の毛は、回復までに時間がかかるか、
もしくは回復しません。

抜け毛の原因となります。

女性も男性も、急に髪の毛が抜けるようになる時期があります。
誰にとっても年齢とともに気になる抜け毛や白髪。
直射から守ってあげたいですね。

お出かけには帽子をお忘れなく(^-^)

エポカルUVカット帽子

エポカル保健室
増田友美

長く使いたい

1つの製品を長く使う

 

お客様より

娘が0歳の時に購入しました。本人も気に入ってかぶっていましたが、一年半でサイズが合わなくなってしまい、同じ色、形の大きいサイズを購入しました。

私も自分用の帽子を一年半前に購入したので、娘はお揃いだと喜び毎日かぶっています。あごひものパーツを自分で引っ張り嬉しそうに締めようとします。

今度は長くかぶれれば良いなと思います。

紫外線対策用UVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)

エポカルより

お子様が0歳の時にお帽子を選んでくださったということは、ファーストハットでしょうか?

ファーストハットにエポカルを選んでいただけたという光栄!!

凄く嬉しいです(^∇^)
ありがとうございます。

お子様の頭の大きさを考えられて丁度良いサイズを選ばれたから、1年半でサイズがアウトになったのだと思います。
お母様の愛情ですね!!
素晴らしいです。

親子で毎日エポカルのお帽子を被っていただけるなんて、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
まだおちいさいのに、ご自分であご紐を調整できるんですね!!
すごいですね♡
ぜひ、ご愛用ください!!!

どうしても、お買い物の際には、大き目・・・そして長く被って欲しいと思ってしまいますが
サイズ調整がないものに関しては、1年に1度お子様のお帽子のサイズを見直していただくのがベターです。

大人の成長はすでに止まっていますが、子供達は、どんどん大きくなります。
特に10歳くらいまでは頭の大きさ、個人差が激しく、

えっこの年齢で、大人と同じ??

と思っちゃう子も多いのです。

お外で元気に遊ぶために紫外線対策をしましょう エポカル

きちんとした大きさと、お顔や頭にあったものを選んであげることは、贅沢ながら、
かぶり心地も、
心地よさも、
お顔にできる影、
そして、紫外線対策的にも、適したことです!

お買い替えをありがとうございました!!!

エポカル製品の開発においても、できるだけ長くお使いいただけるように
サイズ調整や使い心地の良さを考えながら、1つの製品を作っていきたいと
思います!

お子様の成長、嬉しいですね。

エポカルスタッフも、買い替えの際には、ご成長なさったんだな♡
と嬉しく拝読しました♪

 

エポカル
松成紀公子

 

国内唯一の日本学校保健会推薦製品

EPOCHAL製品は、我が子を守る思いから始まりました。

赤ちゃんのための1枚のウエアから始まったこのブランドは、今では老若男女すべての世代の人々を有害紫外線から守るために、素材、機能性、デザイン性、快適性を追求した製品を作っています。

 

 

国内唯一の日本学校保健会推薦製品シリーズとして9年継続

 

「紫外線から守る優れた製品であること」が認められ、

2011年【日本学校保健会※】に、紫外線対策分野では日本で唯一、学校生活における紫外線対策の「推薦製品」として「EPOCHALスクールシリーズ」が選ばれました。

 

[お客様のお声]

赤ちゃんの頃から利用させて頂き、助かっています!四月から1年生になりましたが、指定の帽子になって すぐに頸が日焼けで荒れてしまいました💦
幼稚園も小学校も あまり紫外線を気にしてないので、もっとエポカルの商品とかを広めてほしいです‼︎

こだわりの製品に感謝しています。入学時に買った体育用の赤白帽子、現在3年生ですがまだまだ丈夫です。これからもさらに良い製品を作ってくださいね。

エアスルーブレッサブルハット/2019年SS新作

エアスルーブレッサブルハット/2019年SS新作

エポカル2019 新作ハット

 

EPOCHALの真夏のお帽子人気ランキング1位の「UVカットエアスルーハット」に新しくワンランク上のお帽子が誕生しました!

エアスルーハットの特長は

どんな帽子よりも軽い!
素材が柔らかい
メッシュが入っていて通気性がバツグン
涼しい
折り畳んで持ち運びができる
フラップを取ったりつけたりできる
フラップをマスクの代わりにもできる
サイズ調整を帽子の外側でゴムひもを引っ張るだけでできる!

など

本当に多機能なお帽子!

その軽さ 46g  フラップは、10g! 卵1個よりもかる~い!!

 

新しいエアスルーブレッサブルハットの新しいPOINT

新しくなったエアスルーハットの特長は、

綺麗なフォルムが続く不思議なつば
フラップが帽子の外側からも付けられる2WAYに!

 

この2つのポイントには、とても重要な意味があります。
綺麗なフォルムが続く不思議なつばは、実は、つばの先にコード(紐)が入っています。
EPOCHALでは、他のお帽子にも採用しています。
「硬いつば」は、子どもには「重くて、転んだ時などが心配」です。

柔らかいけれど、形は、しっかり整っていて、それがキープできるにはどうしたらいいの?

と言う事で、今回のコード入りのつばになりました!
生地との相性も良くてとても品の良い帽子になりました。

 

フラップが帽子の外側からもつけられる

子供たちの行動や活動、動き方を見ていて

ちょっと被りづらいかな?と思うときもあります。

フラップは、肌に影を付けるもの。

他社様の製品では、首にペタッとくっついたフラップを見ますが、あれは、熱中症を加速してしまうのでは?とちょっと疑問に思う事も。

首の部分は、汗をかき、風が通るから体温を下げることができます。

 

要するに理想的な形は

肌に影を作り

肌から離れている事

だと思うのです。

 

ただ、太陽高度などから考えたり動きやすさなども考えると従来の方が良いことも。

と言う事で、”2WAY”にしました。

つばの内側でフラップを付けても、つばの上側でフラップを付けてもOK!!!

 

夏の紫外線対策用の帽子の1つに最適!

軽い
UVカット率効果が高い
つばがしっかりしている
つばの長さが視野を妨げず程よい長さ
折り畳んでもOKで持ち運びに便利
通気性がバツグン

な、新作のエアスルーブレッサブルハットは、お子様の夏の紫外線対策帽子に最適です!

 

晴れた日=エポカルDAYは、お気に入りのお帽子をかぶってお出かけください。

 

EPOCHAL
http://www.epochal.jp/