奈良県の帝塚山小学校で初の小学生向け紫外線講座を開催!

五月晴れのきれいな5月25日、奈良県奈良市の帝塚山小学校で、3年生に向けた紫外線対策講座を行いました。

エポカルでは、毎年幼稚園児や保護者様向けに、紫外線対策の講座を行ってきましたが、小学生は今回が初めてです。

元気な子ども達と過ごした45分はあっというまでした。

子ども達の環境作りにも熱心な帝塚山小学校

電車から降りると目の前にある帝塚山学園。

小学校は駅から一番遠いところにあり、木の下や校庭などを見ながら歩いていきます。校舎の中にはあちらこちらに児童たちの絵が飾られており、木の温かみのある校舎に色を添えています。

児童の生きる力=根っこを育てる活動が教育の根幹であり、それこそが児童の将来の可能性を伸ばすことだとおっしゃる校長先生。

講座でも積極的に手を挙げて自信を持って発言する姿や、笑顔で挨拶してくれた児童さんたちの姿を拝見し、教育のすばらしさを感じました。

さらに、帝塚山小学校では約20年前、オーストラリア キャンベラの小学校と姉妹校提携を結びました。以来、何度か交流をしていますが、現地ではすでに10年以上前から「児童の健康のための紫外線対策」は、あたりまえのように実施されていました。健康先進国で実施されている対策が、どうして日本ではなかなか採り入れられないのかが不思議でならないと校長先生。

そこで、昨年一番太陽の光を浴びながら活動するときに被る体操帽子に、エポカルのフラップ取外し体操帽子をご採用いただきました。

今回伺った時も、体育の時間はもとより、校外学習で探検に行く生徒さん達がフラップ帽子を被っている姿も拝見しました。赤白帽ではなく、青いので青白帽という愛称をつけていただき、大切に使ってくださっているとの嬉しいお話を先生から伺いました。

エポカルにとって小学生向けの紫外線講座は初めてです

今まで、幼稚園の園児さん、そして、保護者様に向けた講座は行ってきましたが、小学生に向けた講座は今回が初めてでした。

学校のカリキュラムに入っている授業ではないからこそ、教科を超えたお話ができるのではないかと思い、理科の要素、保健体育の要素、美術の要素などを組み込み、楽しくお話させていただきました。

今回のテーマは
・紫外線って何色?
・紫外線の良いところ、悪いところ
・紫外線の見える生き物たち
・帽子のデザインをしてみよう(自由課題)

先程も話しましたが、帝塚山小学校の児童さんたちはとても積極性があり、質問をすると、みんなが積極的に挙手し、自信をもって答えてくれます。子ども達のパワーに負けじと、私たちも大きな声でお話させていただきました。

紫外線がシミやしわを作るんだよといった時に、大きな歓声が上がった時はシミやしわなんて知ってるんだ!と驚きました。想像通り、昆虫の目から見える花の写真を見せたときは、「すご~い!」や「え~~~!」など大きな歓声が上がりました。ここから、生き物と人間の違いなどに興味も持ってくれるきっかけとなればと願います。

エポカルブランドとは?

帝塚山小学校のある奈良という素晴らしい街

今回の出張は時期が時期なだけに、蜜を避けて、人の少ない早朝に出発し、できるだけ人込みを避けたルートで奈良まで向かいました。

奈良といえば、国宝や文化遺産の多い街ですが、帝塚山小学校から少し電車を乗れば、奈良公園や東大寺に行けることがわかりミニ社内旅行がてら足を延ばしてきました。

五月晴れの季節だったこともあり、木々の緑がとても美しく、広々とした公園はゆっくり散歩をするのに素敵なところです。ただ、積極的な鹿がぐいぐい寄ってくる姿が観光客を圧倒していました。

駅から30分ほど歩けば、若草山のふもとにある東大寺に到着。学校での見学以来数十年ぶりの大仏様でした。その大仏様のいらっしゃる大仏殿が、静かで優しい光の差し込みとても居心地がよく、早朝からの疲れをとるため、大仏様と目を合わせながら、少し休ませていただきました。

今回の出張は、子どもの元気と奈良の癒しをいただいた素敵なお仕事だったと改めて思います。

これからもご依頼があればどこへでも飛んでいきます

今までも、ピーカブーのある埼玉だけではなく、九州や沖縄でも紫外線対策講座を行ってきました。なぜエポカル製品が必要なのか?どのように使うのが効率的なのか?そんなお話や、今回のように紫外線とはというお話など、私たちの知っていることを、幅広くお伝えできればと思っております。

最後になりましたが、貴重な機会をいただきました帝塚山小学校の皆様
本当にありがとうございました。

甚平のような涼しさを1枚で

小学生のための1枚で完成UVカットウエアを作りたい

①EPOCHAL(エポカル)の製品は、UVカット率91%以上・紫外線対策用の特殊素材を使用した、デザインで機能を表現するオリジナルウエア
②年代に合った製品を「育児」の経験から作り上げる
③18年の蓄積データと、母親としての知恵を振り絞ったシンプルだけど愛情とIdea が入った製品

     ⤵  

こんなシンプルなデザインのTシャツに、極上の通気性と、洋服の内側に汗をためない工夫素材の心地よさ、何もかも忘れて夢中で遊ぶ子供たちを応援したい気持ちをぎゅっと詰め込みました!

 男女ともにちょっとスポーティーで、ちょっとカッコイイ。
汚れることも考えた4色展開。

UVカット効果は、もちろん!
どうして7分袖???

それは
①まくる‥ということが苦手な子供
②手を洗った時に邪魔にならない
③甚平のように袖から背中に抜けるような緩さと風通りのデザインを取り入れたい

という思いから。

首の後ろを見てください

髪の生え際までしっかりガードできているのがわかるでしょうか?

実は、EPOCHALのウエアには結構このスタイルが取り入れられていますが、
襟の前側は、低く、後ろ側は高くなっています。
着てしまえば普通のT-シャツに見えますが、首の後ろ側は日焼けしやすい場所。
特に子供はうつむいて遊ぶことが多く、この場所は、免疫力を下げ、日焼けしたり、強い日光にさらされると熱中症も引き起こしやすいといわれている場所です。
だからこそ、守る!!!

日本学校保健会推薦製品のEPOCHALUVカット体操服にも取り入れられているオリジナルスタイルです。

紫外線対策には、必須なサングラスもストレッチテープにかけられますので、落下防止、なくしもの防止にも。
もちろん、生地に穴をあけず、名札も付けられます。

機能説明

特に左下の写真をご覧ください。
内側がメッシュのような網目になっています。

汗を素早く吸収して、凸で肌に当たるため、いつでも肌はさらさら!

汗は表側生地に吸収されて、素早く乾くのです。

吸汗性・速乾性がわかるでしょうか?

100~150㎝サイズまで。
定価5000円(税抜)~

洗濯を繰り返しても、毛羽立ちができづらい、かなりハイクオリティーな素材です。

春から秋まで3シーズン毎日学校や幼稚、保育園で着てほしい、これだ!!!という1枚です。

EPOCHAL(エポカル)
企画室

水陸両用で使える画期的な、紫外線対策用 ストレッチTシャツ

 

水陸両用で使える画期的な、紫外線対策用 ストレッチTシャツのご紹介!


エポカル・プロデューサーの松成です!この週末は、きっと1年で一番過ごしやすく、気持ちの良い2日でしたね

わたしも、大好きなテニスを仲間たちと昨日は楽しみました!

※写真は、わたしと友人!わたしは150センチサイズのオレンジを着ています!

「UVカット水陸両用ストレッチTシャツ」は、今年の新作ですが、この製品の出来るまで、と着心地、このデザインにこだわったわけをお話します!

エポカルは、ラッシュガードや、フロントオープンスクールスイムウエアなど画期的な製品を作ってきました。これらの製品は、10年前店頭には全くなく、

「長袖の水着って何!?」

ってことでTV(NHKや民放)に取材されましたが、普通・・になりましたね(笑)

数年前までは、ロングのスイムスパッツも全くなかったのですが、これは、極度に敏感なお肌の方や、難病と闘う方々のために作っていたのですが、これも一般的に!!

驚くばかりの~広がり方です(^o^)

 

さて、ここで、EPOCHALとしての「ものづくり」について一度考え直そうか、と毎年会議をしています。毎年、毎月、毎週、毎日です。

・・・・しつこいですね。

何を?ってことですが、「EPOCHAL=画期的な」という意味です。

 

今までは、もちろん「紫外線対策ウエア」の先駆者として走ってきました。}さらに、生活に合った画期的で、役に立つ物、を作りたい。

お出かけをもっともっと楽しめるために

安心して有害紫外線の元にいても大丈夫なように。

 

「何が欲しい?」も大切ですが、

「何に困ってる?」が一番大切なことだと思っています。

 

私たちのIdeaと、特殊素材、そして経験から新しいものを作り出したい!

と思っています!

 

 

きっかけは・・・↓↓↓

 

なるほど~そういえば、幼稚園や保育園でも、UVケアの意識が高まり、関西の方では、学校でもラッシュガードを着用できるようになってきたところもあるそうで。

Tシャツ1枚でも、直射日光よりは・・・強い有害紫外線からは肌を守れます!

有難い試みですよね♪(^o^)

 

お母さんの気持ちを考えると

・高いラッシュガード、着せたいけれど、それだけのために?

・普通のTシャツじゃやっぱり少し心配・・・

・できればUVカット効果の高いものを

・長袖の方がいいけれど、家にある古いTシャツでいいのか!?

・普通のTシャツって水にぬれると張り付いて気持ち悪そう

・着脱が楽な伸びるものがいいな

・すぐに成長しちゃう子供のサイズ選びが楽なのないかな?

などなど・・・

 

じゃあ、水辺でも使えて、普通のTシャツとしても使える

普通じゃないTシャツ作ろうかな!!

 

幼稚園や保育園の水遊びの時も

遊びの時も・・・いつでも使える UVカットTシャツ作ろう!

 

 

というのが開発の始まり!

 

水=海やプールで使えるためには、

塩素に強いもので

UVカット効果の高いもの(EPOCHAL基準はUV遮蔽率91%以上)

でなくてはなりません。

 

そして、

普通のTシャツよりも心地いい=通気性が抜群に良くて、着ていても涼しいもの

 

水にぬれても、水はけがいいもの

 

ストレッチ性が高くて動きやすいもの

 

なかなか難しい(??)ものですが、水陸両用のUVカット帽子は、とっても人気だったので、「いつでも使える」って言うのは、便利だし、お買い得!って感じていただけるんだろうなと。

 

念ずれば、叶う・・・と言うことは、稀ではありますが、ずっと探し続けていると

「これかも!!」

というものに巡り合えるものですね♪

偶然見つけたUVカット素材(EPOCHALでは特殊なUVカット素材を使用しています)

上記のすべてに当てはまる布地を発見!!

 

このデコボコ感が通気性の良さと、肌に密着しすぎずペッタリしない感を引き出します。スワッチ(布の切れ端)を触った時は、「ちょっとこれよくない!?」と自分に問いかけたほどです!

 

但し、着用感は分からないので、何度か試作して、着用してみました。

問題は、・・・

実は、「開発時期が冬」だと、寒くて良くわからない・・・(;;)ということですが・・・。

 

何度か自分自身で試した結果(テニスやお風呂で 笑)

 

歩くだけで、風が肌を通って行く!

  とにかく肌触りがいい!

  汗がすぐに乾く

  水にぬれると重いけれど、水はけがいい

  ストレッチ性がすごくいいので、動きが制限されない

  長袖でも、暑さをあまり感じない

  腕まくりが簡単にできる

 

と、なかなかイイカンジ!

 

このTシャツに、

襟の高さ・・・とくに髪を結んでスポーツすると首の後ろが日焼けしやすいので

後ろだけ高くして日焼けしやすいところをガード!

子どもたちも、下を向いて遊ぶことが多いし、男の子は髪が短いので

首はしっかり守りたい!

 

ただ、圧迫感は無い方がいいので、衿野前側は低くしました!

 

出来たのが、このTシャツです。

 

サイズにより仕様とカラーが違います!

 

100~110cmサイズは、水遊びするときのお帽子やスイムキャップがなかなか見つからないというお声があったので、同素材のキャップがついています!

ホワイトとブルーの展開です(^o^)

 

120~150cmの少し大きくなったお子さんには、汚れが目立たないスポーティーなオレンジとグレーを!

 

メンズ・レディースには、人気のネイビーをチョイスしました。

 

今年は、「これいい!!」と言っていただける方が増えてきましたので、来年は、かたーを増やしていこうかなと思っています!

ぜひ「水陸両方で使える紫外線対策用のTシャツ」をお試しくださいね!

 

小さい子達には、お外へのお散歩や、公園遊び、親子でのボール遊びやレジャーなど、もちろん海やプールでも、

120センチ以上のお子様達には、学校でも!

大人の方々には、お子様とのお時間やスポーツに!!

 

色々なシーンで、紫外線の害を防ぎながら楽しくアクティブに過ごしていただければと思います( ^ω^ )

 

最後まで読んでいただけてありがとうございました!