奈良県の帝塚山小学校で初の小学生向け紫外線講座を開催!

五月晴れのきれいな5月25日、奈良県奈良市の帝塚山小学校で、3年生に向けた紫外線対策講座を行いました。

エポカルでは、毎年幼稚園児や保護者様向けに、紫外線対策の講座を行ってきましたが、小学生は今回が初めてです。

元気な子ども達と過ごした45分はあっというまでした。

子ども達の環境作りにも熱心な帝塚山小学校

電車から降りると目の前にある帝塚山学園。

小学校は駅から一番遠いところにあり、木の下や校庭などを見ながら歩いていきます。校舎の中にはあちらこちらに児童たちの絵が飾られており、木の温かみのある校舎に色を添えています。

児童の生きる力=根っこを育てる活動が教育の根幹であり、それこそが児童の将来の可能性を伸ばすことだとおっしゃる校長先生。

講座でも積極的に手を挙げて自信を持って発言する姿や、笑顔で挨拶してくれた児童さんたちの姿を拝見し、教育のすばらしさを感じました。

さらに、帝塚山小学校では約20年前、オーストラリア キャンベラの小学校と姉妹校提携を結びました。以来、何度か交流をしていますが、現地ではすでに10年以上前から「児童の健康のための紫外線対策」は、あたりまえのように実施されていました。健康先進国で実施されている対策が、どうして日本ではなかなか採り入れられないのかが不思議でならないと校長先生。

そこで、昨年一番太陽の光を浴びながら活動するときに被る体操帽子に、エポカルのフラップ取外し体操帽子をご採用いただきました。

今回伺った時も、体育の時間はもとより、校外学習で探検に行く生徒さん達がフラップ帽子を被っている姿も拝見しました。赤白帽ではなく、青いので青白帽という愛称をつけていただき、大切に使ってくださっているとの嬉しいお話を先生から伺いました。

エポカルにとって小学生向けの紫外線講座は初めてです

今まで、幼稚園の園児さん、そして、保護者様に向けた講座は行ってきましたが、小学生に向けた講座は今回が初めてでした。

学校のカリキュラムに入っている授業ではないからこそ、教科を超えたお話ができるのではないかと思い、理科の要素、保健体育の要素、美術の要素などを組み込み、楽しくお話させていただきました。

今回のテーマは
・紫外線って何色?
・紫外線の良いところ、悪いところ
・紫外線の見える生き物たち
・帽子のデザインをしてみよう(自由課題)

先程も話しましたが、帝塚山小学校の児童さんたちはとても積極性があり、質問をすると、みんなが積極的に挙手し、自信をもって答えてくれます。子ども達のパワーに負けじと、私たちも大きな声でお話させていただきました。

紫外線がシミやしわを作るんだよといった時に、大きな歓声が上がった時はシミやしわなんて知ってるんだ!と驚きました。想像通り、昆虫の目から見える花の写真を見せたときは、「すご~い!」や「え~~~!」など大きな歓声が上がりました。ここから、生き物と人間の違いなどに興味も持ってくれるきっかけとなればと願います。

エポカルブランドとは?

帝塚山小学校のある奈良という素晴らしい街

今回の出張は時期が時期なだけに、蜜を避けて、人の少ない早朝に出発し、できるだけ人込みを避けたルートで奈良まで向かいました。

奈良といえば、国宝や文化遺産の多い街ですが、帝塚山小学校から少し電車を乗れば、奈良公園や東大寺に行けることがわかりミニ社内旅行がてら足を延ばしてきました。

五月晴れの季節だったこともあり、木々の緑がとても美しく、広々とした公園はゆっくり散歩をするのに素敵なところです。ただ、積極的な鹿がぐいぐい寄ってくる姿が観光客を圧倒していました。

駅から30分ほど歩けば、若草山のふもとにある東大寺に到着。学校での見学以来数十年ぶりの大仏様でした。その大仏様のいらっしゃる大仏殿が、静かで優しい光の差し込みとても居心地がよく、早朝からの疲れをとるため、大仏様と目を合わせながら、少し休ませていただきました。

今回の出張は、子どもの元気と奈良の癒しをいただいた素敵なお仕事だったと改めて思います。

これからもご依頼があればどこへでも飛んでいきます

今までも、ピーカブーのある埼玉だけではなく、九州や沖縄でも紫外線対策講座を行ってきました。なぜエポカル製品が必要なのか?どのように使うのが効率的なのか?そんなお話や、今回のように紫外線とはというお話など、私たちの知っていることを、幅広くお伝えできればと思っております。

最後になりましたが、貴重な機会をいただきました帝塚山小学校の皆様
本当にありがとうございました。

あこがれの沖縄リゾートホテルで充実した時間を!

沖縄と言えば、青い空、広い海

この季節にすでにひまわりの咲いている日本で一番暖かいところ

そして、紫外線が降り注ぐ場所でもあります。

そんな沖縄に行く目的は?たいていの方はマリンスポーツやリゾートライフを楽しむためではないでしょうか?

沖縄の方に聞いた沖縄の楽しみ方

 

先週沖縄にお仕事で行かせていただきました。

今回も多くの沖縄の方にお話を伺う機会があり、様々なお話を聞かせていただきました。

 

エポカルと沖縄は実はご縁が長く、スタッフの子ども達が小さい時から

撮影を兼ねて家族みんなで行っていたなじみの深いところです。

子ども連れでも十分楽しめる環境が用意されているリゾートホテルは

まさに“おもてなし”の気持ちの溢れている素敵なところです。

 

それから18年たった今も、毎年足を運んでいますが

ここ数年、特に新しいホテルがどんどん建ち並び、開発が進んでいることに驚いています。

そんな中、それぞれのホテルが個性を大切にしています。

 

毎回仕事で行くので、どうしても那覇の方でのお仕事が多いのですが、あえて恩納村や読谷などに泊まります。

沖縄の方には「なんでそんな遠くに泊まるの?」と聞かれます。

私たちにとっては、せっかくの沖縄なので、青い海、広い景色を見たいと思っています。

 

 

今回そんなお話をさせていただく機会があり、

「たとえ60キロ走ることになってもリゾート地に泊まりたい」

とお話したら分かってくださる方がいらっしゃいました。

 

沖縄=遊びという声が多いですが、今の時代場所を選ばず仕事ができる環境の人も多いので

ぜひ、気持ちの落ち着く場所で仕事をするということで沖縄へ来ていただけると嬉しいとのこと。

リゾートホテルはファミリーだけのホテルではなくなってきているようです。

 

 

UV-スイムウエア UVカット率99%以上 着るだけ紫外線対策

 

 

少し珍しいリゾートホテル【Grandystyle読谷】

 

今回の出張は毎日ホテルを変えてみました。

リゾートホテルと一口に行ってもきっと色々とサービスの違いがあるはず

そんな比較も面白いということで4泊すべて別のリゾートホテルを選択

 

その中の一つ【GrandyStyle読谷】という7月にできたばかりのホテルに泊まらせていただきました。

今までの沖縄のリゾートホテルとは一味違うスタイリッシュなホテル

まさに沖縄でゆったりと仕事をするのにぴったりなホテルです。

間接照明をうまく使った柔らかい光や空間デザインで広さを感じる作り

落ち着いた雰囲気でお酒を楽しめるところも素敵でした。

 

ファミリー向けの解放感いっぱいのリゾートホテルもたくさん建っている中、

その中で新しい沖縄の楽しみ方を提案されたようで

ますます今後の沖縄から目が離せなくなりました。

 

スタッフ iseki

 

 

 

 

 

 

 

Australiaで発見! ~Melbourn編~

Australia出張中、途中でMelbournに行きました。

SydneyとMelbournは飛行機で1時間半くらいの距離

どちらもAustraliaでは栄えた街に入ります。

学生の街 MELBOURN

Melbournは学生の街だよと行く前から現地の方に伺っていましたが

一目瞭然!本当に学生の多い街でした。

もともとAustralia自体が留学生の多い国ですが、

Sydneyよりも街中で見かける人々に学生が多く

更にアジア系の学生が多かったように思います。

並ぶ学生

特にブランドの前に並ぶアジア系の学生にビックリ

若さと活気のある街でした。

魅力的な図書館

そんな学生の多い街は、勉強のための図書館も素敵です。

街の中には2つの図書館があるのですが、ひとつは学生のための図書館、

そしてもうひとつは市民のための図書館と住み分けがされていました。

大人の1歩上いく上品UVカットウエア

学生のための図書館は、ビクトリア州立図書館

飲食禁止で話すことが禁止されているスペースもあります。

机も豊富にあり、PCなどを持ち込んでレポートを仕上げている学生を多く見かけました。

  

もともと議場だったらしく、そのままのつくりを残しての利用です。

厳かな雰囲気が、集中力を生むような感じがしました。

一般市民向けの図書館は逆に子連れでも行きやすい雰囲気で、飲食もOK、おしゃべりもOKで誰もが気軽に本に触れ合える場所です。

Melbournで発見!

そんなMelbournの街で面白いものを発見!

向こうからなにやら変わった車が来たぞと思ったら!

道路をお掃除する車でした。

黄色いモップのようなものでクルクルとゴミをかき集めています。

見通しの良い、小さなサイズは運転に苦手な私でも運転できそう^^

運転ルンバというところでしょうか?

海外と言うだけで、看板ひとつで感動するstaff isekiですが、

Melbourunの活気溢れる街は、Ausutraliaのイメージが少し変えてくれた街でした。

帰りの飛行機でハプニングが起こった話はまた次回・・・

to be continue…

Epochalのよろず屋staff

iseki

オーストラリアへの冒険④ ARPANSA編

使節団と思われた私たち

 

よくエポカルで名前のあがるARPANSAって何でしょう?

 

実はオーストラリアの政府機関の一部でオーストラリアにおける紫外線対策は

彼らの管轄であり、洋服などのUPF検査も行っています。

他にも紫外線対策の事業を行っている企業の認定も行っています。

 

まさに、オーストラリアは国を挙げて紫外線対策を推進しているのです。

私たちは、紫外線先進国オーストラリアの政府機関に日本で一番真剣に紫外線対策について考え、

製品開発を行っていることを知っていただき、認めてもらいたかったのです。

 

ARPANSAに行きたいけれど、アポイントメントをどうやってとればいいのかわからず

現地の方にお願いして取っていただきました。

 

面会していただけるとお返事を頂き大喜びしていましたが、

お返事のメールを良く見ると“使節団”とかかれているではありませんか!!

 

『まって?私たち日本の代表みたいに思われてない??』

一抹の不安に襲われた二人・・・

 

とにかく、チャンスをいただいたんだから会いにいくしかない!と

あつかましく、たった2人の使節団として伺うことにしました。

私達は紫外線の害について意識が高く、教育システムにも紫外線対策を取り入れている オーストラリアの紫外線対策の実情を知るため現地に行ってきました。

 

ドキドキの1時間

 

使節団が案内された部屋にはビシッとスーツを着た、

すまし顔の男性が5人で私たちを迎えてくださいました。

ダンディな男性ばかりですが、笑顔はありません。

途中女性の方やCEOらしき方も入ってきてくださったりと

ますます小さくなっていく私たち。

 

一通り自己紹介をしたあと、まずARPANSAの紹介をしますと、大きなテレビ画面に

写真やグラフが映し出され、英語でぺらぺらと説明が始まりました。

 

その後、エポカルの紹介を社長が通訳さんを通じて、

日本の一企業だけど真剣に紫外線対策に取り組んでいること、

日本の紫外線対策についての説明など一生懸命伝えました。

 

聞きながらいくつか質問もしていただき、私たちが真剣に

紫外線対策に取り組んでいることは、伝わったような手応えがありました。

 

本物のUPF検査を見学させていただきました

 

最期に私たちの製品のUPF検査をして欲しいとお願いすると快く受けてくださり

施設内を見学させてくださいました。

その頃には何名かの方々は他のミーティングがあると少しずつ人数が減り

すこし和んだ雰囲気でUV計測器を見せていただいたり、

UPFの検査の機械を見せていただいたりしました。

 

その場で実際に測ってくださり

『結構高い数値がでたぞ!』なんて盛り上がりました。

 

帰りは玄関まで見送ってくださり、ARPANSAのスタンダードな帽子を

プレゼントしてくださいました。

『せっかくだからサインしてください!』とお願いすると

みんな大喜びでサインをくださいました。

『まるで“クロケット”の選手になった気分だ!』

なんて冗談が飛び交う楽しい雰囲気でお別れできました。

たったの一時間でしたが、私たちにとっては10時間くらいに感じる

とても貴重なそして緊張の時間でした。

 

こんな小さな会社の2人の主婦と知っても、

きちんと対応してくださったARPANSAの方々には、

中々出来ない経験をさせていただいたことに本当に感謝しています。

 

そして、結局シドニーへの移動の飛行機には通訳さん含め3人で乗り遅れました。。。

*その後、エポカルはARPANSAの企業認定もいただき
 UPF検査を受け、幾つかの製品は最高値のUPF50+を取得しています。

 

 

井関典子

2018年私達は紫外線対策先進国オーストラリアに視察に行ってきました。 オーストラリアの政府機関ARPANSAにて日本で初めて紫外線対策製品の企業として認定を受けています。

 

 

 

オーストラリアへの冒険③ Sun Smart編

Slip Slop Slap Seek Slide

 

オーストラリアでこの標語を知らない人はいないかもしれません。

Slip on a shirt. シャツを着る。
Slop on sunscreen. UVクリームを塗る。
Slap on a hat. 帽子を被る。
Seek shade. 日陰を探す。
Slide on sunglasses. サングラスをかける。

私たちがオーストラリアが紫外線先進国であると言うのは

学校のカリキュラムにすでに紫外線対策が盛り込まれているところにあります。

算数や国語を習うように、帽子を被ると言うことを学んでいるオーストラリアの人々

おとなになってどのような紫外線対策を行うかというのは本人の判断ですが、

必要性はすでに理解している国なのです。

そして、その基盤になるプログラムを作ったのがSun Smartです。

写真はSunSmartの入っているCancerCouncilのビル

 

私達は紫外線の害について意識が高く、教育システムにも紫外線対策を取り入れている オーストラリアの紫外線対策の実情を知るため現地に行ってきました。

 

 

SunSmartプログラムの必要性

 

1日に3箇所回るのは無理!と言われましたが、Sun Smart プログラムを作った方に

どうしても会いたかったのです。

そして紫外線対策の啓蒙活動についてお聞きたいことがありました。

 

受付を済ませて待っていると、小柄なとても素敵な女性が迎えてくださいました。

彼女の名前はジャスティン

カタコトの英語で挨拶を済ませると、上手な日本語を話してくださいました。

少し前に九州にいらっしゃったとか。

急に親近感が湧いてきて日本とオーストラリアの距離が縮まった気がします。

ジャスティンさんに1時間ほどSun Smartについてお話を伺いました。

オーストラリアでは、70歳までに3人に2人が皮膚がんと診断され、

毎年2000人以上のオーストラリア人が癌で亡くなっている

世界で最も皮膚がんの多い国だそうですが、

このプログラムが行われるようになった1988年~2011年の間に、

43000人以上の皮膚がんと1400人の死亡をビクトリア州で予防された

と推定されています。

http://www.sunsmart.com.au/about/sunsmart-program

 

 

 

紫外線対策という予防が、命を救ったと言えます。

 

日本では皮膚がんがオーストラリアほど多いわけではありませんが、

肌の老化の90%は紫外線によるものだと言われています。

また、日焼けによって肌や目のトラブルになったり、

免疫力が落ちることもわかっています。

スポーツのパフォーマンスが落ちたり、夏の感染症にかかりやすくなったりと

必要以上の日焼けは日本においてもデメリットでしかありません。

 

ただ、そんなオーストラリアでも最初からその必要性をみんなが理解していたわけではなく

紫外線対策の必要性を感じた多くの方々の努力があって今の標語が浸透したことは確かです。

 

私たちも一人ひとりの方に“ちゃんと伝えていく”ことが大切なんだと思いパワーをいただいて帰りました。

そう!絶対無理と言われた3件目をめざしてレンタカーを走らせましたのは言うまでもないことですが・・・

 

 

井関典子

2018年私達は紫外線対策先進国オーストラリアに視察に行ってきました。 オーストラリアの政府機関ARPANSAにて日本で初めて紫外線対策製品の企業として認定を受けています。

 

 

オーストラリアへの冒険② 日本人学校編

日本の小学校よりも日本らしい【melbourne japanese school】

 

オーストラリアには3つの日本人学校があります。

 

英語の話せないエポカルスタッフ

一番現地の様子をお話していただけるのは現地に住んでいる日本人の方と思い、

お話を伺いたいとご連絡させていただいたところ、すぐにご快諾をいただきました。

 

オーストラリアの生活について聞きたいことは山ほどあります。

日本との比較もしたいし、現地ならではの生活についてもお聞きしたい。

そして、何度も言いますが、英語の話せないエポカルスタッフなので、

通訳なしでお話を伺えるのは本当にありがたいと思いました。

きれいな木漏れ日の中にレンガ色の建物を発見し、セキュリティーのしっかりした

園舎に入れていただいて、最初に目に入ったのは玄関の日本人形です。

教室の壁には書き初めがあり、あちらこちらで日本語を眼にします。

授業でも太鼓やソーラン節などを取り入れているそうです。

 

“外から見ると日本のことが見えてくる”2回の渡豪を得て、私や社長が一番感じていることでもあります。

 

きっと、日本の中の小学校よりも日本について色々と知り、そして、感じているのではないでしょうか?

melbourne japanese schoolに通われているお子様は、駐在員さんのお子さん、

大学教授のお子さんが多く、駐在員さんは1~4年、大学教授は2~3年滞在の滞在がほとんどだそうです。

この数年の滞在はきっと貴重な体験となることでしょう。

私達は紫外線の害について意識が高く、教育システムにも紫外線対策を取り入れている オーストラリアの紫外線対策の実情を知るため現地に行ってきました。

 

もちろん紫外線対策は万全【melbourne japanese school】

 

日本のカリキュラムを取り入れ、日本らしさを大切にされているmelbourne japanese schoolですが、

紫外線対策については、オーストラリアのシステムが定着していました。

オーストラリアの紫外線対策合言葉“Slip Slop Slap Seek slide”1を守っていて、

お昼にはみんな自分でクリームを塗りなおし、帽子を被らなければ外には出られないそうです。

熱中症対策にも気を配られていて、35度を超えたときもお外では遊ばないと決まっていました。

 

保護者の方もそういった紫外線対策に理解を示されていて、あえて説明をしなくてもちゃんと守ってくださるとのこと。

オーストラリア全体が紫外線対策をすることが、日常の当たり前と思っていることを実感しました。

 

お話を一通り伺って、構内を見学させていただくことに。

 

元気な子ども達の授業風景を見せていただき、校庭に出るとそこには大きなテント地のシェードが

二つかけられていました。

入口側は木陰がたくさんあったのですが、校庭は見晴らしがよく太陽がサンサンと照らすつくりなので、

日陰が作られているのです。

奥のテニスコートで高学年の子ども達がバドミントンをしていましたが、

みんな長袖を着て活動していました。

 

校舎に入ってすぐの掲示板には、子ども達が書いた紫外線対策のポスターも貼ってあり、

学校のルールとしてしっかり定着していることが分かります。

余談ですが、校長先生はこちらに赴任される前、

私の実家の近くの学校にいらっしゃったお伺いご縁を感じました。

melbourne japanese schoolは緑豊かな綺麗なオーストラリアらしい作りの学校ですが、

とてもしっかりと紫外線対策をしている日本らしい学校でした。

 

※1.SLIP・SLOP・SLAP・SEEK・SLIDEとはオーストラリアの紫外線対策キャンペーン標語です。

Slip on a shirt. シャツを着る。
slop on sunscreen. UVクリームを塗る。
slap on a hat. 帽子を被る。
Seek shade. 日陰を探す。
Slide on sunglasses. サングラスをかける。

 

 

井関典子

2018年私達は紫外線対策先進国オーストラリアに視察に行ってきました。 オーストラリアの政府機関ARPANSAにて日本で初めて紫外線対策製品の企業として認定を受けています。

 

 

オーストラリアへの冒険① メルボルン編

晴れない街★メルボルン

私達がオーストラリア視察で最初に足を踏み入れた街はメルボルンでした。

青い空と強い日差しにやっぱり日焼け対策も必要なんだと感じたのを覚えています。

この日差しのため、3人に2人が皮膚がんになる国オーストラリアでは、

どんな対策を行っているのでしょうか?

 

現地の通訳の方に、いいお天気ですねと話すと

メルボルンはあまり晴れない街ですが今日は快晴ですねと

エポカル社長(松成)の巫女力が働いたのか私達の訪れた日は見事な快晴でした。

ちなみに社長(松成)は、究極の晴れ女と言われていて元気がある時は

ロケも旅行も出張も晴れさせますが、体調が悪かったり、気持ちが乗らないと

あっという間に雨を降らせてしまうと言われています(笑)

 

2018年は2回訪れたのですが、どちらも快晴!!

社長もご機嫌に行けたみたいです。

 

私達は紫外線の害について意識が高く、教育システムにも紫外線対策を取り入れている オーストラリアの紫外線対策の実情を知るため現地に行ってきました。

 

芸術の街★メルボルン

そんな晴れないと言われている街メルボルンは、芸術の街とも言われており、

建っているビルの個性的なこと!

積み木を積み上げたような形や、曲線を使った形など、近代的なビルが立ち並ぶ中、

間に昔ながらの教会や昔ながらの建物が多く見られます。

 

  

2018年秋、私達はシドニーの展示会に出展しましたが、

メルボルンでも年に2回大きな展示会が開催されています。

また、舞台芸術の複合施設であるアートセンターや、オーストラリアや先住民の芸術品を展示する

ビクトリア国立美術館があり、オーストラリアの流行の発信地になっています。

 

芸術家の方も多く住んでいて、街のあちらこちらに素敵な壁画もありました。

近代的な都市なのに、色のある街です。

 

 

私の思っていた自然豊かなオーストラリアをいい意味で裏切られた素敵な町並みでした。

実は”世界で最も住みやすい都市*”に6年連続で選ばれていますが、おしゃれなカフェやトラム、

公園など絵になる景色を見ているとそれも納得です。

 

そして、そこに住んでいた人々も素敵な方と感じたのはもう少し後のお話。

井関典子
2018年私達は紫外線対策先進国オーストラリアに視察に行ってきました。 オーストラリアの政府機関ARPANSAにて日本で初めて紫外線対策製品の企業として認定を受けています。

沖縄は、1年中紫外線対策が必要!

沖縄出張に行って来ました!

 

ロケ風景です

11月は、25度オーバーくらいのわたしには、ベストの気温の沖縄。

羽田から飛ぶときは関東は10度くらいでちょっと寒い朝だったので、着いた途端に「えっ、こんだけ移動しただけなのに?」と井関がつぶやいていました(笑)

季節が反対のオーストラリアを立て続けに経験したからですね(笑)わらっちゃいました。

11月の沖縄は、一番好きな季節です。

秋をちょっと体験し、冬を感じる日が出てくる時に、行くと夏を懐かしく感じます。

空気がしっとりしていて、程よい暑さ!

(暑い方がすきだから)

ですが、日差し&紫外線は、痛いほど!!

光線過敏症の井関さんは、油断したのか、しょうじょうがでてしまいました。

わたしは、はだが強いほうですが、UVカットくりーむ3どぬりしていったので、だいじょうぶ(^∇^)

沖縄は、WHOや気象庁のだしているUVインデックスによれば1年中平均値が3以上で「紫外線対策しなくてはならない」ばしょです。

お出かけの時はぜひ予防してくださいね!