手の甲・首筋 ーシワたるみ予防にも、皮膚トラブル予防にもー

手の甲・首筋 ーシワたるみ予防にも皮膚トラブル予防にもー 『いい皮膚の日』を前に。

こんにちは。エポカルです。
今年は雨の多い初秋ですが、今日は気持ちのいい秋晴れの関東地方。
ですが、、乾燥してきましたね。

ヒトのからだは、湿度60%を切ると乾燥を感じるといわれています。

乾燥がもたらす体の変化

かさつき
かゆみ
シワ
脱水

乾燥は意外と皮膚から体の中まで影響を及ぼすんですね。
今日は『いい皮膚の日』を前に、皮膚の乾燥についてのお話です。

かさつき・かゆみ

皮膚がカサついて、掻くと白い線がついたり粉がふいたりします。
掻くことで皮膚の内側には炎症反応が起こり、かゆみがかゆみをもたらすという
イッチスクラッチサイクル」ということが引き起こされます。
以下の部分に特に起こりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かさつきやかゆみは、アトピーの方にはとてもつらいもの。
夏よりは少し念入りな保湿ケアが必要です。

かさつきやかゆみと皮膚のバリア機能

皮膚が乾燥するとバリア機能が下がります。
皮膚を “掻く”  とバリア機能が下がります。
かさつきはバリア機能が下がっている状態です。

皮膚にしてはとても過酷な状態にあるわけですね。
とても皮膚トラブルの起こりやすい状況です。

乾燥肌の赤ちゃんは顔などこすり、頬がカサカサの真っ赤になったり
アトピー性皮膚炎の方も、かゆみが増すのではないでしょうか。

傷も治り難く、傷口もかゆみも増します。

秋の肌ケア

保湿
UVケア

保湿は手掛ける方は多いと思います。
うっかりしがちなのが紫外線対策です。

夏の間はしっかりしていたUVケアですが、この時期になると手が緩むのではないでしょうか。
実は首や手の甲など、出ている部分はしっかり紫外線を浴びています。
日焼けの実感がないのは、UV-Aだから。
浴びた分しっかりシワとして後々刻まれます・・・

無防備に紫外線を浴び続けると「日焼け」をし、やはり皮膚は乾燥します。
夏でなくても季節を通して紫外線対策することは大切です。

コチラにも詳しく記載していますので、ご覧くださいね。
「秋も紫外線に要注意!?秋のUVケアと予防医学的UVケアのポイント」

おまけのポイント “湯温”

 

 

 

 

 

 

冬の手荒れはツラいもの。
洗剤などの理由もあるかと思いますが、ちょっと気をつけられるポイントは
湯温” です。

手荒れを防ぎたいなら、湯温は38℃以下で。

冬の入浴ですとなかなか難しいかもしれませんが、
食器洗いは38℃以下の湯温が手荒れの助長を防ぎます。

入浴後のカサツキが気になるようでしたら、入浴剤の活用もいいですね。
水仕事や入浴後は、保湿ケアをお忘れなく。

保湿ケアとUVケアで、上手に乾燥季節を乗り切りましょう。

 

UVケアブランドエポカル
エポカルブランドとは?

 

 

 

 

 

赤ちゃんの肌と紫外線

 

赤ちゃんのお肌ってどんな肌

 

プルプルつやつやぷくぷくの赤ちゃんのお肌。赤ちゃんのお肌って大人とどう違うのでしょう。

赤ちゃんの肌は・

 

 

赤ちゃんの肌ってどんな肌/エポカル

 

子どもの肌は大人の半分の薄さ

成人の皮膚の厚さが約2.1㎜あるのに対して、新生児は約1.2㎜と

成人の半分~1/3程度しかありません。皮膚が薄いということは

バリア機能も大人に比べて未熟であるといえます。

生後約3か月 以降は、思春期まで乾燥肌に

生後少しの間は母親のホルモンの影響で 肌は保湿されていますが、
数か月の後に乾燥肌になります。

乾燥肌になるということは、適切なお手入れ(保湿)をしてあげないと、
肌のバリア機能が弱くなり、肌トラブルの原因になってしまうということがいえます。

皮脂分泌量の変化が大きい

生後約1か月は皮脂分泌が多く、脂漏性湿疹や新生児痤瘡(しんせいじざそう)などが出やすくなります。

その後思春期まで皮脂の分泌量は少ない状態が続き、乾燥肌の傾向となります

 

エポカル 日本唯一の赤ちゃんから大人までの紫外線対策ウエア専門ブランド

水分の出入りが大きい

赤ちゃんは、全体的に大人よりも体内の水分含有量が多いため、
みずみずしい肌にみえますが、1度トラブルが生じると悪化しやすい側面があります。

また、小さな体に大人と同じくらいの汗腺があることから、汗によるトラブルも多いです。

生後約3か月後からは、皮脂の分泌量が減るため細胞内外の水分含有量が高くても、
皮膚表面に皮脂膜が形成されにくく、角層から水分が蒸散しやすくなることから、
成人に比べ角層の水分含有量は少ないのです。

メラノサイトが未発達

紫外線の影響を非常に受けやすい状態です。

赤ちゃんにとって日焼けは “やけど”

無防備に紫外線を浴び続けることのないような環境づくりをしてあげる必要があります。

 

 

子どもの肌はプルプルつやつやで、何もしなくても自己治癒力が高いように思えます。
けれども今は、新生児期からの肌ケア(保湿)が大人になってからの肌トラブルに関係するほど
大切であることがわかっています。

(国立成育医療研究センター:https://www.ncchd.go.jp/press/2014/topic141001-1.html

 

具体的なケアについては、
赤ちゃんの肌ケア~赤ちゃんの肌を守るためにできるコト~』でご紹介していますので、
こちらもご覧ください (^-^)

 

エポカル保健室
増田友美

株式会社ピーカブー 健康アドバイザー 看護師 増田友美
株式会社ピーカブー 健康アドバイザー 看護師 増田友美

 

健康な肌と乾燥肌の違い

健康な肌と乾燥肌の違い

バリア機能のある健康な肌、そして外部から刺激を受けやすい乾燥肌の違いを図解しました!

 

乾燥肌と健康な肌
乾燥肌と健康な肌

健康な肌って、見た目だけのことだと思っていませんか?

バリア機能の弱い皮膚から入った刺激は、アレルギーの原因にもなるのです。侵入したさまざまな刺激に対して免疫反応がおきると、それはいわゆる「アレルギー反応」。かゆみだって出てきます。

感染も起こしやすくなります。

皮膚は外部の刺激から体を守る「器官」なのです。

この大切な皮膚を長く安定して守るためのポイントは、「小さな頃からの保湿」「栄養」「紫外線対策」です。

子どもの肌を守る。

お医者さまじゃなくても、わが子の健康を守るためにできること けっこうあるんですね。

 

EPOCHAL保健室 増田友美