わこらぼフェスに協力団体として参加させていただきました

5月30日に和光市と市民の協働で“わこらぼフェス”が開催されました。株式会社ピーカブーとしても、協力団体として参加しています。

EPOCHALは、18年前から和光市にオフィスを置いておりますが、ネット販売ということもあり、地元とのつながりはあまりなかったのですが、近年、地域とのつながりが強くなり、様々な活動に企業として協力させてい頂いております。

アパレルブランドとしての協力

今回のイベントのラストを飾るため、金色のスーツが欲しいとのことでしたので、金のスーツを製作しました。ノーマルなスーツをお預かりし、金ラメの布を手縫いで縫い付けていきました。

ライトの光にキラキラするスーツとのことで、スパンコールが付いた生地をセレクト

形作られた製品の加工のため、スーツの方をとり、布を裁断し、縁を手縫いで縫い付けていきました。

半分縫って光具合をチェック

どこまでの部分を覆い、地色の黒をどこまで生かすか・・・とりあえず襟は黒で残すことにしました。悩むは袖の部分です。

胴を覆ってみて、やはり袖もあったほうがいいようなので、袖も覆うことにしました。今回背中は、メッセージを入れるので黒で残すことになっています。

メッセージは“END”  そう!最後の締めを背中のアップにして終わります。

他にも個人としてスタッフになり、イベント開催に向けて協力を行ってきました。当日は、10時から19時半までの配信を行い、歌や踊り、トークやe-sportsなど盛り沢山な内容でお送りしました。

その様子はこちらからご覧ください。
イベント詳細につきましてはこちらから

3か月にわたる準備期間を設け、約100人の人々が関わる大きなイベントでした。無事に終わりホッとしております。

epochal staff

埼玉新聞/『着る予防医学』を提案するブランドを国内外に発信していきたい

国内唯一のUV対策ウエア専門ブランド「エポカル」、和光のピーカブーが展開 女性社長が起業した理由は

UVカット率97%以上の人気商品「サンブロックUVメッシュパーカー」(キッズ)を手にする松成紀公子社長=和光市のピーカブー

 紫外線(UV)の浴び過ぎによる健康ダメージへの関心が高まっている。国内唯一の紫外線対策ウエア専門ブランド「エポカル」を展開するピーカブー(和光市)は、約20年前から「着る予防医学」を訴え、製品の製造・販売と情報発信を続けている。

 松成紀公子社長(49)は「日焼けしすぎることの問題を知ってもらい、エビデンス(根拠)で裏付けられた妥協のないUVカット製品を届けていきたい」と話す。

■きっかけ

 会社設立は2002年。当時1歳の息子がアトピー性皮膚炎と診断され、紫外線対策を勧められたことがきっかけだ。しかし、子供用のUV対策衣類が売っておらず、生地メーカーからも個人購入を断られたため、友人と2人で起業。子供用パーカーを作ると飛ぶように売れた。「情報や商品が十分になかった当時、困っている子供や母親が潜在的にたくさんいた」

 母親たちが不安を抱きながら商品を探していることから「ママの商品も作って確かめてもらおう」と04年から女性用も販売。5年前からは男性用も手掛ける。

 ウエアや帽子、手袋など約500種類の同社製品は全て、UVカット率91%以上が基準。素材はUVをはね返す酸化チタンを練り込んだ特殊繊維生地を使用。吹き付けなどの後加工ではないため、洗濯しても効果が落ちず、しかも肌触りがよく吸汗性もある。

 汗をかきやすい脇部分はメッシュ素材にしたり、手の甲までカバーできるよう袖先に親指を通す穴を作ったりなど、悩みを解決する細やかな工夫も特徴。「デザインは機能性と考えて設計している」というように、両者を兼ね備えたものづくりにこだわる。

■本気の取り組み

 昨年は皮膚がんの発症率が世界一で、UV対策先進国のオーストラリアを訪問し、原子力や放射線防護に関する政府検査機関「アルパンサ」に、日本企業では初めて検査を申請。世界レベルの安全性が証明され、企業認証を得た。

 同社運営のサイト「紫外線.COM」では知見や豊富な情報も発信する。子どもの頃に大量の紫外線を浴びると将来の健康被害リスクが高まるといわれていることから、子ども向けの取り組みも開始。紫外線対策教育を日本で普及させたい考えだ。

 本気度では他の追随を許さない。「UVケアにはどこよりも一生懸命取り組んでいる。『着る予防医学』を提案するブランドを国内外に発信していきたい」と力を込めた。

日本初!

日本初めてのARPANSA認定企業に(2018年4月現在)

 

そして2018年には、世界一の紫外線対策先進国であるオーストラリアの政府検査機関である【ARUPANSA※】から、日本で初めて認定企業とされ、メイン製品である「3WAYUVカット帽子」は、紫外線対策用の製品としてふさわしいとされる証であり、検査最高値のスィングタグを取得しています。

 

EPOCHALブランドは、国内初めての「紫外線対策を第一の目的としたUVカットウエアブランド」です。

UVカット素材を使用した「落ちない効果」だけではなく、生活スタイルを考えた独特な製品開発によりオリジナルデザインを考え続けてきました。これからも、国内唯一の「本気で肌を守るための1枚」を作り続けるブランドであるため、努力を重ねていきます

 

※ARPANSAとは

https://www.arpansa.gov.au/our-services/testing-and-calibration/sun-protection-buyers-guide

オーストラリアの原子力や紫外線の管理・検査を行っている政府直下の検査機関です。
UPF(紫外線保護指数)の検査を行い、その認証としてスィングタグの発行を行っています。

UVカット素材が一番!

UVカット素材を第一に

 

エポカル製品の始まりは、子どもがアトピーだったことであり、皮膚科医に「紫外線対策」を勧められたことから始まりました。

当初、手軽で簡単なUVカットクリームと言うUV対策も考えましたが、ガサガサの皮膚、すぐに反応をする敏感肌にUVカットクリームを塗っていいの?という疑問をもち、

「洋服で」影を作り紫外線対策することを考えたことが第1歩です。

 

偶然見つけたUVカット素材は、「セラミック練りこみ」という特殊なものでした。

 

セラミックを細いミクロの世界で繊維(糸になる前)に練りこむことで、紫外線を有効に反射し、肌に届かせない特別な繊維になります。

これはポリエステルなど人口繊維に施されます。(綿には、「練りこみ」はできません)

わたくしたちは、薄く・軽く、そして同じ厚さでも高UVカット効果のあるこの特殊な繊維を使った「UVカット素材」だけを使うことをブランドの第一条件にしました。

 

17年前は、この素材が「作らなければ」無い状況でしたので、オリジナル布を作りました。

とても費用の掛かる、特殊な布です。

 

ですが、エポカルは、ここに第一のこだわりをおくことにしました!

 

エポカル
企画室

 

英文のEPOCHAL(エポカル)ブランド説明を・・・・

おはようございます(^o^)

まつなりです。

このところ、英語と向き合うことが多く・・・どうして

どうして

どうして

もっと勉強しなかったんだろう?
と反省の日々。

英語は面白くて(今頃ですが)覚えたいと思うのですが、やはり当たり前ながら日本語のほうが得意!(笑)

そういう環境にいなくちゃ、話せるようになるには時間がかかるよ!

と言われるのは、そりゃそうだ~って思いますが、なかなかそういう環境に自分をおける時間がないのが現実!

 

仕方ないので、とりあえず、映画を英語で見る!

大好きなスターウォーズ❤とか、ハリーポッターとか、オーストラリアの息子のホームステイ先のママから勧められた映画とか・・・・

さらに、

すすんでアメリカドラマにハマり・・・
ハマりすぎて、英語なんか聞いちゃいない状態に。

はっ!@@;

 

っと気がついては、英語に耳を傾ける毎日です。。。。
1日30分~3時間くらいは、流しっぱなしにしています。
英会話のCDのほうがベターなのはよくわかっていますが、生の英会話だったり、「夢中になれる」もののほうが私は長続きするので、今は、ドラマです♪

来週からオーストラリアに出張します。
JETROの審査に合格し、専門家とともに、すごいところを回ってくる予定ですが、この模様はちょっと違った舞台で
ご紹介をしたいと思っています。

新たなチャレンジを、EPOCHALの活動をご覧いただき、応援いただければ嬉しいです!

EPOCHAL
まつなり