有害紫外線とは

英語:Hazardous Ultraviolet Rays

 

紫外線のなかでも特に生物に有害な波長のものをいいます。

太陽光のうち、可視域より短波長域(100-400nm)の光を紫外線と呼びます。

紫外線は殺菌灯として利用されているように、生物の生存を制限する大きな環境因子。

この紫外線の中でも、波長280-315nmの紫外線(B領域紫外線;以後、UV-B)は、

オゾン層の破壊の影響をもっとも強く受け、かつ、生物にとって有害であることから、

一般に「有害紫外線」と呼ばれています。

 

肌表面に強く作用し赤く炎症を起こすほか、皮膚癌や白内障などの疾患を引き起こす原因にもなっています。

このUV-Bの生物影響の強さは、波長により異なり、短波長ほど大きくなります。

 

エポカル

紫外線対策 ブランド エポカル(EPOCHAL) UVカット帽子・日本製UV対策ウエア・遮光アンブレラ・世界最高水準のUVカットラッシュガード

エポカルは、紫外線対策専門ブランド。光線過敏症、難病、あざや火傷、敏感肌のためのUV対策なら、特殊素材を使用した洗っても落ちないUVカット製品を!紫外線対策は、予…