残り福をいただいてきた大阪出張

 

社長の口癖

“こうなりたいって思うことは、口にすると叶っていくんだよ!”

そんな口癖が現実味を帯びている最近のエポカル)^o^(

 

大阪の幼稚園さんとお取引できるといいな♪

 

そう1年ほど、つぶやいていたら、年末にそんなお話をいただきました!

年明け早々の出張は大阪に決定!!

 

年始、今年最初においでになったお客様からお教えいただいたことが

「新幹線名古屋駅のくだりホームの立ち食いうどん美味しい」と

お話を聞いたところだったので、名古屋のきしめんをいただくために電車をいったん降りてホームの立ち食いきしめん「住よし」で食べました~♪

降りる価値のあるきしめん!!

名古屋きしめん住よし

そして、その日は偶然商売の神様“えべっさん”の日

神様も私たちの見方になってくれているのかな?

幸先のいい2019年の始まりでした。

 

色々とご挨拶をしたいところもあるのですが、

受験生を抱えている社長はのんびりしている時間もなく

いつものごとく駆け抜けた出張でしたが、必要最低限のお仕事は無事に終了

とんぼ返りで受験生の待つ埼玉へ戻りました。

 

今年もきっとパワフルにみんなで頑張るエポカルです。

皆様のご支援、ご鞭撻をどうぞよろしくお願いいたします。

 

最期に綺麗な福娘さんの福をおすそ分け

 

オーストラリアへの冒険② 日本人学校編

日本の小学校よりも日本らしい【melbourne japanese school】

 

オーストラリアには3つの日本人学校があります。

 

英語の話せないエポカルスタッフ

一番現地の様子をお話していただけるのは現地に住んでいる日本人の方と思い、

お話を伺いたいとご連絡させていただいたところ、すぐにご快諾をいただきました。

 

オーストラリアの生活について聞きたいことは山ほどあります。

日本との比較もしたいし、現地ならではの生活についてもお聞きしたい。

そして、何度も言いますが、英語の話せないエポカルスタッフなので、

通訳なしでお話を伺えるのは本当にありがたいと思いました。

きれいな木漏れ日の中にレンガ色の建物を発見し、セキュリティーのしっかりした

園舎に入れていただいて、最初に目に入ったのは玄関の日本人形です。

教室の壁には書き初めがあり、あちらこちらで日本語を眼にします。

授業でも太鼓やソーラン節などを取り入れているそうです。

 

“外から見ると日本のことが見えてくる”2回の渡豪を得て、私や社長が一番感じていることでもあります。

 

きっと、日本の中の小学校よりも日本について色々と知り、そして、感じているのではないでしょうか?

melbourne japanese schoolに通われているお子様は、駐在員さんのお子さん、

大学教授のお子さんが多く、駐在員さんは1~4年、大学教授は2~3年滞在の滞在がほとんどだそうです。

この数年の滞在はきっと貴重な体験となることでしょう。

私達は紫外線の害について意識が高く、教育システムにも紫外線対策を取り入れている オーストラリアの紫外線対策の実情を知るため現地に行ってきました。

 

もちろん紫外線対策は万全【melbourne japanese school】

 

日本のカリキュラムを取り入れ、日本らしさを大切にされているmelbourne japanese schoolですが、

紫外線対策については、オーストラリアのシステムが定着していました。

オーストラリアの紫外線対策合言葉“Slip Slop Slap Seek slide”1を守っていて、

お昼にはみんな自分でクリームを塗りなおし、帽子を被らなければ外には出られないそうです。

熱中症対策にも気を配られていて、35度を超えたときもお外では遊ばないと決まっていました。

 

保護者の方もそういった紫外線対策に理解を示されていて、あえて説明をしなくてもちゃんと守ってくださるとのこと。

オーストラリア全体が紫外線対策をすることが、日常の当たり前と思っていることを実感しました。

 

お話を一通り伺って、構内を見学させていただくことに。

 

元気な子ども達の授業風景を見せていただき、校庭に出るとそこには大きなテント地のシェードが

二つかけられていました。

入口側は木陰がたくさんあったのですが、校庭は見晴らしがよく太陽がサンサンと照らすつくりなので、

日陰が作られているのです。

奥のテニスコートで高学年の子ども達がバドミントンをしていましたが、

みんな長袖を着て活動していました。

 

校舎に入ってすぐの掲示板には、子ども達が書いた紫外線対策のポスターも貼ってあり、

学校のルールとしてしっかり定着していることが分かります。

余談ですが、校長先生はこちらに赴任される前、

私の実家の近くの学校にいらっしゃったお伺いご縁を感じました。

melbourne japanese schoolは緑豊かな綺麗なオーストラリアらしい作りの学校ですが、

とてもしっかりと紫外線対策をしている日本らしい学校でした。

 

※1.SLIP・SLOP・SLAP・SEEK・SLIDEとはオーストラリアの紫外線対策キャンペーン標語です。

Slip on a shirt. シャツを着る。
slop on sunscreen. UVクリームを塗る。
slap on a hat. 帽子を被る。
Seek shade. 日陰を探す。
Slide on sunglasses. サングラスをかける。

 

 

井関典子

2018年私達は紫外線対策先進国オーストラリアに視察に行ってきました。 オーストラリアの政府機関ARPANSAにて日本で初めて紫外線対策製品の企業として認定を受けています。

 

 

オーストラリアへの冒険① メルボルン編

晴れない街★メルボルン

私達がオーストラリア視察で最初に足を踏み入れた街はメルボルンでした。

青い空と強い日差しにやっぱり日焼け対策も必要なんだと感じたのを覚えています。

この日差しのため、3人に2人が皮膚がんになる国オーストラリアでは、

どんな対策を行っているのでしょうか?

 

現地の通訳の方に、いいお天気ですねと話すと

メルボルンはあまり晴れない街ですが今日は快晴ですねと

エポカル社長(松成)の巫女力が働いたのか私達の訪れた日は見事な快晴でした。

ちなみに社長(松成)は、究極の晴れ女と言われていて元気がある時は

ロケも旅行も出張も晴れさせますが、体調が悪かったり、気持ちが乗らないと

あっという間に雨を降らせてしまうと言われています(笑)

 

2018年は2回訪れたのですが、どちらも快晴!!

社長もご機嫌に行けたみたいです。

 

私達は紫外線の害について意識が高く、教育システムにも紫外線対策を取り入れている オーストラリアの紫外線対策の実情を知るため現地に行ってきました。

 

芸術の街★メルボルン

そんな晴れないと言われている街メルボルンは、芸術の街とも言われており、

建っているビルの個性的なこと!

積み木を積み上げたような形や、曲線を使った形など、近代的なビルが立ち並ぶ中、

間に昔ながらの教会や昔ながらの建物が多く見られます。

 

  

2018年秋、私達はシドニーの展示会に出展しましたが、

メルボルンでも年に2回大きな展示会が開催されています。

また、舞台芸術の複合施設であるアートセンターや、オーストラリアや先住民の芸術品を展示する

ビクトリア国立美術館があり、オーストラリアの流行の発信地になっています。

 

芸術家の方も多く住んでいて、街のあちらこちらに素敵な壁画もありました。

近代的な都市なのに、色のある街です。

 

 

私の思っていた自然豊かなオーストラリアをいい意味で裏切られた素敵な町並みでした。

実は”世界で最も住みやすい都市*”に6年連続で選ばれていますが、おしゃれなカフェやトラム、

公園など絵になる景色を見ているとそれも納得です。

 

そして、そこに住んでいた人々も素敵な方と感じたのはもう少し後のお話。

井関典子
2018年私達は紫外線対策先進国オーストラリアに視察に行ってきました。 オーストラリアの政府機関ARPANSAにて日本で初めて紫外線対策製品の企業として認定を受けています。

沖縄の保育園様で、紫外線対策講座を行いました!

沖縄の保育園様で紫外線対策講座を行いました!

今回は、井関と二人で、紫外線対策の基本編を行いました。

積極的な質問などもあり、とても楽しい会になりました!!

沖縄は、1年中紫外線対策が必要!

沖縄出張に行って来ました!

 

ロケ風景です

11月は、25度オーバーくらいのわたしには、ベストの気温の沖縄。

羽田から飛ぶときは関東は10度くらいでちょっと寒い朝だったので、着いた途端に「えっ、こんだけ移動しただけなのに?」と井関がつぶやいていました(笑)

季節が反対のオーストラリアを立て続けに経験したからですね(笑)わらっちゃいました。

11月の沖縄は、一番好きな季節です。

秋をちょっと体験し、冬を感じる日が出てくる時に、行くと夏を懐かしく感じます。

空気がしっとりしていて、程よい暑さ!

(暑い方がすきだから)

ですが、日差し&紫外線は、痛いほど!!

光線過敏症の井関さんは、油断したのか、しょうじょうがでてしまいました。

わたしは、はだが強いほうですが、UVカットくりーむ3どぬりしていったので、だいじょうぶ(^∇^)

沖縄は、WHOや気象庁のだしているUVインデックスによれば1年中平均値が3以上で「紫外線対策しなくてはならない」ばしょです。

お出かけの時はぜひ予防してくださいね!

シドニーのカモメは害鳥?

シドニーのカモメ

シドニーのカモメ

 

オーストラリアでは、いろいろなキャラクターになっているカモメは、現地の方に聞くと、「害鳥」だと言います。

意外とかわいくて・・・

近くまで寄って行っても、逃げません(笑)

近づきすぎて・・・・海に落ちそうになりました(本当に)

 

不思議なことに柵とか、ないんですよね。

路面電車も然り。

 

日本は、電車のホームの柵など作りすぎなんじゃ?

自己防衛能力なさすぎなんじゃ?

と思ってしまうほどです。

 

海外に行く経験は、それほど多くないけれど、言った時には「気づき」が多いです。

 

エポカル/プロデューサー
松成紀公子

 

http://www.epochal.jp/

新しい店舗販売! カムイ 所沢店様

スポーツ観戦中のUV対策は、エポカル

マニアックなスポーツ店として地元で有名なカムイ 所沢店さまでエポカル製品の販売が今日から始まりました!
カムイ 所沢店
スポーツをする人はとっても多い!!
スポーツを観戦する人はもっと多い!?

スポーツ観戦にも紫外線対策

スポーツ観戦や、子供の習い事を見学するパパやママ、そしてキッズたちにも、しっかりUVケアが必要!!
と言うことで、コーナーを作らせていただきました。
カムイ 所沢店
EPOCHAL(エポカル)をカムイ所沢店でぜひご覧ください!!

カムイ所沢店で、「こんな製品も見たい!」というご意見などお待ちしています~♪(^o^)

EPOCHAL 企画室

沖縄出張~6月編

6月の沖縄は、夏と梅雨体験・・・

 

エポカル プロデューサー まつなりです。

沖縄は、もう20年ほど前から行っている大好きな土地です。
でも、6月の沖縄は初めて!!

ちなみにベストシーズンは、11月のはじめかな?と思っています(^O^)/

さて、6月の沖縄・・・・
梅雨明け直後のきれいな海とか見てみたいな~という期待は1日目だけ

でも、海は見に行けませんでした(忙)

6月沖縄出張今回の目的は、お世話になっている沖縄子育て良品さんへのご訪問と新規取引先開拓です。
沖縄子育て良品さんへは、製品の説明に!

製品説明

全員がエポカル帽子かぶりながら会議って・・・笑えるでしょう?

製品開発秘話やお客様のお悩み、沖縄の紫外線の強烈さなど、いろいろお話ししました!!
自分たちの近況も!!
沖縄子育て良品さんは、設立から15年目を迎えます、お母さんたちの会社です。エポカルと似た歴史があり、ほぼ同い年。代表の野添さんは、尊敬しちゃう~~ほど素敵で、活動的な方です!!

お化粧品や、ちいさな生まれたての赤ちゃんの製品、木製の安全なお弁当箱などとてもナチュラルなものが得意で、オリジナルで制作もされています。
地域貢献なども活発にやっておられる活動的な方々に、いつどんなお話を聞いても感動してしまいます!

お食事しながらも、お仕事の話ばかり~でも、すごく貴重で楽しい時間でした!
野添さん、竹内さん、ご馳走になりました!!

 

 

irodori

翌日、野添さんに連れて行っていただけたのが、Irodoriさん。

赤ちゃんのためのフォトスタジオです。

井関が「え~~~@@すごく素敵!!」と叫んだほど(笑)広くてきれいで、素敵なセンスあふれるフォトスタジオです。

ご存じエポカルでのロケ地と言えば、沖縄ですが、今年の秋からお世話になるかもしれません~♪
室内の写真が撮影できるので、安心して沖縄ロケに挑めます(笑)

でも、やっぱり晴れたビーチが一番ですよね(ー_ー)!!

新しいフォトスタジオさんとの未来にわくわくです!
エポカルは、さっそく野添さんのお口添えで、Irodoriさんが発行される「Hey mammy!!」に赤ちゃんのための紫外線対策で登場させていただけることになりました!!
感謝です!!

 

 ちなみに気になるは、沖縄の紫外線!!

 

到着時、ちょい曇り感じだったのにUVインデックスは、なんと11.5!!

2人して、「11!?」と絶句したくらいです。

沖縄のUV強烈です。内地=本島の1.5~2倍近くになりますので(天気に寄りますが)本当に注意が必要!!

 

 

さらに気になるのは、沖縄フードでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと食べてきました(^O^)/
そーきソバ!

いつもながらに趣のあるお店です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活躍したビショップストールと、雨の日のUVカット晴雨兼用コルコアンブレラ!

体温調整など本当に1枚あると便利です。

6月の沖縄は、一番強いワイパーにしても、前が見えないほどの雨で、びっくりしましたが、地元の方は「いい雨連れてきてくれたね~恵みの雨だよ!空梅雨だったからね♪」と言ってくださり救われました。

次回は晴れた沖縄に行きたいな♪

 

今回の出張では、「沖縄営業所」ができ、新しいお取引先様も!
充実した3日間でした(^O^)/

次回はもっと面白いことをご紹介できるかもしれません。

お楽しみに!!

 

エポカル/まつなり

ARPANSAから届いた嬉しいメール

エポカルはこのGW中に、
オーストラリアの政府機関ARPANSAから、
正式にエポカルのライセンスを認めたという
連絡を受け取りました!!

たどたどしい英語でのやり取りで
2ヶ月ほどかかりましたが
2月の渡豪でお顔を拝見していることが
大丈夫伝わる!!
という気持ちにさせてくれました。

今後はスウィングタグを送っていただき
製品に付けることになります

紫外線対策先進国オーストラリアに
認められたエポカルです!
エポカル製品を安心してお使い下さい

http://www.epochal.jp

アルパンサの方々と記念写真

オーストラリアのビーチで驚いた!

オーストラリアのビーチで驚いた!

 

おはようございます(^O^)/

EPOCHAL松成です。
2月に行きましたオーストラリア出張、今頃写真整理ですが、思い返せば驚きと感動と緊張の嵐・・・。
沢山写真を撮ってきたので、オーストラリア事情も含めて毎日お知らせしたいと思います♪

今回は、シドニーから電車で15分+タクシーで10~15分くらいの有名なービーチ、「ボンダイビーチ」での出来事です。

シドニーから近くてリゾート感もあるので、人気の2ダイビーチの1つだとタクシーの運転手さんはおっしゃっていました。

ボンダイビーチまでの道のり

だいぶ、このシドニー近辺の地図にも慣れてきましたよ♪

わたしたちは、セントラスステーションの近くのホテルだったので、交通の便は最高でした♪

街中の看板

シドニーの街の中のデジタルPRですが、ラッシュガード着てますね!
きっとビーチでもこういう人がいっぱい❤流石、オーストラリア!!

だって3人に1人が生涯皮膚がんになっちゃうっていうすごい皮膚がん発症率の国・・・オゾン層も近く、かなりのUVの強さ!
この時も、気温40度まで上がった日もあり、ものすごい暑さと、痛いほど刺激のある陽射しでした!

タクシーで、ビーチに降りると・・・

シドニー近くのボンダイビーチ

とってもきれいな風景と共に、

うっ・・・!!

実は、野生の嗅覚をもつ私。
UVカットクリームのにおいに、びっくりしました!

未だビーチが見えてないところからUVカットクリームの「におい」がするなんて!!!!!というものすごい驚き。

ちなみに、井関は、・・・・?そうだった?ですが。。。

ボンダイビーチ

・・・クリーム塗ってるけど日焼けしまくり。

むしろ焼いてる!?@@;

ですが

オーストラリア ラッシュガード

子どもは、ラッシュガード・・・・???

オーストラリアの不思議がここに!!!!

このボンダイビーチに期待したのは、オーストラリアの標語が書かれた看板があるだろう…と思ってのこと。

http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/aust_sunsmart.html
オーストラリア大使館でも、紫外線対策を呼びかけています

 

スリップ・スロップ・スラップ・ラップ

オーストラリアでは紫外線による健康被害予防に向け、1980年代に「サン・スマート(Sun Smart)」プログラムが導入されました。中でも、特に力を入れているのが子どもへの紫外線予防指導で、『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』というスローガンを合言葉に具体的で徹底した対策がとられています。

『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』とは、紫外線予防のために取るべき行動を示す言葉で、次のような意味があり、子どもたちが屋外へ出る時に守るべきスローガンになっています。

長そでのシャツを着よう! (Slip on a long sleeved shirt!)
日焼け止めを塗ろう! (Slop on some sunblock!)
帽子をかぶろう! (Slap on a hat that will shade your neck!)
サングラスをかけよう! (Wrap on some sunglasses!)

子どもの時に大量の紫外線を浴びることが将来的な健康被害リスクを高めるため、紫外線から子どもたちを守ろうということで、このスローガンが誕生しました。

オーストラリアの紫外線対策は世界で最も歴史が古く、紫外線の害を予防しようという考えは国民の間に広く浸透しています。特に、子どもが日中長時間過ごす学校では、分かりやすく、きめ細かい指導が行なわれています。

例えば、『ノーハット・ノープレイ(No Hat, No Play)』ということで、帽子をかぶらない子どもが校庭で遊ぶことを禁じている学校が少なくありません。しかも、戸外活動授業でさえ禁止してしまうという徹底ぶりです。日光の当たる身体部分にはすべて日焼け止めを塗ることを義務づけ、各クラスには日焼け止めが常備されています。

子どもは先生や大人を見習い、真似をする中で学ぶことが多いため、学校では先生が、家では親が良い手本を示し、紫外線対策であるサン・スマート・プログラムを実践しています。

 

 

実際は、子供は、UVケアしていますし、教育もバッチリなのに、大人が意外と無防備!
だけど、しっかりUVクリームは塗っている!
っていうか、塗りまくっている・・・と言う感じでした。

ワタシとしては、UVカットクリームが珊瑚を減らしてしまう、海の水を汚すって言うことが気になるところ。
ビーチの近くに来ただけで、UVカットクリームのにおいがするほど、ニンゲンは、UVカットクリームを撒いているのか?という不安に駆られました。

 

EPOCHAL(エポカル)のUVカットウエアは、酸化チタンが練りこまれた繊維を使った特殊なUVカット素材を使用したウエアを提供していますが、これは、洗っても酸化チタンは繊維から流れ出ませんし、UVカット効果も落ちません!

安全で、安心な EPOCHALのUVカットスイムウエアを使ってほしいな・・・と思いながらボンダイビーチを去りました。。。

 

 

EPOCHAL プロデューサー 松成紀公子

オーストラリアは、日本と反対の季節!
真冬に真夏の国に行き、身体がビックリしましたが、やはり一番びっくり@@;は、UVの強さ!!
インデックス14になっているときもあって、これはスゴイ!!!
って思いました。

ただ、教育機関では、しっかりのUVケアの仕方を子供達に教えているようで、ホッとしました。
日本でも、見習いたいことがたくさんありましたので、このブログでお知らせしていきたいです♪(^O^)/